幼児教育を学んでいるものです。子どもの姿勢の悪さが話題になることがありますが、諸外国では幼児期や初等・中等教育の段階で、どのような姿勢教育がなされているか、ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。学校教育、家庭教育、いずれの場合でもかまいません。参考になるようなURL,又は文献などがありましたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

幼稚園から小学校低学年の子供3人を海外で育てましたが、学校から姿勢について注意を受けたことはありませんでした。

日本で最近子供の姿勢が悪いとか骨折が多いとか聞きますが、その子供とは何歳児のことかよく分かりません。姿勢と態度を一緒にして、また子供の骨格の発達度を無視して、子供に無理を要求する大人の期待値とのずれがあるような気もします。しかし、教育現場をしらないので忍耐の限度を越えているのだろうと想像しています。理屈を言うようですが、例えば30~50年前の幼児の姿勢と同じ時期の母親の姿勢(しつけ)も考慮に入れて分析する必要があるのでは・・・

子育てにおいて当時の母親より優れているとは思えない現代の母親の我慢のなさ、一方で放任に近い甘やかしを無視して、最近の子供は・・といっても子供が可哀想な気がします。子供が学校教育の悪さや偏食、テレビの見すぎだけで姿勢が悪くなったとは思えません。

海外の経験からいえることは、子供の個性を尊重して一見高い自由度を与えている反面、学校でも家庭でも幼児の時から厳しくしつけています。(命令に服従させる)かつて、同じことが日本でも行われていたと思いますが、その基準が個性尊重ではなく、世間に恥ずかしくない子供に育てるだったために、戦後、個性尊重の流れの中でもろくも崩れ去り、自信のない母親(大人)が増えたのではないでしょうか。

今ヒット中のハリーポッタの主人公の男女は11歳と10歳(少女)の小学校高学年生ですが、大人に近いはきはきとした言動をしています。(演技だとしても、常識的な子供像になっている筈です)どう見ても日本の中学3年生ぐらい或いはそれ以上の態度です。

添付URLは参考になるかと思います。

参考URL:http://www.health-net.or.jp/kenkonet/html/catego …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Martinbuho様 
早速ご回答いただきありがとうございました。お礼が遅くなり、申し訳ありません。
ご指摘のように、身体の発達を無視して、大人の価値観を一方的に子どもに押し付けても意味がないのだと思います。加齢とともに姿勢は変化しますし、良い姿勢を伝えようとしても、そこに個人差があることを考えないと、ヒトを一定の枠にはめ込むような教育に陥る危険性があるような気がします。こうしてみると、要は身体に負担がかからず、自然で安静な姿勢がとれていればよいことですので、ことさら姿勢の問題を学校教育や家庭教育の側面から考えてみる必要はないようにも思えてきます。
ところで、2000年に毎日新聞が連載した特集「子どもの体が危うい」では、小学校の教室内で授業中落ち着きなく動き回る子どもの様子が報告されていました。(「第一部からだ」<1>きちんと座れない)また、元旦の朝日新聞の天声人語には「座力」という言葉の存在が紹介されていました。古いヘブライ語で、長い時間椅子に座っていることのできる能力を指し、(我が国の)国語辞典には載っていない言葉だそうです。ヒトが一定の姿勢を長時間保つためには、骨格や筋肉の緊張を適当に変化調節していく必要があると思われますが、そうしたことをヒトの能力の一つと認めて、それを言葉として受け継いでいく文化や考え方があるのかと感銘を受けました。
私の興味は、こうした姿勢に関する、様々な地域や時代の、人々の考え方です。
その意味で、ご自身の海外でのご経験と家庭教育に関するお考え方はきわめて興味深く、ご紹介いただいたURLは大変参考になるものでした。ありがとうございました。
因みに、毎日新聞連載の特集「子どもの体が危うい」は下記URLで見ることができました。
http://www.mainichi.co.jp/life/women/watch/01/1- …

お礼日時:2002/01/14 18:04

新聞記事を拝見しました。


私の持論にこだわる気はありませんが、同記事中にも大人の反映という見方が出ていますね。両親が既に格家族出身なので子供にきちんと教えることが出来ない、教師も同じく、自由気ままに振舞う生徒を、ゆるい規制枠で指導できないことが大きく影響していると思います。先生は個別指導が下手で、指導する場合は画一的に厳重に枠にはめることしかしません。最後は自分らで解決できる問題ではないと投げ出す。マスコミは社会現象として飛びつく。何故二つの事例を紹介しないのでしょうかね。(困った例と対応に成功した例)
日本では子供が大切にされる文化がありますので、基本から見直さなければ小手先での対応は本当に子供たちがかわいそうです。子供のうちは自由にさせるのか、欧米のように子供は動物の仲間と見なして親への絶対服従方針でしつけるのか、或いはその中間で行くのか、グローバル化の中で日本の幼児・子供のしつけ方が問われているのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

martinbuho様 ご意見と情報をありがとうございました。

お礼日時:2002/01/27 11:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幼児教育

幼稚園入園前の子供に習い事をさせようと思っています。
これはやっていて良かったとかこんなのならばやらない方が良かったとか出来ればもう大きい子供さんがいらっしゃるお母様に体験談を教えて頂ければと思います。
具体的にどういう点が良かったとか悪かったとか教えて頂けるとありがたいです。
ちまたで色々いわれている問題をここでは聞きたいのではなくて実際の体験談を出来れば聞きたいです。

Aベストアンサー

リトミックを、ダルクローズの国際免許の先生の教室で習いました。
積極的で、物怖じしない子になったと、思います。
詳しくは、リトミック、ダルクローズ、国際免許で、検索してみてください。

