メタンガスは地球温暖化の原因の一つらしいですが、温暖化が進むにつれて、アラスカ付近のメタンガスの放出(?)が増し、それによりさらに温暖化に拍車がかかると聞いたのですが、実際にはどうなのでしょうか?
100年200年のうちに、かなりの温度になってしまうとも聞いたのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

メタンガスの放出というのは多分、メタンハイドレートのことだと思います。

メタンハイドレートとは圧力と温度の条件が整うと水の分子が格子状になり、その中にメタンガスの分子を閉じ込めたような状態になったもので、ちょっとした刺激(圧力の変動や温度の上昇)で簡単に水とメタンに分離します。ちなみに1気圧・15.6℃のもとで分解すると、元のハイドレートの体積の160倍もの体積のメタンガスが発生します。メタンハイドレートは地上よりも海底に多く存在し、メタンハイドレートの分解によるメタンガスの発生は、水温の上昇による分解の影響で世界各地の海底でも観測されています。

メタンハイドレートの埋蔵量は定かでは有りませんが、一説によると、現在確認されている天然ガスの内臓量の数倍から数十倍あるといわれています。うまく取り扱って利用できれば大変有望な資源ですが、大気中に放出されてしまうと、メタンの強烈な温室効果により気温が上昇し、さらにメタンハイドレートの分解を促すという悪循環に陥りかねないというのも事実です。

以前、北海で海底油田採掘用のプラットホームはメタンハイドレートの層を彫りぬいてしまい、爆発的に発生したメタンのために浮力を失い(大量の泡を含んだ水は見かけ上の比重が下がる)沈んでしまった事故がありました。
    • good
    • 0

100年,200年の話ではないんですが...長期的には、最近こんな説が出て物議を醸してますよね=Snowball Earth (全球凍結)仮説(P.F.Hoffman. Science, 281, 1342(1998)):


雨に溶けたCO2が岩石を風化することで消費され->大気中CO2濃度が低下 -> 温室効果が低下 -> 気温低下 ->氷床が増える -> 地球のアルベド(反射率)が上昇 -> 太陽からのエネルギーが減少->さらに温度が低下 -> 急速に全地球が凍結、平均温度が-50度?。
火山から発生するCO2が(非常に遅いペースであるが)大気中に蓄積->CO2濃度がもの凄く高くなる->ようやく温室効果が効く->一部の氷が溶け海面が現れる->アルベドが下がり高濃度CO2の温室効果で急激な温度上昇->表面海水温度上昇(50度?)->蒸発と降雨->雨に溶けたCO2が岩石を風化することで消費され->CO2濃度が下がってくる->気温がやや低下し、気候変動が緩やかになる..... というサイクルが何億年も掛けて回っているんじゃないか?

参考URL:http://www.sciam.com/2000/0100issue/0100hoffmanb …
    • good
    • 0

アラスカ付近の土壌は凍っていて、その土壌をボーリングして分析するとメタンが含まれているとの話です。

これは過去にアラスカ付近が緑に覆われていた証拠で、それが土壌と共に凍っているとの説があります。
そして温暖化によってその土壌が溶けるとその中のメタンが解放されて大気中に放出されるとのことです。

しかし。。。
アラスカの土壌が全て溶けるような気温だと、北極の氷も溶けてしまってるのでは?
そうなると地面がかなりなくなってるでしょうね。というかもう人間は生きていけないんじゃない?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q砂漠化の進行で地球温暖化が防げるのでは?

砂漠化の進行で地球温暖化が防げるのでは?
素人ですが地球温暖化に関心をもっています。環境に詳しい方教えて下さい。

森林伐採やひつじの放牧で砂漠化が進行しています。
砂漠化が進行すると、太陽光線を反射する割合が高くなるので地球温暖化の防止になると思うのですが?
(砂漠化は悪であり、地球温暖化は抜本的対策が必要ということは理解しています。)

Aベストアンサー

その程度の問題では有りません 温暖化が何で起きているかで
大きく違うのです よく言われるのが大気の放熱が
悪くなるので起きるが今一番言われていることです
実際には海水温が上がっているのです これは理由がよくわからないのです
地球規模で起きるのは海水の対流です これが悪くなっているのでは
海水は10年程度で上から下まで入れ替わります
これに異変があると突然氷河期にも成ります
誰も今の事が何年周期で起きることかが解らないので不安なのです
太陽は11年周期で暑くなったり寒くなったりします
これは今は寒くなるのですから温暖化にはあまり関係がないと言われています
地球規模の変化では人には防ぎようがありません
海水が全体で1度でも上がると大変なことが起きるのです
砂漠は山に関係有りますから これは数万年単位です

