熱拡散率について・・・
確か記号は「κ」だったような・・・

で、アルミよりも熱拡散率の値が大きなものを
教えて頂きたいのですが・・・。
無いのでしょうか?
どうでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

κで表すのは「熱伝導率」ですね。

λを使うこともあります。
お尋ねの熱拡散率は通常、αの文字が充てられます。

熱伝導率と熱拡散率の間には

熱伝導率=熱拡散率×比熱×密度

の関係があります。従って熱伝導率が高くても、密度や比熱が大きい材料の場合は熱拡散率は意外に小さいということは起こり得ます。
アルミニウム、銅、銀、金の比較でしたら参考URLのように、銅、銀、金の方が高い熱拡散率を示します。熱伝導率の大きい順と熱拡散率の大きい順は大体一致しますが、細かいところでは逆転もあることがお分かりいただけると思います。

銅、銀、金よりさらに熱伝導率(熱拡散率)の高い材料としてはダイヤモンドが挙げられます。ダイヤモンドの熱伝導率は2000 [W/m K]にも達します。このほか酸化ベリリウムや炭化ケイ素も高い熱伝導率・熱拡散率を有する材料です。

各種材料の熱的特性
http://www.mune.com/netutoku.htm

ダイヤモンドの物性値(英語)
http://www.p1diamond.com/prop_ref.html

参考URL:http://www.mune.com/netutoku.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうです
銅だったんですね。
黄銅と混同してたみたいで。
それにしても
こんなに親切な解答を頂けるなんて・・・
(^人^)感謝感謝♪です。
ありがとうでした
では。

お礼日時:2002/01/12 00:53

 そういう時は理科年表でしょ! あっスマン。

今、手元にないわ。
次の人~♪、任せた!

 もしくは自分で引く?
    • good
    • 0

銀・銅・金です。

たぶん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうです
銅だったんですね。
黄銅と一緒にしてました。
では

お礼日時:2002/01/12 00:47

パァッと閃くのは「銅」ですね。

 「どう」でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやあ~気の利いた駄洒落も添えて頂き有り難うです。
銅だったんですね。
黄銅と一緒にしてました。
では

お礼日時:2002/01/12 00:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルミ箔とアルミ蒸着の輻射熱反射率の違い

建築用の遮熱材として、アルミ(箔)ホイルを使用したモノと、アルミ蒸着した品が
あるのですが、その輻射熱反射率の違いを教えて下さい。

見た目は、蒸着よりアルミ箔の方が光沢があって、反射率は良いと思いますが
実際はどうなのでしょうか?

カタログや資料を見ると、アルミ箔の熱反射率は97%が多く、
一方、アルミ蒸着の熱反射率は「35~60%程度」とされてます。

いずれの反射率は、可視光線と紫外線を含めた数値なのか、
赤外線のみの反射率なのか曖昧なのです。

遮熱目的なら、赤外線のみの反射率で比較すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>遮熱目的なら、赤外線のみの反射率で比較すれば良い
んなわけないでしょー。どんな光も最後には熱になるんですよ。
蒸着膜は薄いので透過光が多いのです。
金箔を透かして赤い色を見たこと無いですか?金箔は延性・展性が高いので簡単に薄膜になりますが、蒸着膜はあの程度。

Qアルミ蒸着した透湿防水シートの太陽光(輻射熱)反射率

建築用に使われる「透湿防水シート」にアルミ蒸着を施し、
夏の太陽光(輻射熱)を反射する商品(以下の2商品)があります。
http://www.tyvek.co.jp/construction/product/silver/
http://www.fukuvi.co.jp/recommend/shanetsu_01.php

他社のアルミ(箔)遮熱シートと比較すると、反射率が明らかに劣ります。
試しに赤外線ヒーターで、両者を比較するとアルミ(箔)遮熱シートの方は
表面が全くといっていいほど、熱くなりませんが、アルミ蒸着品は少し、
暖まってしまいます。

この差は、蒸着膜は厚みが薄く、透過光が多い為らしいですが、蒸着膜を
分厚くすると、透湿性能が失われてしまうのでしょうか?
なお、「透湿防水シート」には数ミクロンの孔が空いてるそうです。

また、アルミ層は太陽光熱や雨水による劣化はあるのでしょうか?
表面に保護膜を施してる製品も見かけます。

Aベストアンサー

>やはり、コーティングの目的はアルミの酸化防止で、高反射率を保つ為なんですね?

