ネットが遅くてイライラしてない!?

江戸ノ-トと言う本を読んでいたら江戸の人は遊び好き・遊び上手であったと書いていましたが、なぜなんでしょう?理由がわからないのでご存知の方教えてください。参考文献や資料、ホ-ムペ-ジなどもつけてもらえたら嬉しいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

卒論の根拠たるような証拠などはありませんが…



江戸時代が、ある種の”社会的成熟・安定の時代”だったから、一般人にも遊ぶ余裕があったのではないでしょうか?



たしか、川勝平太氏の『日本文明と近代西洋』だったと思うのですが、江戸時代に入って日本の米の生産効率は飛躍的に高まっています。

また、人口統計を見ても、当時の日本は成熟社会に特徴的な高齢化社会でした。

また、当時世界最大と言われた江戸100万人都市の存在も、考えてみれば産業革命以前に農業に従事しない100万人を毎日養うだけの食物の流通、それを可能にするだけの貨幣経済が機能していなければ成り立ちません。

そうした要素を考えると、当時の日本は、経済的にも安定、戦争もなく平和が続いた産業革命以前の成熟社会だったと言えるのではないかと思います。

ぶっちゃけて言うと、「遊んで暮らせるほど、それなりに豊かで平和な時代だった。」ということでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせて頂きます

お礼日時:2006/01/24 22:31

江戸は田沼意次や水野忠邦などの武家中心の贅沢禁止の時代を経て、町人文化華やかな時代へと入ります。


世界一の人口を誇る大都市・江戸を支えるのが、武家から商人、町人へと替わったのです。

しかし、「火事と喧嘩」は江戸の華と言われるように、火事は頻繁に起き、ひとたび火事になると町の大半は火の海となり、多くの人が家を失い焼け出されます。
しかし町はすぐに復興しまたもとの賑わいを取り戻したといわれています。

それほど金銭的には恵まれていた事と、どうせすぐに火事になるからと、その日稼いだ金はその日のうちに使っても悔いは無い。「宵越しの銭は持たない」という器質も芽生えてきたのです。

金の使い方を工夫するうちに、上手な使い方、上手な遊び方をマスターしていたのではないでしょうか。金を使いたがる人々、その金を何とか貰おうとする商売人、遊びの種類はどんどん増えて行ったとしても何の不思議もありません。

吉原・出会茶屋・水茶屋・料亭・舟遊び・博打など良いも悪いも積み込んで、江戸の文化は膨れ上がって行ったと思われます。
    • good
    • 0

独身男性が多かった(参勤交代で上ってきた武士の数だけでも


プラスでしょ?)また、所謂賃仕事が火事だの都市の拡張など
で困ることがなかった(長屋の熊さん八つぁんですね)、当然
家賃も安かった、そして国全体の米の生産量が上がってきた。
な訳で、余剰が出てきたとなると、今も昔も遊びに行きますよね?
旅行は今と違って交通機関がありませんので難しい、ですんで、
近場で、手頃なところで散財するわけです。
変な話ですが、歌舞伎がなんで男ばっかりでやるか判りますか?
あれ、女の人が出てきていたころは、セクシーさを強調する訳
で、風紀に良くないってんで、男だけになりましたんで。
また、落語なんかもお開きが10時なんて時代だったんで、まぁ
色々遊ぶところに事欠かったんですね。
江戸ってのは、寄せ集めの人々で、人口密度も高いわけです。
そんな訳で、独自ルールが自然発生して、粋、野暮、鯔背、鉄火
だので、モラルを保って居たんじゃないでしょうか。
そんなところで如何でしょう。
    • good
    • 0

江戸時代も後期から幕末期にかけてとくに文化・文政のころに浮世絵や芝居、出版事業が盛んになったので江戸の人は遊び上手といったイメージがあるのでしょう。


石川英輔の「大江戸神仙伝シリーズ」が参考になるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今自分が書いてる卒論で、江戸の人が遊び好き・遊び上手であったという根拠がほしいので、是非参考にしてみます。
まだまだ情報お待ちしています

お礼日時:2006/01/24 22:04

江戸時代と言っても長いので、


それは犬将軍などの初期の頃の
元禄年間の事だと思いますよ。
江戸時代でも飢饉があった時期もあったので、
江戸時代と一つにまとめるのも難しいものです。

遊びでは、へのへのもへじが生まれたのもこの時期です。

参考URL:http://www.netlaputa.ne.jp/~tokyo3/henoheno.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代のヒット商品

どんなものがありますか?
本なども知りたいです

Aベストアンサー

一時的なヒットだけでなく、徐々に広まったものも含めて分野別にあげてみます。

1.食べ物では江戸での握り寿司(それ以前は鮒寿司のような熟れ寿司だけ)や飲食店(屋台を含む)

