と言う質問を子供(小学生以下)から受けたらどう答えますか。

真面目な回答でも、「『先生に聞け』とはぐらかす」というような回答でも、ジョーク風の回答でも結構です。子供のころ聞いたことがある人、子供に聞かれたことのある人の経験談も大歓迎です。

ちなみにhoragaiの母は、小学校低学年のころの妹にこの質問をされて、「女の人のハダカはきれいだから」と答えていました。
外国のジョーク集では息子に聞かれた父親が「愛人に毛皮を要求されるのにうんざりしたから」と答えています。

「子供のこんな質問をあしらうことなどわけもないぜっ」と言う方には第2の質問

マネの「草上の昼食」(ご存知無い方は下のURLでどうぞ)のような絵を見て「どうして女の人だけハダカなの」と聞かれたらどう答えますか。(こういう構図の絵は現代アートでは珍しくないですね)
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/000819. …

*「芸術」や「教育」より面白い回答が来そうだと思ったのでこのカテゴリーに投稿しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

補足しますね。


私は絵を学んだ者ですが、描く側の人間から言わせれば男の裸も女の裸も絵にしてみたいものです。
動物の肢体を美しいと感じるのと同じで、生命を持った肉体は男のものであれ女のものであれ絵を描く人間の目には美しいと感じられるし、美しいものであれば描きたいと思います。
しかし男の裸は、前述の理由で作品にしたところであまり見てくれる人がいない(=世間からよしとされない)ので、描かれる事が少ないです。
世間に対して発表される作品ではなくて、デッサンなどでは画家も男性の裸を描く事が多々あります。
安井曾太郎が男性裸体の凄く良いデッサンを遺してます。
デザイン系じゃなくて、絵画系の美大生に男性の裸を描く機会を与えれば喜んで描いてくれますよ。

戦う女性の絵画は、ダヴィッドの『サビニ』とか・・・古典作にはそれなりにあります。けど、誰でも知ってる有名作品っていうのがあまりないかもしれません。

余談ですが男性の裸をきちんと作品として描いている画家もいます。ワイエスとかサージェントとか。
つまり画家は人間の体が好きだから裸を描く、でも男性の裸は世間からあんまり許容されないから作品として少ないって事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

結局のところ画家にとって美しいと感じられるものであるから描くというのが子供に対する説明でも一般的な解説としても妥当なところですね。
ただ、男女に限らず人間の裸体を描くのは西洋の画家だけだった(少なくとも近代以前は)という理由は今一つわかりませんが…
人間の裸体に美を見いだす感性が(多分古代ギリシャの感性だと思いますが)受け継がれた結果であって、他の地域にはそういう感性が元々なかったということでしょうか

お礼日時:2002/01/29 03:31

回答1:飲み屋のツケがたまったから。


回答2:二人とも裸だと食事どころではないから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

>飲み屋のツケがたまったから。
ツケがたまったのは画家の方でしょうか。モデルの方でしょうか。

>二人とも裸だと食事どころではないから。
あ、これは「草原の昼食」に対する回答ですね。なるほど。でもあの絵の女性は隣の男を拒否しているような感じに見えますね

お礼日時:2002/01/15 03:49

だいぶ前ですけど、草上の昼食をもじった写真作品を見たことあります。


構図その他はすべて草上の昼食と同じなんですけど、男が裸で女が着衣なんですぅ…何とも奇異な印象でした(^^;)

絵画の世界においては、男性は常に武装した姿で描かれるのがセオリーだったそうです。裸で描かれる場合も筋肉美ばりばりでないといけなかったそうで。
男性が無防備な姿を晒すのはよしとされなかったからなんですね。
つまり、男性が裸で描かれないのは男性に課せられたジェンダー故の事情みたいです。

これに対して女性は無防備な姿でも武装した姿でも美しいとされたようです。
ドラクロワの『民衆を導く勝利の女神』は有名ですが、意外に女性は戦う姿で描かれる事もあったようです。
でも実際女性が剣を持って戦う事は殆ど無かったはずですけどね…実際無くてももしあれば美しいものとして描かれたのでしょう。

余談ですが、エロ本代わり…についてですが、特に教会の規制が厳しくて宗教画以外は御法度、勿論裸婦画なんてとんでもない!っていう時代には聖母マリアよりマグダラのマリアが好んで描かれたそうです。
マグダラのマリアは元々娼婦ですから、ちょっとばかりセクシーな姿で描かれてもお目こぼししてもらえたようで(笑)聖母マリアはがっちり服着てますからねー(笑)

