先日他社のMMFが元本われした時、野村MMFの口座預金をそのままにしていたのでちょっと心配になってきました。170万ほど預金があるのですがもうしばらくこのままにしておくか、新生BKの元本保証の年1%の預金に移し変えるかどちらがお得でしょう?またMMFは全額解約して新生BKに預けるか、一部だけ移し変えた方がいいかまた新生BKはやめてもっと他に安全な預け先のおすすめがあったら教えてください。このお金は当面使う予定はないです。でもいざというときには必要なものです。アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

恐らくご周知のこととは思いますが、他の方が誤解なされるといけませんので、質問文面に訂正を加えさせてください。


MMFは“預金”ではありません“投資信託”です。

MMF投資の欠点
1.MMFは元本保証商品ではありません。
2.市場金利の急上昇や保有公社債の発行体の債務不履行が発生した場合には元本割れの危険性があります。

新生BKの元本保証の年1%の預金の欠点
http://www.shinseibank.com/
1.投資期間が5年の定期預金であるため、金利が上昇するとすれば投資利回りが下回ります
2.お金が必要になった時に中途解約は可能ですが、普通預金の金利に引き下げられます(この部分の詳細が不明ですので要確認です)のでこの場合も金利面でマイナスとなる
3.預入金額が1000万円以上必要で、1000万円を超える部分に関しては預金保険機構の保証外です(つまり信用リスクの観点からは元本保証とは言えません)
4.別途、割引債などの新生銀行発行の金融債を購入する義務がある

以上がポイントですが、これは新生銀行がペイオフ解禁に即した行動だと思います。
尚、私の個人的な意見では5年間使用する可能性がない資金であること、他にも充分な資産を持っていること(新生銀行に資産を集中することにならないこと)が満たされない場合はこの新生銀行の預金への投資は見送ります。

尚、MMFは銀行の普通預金と同等のものとの認識です。新生銀行に限らず、同様の預金金利サービス競争が発生する可能性がありますが、これらは定期預金において行われることだと思います。ご自身の資金を流動性のある運用と拘束性の高い運用に区分けしていただき、それぞれの金額を決定なされることをお勧めいたします。流動性のある運用は普通預金とMMFの併用で、拘束性の高い運用は定期預金や公社債で行うと良いと思います。

一度に書くと消化不良になるとは思いますが、金利が上昇しないとお考えであるならば期間10年の国債の購入をお勧めいたします(現在年率利回り1.3~1.4%の)が、金利が上昇しないと言い切れないところが悩ましいところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼、遅くなり申し訳ありません。
大変詳しくアドバイスしていただきどうもありがとうございました。結局今のところ保留にして、新生BKはややこしそうなのでやめとくことにしました。また何かありましたらよろしくお願いしますね。

お礼日時:2002/01/28 14:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMMFって元本割れしない商品なのですか?

MMFという商品があると思います。こちらは「元本割れしないことが法律で決められている」という話を聞いたことがあるのですが本当でしょうか?もし、そういう法律があるのならその文面を見てみたいのですが・・・。また一方で以前倒産した証券会社のMMFが一度元本割したことがあるとも聞きました。詳しく教えてほしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MMFは元本保証ではありません。
元本割れしたことがあります。ですので、法律云々はうそです。
MMFは投資信託です。証券会社が発行するものでもありませんし、分別されていますので、証券会社がどうなっても無関係です。
ですので、証券会社の倒産云々もうそです。

元本保証ではありませんが、元本割れはしにくいです。
2001年のアメリカのエンロン社破綻の際に、エンロンの社債を組み入れていた一部のMMFが元本割れしました。
私も持っておりまして、約3%程度減少しました。
他の投資信託ならば、なんでもない幅ですが、MMFだったので大騒ぎになりました。
証券会社はもちろん、連絡などされたこともない銀行からも電話がかかってきました。
私はその時に解約はせず放っておいたところ、数年後に元本を回復しました。

元本保証ではないが、元本割れすることは考えにくい、ということになります。
さらに安全で流動性が高いものとして、MRFもあります。

Q外貨預金と外貨建てMMF、どっちが得か?