2.植物では朝顔、オモダカ、桜(これらはブームの時期があり高値で取引され、多品種が生まれた)

3.動物では犬(江戸では伊勢屋、稲荷に犬のくそと、どこにでもあるもののたとえとなるほど野良を含めて犬が多かった。狆は高級犬で高かった)

4.芸能では世話浄瑠璃(曽根崎心中等)、歌舞伎(仮名手本忠臣蔵等)、都都逸、小唄

5.出版では旅行本(ガイドブック)、美人画(ブロマイド)、小説(南総里見八犬伝等)、大名武鑑(江戸初期から幕末まで常に出版され、氏名、役職、官位、家紋、俸禄高、在所、大名の江戸屋敷、行列の際の道具等が記載され、大名行列を見物するためのガイドブック)

6.建築では瓦(ヒット商品という分類ではないが火事の延焼を防ぐため推奨された)、畳や布団(庶民に広まった)

7.趣向品ではたばこ(戦国時代に輸入され、当初は薬として徐々に広まった。しかし本格的に広まったのは明治時代に徴兵された軍隊内で休憩時の一服から)、金魚、花火

8.生活品では陶磁器(文禄、慶長の役で朝鮮から多くの陶工が来て各地で窯元ができ、瀬戸製品が広まり日常で使う陶器は瀬戸物と呼ばれるまでになった)、木綿(庶民は麻から保温性のある木綿が日本で栽培されたので)、お札(火の用心の秋葉神社、おかげ参りの伊勢神宮のお札等)

9.旅行や旅行用品(安全で街道や宿場も整備されてきたので誰でも旅行ができるようになってきた)

ちょっと思いついただけなので他にも服装、髪型等、まだいろいろあると思います。

一時的なヒットだけでなく、徐々に広まったものも含めて分野別にあげてみます。

1.食べ物では江戸での握り寿司(それ以前は鮒寿司のような熟れ寿司だけ)や飲食店(屋台を含む)

2.植物では朝顔、オモダカ、桜(これらはブームの時期があり高値で取引され、多品種が生まれた)

3.動物では犬(江戸では伊勢屋、稲荷に犬のくそと、どこにでもあるもののたとえとなるほど野良を含めて犬が多かった。狆は高級犬で高かった)

4.芸能では世話浄瑠璃(曽根崎心中等)、歌舞伎(仮名手本忠臣蔵等)、...続きを読む

Q日本で一番平和だった時代

最近多発する凶悪な事件や憲法改正云々で、日本は「平和」ではなくなって来ているといわれ始めるような世の中になってしまったように見えます。
そこで思ったのですが、だとしたら日本の歴史の中で一番「平和」な時代っていつごろなのでしょう?
どういうことか「平和」なのかは個人の考えにお任せします。想像でも構いません。
ちなみに、私は平安時代だと思います。帝や政治に関わる人たちが歌を作れるほど、心に余裕が持てる時代だったのでは?と考えたのですが……皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

うーん。「平和」の基準によって変わってくると思いますね。私の考え付く範囲で平和な時代を、いくつかの基準で区分して書きたいと思います。

【江戸中期ころ】
前の回答で江戸時代で区分している人がいらっしゃいますが、江戸初期末期は動乱の時代です。平和なのはあくまでも江戸中期200年間ほどでしょう。さて、この時代は皆が豊かであったと言うことができます。武士だけでなく、広く農民や商工業者まで豊かだったということです。また、士農工商えたひにんと言いますが、えた・ひにん達は差別さえされていましたがそれなりの保護があり、彼らだけの特権的職業を与えられていたりしたので経済的にはそこそこの水準には達していたらしいです。そういう意味で人々の全体が豊かでした。また戦いもなく、社会も穏やかだったと言えます。

【平安時代初期ごろ~中期】
この時代は日本の平和で文化的な時代の代名詞みたいなものですよね。その通り貴族の中では高い精神文化が営まれ、そして豪奢な暮らしがされていました。しかし一方では政変も多く、また民衆の生活は非常に苦しく、決して豊かだったとはいえないと思います。その点で平和とはいえないでしょう。

うーん。「平和」の基準によって変わってくると思いますね。私の考え付く範囲で平和な時代を、いくつかの基準で区分して書きたいと思います。

【江戸中期ころ】
前の回答で江戸時代で区分している人がいらっしゃいますが、江戸初期末期は動乱の時代です。平和なのはあくまでも江戸中期200年間ほどでしょう。さて、この時代は皆が豊かであったと言うことができます。武士だけでなく、広く農民や商工業者まで豊かだったということです。また、士農工商えたひにんと言いますが、えた・ひにん達は差別さえされ...続きを読む

Q江戸幕府が江戸に置かれた理由

こんにちは

徳川家康が、江戸幕府を江戸に置いた理由を
知りたいのですが
なぜか、ご存知の方いらっしゃいませんか?