Q地球温暖化の対策について

地球環境問題の対策について調べています。
いろいろとホームページを見ているのですが、身近で出来る対策として
冷房の温度を1度低く設定する、1日5分間のアイドリングストップを行う、買い物袋を持ち歩く、シャワーの使用量を減らすなどありますが、なぜそれらの行為が対策につながるかまでは説明されていません。
理由が分かる方、アドバイスしていただければ嬉しいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>身近で出来る対策を実行するとなぜCO2を削減できるか
(1)冷房温度を低くしてはいけません。高くすると家庭での電気の使用量が減ります。その分、発電所の発電量が減る、すなわち石油の消費量が減ってCO2の排出量が少なくなります。
(2)アイドリングストップ中はCO2が出ません。
(3)自前の買い物袋を使うと、包装紙の消費量が少なくなるので、包装紙の製造量が減り、電気の使用量が減ります。以下は前項と同じ。
(4)シャワーの使用量を減らすと、水の使用量が減ります。それによって浄水場の電気の使用量が減ります。以下は前項と同じ。
ほとんど、電気の使用量が少なくなるところへ帰着しますね。勿論、一人二人が実行しただけではだめですが、皆で行えば、チリも積もって山となる、の例えで、大きな効果がでます。

QCO2による地球温暖化について

等核2原子分子以外は、たいていの分子が
赤外線を吸収するのになぜ、CO2だけが
悪者にされているのでしょうか。

水蒸気、メタン、オゾンなども赤外線を
吸収し温暖化に関係します。
おそらく、こちらのほうが
温暖化の寄与は大きいでしょう。

原発建設と人口削減のために
CO2削減を言っているとしか
思えないのですが。

また、原発はたとえ事故を起こさなくても
廃熱を大量に海に流しているので
原発も、地球温暖化を起こしていると
思うのですが。(もちろん火力発電所も)

Aベストアンサー

二酸化炭素が温暖化の原因だというのは、一つの学説にすぎないのに、ここまで国際的レベルとなると、やはり原発でしょうね。原発はとりあえず二酸化炭素をださないので。
原発を推進するには丁度いいんですよね。
嘘が誠として通用して人々を支配する。昔の天動説を思い出します。
いやな暗い世の中がくるようなきがします。

Q地球温暖化 炭素の循環について

 地球の温暖化の問題で、地球の炭素循環のことについて詳しく教えていただきたいですm(__)m。海底(海洋)や森林(陸域)、または人為起源からどのように循環しているのか? また、それらがどういう風に循環しているがために温暖化という現象が起こってきているのか? 乱文ですいませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のURLに詳しく書いています。私が説明するより早いです。

参考URL:http://www.env.go.jp/earth/cop3/kanren/kaisetu/

Q昨日の報道ステーションのなかで、わからない説明がありました。(地球温暖化と海流の変化)

昨日テレ朝の報道ステーションのスペシャル、環境特番で温暖化への警告の番組をやっていました。
グリーンランドの氷床の融氷問題を掘り下げていました。考えられる深刻な影響のなかには、氷が大量に海に溶け込むことにより海水の塩分が薄まり、北大西洋海流(暖流)がグリーンランド沿岸で冷やされ、南下するという循環の変更をもたらす、という説明がなされましたが、わたしが知りたかった「海水塩分の低下」から「海流の変化」への因果関係(なぜPからQになるのか)についての解説はまったくなされませんでした。
どなたか解説をお願いします。

Aベストアンサー

海水が結氷するとき、氷の中に塩分は取り込まない(取り込んでも微少)ので、その近くの海水の塩分濃度は高くなります。その結果、周りの海水に比べ比重が高くなり、沈みやすくなります(下降流が発生する)。
それに伴い、北大西洋海流(暖流)は引っ張られるような形で北上し、北極海近くまで流れ込んで来ます。
それが、温暖化により北極海の海水の塩分濃度が薄まると、それまでのような下降流が期待できなくなり、北大西洋海流(暖流)の北上は弱まります。即ち、海流の変化が起きる、ということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報