ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

とても無知な質問でスミマセン…(汗)
今まで気にしていなかったのですが、仕事で急遽知りたくて質問させていただきます。

消費税の計算をした場合に小数点以下の部分は四捨五入なのか切り捨てになるのかどちらなのでしょう?
少し検索してみたのですが、決定的なものが見当たらず(焦っているので見つけれないだけかもしれませんが…)

これは必ずしもどちらかに決まっていないのでしょうか?
もし決まっていないとしたら普通はどちらが多いのですか?

ご存知の方、教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

消費税率が10%になるのは2019年10月に延期されましたね。



[Profession Journal  消費税率10%引上げは平成31年(2019年)10月へ2年半延期]
https://profession-net.com/professionjournal/con …

A 回答 (2件)

取引のときということでいいのでしょうか。

それとも申告書の書き方?
申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。

参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、
> なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する場合であっても、税込価格が表示されていれば、総額表示の義務付けに反するものではないことに留意する。

となっています。これは事業者向けでも同じだろうと思います。

普通はどうかといわれると、あくまで個人的な感触ですが、普通は切捨てじゃないかと・・・。そうあってほしい。
ただ、EXCELなどで請求書を作ると、端数処理せず、端数の表示もしない設定だと、自動的に四捨五入した数値が表示されるので、四捨五入の場合も結構あるのではないかと思います。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/syou …
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ご回答にあった通りEXCELで表を作った際、四捨五入されてしまいました。なので切り捨てになるように設定し作成したのですが、昨年の書類を見たら四捨五入の設定になっており果たして実際のところはどうなのかと思いまして…
そう考えると去年は単に面倒なのでそのように作成したのだと思います(去年の作成者に聞いた所、『切捨て』と言っていたので(苦笑))
申告書類上の作表と言っても税務署の提出はしないものですが、切捨てが堅実な処理と言った感じですね。
勉強になりました。

お礼日時:2006/03/09 00:32

原則切捨てです。

しかし、四捨五入、切り上げも認められています。
消費税の課税事業者が納付税額を計算する場合、税込み総額を基に税抜き金額に引き戻しそれを基に消費税を計算し直すという手続きをとります。したがって個々の取引にかかる消費税の計算を切捨てで計算しようが四捨五入しようが大した意味はないのです。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

原則切捨てなのですね。
自分が作った書類は切り捨てにしたので一安心です…
ちょっと複雑な内容(…でもないのですが(笑))の書類&相手だったので、果たしてどちらが良いのか?と思っていました。
こんな事でもなければ全く気にならないような事でもあったので勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/09 00:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税の小数点以下の扱い方

例えば、130円の商品場合、消費税は6.5円となります。

この場合、一般的に四捨五入で7円となるのでしょうか?
それとも、小数点以下は切捨て・切り上げなのでしょうか?
場合によって扱い方が違うのでしょうか?

お詳しい方、お願いいたします!

Aベストアンサー

お店によって対応が違うみたいです。
一般的には四捨五入か切り捨てが多いみたいです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E%E6%B3%95

Q消費税内税はどのようにして計算しますか

税込み5000円の商品の場合内税は238円でOKですか?
どのようにして計算しているのでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

>税込み5000円の商品の場合内税は238円でOKですか?
OKです。

>どのようにして計算しているのでしょうか。
5000÷1.05=4762(5000円の税抜き価格)
5000-4762=238(内税額)

ちなみに私は税計算の出来る電卓を使用しています。

Q消費税8%の簡単な消費税計算方法

例えば金額が1050円で5%の場合
÷21で計算できます
1050÷21=50

8%の場合はどのように計算すれば
簡単に計算できますか?

Aベストアンサー

No.1さんの補足になってしまいますが、質問文にある5%の場合の÷21というのは105/5が元の式になりますので、8%の場合は108/8=13.5になります。

Q消費税10%になったら、計算式はどうなりますか?

消費税5%の時は100円の物を買った場合、
100×1.05=105円でしたが、消費税10%になったら100×?=?円になりますか?わからないので教えて下さい。

Aベストアンサー

100×1.1=110円
ですね。

Q電卓での消費税の計算の仕方がわかりません。

お恥ずかしい話ですが、パート勤めをしようと思い面接試験を受けたのですが、電卓での消費税の計算の仕方が間違っていたらしく落ち込んでしまいました。家族に相談すると「そんな計算も出来ないんなら受けるだけ無駄」と馬鹿にされておりますが、受かる受からないは別としても、どうしても自分できちんと人並みに計算出来るようになりたいので、どうか皆さんわかりやすく教えてください。
ちなみにパート面接試験では以下のような問題が出ました。
[6090円(税込み)の商品を15%引きで5個、3360円(税込み)の商品を20%引きで3個買い求めた時の合計金額と、その消費税を求めなさい。]
*私は、まず、合計金額を求めるために、
 6090×0.85×5=25882.5
 3360×0.8×3=8064として、 25882.5+8064=33946.5 としました。
 小数点は繰り上げて合計金額を33947円としました。
 そして消費税を求めるために、
 33947×0.05=1697.35 で、小数点切捨てで答えを1697円としてしまったのです。
 後から聞くと、33947×0.05÷1.05=1616.52 とし答えは1617円だと間違いを指摘されてしまったのですが、本当にこういう長い計算をしないと[税込み商品合計額の消費税]は出て来ないのでしょうか。
もっと簡単な計算方法はないのですか?
 また、上記の様に合計金額が33946.5のように端数になってしまった場合、どの様に訂正して回答すればいいのでしょうか。
 もともと算数に弱いので本当にお恥ずかしい質問をしておりますが、ご指導よろしくお願いいたします。