ジョーク回答では、、、そっすね。
女の人は白くて柔らかそうでスベスベで、見てると触りたくなるけど、男の人は黒くて固そうでゴツゴツで、見てても触りたくならないから…ってのはどうでしょ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>男が裸で女が着衣なんですぅ…何とも奇異な印象でした(^^;)

そ、それは…見たくない…(^^;

>男性が裸で描かれないのは男性に課せられたジェンダー故の事情みたいです。

なるほど。でもこれは男性の裸を描かない理由ではあっても女性の裸を描く理由にはならないですね。

戦う女性の絵画って私には例示された「勝利の女神」以外に思い浮かばないのですが、他にどんな例があるんでしょう。

>ジョーク回答
あ、いえ、はい、ども。えー御回答ありがとうございました(汗)

お礼日時:2002/01/15 03:35

まず、真面目に答えるとすると...


ひとえに“裸婦像”と言っても作者・作品によりその意図はマチマチでしょう。共通項として“描く理由”を一般定義することはナンセンスです。目に見る機会の少ない裸という“タブー”を目前にさらすことで注意を引こうという意志は多かれ少なかれあろうかと思いますが、その目的として伝えたいメッセージについては個々の作品でそれぞれの鑑賞者が憶測して楽しむ部分だと思います。第3者による解説も“大きなお世話”でしょう。
マネの「草上の…」では強い違和感が描かれていますが、この“違和感”は絵画表現上大切な点で、なにかのメッセージが込められている場合が多いです。

ならば、子供に問われて答えるならば...
「女の人の身体は綺麗だから」
あたりが無難なんでしょうね。

(ここからは質問の意図から離れるかもしれません)
「子供に聞かれてどう答えるか」は
その“子供”に対する“性教育”をどうするか
によるとおもいます。
幼いうちから全てを見せるスタンスならば
異性の身体への興味について真面目に説明することが大切だと思います。
また、裸体をタブーと教えるならば、幼いうちから裸婦像を見せることはひかえたほうがイイかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「専門家」の方からの御回答ありがとうございます。回答履歴を拝見するとコンピューター関係でも「専門家」のようですが、デザインやイラストレーションのお仕事をなさっているのでしょうか。

>ならば、子供に問われて答えるならば...
>「女の人の身体は綺麗だから」
>あたりが無難なんでしょうね
やはりそれが妥当な所なんでしょうね。

>また、裸体をタブーと教えるならば、
少年漫画にも公然と女性のハダカが描かれているような現在においてそれは難しいでしょうね。

お礼日時:2002/01/14 20:00

再度、登場です。


スイマセン!「モネ」じゃなくて「マネ」の「草上の食卓」でしたね。
間違えてると説得力がないので・・・

ちなみに私の大学は美術学校ではなく、普通の大学なんですが、一般教養で美術系の授業があって、おもしろそうだな~と思って取った程度の知識なので、説明で間違ってるところがあるかもしれません。ちょっと、印象的なエピソードだったのでたまたま覚えてました(笑)

子供に聞かれたら「見たい人がたくさんいるからだよ。おとうさんも大好きだよ。」と言いましょう(爆)

では。クレフ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>子供に聞かれたら「見たい人がたくさんいるからだよ。おとうさんも大好きだよ。」
>と言いましょう(爆)

奥さんに睨まれたら、「でもおかあさんのハダカほど好きじゃないけどね」と付け加えましょう。(笑)

お礼日時:2002/01/13 05:33

horagaiさん、こんばんは!



これは学校の授業(大学)で聞いた話なのですが、大人向けの説明です。

昔ってエロ本ないですよね。だから、平たく言えばエロ本の代わりです。サロンにおいて芸術と称し公然と猥褻物が見られるわけです。そういう需要があったから描いていたのだと思います。(画家も金が必要ですし)

ちなみにモネの「草上の食卓」という絵は女性が鑑賞者をじっと見つめていますよね。モネ以前の絵には裸が描かれていても、視線がこちらを向いているものはないそうで、モネは上記のことを暴く為の挑戦的な作戦だったそうです。つまり、個展をみる人に対し「偉そうな顔してるが、裸を見にきてんだろ!」ということを訴えかけるようなものだったそうですよ。


子供にはちょっと難しい話ですね(笑)

では。クレフ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

エロ本がわりですか。ミもフタもない理由ですね(爆)

たしかに子供には難しい理由です。

お礼日時:2002/01/13 05:17

・お父さんにダッコされるのと、お母さんにダッコされるのどっちが好き?


