タイトルのあとに続くことば「大海を知らず」とありますが、この先またはこの前にくる言葉はあるのでしょうか。また何かからの出典でしょうか?生徒から聞かれて困ってます。あとに続く言葉はあったと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

えっと、蛙は例としてだされただけなんですよね。



>この蛙の話を渤海の神様が河伯にしてくれたということでよろしいでしょうか?
そうですね。いろいろ調べてみましたが、神様が例として出しただけみたいです。
海の神様が河伯に「今、君がこの大海を見て自分の考えが浅かったと悟ることができたということは、物事を相対的に見ることの誤りが解ったということだ。これからは、相対を離れた大道の立場で語ろう」と。その時出てきた言葉が有名な「井の中の蛙・・」というわけみたいです。たとえば話ででてきたんじゃないでしょうか。

>あ、それから天の高きを知ったのは蛙でしょうか?河伯でしょうか?
一応、荘子の話だと、河伯ということですが、四字熟語の辞典にそのように載っていたなら蛙もまた天の高きを知ったのでしょう。

私がしらべたものは荘子の話しかありませんでしたので絶対にそうだ、とはいいきれませんが、この場合河伯と海の神様の話の中に、蛙と大亀の話が出てくることしかわかりません。力不足ですみません。
    • good
    • 0

井の中の蛙、大海を知らず。

されど、天の高きを知る
ですよ♪
荘子の話ですね。

狭い見識を全てだと思っていること。荘子の中の寓話。黄河の水神の河伯は秋になると水かさを増し美しくなる黄河の流れ<を得意げに見渡しながら流れに身を任せていました。すると黄河は河伯を渤海へと運びました。河伯は渤海の広大さを見て驚くと共に、黄河の流れを得意に思っていた自分の見識の狭さを恥じました。河伯はそのことを包み隠さず渤海の神様に話しました。すると渤海の神様は河伯にこう言いました。
「井の中の蛙は海の事を話してもわからない。なぜなら蛙は自分の住む井戸の中を全てと思いこみ海を知ろうとしないからだ。しかし、自分の見識の狭さを知った君とは海のことについて語り合える。」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ran aichiさん ありがとうございました。生徒から馬鹿にされずにすみました。
四字熟語辞典にはこうあるのです「古井戸に住んでいる蛙が生みに住む大亀に「私はこの広広とした水を独り占めにし、自由自在に泳ぎ回ることができてとても楽しい。あなたも井戸の中へお入りなさい」といったので、大亀が井戸に入ろうとするとたちまち井桁につかえてしまった。そこで海の広さ・深さについて説明したところ、蛙はびっくりして気を失った。という故事。
この蛙の話を渤海の神様が河伯にしてくれたということでよろしいでしょうか?

あ、それから天の高きを知ったのは蛙でしょうか?河伯でしょうか?
両者ともに渤海の神様そして大亀のお陰で自分の知らない世界(天の高き)を知りえたわけですから・・・気になります。
すみません突っ込みが激しい高3生が1名いますのでお答えいただくと助かります。

お礼日時:2002/01/10 01:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「よき友を得ることは仏道の全てである」という釈尊の言葉の出典はどこでしょうか?

「よき友を得ることは、仏道の全てである」という釈尊の言葉あるそうですが、出典はどのお経からなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

「雑阿含経」です。

Q困っていることの原因のすべてが自分にある、という言葉の出典を教えてください

「いま困っていることの原因のすべてが自分自身にある」という言葉の出典は仏典なのでしょうか? 具体的な出典の名称を知りたいとおもいます。お教えください。

Aベストアンサー

「いま困っていることの原因のすべてが自分自身にある」というのは、
平井謙次さんのおっしゃっている「もとこちら」に通じる言葉ですね。

なにか特定の出典というより
「因果」とか「縁起」、「因縁果」など仏教の根底にある考えだと思います。
探せばどの仏典にもこのようなことを説いた文言は載っていると思うのですが、
あえて言うなら「過去現在因果経(因果経)」でしょうか。

「欲知過去因 見其現在果 欲知未来果 見其現在因」
(過去の因を知らんと欲すれば 其の現在の果を見よ
未来の果を知らんと欲すれば 其の現在の因を見よ)