どうぞ、よろしくおねがいします><

Aベストアンサー

こんなところではないでしょうか?

(1)京都の朝廷の影響から出来る限り逃れるため
(2)幕府が開かれた当時、徳川家に反逆する可能性があった大大名は島津家・毛利家・前田家・伊達家くらいで、それらの大名の侵略を考えた場合、大阪・名古屋よりも江戸が防衛上適していた
(3)戦国時代の技術革新で土木技術がすすみ、単なる湿地帯だった武蔵野が有力な穀倉地帯になる見通しがついた
(4)領地が変わると、家臣も引越しで負担がかさみ、現地で徴収される兵士の忠誠度も低い&これまで忠誠を尽くしてくれた支配民と別れなければならない。ほぼ敵なしだったとは言え、既に基盤のできている江戸から他の地域に拠点を移すことは徳川家にとってやはり大きなリスクだった

Q!江戸時代の10大事件!

江戸時代の出来事の中で、あなたが重大だと思うことを理由付きで教えてください!!その事件の前後で何が変わった、その事件が後の時代にどのように影響したか、その事件はどのような点で特筆にあたいするかなどを添えてどしどし教えてください!!

Aベストアンサー

時系列的に見ての第一は、
・秀忠の将軍襲名(1605)
理由:
徳川家が将軍職を世襲する意志を天下に知らしめた
その後の影響:
秀忠による大名鉢植え政策、和子入内等の政略とあいまって徳川家の絶対的な力を決定付け、他の武将や皇族貴族等への徳川家支配の端緒となった

・武家諸法度・禁中公家諸法度・諸宗諸本山法度 発布(1615)
理由:
武家・皇室貴族・宗教を徳川支配下に置く事を宣言した
その後の影響:
天皇家に対して法規制を行うという考え方を生み出した

・家康の神格化(1617)
理由:
家康を神にする事で、徳川家の支配に対する絶対的根拠を生み出した
その後の影響:
天皇親政と同様、決して他者による代替が出来ない政治形態成立を印象付けた

・鎖国完成(1639)
理由:
海外交易を幕府独占にした
影響:
徳川家支配のための重大な資金的根拠になった
また、交易による最新技術の独占も支配に大きな力を与えた(家継の正徳新令も参照)

・日米修好通商条約に調印(1858)
理由:
その後現代にまで影響を与える日米の不平等条約調印によって、遠くは、第2次大戦勃発の遠因ともなった
影響:
(アジア拠点を与えた事によって)アメリカによる世界支配の礎の1つを作った(?)

・大政奉還(1867)
理由:
徳川独裁の終焉
影響:
維新功労者による政治形態成立を促し、軍事的外交の時代を作った

以上6つが特に大きな出来事ではないかと思います

時系列的に見ての第一は、
・秀忠の将軍襲名(1605)
理由:
徳川家が将軍職を世襲する意志を天下に知らしめた
その後の影響:
秀忠による大名鉢植え政策、和子入内等の政略とあいまって徳川家の絶対的な力を決定付け、他の武将や皇族貴族等への徳川家支配の端緒となった

・武家諸法度・禁中公家諸法度・諸宗諸本山法度 発布(1615)
理由:
武家・皇室貴族・宗教を徳川支配下に置く事を宣言した
その後の影響:
天皇家に対して法規制を行うという考え方を生み出した

・家康の神格化(1617)
理...続きを読む

Q江戸時代の絵文字?

江戸時代頃、文字を読めない人の為に、
「かまわぬ」の「かま」を農具の鎌の絵で置き換えたり、
「あります」の「ます」を升の絵で置き換えて
わかりやすくした暦や文などがありましたが
その絵を含んだ暦や、文献、あるいは、
この絵と文字との相関関係などが判るようなサイトを教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

お尋ねの絵は「判じ絵」というそうです。

↓参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.jti.co.jp/Culture/museum/eventApr99/Welcome.html

Q江戸時代は肥満はどのように見られていたのでしょうか?