お恥ずかしい話ですが、パート勤めをしようと思い面接試験を受けたのですが、電卓での消費税の計算の仕方が間違っていたらしく落ち込んでしまいました。家族に相談すると「そんな計算も出来ないんなら受けるだけ無駄」と馬鹿にされておりますが、受かる受からないは別としても、どうしても自分できちんと人並みに計算出来るようになりたいので、どうか皆さんわかりやすく教えてください。
ちなみにパート面接試験では以下のような問題が出ました。
[6090円(税込み)の商品を15%引きで5個、3360円(税込み)の...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんの計算だと、「消費税」にも「消費税」かかっています。
33,947円は税込みの値段ですので、いったん税抜きの金額に戻します。
33,947÷1.05≒32,330.5
この金額の消費税を計算するので、
32,330.5×0.05=1,616.5円
になるのです。これを一つの式で表すと
33,947÷1.05×0.05
掛け算と割り算は順番を入れ替えても答えは変わらないので、
33,947×0.05÷1.05
になります。

因みに、
金額に1.05を掛けると税込み、1.05で割ると税抜き金額になります。

Q消費税の計算方法

こんばんは、消費税の計算で過去の回答見てると、1000円の商品を買った時の計算方法に、1000X1.05=1050円と回答がありました。
この、1.05は、どういう意味でしょうか?どこから来たのですか?
教えてくださいよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No2です。パーセントは百分率ともいい、1パーセントが100分の1で、100パーセントが1です。ですから、もともとの価格100パーセントに消費税分の5パーセントを加えて105パーセントになります。もともとの(税抜きの)本体価格が100パーセントなので、105÷100=1.05(倍)になります。

Q消費税(内税方式)の計算方法を教えて下さい。

消費税(内税方式)の計算方法を教えて下さい。
下記の左列の 商品を4点、合計1,473円の場合、本体価格、消費税の内訳は、2列目、3列目の内容でいいでしょうか。
(1)内税価格を1.05で割り、本体価格を円未満を切り捨てていますが、それでいいでしょうか。
(2)下記の場合、合計額で計算すると、本体価格1,395になり、消費税が70円になりますが、
  複数商品の場合は、個別商品毎に消費税を計算し、その合計が全体の消費税とするのが正しいでしょう  か。

いずれにしても、端数処理の部分がキーになると思いますが、下記の例で具体的に教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。


内税価格 本体価格  消費税
 250 238 12
 302 287 15
 412 392 20
 501 477 24
1,465 1,394 71

Aベストアンサー

・ 各会社で処理を決めていいのです。

・ ちなみに、各会社が納税するときは、税込みの売上合計を1.05で割り返して計算していくので、こまかな一取引ごとの端数は、結果として気にしなくてよくなります(総収入のうちの5%が課税標準になります)。

・ ですから、レシートの表示は、
  1商品ごとに端数処理した税額を記載し、これを合計するパターン
  取引総額で端数処理した消費税を記載するパターン
  の両方がありますし、
  さらに、四捨五入、切り上げ、切捨て、いずれでも可(継続適用する)になっています。

Q消費税、小数点以下端数の場合、切り捨て?

いまさら、聞くのも、恥ずかしい事ですが、
消費税で、小数点以下端数が出た場合は、
切り捨てで、計算してよいのでしょうか?

例えば99円の品物の場合、4.95円になりますが、
この場合、4円でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 蛇足ですが、99円のものを100個買う場合、いっぺんに払うと・・
    99円×100個×1.05=10,395円
ばらばらに100回レジを通ると
    99円×1.05=103円 
   103円×100=10,300円

ということで95円も浮いてしまいます。
なるべく買い物はこまめにした方がいいのかも!?