以前、このメーカーに問い合わせたところ、アルミの腐食(黒色化)防止や酸化防止の為だそうです。
建築現場で使用した場合、屋根や外壁を施工するまでに雨で濡れたりする事があり、その場合に保護層が無いと劣化の原因になる事があるとか。
また、工場などで遮熱シートを露出した状態で使用する場合でも保護層が有った方が劣化が少ないと言うことでした。

価格に関しては、ご紹介したメーカーは保護層の有無で価格は変わりません。
輸入商材を扱っている場合は製品原価以上に送料がかなり掛かっていると聞いたことが有ります。
確かに空気を運んでいるような物ですからね。

詳しくはメーカーサイトから問い合わせてみてはいかがでしょうか?
一般人からの問い合わせが多いらしく、判りやすく説明してくれました。

Q【半導体】熱処理(拡散)で処理するデポとドライブインについて・・

こんにちは。お世話になります。。
では唐突ながらお尋ねします。

★熱処理(拡散)で処理するデポとドライブインについてなのですが、
不純物を混入する工程で
アニールで満遍なく・・

★縦型炉より横型炉のほうが温度が高くなる性質がある・・

★横型炉にウエハを入れる場合、時間をかけないとウエハ自体、変形してしまう。

★高純度の石英ガラスを使う・・

ということを専門書で知りました。
ご存知の方
くわしくご教授おしえてくださいませ。。

Aベストアンサー

詳しくは説明できませんが・・・。

デポジッション:所定の不純物濃度をシリコン表面に付着させる工程。
ドライブイン:所定の不純物分布と拡散深さを得るための工程。
ですよね。つまりデポで不純物の量を決定し、ドライブインで拡散深さを決める。

初期は横型を使用してました。理由は処理枚数の多さとウェハーは垂直配置の為、自重による応力にも強かったため。しかし、大気の巻き込みや炉内雰囲気や断面灼熱の制御の困難性がネックとなり、改善の為に縦型が開発されました。ロードロックシステムを採用し、大気の巻き込みを防止し、石英チューブとボードの間隔の縮小でコンパクト化が可能になりました。しかし、ウェハー保持を端部の3,4点で支持するために応力を受けやすく、低温化で改善を進めている。ゆえに横型の方が高くなると言うよりも、横型を低くしないと影響を受けやすいからだと思います。

また高純度の石英ではなく、低純度の石英の場合、雰囲気で反応してしまうからだと思います。

Q反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)について

先ほどもご質問させていただいたのですが、また質問させていただきます;熱化学方程式で、「反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)」という関係式があるのですが、このとき、「単体の生成熱を0として考える」とあります。その理由が、よくわかりません。

なぜそうなるのか、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

単体の生成熱を考えてもいいですが,それは何から作るときの熱と考えればいいですか?
ということで,最初の基準点は何か決めないといけないわけで,手っ取り早く単体から始めるように決めた,というだけのことです.

Q拡散係数は拡散方向によって異なる?

拡散係数を測定する際、上方向、下方向、水平方向への拡散係数は等しくなるでしょうか?
重力が働くため、違うようにも思うのですが。。でしたら、便覧などに載っている拡散係数の値とはどのような値なのでしょう?

Aベストアンサー

拡散係数は、溶媒中の分子がその溶媒中をブラウン運動(分子の熱運動)によって移動する距離で決められています。
分子自身のブラウン運動に基づく移動だけを考えるため、重力は考慮されていません。
したがって、重力を無視できるくらい軽い分子(または粒子)でないと、拡散係数を実験的に正確に求めることはできません。
とはいっても地球上でやる以上、重力を逃れることは不可能に近いので、下記のURLのようなプロジェクトが実施されるわけです。

参考URL:http://www.nasda.go.jp/press/1997/07/sts83_970730_t03_j.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報