(たいていは、お母さんだと思うけど。)
・女の裸体は男に比べて、丸みをおびていて曲線がきれいと思う人が多いからヨ。
・自分が画家だったら、オトコとオンナ、どちらを描いてみたい?
(オトコのヌードは性器がモロみえちゃうので、グロい。と想像するハズ。)
・オトコのヌードの絵をお部屋に飾ってみたい?
・世の中男性優位社会だから、女性を描いた方が、認められやすいからヨ。

何て答えていいのかわかりませんが、女性画家も多くいますし、女性を描いている人は多いと思います。

うー、女性の体には繊細な線の細さがあるのでデッサンの鍛錬にも適しているだろから、技術的にも画家の精神面も表現しやすいからだと思います。

気が利いた回答でなくてゴメンナサイ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

>お父さんにダッコされるのと、お母さんにダッコされるのどっちが好き?

ん?ちょっとピント外れのような…

>・女の裸体は男に比べて、丸みをおびていて曲線がきれいと思う人が多いからヨ

これが一番妥当なところでしょうかね。

>・自分が画家だったら、オトコとオンナ、どちらを描いてみたい?
>(オトコのヌードは性器がモロみえちゃうので、グロい。と想像するハズ。)
>・オトコのヌードの絵をお部屋に飾ってみたい?

うーん。これはどっちかというと大人の発想ですね。子供を納得させるにはいまいち弱いと思います。性器がモロ見えだとグロい、と子供が考えるでしょうか。それにオトコのヌードでなくてもグロい絵はたくさんあるし。

>・世の中男性優位社会だから、女性を描いた方が、認められやすいからヨ。

フェミニズム的な視点から見ればそういう答えもアリかもしれませんね。

>女性の体には繊細な線の細さがあるのでデッサンの鍛錬にも適している

これはその通りだと思います。微妙な曲線の書き方や、陰影の付け方などを練習するにはうってつけの素材ですね。

お礼日時:2002/01/12 18:52

>>「石膏のトルソを画くよりは面白いだろう!」


>>でも「なにが面白いの」とさらに突っ込まれたら困りますね。(^^;

素直でない子供は悪い子です・・・「石膏の方が面白いのかっ?!」といって脅しましょう。。。



>>[マネ]は女性の衣服が透明に見える特殊な能力を持っていたという説明

>そ、それはかなり無理があるのでは…(^^;

私の願望にケチをつける気ですか(脅)....(爆)!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「石膏の方が面白いのかっ?!」といって脅しましょう。。。

最後は大人の権威で無理矢理納得させるわけですね(^^;

>私の願望にケチをつける気ですか(脅)..

あ、Eivisさんの願望でしたか (^^;
でもそんな能力があったら見たくないものまで見えてしまったりして…(爆)

お礼日時:2002/01/12 19:02

「石膏のトルソを画くよりは面白いだろう!」位のところでしょうが、デッサンの初心者には白い石膏像の方が影などとり易いです。




[マネ]の絵のほうはまともに時代背景やら、なぜ社会風刺的な意図があったのかなどと言うとツマラナイ話しになるでしょうね。

・・・たぶん[マネ]は女性の衣服が透明に見える特殊な能力を持っていたという説明でもしないと治まりがつかないのでは。。。!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

>「石膏のトルソを画くよりは面白いだろう!」
でも「なにが面白いの」とさらに突っ込まれたら困りますね。(^^;

>[マネ]は女性の衣服が透明に見える特殊な能力を持っていたという説明

そ、それはかなり無理があるのでは…(^^;

お礼日時:2002/01/12 15:48

子供が求める答えを想像しつつ選ぶとは思いますが、


『画家は自分が描きたいと思ったものを描いてこそ初めて鑑る人を感動させられるから』が基本になると思います。
筋肉美を誇る男性を描くのも美しい景色を描くのも…作者が感動していることは共通です。美しいから…は作者が美しいと感じ、観衆に伝えたいと思った、形として残したいと思ったと言い換えられると思います。
またこの考え方を発展させると『画家は自分の伝えたいことを直接間接的に作品に託して述べる』とも言うでしょう。裸婦像に限らず、一見意味をなさないような絵画にも意図があると考えさせたいと思います。子供の感性ならもっと多くのことを感じ取るかもしれません。
草上の昼食の件ですが…『間接的に伝えたいこと』があったからに他ならないと思いますよ…それが単に奇異な印象だけなのか、シニカルな風刺なのかは学のない私にはわかりません。

ジョーク風味の回答としては
『自分の彼女にダイエットして欲しいとは言えない気弱な人だから(画に描いて訴えてる)さ…』ってのはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

