質問があります。
実はこの前ボアアップをミスってバイク屋さんでも修理できないって言われるところまで、エンジンを壊してしまいました。
そこで、中古のエンジン及びクランクケースと、その中身や、シリンダーヘッド(つまり腰上腰下(?)全部買いました。
そこで、古いエンジンとクランクケースはもう壊れているので何とか、無理やり取ることが出来ましたが乗せるときはどうすればいいんでしょうか?
フレームが邪魔して入らないようです。
また、シリンダーとシリンダーヘッドは、取らないと本体に搭載できないのでしょうか?
かなり返答を急いでいますので、少しでも情報があれば幸いです。
また、サービスマニュアルをお持ちの方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、そちらを見ていただけると嬉しいです。
何かご不明な点等ございましたら、質問の解答に乗せていただければお答えいたします。
宜しくお願いいたします。

A 回答 (2件)

シリンダーおよびシリンダーヘッドはとりはずさなくても着脱できます。

載せるときは車体左側よりいれます。その時キャブレター、左クランクケースカバーは必ずはずしてください。ちょっと窮屈ですが必ずはいります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速試してみますね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/19 20:54

まずは、早急にサービスマニュアルを買いましょう!


エンジン周りなどは、ボルトの締め付けトルクなどはかなりシビアですよ。
その辺は大丈夫ですか?
プロの方でも、サービスマニュアル無しでは、危なくて手をつけられないんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。締めつけトルクなどはサービスマニュアルを買ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 15:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカブ系エンジンのシリンダーヘッド

現在75ccのボアアップエンジンで走っています。
小金ができたので耐久性と性能のベースアップとでシリンダーヘッドとバルブを交換しようと思っています。
純正のカブ70のパーツでもいいのは分ってるのですが、社外品でないでしょうか?
ボアアップキットはキタコです。キタコの88のパーツは流用できるのでしょうか?
同じような交換をされた方、お願いします。
※給排気系の交換については今回は教えていただかなくて結構ですm(_ _)m

Aベストアンサー

そのキタコの75ccキットはピストントップがフラットなので、カブ70のヘッドだとローコンプですよ。
ビッグバルブのヘッドに交換するならばシリンダーとピストンも交換するのが楽だと思います。
どーしてもそのシリンダーが使いたいなら、TKRJというところのカブ70用1mmオーバーサイズピストンを使うくらいです、その場合もカブ70(90)のヘッドしか使えません。(社外のビッグバルブヘッドはさらにバルブが大きく挟み角もシビアなので)

参考URL:http://www.tkrj.co.jp/jp/goods/m-AH0240X--GB5-760.php

Q4ストエンジンのクランクケース内の圧力は

バイクの2ストエンジンはピストンが上下することによるクランクケース内の圧力をガソリンの吸引・供給に使いますが、4ストエンジンのクランクケース内圧力はどこに逃げるのですか?

Aベストアンサー

ブリーザーから解放されます。
市販車の場合は、一般的にパイプを通してエアクリーナーボックスに戻されています。
ブローバイガスには有毒な成分が含まれているのでそのまま大気解放では車検に通りません。

詳しくは下記ページを参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC

QRB20DETについてなのですが、エンジンヘッドシリンダーを下ろし方が

RB20DETについてなのですが、エンジンヘッドシリンダーを下ろし方が分からなくて、誰か知識がある方いましたら、是非お教えください。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

>>気をつければならない事などありますか?

 下ろすだけなら、何も気にすることは有りません。(せいぜいヘッドを足の上に落とさないように)