英語を、ネイティブの先生のクラスで習って、多分発音のもとが、耳に入っているはず。子供は、すぐ忘れますが、日本語にない発音rやlなどの聞き分けは、語学の臨界期の6歳以前にしたほうが、良いはずです。先生の発音もアメリカ、カナダ、イギリスで、だいぶ違うけど、子供なりに先生と会話をすることが大切。

これは年長からですが、ボーイスカウトも良かった。うまく言えないけれど、キャンプや行事を通して、色々な体験が出来てよかった。長年続けている中学生高校生を見れば、それが答えとでも言いましょうか、大人と普通に挨拶や話が出来て、隊の小さい子供にも優しく接することが出来る。当たり前のことですが、同年代の友達としか、接していない子が多い中で、こんなことが、むしろ大事かなと、思います。

どんな子に育ってほしいかは、お家によって違うと思います。
そのためには、何をさせようかと思ったとき何を習わせるかが見えてくると、思います。

我が家は、どこに行っても、挨拶が出来て、話しの出来る子かな?
中学から先は、自分で勝手に考えてもらうことにします。

うちの子は、自分なりに考えているのか、親の言うことを素直には聞かない子に育っています。良いんだか、悪いんだか、、、

リトミックを、ダルクローズの国際免許の先生の教室で習いました。
積極的で、物怖じしない子になったと、思います。
詳しくは、リトミック、ダルクローズ、国際免許で、検索してみてください。

英語を、ネイティブの先生のクラスで習って、多分発音のもとが、耳に入っているはず。子供は、すぐ忘れますが、日本語にない発音rやlなどの聞き分けは、語学の臨界期の6歳以前にしたほうが、良いはずです。先生の発音もアメリカ、カナダ、イギリスで、だいぶ違うけど、子供なりに先生と会話をすることが大切。
...続きを読む

Q幼児教育

正月に帰ってきた娘夫婦と3.5才になる男の子の孫を見ているとまるで子供はお殿様、両親は家来のようで子供の将来が心配になります。
なんでもいうことをきいて甘やかしてしまっているのです。

家内はどこでもそんなもんだ、といいますが心配です。

娘は私のいうことを聞く耳は持っていません。

何かおすすめの本などご紹介いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

最低限人としてのマナーは、
教えてあげないとダメだと思います。

お勧めの本は、話が聞ける子になる魔法のひと言は
読んで良かったです。

Q胎児・幼児教育について

現在妊娠5ヶ月です。
自分の気分転換も兼ねて某有名会社のCDサンプルを聞いたりしています。購入は、検討中です。
英語に限らず、自宅での教材各社イロイロあり今から(少し早いでしょうが。。調べるのには身軽なので)検討しようかと思い、gooの過去の質疑回答も拝見しました。
頭のいい子が欲しいとか親の欲というより、勉強やいろいろなことに興味をもてる子に育てたいという気持ちが大きいです。
もちろん、教材だけに頼らず自然を介しても重要だとは思ってます。
子供も親も一緒になって楽しめてタメになりそうな教材や教育法等 教えていただければ嬉しいです。
価格が高いだけで 子供が興味を示さない等 具体的にアドバイスいただければと思ってます。

Aベストアンサー

私自身の経験です。
ポピー、進研ゼミ、学研などやりましたが、一番楽しく、興味があったのが学研でした。学習と科学があるのですが、この科学がとても楽しく、毎月付いてくる付録がもう楽しみで楽しみで。
結局科学のおかげで、今私は理科の教員になりました。学研の科学で科学の面白さを知らなければ今は違う道に進んでいたのかなと思います。
理科の教員としての立場から、色々な物に興味を持つ子(好奇心を育てる)には身近な不思議を一緒に探してなぜだろうとかどうしてそうなるのかと一緒に考えてあげることがいいと思います。
高い教材でなくとも、身近にいる虫とか植物を育てたり、海や川に行って虫や魚を見たり、料理を一緒にしたりするだけでもいいと思います。

Q幼児教育の学校を創立しようと

思っています。それと平行して体育の家庭教師も始めようと思っています。
それに伴って幼児(6歳まで)を募集しようと思うのですがチラシとネット広告以外に何か集客方法はありますか?

Aベストアンサー

小さい子供連れの家族が訪れるお店に広告を貼らせていただくというのはどうでしょう?昔アルバイトでいろんなお店に足を運びお願いしていました。我が家にも2歳と5歳の子供がいますが結構そういった物を拝見させていただいていますよ。がんばってください。

Q参考文献中の参考文献を参考にする?

レポートを書いているのですが参考文献の書き方に困っています。
ちょっとややこしくて説明になっているか不安ですが。。。

「(1)参考文献」として見つけたサイト中で
「(2)参考文献として取り扱われているサイト」の引用内容が参考になりました。

それを私の参考文献としてレポートに書くとき、どのように扱ったらいいのでしょうか?

大本の「(1)サイト」を題名・発行など、私のレポートの参考文献として書くだけでいいでしょうか?

それとも、その大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を参考文献として書くべきなのでしょうか?

大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を検索してみると、
会員制のみが見られる論文サイトのようで一般の人が見ることはできず、
結局、私が参考にできたのは、大本「(1)サイト」が参考にしたという引用部分だけです。

わかりにくてすみません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

一般的には(2)を読んでから参考文献にあげるべきだと思います。

ただ、レポートであれば(1)が(2)を参照していたということを書けばいいと思いますよ。

あとは、(2)を読んでいないのに(2)を参考文献に上げて読んだように見せかけるといったことも実際にはやられているようです(いけないことだと思いますが)。

(2)の著者にメールなどを出来る手段があれば、問い合わせるといったこともいいのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報