というのがあるのですが、
今ある幸も不幸も、自分の生まれ合わせた時代や環境も、
前世からの因縁か、現世での過去の振舞いに因ってか、なにかしら
自分の中にそういうものをひきつける「因子」があったからこそ生じたものである、
ということだと理解しています
(…といっても実生活においてはこのように達観できずにいる未熟者なのですが…)。

ただこういう因果の考え方は先にインドにあったようですし、
チベットには「因中有果(原因の中にすべての結果が有る)」という考えもありますし、
どれか出典を特定するのはやはり難しいのではないでしょうか?

「いま困っていることの原因のすべてが自分自身にある」というのは、
平井謙次さんのおっしゃっている「もとこちら」に通じる言葉ですね。

なにか特定の出典というより
「因果」とか「縁起」、「因縁果」など仏教の根底にある考えだと思います。
探せばどの仏典にもこのようなことを説いた文言は載っていると思うのですが、
あえて言うなら「過去現在因果経(因果経)」でしょうか。

「欲知過去因 見其現在果 欲知未来果 見其現在因」
(過去の因を知らんと欲すれば 其の現在の果を見よ
未来の果...続きを読む

Qニュートンの言葉の出典

アイザック・ニュートンの有名な言葉
(自分の発見を、海辺で美しい小石や、貝殻を見つけて喜んでいる少年にたとえる話)
の、出典を教えてください。

「小石 ニュートン」で検索して、たくさんにヒットするのですが、
(晩年の言葉という説は何件か、臨終の言葉というのが1件)
出典が出ていません。
検索の仕方が悪いのかもしれませんが…

Aベストアンサー

siegmund です.

私も興味があるのでちょっと調べてみましたところ,
大学の図書館で Brewster の本の復刻版を見つけました.
本の正式の名前は
Memoirs of the Life, Writings and Discoveries of Sir Isaac Newton
で,表紙や背表紙には.Memoirs Sir Isaac Newton と書かれています.
1855年の版を Johnson Reprint Corporation というところが1965年に復刻したもので,
ついでに解説も付いています.

で,この本の Chapter 27 (p.407)に質問の話が載っていて,
......; and s short time before his death he utterd this memorable sentiment:
"I do not know what I may appear to the world,
but to myself I seem to have been only like a boy playing on the sea-shore,
and diverting myself in now and then finding a smoother
pebble or a prettier shell than ordinary,
whilst the great ocean of truth lay all undiscovered before me."
と書かれています.
晩年とも臨終間際ともとれますが,
私は臨終間際のニュアンスを感じます(私の英語力はあてになりません).
この原資料については Brewster の本には何も書かれていないようです.

なお,ネットで出典をみるなら,
Newton Brewster boy ocean
とでもキーワードを入れて,英語ページを含めて検索すればいろいろ出てきます
(google で 1000 件以上).
例えば,
http://quantum.karlov.mff.cuni.cz/skala/quota.html
http://www.bartleby.com/66/19/41419.html
http://www-gap.dcs.st-and.ac.uk/~history/Quotations/Newton.html
http://www.coolavenues.com/coolcorner/cool_quotes.htm
など(他にもいっぱい出たので,ほんの一部です).

私が簡単に調べられるのはこの程度です.

siegmund です.

私も興味があるのでちょっと調べてみましたところ,
大学の図書館で Brewster の本の復刻版を見つけました.
本の正式の名前は
Memoirs of the Life, Writings and Discoveries of Sir Isaac Newton
で,表紙や背表紙には.Memoirs Sir Isaac Newton と書かれています.
1855年の版を Johnson Reprint Corporation というところが1965年に復刻したもので,
ついでに解説も付いています.