 もう一回組み立てる気なら、話は全く違いますが。

>>エンジンヘッドシリンダー

エンジンを降ろして、ヘッドと、シリンダーブロックを分解するのか、単にエンジンのシリンダーヘッドだけを外すつもりなのか良く判りませんね。

Qz1で質問です。 以前も、しましたが、腰上o/h後、約200km走行後、突然シムが飛んで、シリンダー

z1で質問です。
以前も、しましたが、腰上o/h後、約200km走行後、突然シムが飛んで、シリンダーヘッドが割れてしまいました。走行時のスピードは80km位です。
o/hしたカワサキのショップに引き取りにきてもらい、本日エンジンをバラしたと言われて見に行ってきました。
以前の回答で殆どの人がo/h時の組み付け不良だと言ってたので色々ショップに聞いてみました。
パーツを見せてもらいましたが、シムが乗るところ、リフター?ってところが焼けてベコベコになっていました。これが焼き付いてシムが飛んだんだなと説明されました。
オイルも大丈夫だったのに焼き付くなんてあるんですかね?
しかも、それほど回して走っていません。
ヘッドは溶接で治ればなと言われましたが、
o/hにも30万以上かかりましたし、いまいち納得出来ません。
皆さん、色々教えて下さい。

Aベストアンサー

新車購入の車両でしょうか。そうでなければ、
あなたが使用している期間にきちんとオイル交換をしていたとしても、
過去の使用者がオイル交換を怠っていればバルブステム焼き付きは起こり得ます。
しかし、腰上オーバーホールをしたとのことですから、バルブステムは交換してあるでしょう。
潤滑不良を起こすとすれば潤滑油を送ってくるポンプの磨耗や途中の送油経路につまりが生じたと考えられます。
オイルプレッシャーランプがアイドリングから少し回転を上げた所で消えていればポンプは大丈夫として
途中にスラッジや剥ぎ取ったパッキンの屑などが詰まっているかも知れません。
分解してそれを取り除き潤滑を回復しなければ何度組み替えても同じことです。
オーバーホールをした時に送油系統を清掃したかどうかも尋ねてみて下さい。
組み立てた時点でカバーをかける前に運転して潤滑油が問題の付近にちゃんと流れ出ていたかを
作業者が確認したのかどうか聞いてみる必要もあります。
でも、組み立て時には潤滑油が回っていても原因物質が下側に潜んでいれば
走り出した高回転で大量の油を送った時に運ばれてそこに詰まりを生じることはあります。
私も何年も寝かせていた自動車を動かした直後に潤滑油経路を詰まらせて
エンジンオーバーホールをする羽目になった事があります。
高性能のスポーツカーや二輪車にはよくある事です。

新車購入の車両でしょうか。そうでなければ、
あなたが使用している期間にきちんとオイル交換をしていたとしても、
過去の使用者がオイル交換を怠っていればバルブステム焼き付きは起こり得ます。
しかし、腰上オーバーホールをしたとのことですから、バルブステムは交換してあるでしょう。
潤滑不良を起こすとすれば潤滑油を送ってくるポンプの磨耗や途中の送油経路につまりが生じたと考えられます。
オイルプレッシャーランプがアイドリングから少し回転を上げた所で消えていればポンプは大丈夫として
途中にス...続きを読む

Qエンジン腰上オーバーホールについて

4スト2気筒エンジンの腰上オーバーホールを考えています。オーバーホール時にピストンリングのサイズアップとシリンダーのボーリングはやったほうがいいのですか。友人の一人は同サイズのピストンリングの交換だけでは1万キロしか持たないと言います。別の友人はシリンダーの内壁がキレイな状態なら同サイズのピストンリング交換だけで大丈夫と言います。教えてください。

Aベストアンサー

1万kmってのは極端ですね。今のバイクであれば、1万kmしかもたないなんてことありえません。
世の中の中古バイクでは3万とか5万km走っているけど一度もオーバーホールしたことないバイクだって沢山流通しています。
クラシックバイクのジャンルだったらいざしらず。ココ十数年程度のバイクであれば、オーバーホール時にピストン、ピストンリング。ピストンピンの交換だけでも構いません。もちろんノーマルと同じサイズ。
オーバーサイズを入れるのは、傷などの致命的な症状が出てしまった時にボーリングしてオーバーサイズを入れるわけです。
排気量が少し上がってしまいますので、元々の排気量次第では一つ上の区分になる可能性もあります

ホーニング跡が残っていて爪にひっかかるような傷が無ければ全く問題ないですよ。

白煙が出るとのことですが、ピストンリングが磨耗により駄目になっている。バルブ当たり面の不良やヘッド周りからのオイル下がりなども原因になっている可能性が高いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報