以前(去年くらい)この質問コーナーで外貨預金のことを質問したところ、外貨預金の為替手数料は往復で2円/米ドルかかるが、外貨建てMMFはそれより数倍交換手数料が安いので、外貨MMFがお勧めと助言されました。しかし今調べてみると、ソニー銀行などのネット銀行であれば、往復50銭/米ドルで外貨MMFと比べても同じくらい安い為替手数料になったと思うのですが、それでは外貨預金より外貨MMFのほうがメリットは多いのでしょうか。目的は94円で買ったドルを95円で売るなどの為替利益であり、金利は考えておりません。ご意見聞きたくよろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

>目的は94円で買ったドルを95円で売るなどの為替利益であり、金利は考えておりません。ご意見聞きたくよろしく御願いいたします。

この目的なら、FX(外国為替証拠金取引)が向いています。手数料に相当するスプレッドが0~3銭くらいで済みます。
FXは危険というのは、レバレッジをかけすぎ、損切りしないでいるからです。

Q外貨預金と外貨MMFの違いってなに?

投資初心者です。とりあえず外貨預金からはじめてみようと思い調べていたら外貨MMFという商品がでてきました。
この2つは根本的にどう違うのでしょうか?
またリスクや配当を考えどちらがおすすめとかありますか?

Aベストアンサー

外貨預金の場合も日本国内の銀行預金の様に随時解約可能な普通預金と預入期間に定めがある定期預金とかがある
良く目にする外貨預金は外貨建ての定期預金であるケースが多い
そうなると、中途解約が出来ないか?出来る場合でも手数料その他で不利な条件になりがち

一方の外貨MMFは、海外の銀行が設定する国債や公債を基盤としたファンドへの出資となる
こちらは、特に期間の定めが無く任意のタイミングで投資と解約が可能である

例えば定期預金の場合、為替の動向によっては今満期になると大幅な為替損が出ると分かっていてもどうすることも出来ない。
一方の、MMFの場合は満期という概念が無いので、為替が不利だと思ったら温存し、有利と思ったタイミングで解約すると言うことも可能。

※実際には、その後更に為替が不利になるか持ち直すかというのは博奕の世界だが・・・・

どちらがお勧めというか・・・・・
基本的には、どの通貨に投資するかという面で考えるべきではないのか?

で、後は為替手数料や預入期間やその他詳しい条件次第

QMMF・外貨MMFの安全性は?

MMFや外貨MMFの説明書を見たときの疑問です。
そこを通して購入した証券会社が破綻しても分別管理により商品自体は保護されている、
と説明されています。それでは、証券会社以外のファンド関係法人が破綻したとき商品は
どうなるのでしょうか? 説明書には、ファンド関係法人として管理会社, 受託会社, 投資運用
会社など、いろいろな会社が並んでいます。顧客の方からみると、これらは証券会社ほどには
なじみがありません。これらの会社のどれかが破綻したときでも商品は保護されるのでしょうか。

Aベストアンサー

MMFのほとんどは公社債、国債等を購入されますので、管理がまともなら受託会社が倒産してもそれなりの資産が残るはずです。投資範囲に規定がありますので、危険な投資は別枠、違う信託なのでごっちゃにはならないはずです。
証券会社自体は自社投資をしますので、自己資金で株を買ったりして破綻する事もあります。山一証券が良い例です。
当時、口座を持っていましたが、手続きが鬱陶しかっただけで実損はありませんでした。
(サンラインの機器とかは無駄になりましたけどね。1万ぐらいだからどうでも)

受託会社の多くは信託銀行の子会社とかで、調べていけば三菱とか名前が出てくると思います。普通のところは大丈夫。

外貨MMFは当然に為替差損が出ますから、運用に関係なく大幅なマイナスになる可能性はあります。
今は円安傾向だからいいですが、円高進行中は利率以上に差損が出るような状態でした。

Q個人向け国債 vs 定期預金 ・・・ 定期預金にメリットはあるのでしょうか?

本で、個人向け国債は、事実上(日本国が崩壊するというリスクをのぞいて)ノーリスクの運用方法だと読みました。
同じノーリスクの定期預金と比較して、利率もいいですし、
であれば、リスクを避ける場合でも、定期は解約して、全て個人向け国債で運用した方がいいという結論になるかと思います。
そうしない人が多いように思うのですが、それはなぜでしょうか?
個人向け国債に関するデメリットがあれば教えてください。(しいていえば、購入のタイミングが限られていることぐらいなのでしょうか・・?)

Aベストアンサー

中途換金可能ですが注意が必要です。
変動金利タイプは10年満期ですが1年経過後、固定金利タイプは5年満期ですが2年経過後からいつでも1万円単位で換金が可能です。
ただし中途換金時には変動金利タイプは直前2回分、固定金利タイプは4回分の各利子(税引前)相当額×0.8をお支払いいただくことになります。場合によって受取金額が投資元本を下回ることがあります。


おすすめ情報