>『画家は自分が描きたいと思ったものを描いてこそ初めて鑑る人を感動させられるから』
>『画家は自分の伝えたいことを直接間接的に作品に託して述べる』
>とも言うでしょう。裸婦像に限らず、一見意味をなさないような絵画
>にも意図があると考えさせたいと思います。

芸術の本質に迫る御回答ですね。教育の観点から考えるとこれが模範回答のように思います。
この観点からすると「草上の昼食」はシュールレアリズムの一形態と解釈させるべきでしょうか。

>ジョーク風味の回答としては
>『自分の彼女にダイエットして欲しいとは言えない気弱な人だから(画に描いて訴えてる)さ…』

わははは。面白いです。これいただきます。

お礼日時:2002/01/12 15:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供に「サンタはお父さん?」と聞かれたときの答え方

私の息子(9才)は去年まではサンタを信じていました。
毎年クリスマスの夜には私が、サンタのコスチュームを着て、部屋を暗くし家の窓から入り、子供たちにプレゼントを渡していました。(今までは、ばれませんでした)
その息子(長男)が突然「サンタはお父さん?」と聞いてきて戸惑ってしまいました。多分学校でその手の話題が出たのではないかと思います。
そろそろ本当の事を言う時かなとも思いますが、下の子供たち(7才の女の子と5才の男の子)にはまだ夢を見させていたいとも思います。
妻とも話し合いましたが、2人とも困っている次第です。
長男に言ってしまえば、下の子にもわかってしまうのではないかと心配してしまいます。
他愛も無い質問で申し訳ありませんが、こんな時は、みなさんはどのようにしているのか、経験者の方などいらっしゃれば、どんな事でもかまいませんので、ご回答を下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小学校の2年か3年くらいだったと思いますが、プレゼントにゲーム機が欲しいと言ったところ親に、「実はね・・・」と内情をバラされました。
ソフトだけプレゼントしてもらって、本体はお年玉で買うことにしました。
さすがにうすうす感じている年齢だったので、それほどショックも受けませんでした。
その代わり、妹と弟はまだ信じているから黙っているように言われ「サンタ仲間」になりました。
歳の離れている弟だったので、親の代わりに真夜中にこっそりプレゼントを置いたりしました(親は早寝なので、サンタを見たい子どもにつき合うのは夜更かしのわたしの方が適任だったのです~)

お子さんにもそろそろ打ち明けて、「秘密のサンタ仲間」になって貰うしかないでしょうね。
それに、<お父さんお母さんと自分だけの秘密>を子どもは以外と喜んだりする物ですよ♪

Q何食べたいという聞かれたら何と答えたら良いでしょうか?? ※女性の方回答期待します

結婚して数年経ちますが未だに悩んでいることがあります。

会社が終わって連絡した時や休みの日に、奥さんに「今日何食べたい?」「今日ゴハンなににしようか?」と聞かれた時に、私は奥さんの料理は全般的においしいと思っているので「何でもいいよ」と答えます。

しかし奥さんはそう答えるととても機嫌が悪くなります。
私としては奥さんが私に気兼ねなく何を作ってもいいよう、いちおう気遣いしているつもりですが、奥さんとしてはその答え方が1番困る、、と言います。

聞かれた瞬間にカレー食べたい!肉じゃががいい、、、などと即答は難しいですし、そんなに頭の中に考え付くメニューがありません。。

どのように答えるのが良いでしょうか。(特に女性・奥様として)
もしくは奥さんはどのような答えを想定して質問しているのでしょうか。
奥さんとは円満に生活したいと思っています。
どうかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

主婦歴もうすぐ20年のオバちゃんです。

ほかの方も書かれてますが、そう聞く時は「メニューに行き詰っているとき」です。
なので早く帰られる日などは「お昼に○○を食べた」(お弁当ならごめんなさい)とか「最近あれ食べてない」とかでよいかと思います。
この季節なら「寒いから暖かいもの」でもよいかと・・・。

子供さんがおられないようなので今のうちに大人メニュー作ってもらいましょう。
子供がいると「お子様メニュー」になってしまいますから・・・。

Q回答0の質問に回答すると既に何件もの回答が入っている。重複する内容の回答を避けたいのですが、

どのカテゴリーに入れれば良い質問なのかわかりませんが、
最新の質問等で質問に対する回答数(0~数件)が記載されていますが、回答あるいはアドバイスを作り回答した後、即質問一覧やマイページで確認すると既にその数以上の回答が入っている事がよくあります。
自分の回答内容が他の回答と重複していたり、既回答を読んで自分の回答に間違いがある事等に気付いたりして、恥ずかしく感じ、これなら回答しなければ良かったと思う事があります。
回答直前の既回答の有無(回答内容も含めて)を確認する方法はありませんか。また、運営サイドの方でこのタイムラグを解消することは出来ないでしょうか。