で,この本の Chapter 27 (p.407)に質問の話が載っていて,
......; and s short time before h...続きを読む

Q担任の生徒はクラスの生徒の性格はわかるのですか? よく担任がクラスの生徒のことをよくわかっているとき

担任の生徒はクラスの生徒の性格はわかるのですか?
よく担任がクラスの生徒のことをよくわかっているとききますが、本当にそうでしょうか?
面談の度に、友達は性格について何か言われるそうです。たとえば、あなたは頑固よね、とか 前よりも殻がなくなった とか。
私は先生に 初回の面談であなたがどんな子か説明して?と言われ、それ以降の面談でも性格について一切触れられません。
友達はこのことについて 担任は私がどんな人か全く掴めてないんだと思うといいますが、やはりそうなのでしょうか?
それならそれで、こちらとしては好都合で、担任ではなく私の信頼できる先生に進路相談しようと思っています。

Aベストアンサー

もと教員です。

熱心な教員は、生徒のことを良く知り、理解できるように、と努力しますが、
クラス・学校の中で、その子すべての面を見られるわけもない。
学校で見せないその子の性格も、分かるわけがない。

 × クラスの人数。

よく見たり、一緒に話す場面が多いほど、分かる面は多いというだけのこと。

信頼できて、話しやすい教員に相談するのもいいことだと思います。
いろんな生徒がいるように、いろんな教員がいますから、合う合わないも、あって当然。

Q至急 回答お願いします!!私は中学校の生徒会長です。数日後に生徒会入会式で1年生歓迎挨拶があるのです

至急 回答お願いします!!私は中学校の生徒会長です。数日後に生徒会入会式で1年生歓迎挨拶があるのですが、ちゃんとした文になっているのか、自分では判断出来ないので確認よろしくおねがいします!

1年生の皆さん、○○中学校へようこそ。私は○○中学校生徒会長の○○○○です。私たちは、皆さんのご入学を心から歓迎します。入学式を終えた皆さんは、もう立派な○○中学校の一員です。○○中生になった皆さんが中学校生活の中でやることは、主に、勉強、部活、生徒会。この3つです。これからの3年間を充実したものにするためには、これらを手を抜かずにやることが大切です。どれか1つに偏ってしまっては、充実した中学校生活とは言えないと思います。どんなことにも全力で取り組めば、きっと毎日の生活が楽しくなるはずです。そして全校で協力して、第○期の新たな生徒会を作り上げていきたいと思います。1年生の皆さんも、一緒に頑張って行きましょう。

補足
最後に何か1文加えた方がいいですか?

Aベストアンサー

これではダメです。こんな誰でも書ける面接の教科書を丸写しにした様な内容では、
一年生はウンザリです。
ではどうするか、笑いを取るのです、もっぱら自分をネタに笑わせます。
私は高校二年の春十二指腸潰瘍で三途の川に片足突っ込みました、血液成分濃度が
1/3になり頭痛がしました。高校では教頭が三年生で十八歳になった生徒の献血を
呼掛けて呉れました、当時赤十字の供給する血液にはC型肝炎ウイルスがいて使え
無かったのです、私は一躍有名人。
みんなあきれましたが、受験本番の三年四月、私は生徒会のリコールに走りました、
学年一位を賭けて校内模試で激闘していたので担任も、たまには遊べというスタンス。
その時使ったのがこの知名度。
「二、三年生の方々昨年は大変御心配おかけしました、三途の川からようやく帰って
参りました、今も胃の痛ーい○○です」
これ一発で全校生徒総会は爆笑の渦、以後の生徒総会は笑い倒し。
笑いには大きな力があり、常に明るくなります、他人に迷惑を掛けてはいけません、
あなたに笑いが集中する様にして下さい、あなたと同じ質問はいつも出てきます、
新入生にこの学校には笑みが満ちていると感ずる様にして下さい。

これではダメです。こんな誰でも書ける面接の教科書を丸写しにした様な内容では、
一年生はウンザリです。
ではどうするか、笑いを取るのです、もっぱら自分をネタに笑わせます。
私は高校二年の春十二指腸潰瘍で三途の川に片足突っ込みました、血液成分濃度が
1/3になり頭痛がしました。高校では教頭が三年生で十八歳になった生徒の献血を
呼掛けて呉れました、当時赤十字の供給する血液にはC型肝炎ウイルスがいて使え
無かったのです、私は一躍有名人。
みんなあきれましたが、受験本番の三年四月、私は生徒...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報