宿題のレポートで、「江戸時代の子供と現代の子供に肥満指導をするとしたらどんな方法がよいか」という課題が出ています。江戸時代に肥満児は存在していたのでしょうか?だとしたら、「肥満」は現代のようにマイナスな印象だったのでしょうか?適当な資料もなく困っています。誰か江戸時代の文化に詳しい方がいらしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本に限らないと思いますが、昔は一部の権力者や金持ちを除いて
たいていの人が、毎食満腹になるような食事はとれませんでした。
また、肉体労働が主でしたから現代人と比べてカロリーを消費する生活形態でした。
ですから、飢餓とは隣り合わせでも肥満とは縁遠かったのではないかと思います。

そんな中で肥満になれると言うのは
あくせく働かずに十分食べられるという証拠で
金持ちの象徴のようなものでした。

現代の尺度で言えば、肥満は不健康で寿命を縮める要因かもしれませんが
昔は、それ以前に栄養が取れなくて早死にする人が多かったので
例え肥満の結果肝臓を悪くして死んだとしても、
普通の人の寿命が短いので、早死にとか健康を害したとか思われなかったのかもしれません。

「恰幅が良い」というのは、太鼓腹の貫禄のある姿を指しますが
これは誉め言葉です。
この言葉が、昔の肥満の認識を物語っていると思います。

Q遠山の金さんは・・・

遠山の金さんはなぜイレズミをしているのですか?
最初から見たことがないのでわかりません。
お奉行さんですよね。
教えてください。

Aベストアンサー

遠山の金さんには、お兄さんがおられたのですが、お兄さんは少し病弱でもありました。それで、跡取りを弟の金さんにしようかという父の算段がありました。しかし、弟の自分がお兄さんを差し置いて奉行になるのは、仁義に反すると、わるになって、自分から身を引いたのです。
しかし、遊び人になっていた金さんに、事件の捜査依頼があり、捜査協力したところ、たまたま、お父さんが病気になりお白州のお裁きも代行することになってしまうのです。
これは、昔の古い映画版のストーリーです。

しかも、最初のころは、自ら進んで入れ墨を見せるのではなく、悪者に袖を切られたとき、破れて見えてしまうのです。わるものも、入れ墨をみて、ドキッとするので良く覚えているのです。お白州では、顔は覚えていないので、とぼけるのですが、入れ墨で思い出すのです。

ただ、ものすごく昔に一度しか見なかったので良く覚えていません。奉行になりたくないことから、出発するのは、鬼平犯科帳の平蔵が若いとき遊びまくっていたのと似ています。

Q江戸時代以前の江戸

江戸時代以前の江戸とはどのような所だったのでしょうか?

歴史に殆ど登場しないので、太田道灌が江戸城を築城したことくらいしか知りません。

徳川家康は当時無名だった江戸をなぜ選んだのでしょうか?

Aベストアンサー

 もともと江戸は、寂しい漁村に過ぎず、江戸という地名も「入江の門戸」の村を意味していました。

 鎌倉時代に江戸氏がこの地と関わりを持ちましたが、とくに長禄元年(1457)に上杉氏の家宰太田道灌が江戸城を築いてから城下町が出来ました。

 その江戸城は、戦国時代には小田原の北条氏の一支城となり、遠山氏が上代を務めて支配していました。

 家康が天正18年(1590)に江戸に入府した頃は、「町屋なども、かや葺きの家百ばかりもあるかなし」で、「城も形ばかりに、城のようにこれもなく」というありさまだったということです。 

 なお、徳川家康が江戸を選んだのではなく、豊臣秀吉から領地替えを命じられ、苦渋の思いをしながら江戸に入府したのです。

Q昔の日本はどれくらい静かだったのか

江戸時代頃の日本はどれくらい静かだったのでしょうか?
お寺の鐘くらいしか大きな音が出るものがなさそうな気がします。

Aベストアンサー

おそらくその静かさは、江戸時代に限ったものではないでしょう。交通機関とくに自動車が普及する前の昭和初期くらいまでは、都市部でも遠くの寺の鐘くらい聞こえる環境だったのではないでしょうか。あまり関係ないですが、第一次大戦のヨーロッパ戦線で、フランスに仕掛けた大量の爆薬でドイツ軍陣地を攻撃した音が海を渡ってイギリスで聞こえたという話もあります。

Q江戸時代の結婚について

江戸時代の(特に後期・幕末)結婚についてですが、身分制度で結婚できる・できないがあったと思うんですけど、どういう人同士が結婚できたんでしょうか。例えば、武士と農民は結婚できないとか、男が農民で女が武士なら結婚できるとか(これはあくまでも例です)。教えてください!!

Aベストアンサー

江戸時代は一見身分の固定された時代と思われがちですが、武士の次男、三男が部屋住みの身分に見切りを付けて、医者になったり百姓になったり、町人がお金で武士の身分を買ったり、けっこう身分は流動的でした。
勝海舟や樋口一葉も武士階級の出身といっても、元々は勝海舟は按摩の孫ですし、一葉の祖父も農民です。
こういう社会ですから、結婚も身分を問わず行われ、上級武士でも、同じ武士身分の養女にすることで町人と結婚できると言う抜け道があり、少なくとも身分帳に載る身分同士は結婚や養子縁組があったと思われます。
身分帳に載らない、エタ、非人と呼ばれる身分は、さすがにある程度の規制(差別)があったようです。


人気Q&Aランキング