回答の速さや数を争ったりするのではなく、重複する回答を避けたり、質の良い回答・アドバイスをしたいと思う次第です。

Aベストアンサー

方法1
ブラウザを2つ起動し同じ質問を表示しておく。
・質問を右クリックして「新しいウィンドウで開く」で別窓オープン。
・いま開いた窓は放置しておいて、今度は通常クリックして回答フォームを出し、記入します。
・回答を書き終えたら先ほどの別窓を更新します。この時、既に回答があれば表示されます。
・重複していないようであれば回答を投稿して下さい。

方法2
・質問を開きます
・メモ帳など文書作成ソフトで回答を用意します。
・「この質問に対して回答します」をクリック
・回答フォームが出ます。この時、既に回答があれば下に表示されます。
・問題がなければ、用意した回答をコピー→貼り付けして回答します。

Q子供のころ見えたもの

みなさんは子供のとき何かが何かに見えませんでしたか?
例えば木のしわ(?)が顔が見えたりとか・・・
小さなことでもいいので是非教えてください。

なんで大人になるにつれてそういう発想ができなってしまうのでしょうかね。すこしさびい気がします。

Aベストアンサー

いい質問ですね。
私は夕焼けですね。
カラスの親子はどこに行ったんでしょうね。
お月さんは本当にうさぎさんに見えましたよ。

Q子供のころ平気だった虫が自然と駄目になる理由って何?

子供のころ蜘蛛やゴキブリを捕まえるのが全然平気でしたが、最近は見るだけで怖いと感じます。
夜見ると電気消せないです。

特に怖い思いをしたことがないのに、ある段階からこういう虫が「怖く」なるのは何故でしょう。
何かのメカニズムってあるんですか?
それが分かれば、虫がでる夏を乗り切れる・・・かもしれないので、お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
子供にとって、虫はリアルに動くおもちゃの延長だったり、「生命」を学ぶ対象としての教材になることが多いと思いますが、大人にとってはその性質や動き、色の方が目立ってしまいますよね。
心理学的には幼少時は「自分」しかないと言われています。他は興味の対象でしかない、みたいな。

成長期を経て、「他」について知る中で、モラルや「美醜」の感覚が育つようですね。
あと、「どういう動きをするかわからない」という点もあります。

宗教(昔ながらの)とか哲学の領域になってしまうのでしょうが、それを超越することはできると考えられています。

そのきっかけが「許し」と言われています。

僕は、NHK教育テレビのショートドキュメントの特集でやってた、ディスカバリーチャンネルみたいなのだったと記憶していますが、蚊の一生をとりあげていました。
人の血を吸うのはメスだけで、それは卵を育てるためだそうです。
卵を産んだ後、メスはヘロヘロになって水面に崩れ落ち、仰向けに浮かんで死を待つ、、、。そんな内容でした。

それ以来も家を飛ぶと、つぶしてしまうこともありますが、箱で捕まえて外に放つこともあります。明らかに私の虫を見る目は変わりました。

すべてが生態系という生物の循環のメカニズムの中で共存する「仲間」とも言えますが、日常の生活にあってはそうは言ってられない「キレイゴト」な面もあります。

外見も、身を守るためにあえて醜くなっていく進化の過程の場合もあります。

外見でなく、本質を見てやるゆとりがもてたら、そんなに苦労しませんよね・苦笑

さて、長くなりましたが、最後にアドバイス。
害虫駆除のため、その生態を観察するうちに、性質がわかってまったく苦手でなくなってしまった!そんな話しを聞いたこともあります。
徹底的に観察すれば、克服できるかもしれませんね。
(そうとうな覚悟がいると思いますが。。。)
たとえば、クモなんかは害虫を補虫してくれる、とか、、、。

これから増えますよね。がんばって乗り切りましょうね。

こんばんは。
子供にとって、虫はリアルに動くおもちゃの延長だったり、「生命」を学ぶ対象としての教材になることが多いと思いますが、大人にとってはその性質や動き、色の方が目立ってしまいますよね。
心理学的には幼少時は「自分」しかないと言われています。他は興味の対象でしかない、みたいな。

成長期を経て、「他」について知る中で、モラルや「美醜」の感覚が育つようですね。
あと、「どういう動きをするかわからない」という点もあります。

宗教(昔ながらの)とか哲学の領域になってしまう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報