商法における『社員の地位』ってどういう意味なのでしょうか?
「『合名会社』・『合弁会社』・『株式会社』・『有限会社』の各社員の地位」について詳しく教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

●>『合弁会社』。

商法上、こうゆう会社はありません。多分御質問の主旨からすると、合資会社のことでしょう。
●まず、商法上、「社員」とは、基本的に、出資者などのことを指します。一般的に言われている「社員」とは、商法上は、いわゆる従業員のことを指します。
●次に、合名会社と合資会社ですが、基本的に直接責任というものを負っています。直接責任と言うのは、会社がつぶれたりしたら、個人が全責任を負います。ただし、合資会社の有限責任社員は、出資だけをすれば、後は責任を負いません。
●株式会社と有限会社の社員は、株式や持分を保持するものです。これらは、間接責任といい、出資義務を履行すればよいのです。
●出資者は、主に配当という形で、出資金から、み返りを受けます。また、会社経営にも口を出せます。こういう身分を商法上、社員と言います。
参考  弥永真生「リーガルマインド会社法」(有斐閣)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

疑問が解決してスッキリしました。
分かり易い説明有難うございました。
ご指摘の通り「合弁会社」は「合資会社」の間違えでした。

お礼日時:2002/01/10 10:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報