Q消費税を個別計算された請求書

取引先から次のような(請求書1)をもらいました。
商品の合計に5%を掛けた消費税額に誤りがあるので
(請求書2)のように訂正依頼をしたところ、商品ご
とに消費税を掛けているので、そのようになっている
との回答でした。
代わりに(請求書3)を提出されました。
-------------
(請求書1)
品名  単価 数量 金額
AA  1,052    3   3,156
BB   2,973    1   2,973
消費税     307
合計   6,436
-------------
(請求書2)
品名  単価 数量 金額
AA  1,052   3  3,156  
BB   2,973    1  2,973
消費税        306
合計   6,435
-------------
(請求書3)
品名  単価   数量 金額
AA  1,104.6     3  3,314  
BB  3,121.65    1   3,122
合計(税込)     6,436
-------------
実際には10品目程度あり、消費税額の
差額も大きいのですが、
品目ごとに請求書をわけてもらうのは、
煩雑になり難しいと思います。
納品日が異なる商品でもあり、
取引先の会計システム上の都合もあり、
法律等の根拠さえあれば、こちらとしては
(請求書1)(請求書3)でも構いません。
法律上問題がないのか教えてください。

取引先から次のような(請求書1)をもらいました。
商品の合計に5%を掛けた消費税額に誤りがあるので
(請求書2)のように訂正依頼をしたところ、商品ご
とに消費税を掛けているので、そのようになっている
との回答でした。
代わりに(請求書3)を提出されました。
-------------
(請求書1)
品名  単価 数量 金額
AA  1,052    3   3,156
BB   2,973    1   2,973
消費税     307
合計   6,436
------...続きを読む

Aベストアンサー

 まず消費者対業者の取引の場合は。#3の回答者の方が紹介されたサイトにあるように平成16年4月から総額表示方式に変わっています。ですのでご質問のような場合は一品ごとの税込み金額の合計を表示し、内消費税がいくらという書き方が正しいことになります。

 では業者間取引はどうかというと、暫定的に従前の方法を適用することが許される場合があります。その場合でも商品1行ごとの計算をするのではなく、伝票ごとの処理が正しいとされます。

その理由ですが、まず下記サイトをご覧下さい。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6383.htm
ここには、
『総額表示義務の規定の適用を受けない課税資産の譲渡等(事業者間取引等)については、代金の決済に当たって、取引の相手方へ交付する領収書等で、その取引における「課税資産の譲渡等の対価の額(税抜価格)の合計額」と「その税抜価格の合計額に5%を掛けて1円未満の端数を処理した後の消費税及び地方税の合計額(以下「消費税等相当額」といいます。)」を区分して明示している場合には、当分の間、旧規則第22条第1項の規定を適用することができます。』(『』内引用以下同じ)
とあります。旧規則第22条第1項とは同じページに説明があります。さらに、『5 経過措置を適用する場合の端数処理

 上記の各経過措置を適用する場合の端数処理は、取引ごと、すなわち、決済上受領すべき金額ごとに行います。なお、ここでいう「決済上受領すべき金額」とは、例えば、次の場合には、それぞれ次の金額をいいます。
(1)顧客に販売した複数の商品(課税資産に限ります。)を一括して引き渡した場合
 これらの商品の代金としてその顧客から一括して受領した場合におけるその領収書(レシートその他代金の受領事実を証するものとして顧客に交付するものを含みます。以下同じ。)に記載された金額の合計額』
とあります。

これに関しては
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/syouhi/2323/01.htm
に詳しい説明が読めますので「決済上受領すべき金額の意義」の項目をご一読下さい。

 つまり領収書等の1行ごと消費税を計算し、端数処理してそれらを合計するのではなく、レシート(等)ごとの税抜金額の合計をいったん算出し、それに消費税率を乗じて端数処理をすることが正しいとされます。これについてわかりやすい例として下記のページのような国税不服審判事案があります。
http://www.kfs.go.jp/service/MP/05/0402000000.html

 これにまつわるトラブルは結構あるようで、例えばエクセルなどで処理をすると、伝票ごとのまとまりを考慮せず1行ごとの金額に消費税をかけると処理が極めて簡単になり売掛台帳が単純にパソコンで管理できるようになります。しかしそれは、前述の通り正しい処理とは言えません。

 まず消費者対業者の取引の場合は。#3の回答者の方が紹介されたサイトにあるように平成16年4月から総額表示方式に変わっています。ですのでご質問のような場合は一品ごとの税込み金額の合計を表示し、内消費税がいくらという書き方が正しいことになります。

 では業者間取引はどうかというと、暫定的に従前の方法を適用することが許される場合があります。その場合でも商品1行ごとの計算をするのではなく、伝票ごとの処理が正しいとされます。

その理由ですが、まず下記サイトをご覧下さい。
http://...続きを読む

Q消費税込みの値段から消費税抜きの計算方法

消費税込みの値段から消費税抜きの計算方法を調べたら X÷1.05=消費税抜きの値段と書かれていました。なぜ1.05で割ると消費税抜きの値段が計算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえば
100円のもの1個の値段は
100×1=100円
その消費税は5%(×0.05)ですから
100×0.05=5

総額は
100+5=105円
一度に計算するには
1+0.05=1.05  で
100×1.05=105円

ここまではOKかな。
商品の消費税込みの値段を計算するときに
1.05を掛けたのですから
消費税込みの価格から商品の価格を計算するには
その逆の計算
総額÷1.05で計算できますよ。


もしかして釣られちゃったかも・・・ですが
自分の文章力確認には良いテストかも(笑)
本気質問なら(上の2行)ごめんなさい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング