痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは
ゴルフ場を利用しました。
何気なく領収書を見ていると、
・代金 11,140円
・うち消費税494円
・うち利用税650円
となっていました。

消費税が494円だとすると切捨計算を加味して最大で考えても本体価格は「9,899円」です。
とすると代金は、
9,899+494+650=11,043円
となり、11,140円より97円少なくなります。

この97円はなんでしょうか?

おわかりになられる方よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

それはゴルフ場が徴収している協賛金や協力金です。


大概のゴルフ場では徴収されていますので、詳しく記載のあるゴルフ場の領収書では確認出来ますし、当然対価性がありませんから利用税と共に不課税となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/28 13:46

私としては2番様のお答えがしっくり来ますね。



> この97円はなんでしょうか?
> おわかりになられる方よろしくお願いいたします。
個別明細書が無いのでそのゴルフ場がどの様な計算をしたのかの推測となりますが、
3つのケースがありえます
○ケース1:税抜きの利用代金に5%をオンしている
計算過程は2番様が書かれていることなので、割愛いたします。
この計算で推測された消費税等は領収証記載額より5円多いので、2番様が挙げられている理由のほかに、『何か非課税取引があり、その金額が100円』という可能性があります。

○ケース2
トータル¥11,140からゴルフ利用税¥650を除いた金額は¥10,490
理論上、この¥10,490に「4/105」を掛けると、国税である『消費税』が算出され、算出された消費税額に「1/4」を掛けると『地方消費税』が算出されます。
 10,490×4/105≒399
    399×1/  4≒ 99
399+99=498なので、領収書記載の消費税等より4円多い。非課税取引が99円含まれている可能性が有ります。

○ケース3:個別に計算した合計
弊社では領収証と一緒に利用明細書が添付されて経費精算がまわってくることがありますが、それなり中には、例えば「プレー代」「食事代」に区別してそれぞれ消費税計算を行い、その合計を領収証に表示していることがあります。
このような方法をおこなっている場合、ケース1またはケース2の方法で求めた数値との間に差額が当然に発生いたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/28 13:46

利用税には消費税がかかりませんので、



利用税を抜いた利用料(消費税込)
11140円―650円=10490円

消費税を抜いた利用料本体
10490/1.05=9990.・・

利用料9991円
消費税499円

差異が消費税で5円になってますが、

・ゴルフ場の計算ミス
・ゴルフ場の記入ミス
・レシートの499を494と読み間違えた

などではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/28 13:45

たぶん、10円分値引いていてややっこしくなっている


代金11150円 - 利用税650円 = 10500円
10500円の内(本体10000円と消費税500円)

それか消費税を書き間違っている
一部非課税の入湯税、レストラン、宅急便があるような?
なんだこりゃ

代金11140円 - 利用税650円 = 10490円
10490円の内(本体9990.4円と消費税500円 = 499.5)

消費税
上記計算より500円 - 領収証494円 = 差額6円?

別計算
494/5=98.8
98.8x100=9880
9880x105=10374

495/5=99
99x100=9900
9900x105=10395

493/5=98.6
98.6x100=9860
98.6x105=10353
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/28 13:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勘定科目教えて下さい

経理未熟者です。何卒ご教示下さい・・・。
当社営業社員が、お客様とゴルフ接待に行きました。
社員が立て替えて、後に会社から社員に振り込みますが、
社員が持って帰った明細書に、※ゴルフ保険と記載されて
いました。これはやはり、勘定科目は保険料になるのでしょうか?
交際費ではないと思うのですが・・。
後※心障児基金というものも記載されておりました。
これは交際費に該当するものと考えておりますが、適当でしょうか?
ご教示の程お願い申し上げます。

Aベストアンサー

私の経理は非常にアバウトなので断言はできませんが、、

事業規模によっては交際費は課税対象(経費にならない)なので、なるべく交際費にしないのが賢いやり方です。
もちろん、グレーをあまり放り込むと後で否認される可能性も高まりますけどね。
保険料で落とせるなら、、、w

心障児基金、寄付金ですね。
相手団体によっては非課税になります。
企業の名前がはっきり出るなら広告宣伝。

Qゴルフプレー代金にかかる消費税等

こんにんちは。
先日会社のものが、交際費でゴルフをしに行きました。
そして領収書をもってきたのですが
金額は99,112円で内訳はかいてありません
支払先は 社団法人○○ゴルフクラブ。
そして下のほうに
  *印紙税法第五条一号非課税文書により印紙を貼用せず 
 という1文があります。
この場合、印紙税がかからないのは分かりますが はたして消費税はかかっているのでしょうか?
考えれば考えるほど分からなくなってきました。
分かりやすい回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

ゴルフにかかる費用は通常
(1)プレー代(グリーンフィ、キャディフィなど)
(2)飲食代
(3)売店での購入費
(4)ゴルフ場利用税(場所によっては入湯税もあり)
(5)緑化協力金などの寄付金
などの構成になっています。
つまり(1)から(3)は消費税の対象ですね。
この明細はゴルフ場は必ずくれますが、支払者のボール代やウェアの費用などが入ってると、経理課には見せたくないので処分していると思います。そのゴルフ場に問い合わせをして、一人当たりの利用税と寄付金をきいてそれを控除して税抜き処理をすればよいと思いますが・・・・。

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Qゴルフ場利用税

あるゴルフ場の領収書で
 金額 \11,457
  内 ゴルフ場利用税 \800
  内       消費税 \457
と記載されています。

この消費税\457はどの金額に対する消費税なのでしょうか?
いろいろ計算してみましたが、\457という数字が出てきません。
どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゴルフ場の利用料金の中に非課税のものはありませんか?800円+9140円+457円+1060円=11457円。1060円は非課税です。

Q異業種交流会やビジネス交流会 参加費の勘定科目

異業種交流会やビジネス交流会に参加したときに発生する参加費は、会計上どのような勘定科目にするのがよいのでしょうか?
交流会の中身は、名刺交換や事業発表、時にはセミナーなどもあります。

会議費でしょうか?
採用教育費でしょうか?
広告宣伝費でしょうか?
販売促進費でしょうか?
それとも、それ以外の科目でしょうか?

他の方がどのように処理をしているのかが知りたいと思っています。
絶対的な正解はないのかもしれませんが、いろいろなご意見も聞ければと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社を宣伝するために出席されるのが主たる目的であればこの勘定が妥当
  だと思われます。
 販売促進費
  御社の特定商品の販売の為に出席されるのであれば、この勘定が妥当だと
  思われます。
 会議費
  会議の体裁をとっているのであれば問題ないと思います。しかし社内の会
  議費用と一緒になってしまいますので、注意が必要です。
 交際費
  税法上損金とならないものは、内容に関わらずこの勘定を使用すると、
  申告時に便利です。
 雑費
  この費用の金額的重要性が低く、頻度も極めて低いのであれば、あえて管
  理する必要はありません。管理する必然性のない勘定は雑費で処理します。

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社...続きを読む

Q非課税ですか?

わからないので教えて下さい。

よく新年会の会費や●●会の会費、組合のゴルフ大会の会費という感じで、参加の為の会費?ってありますが、これは非課税という解釈になるのでしょうか?(ちなみに法人です)

単に飲食等の会費であれば課税の交際費かと思うのですが、新年会の会費といっても会社の代表としての参加している場合で飲食もあるものの、実際はそれだけに使われている会費ではないと思ったりして…

細かくわけると例えば
●新年会やゴルフ大会などの参加費としての会費
●組合等で集まって懇談したりして徴収した会費(多少の飲食があり)
です。

詳しい方、お願いします。

Aベストアンサー

始めに、非課税の意味を取り違える可能性があるので、
用語取り決めとして
消費税で考えると
通常の取引が対象となる『課税』(ex 通常の売買),
法律で特別に課税しないと決めている『非課税』(ex 土地代),
資産の譲渡等を伴わない取引『不課税』(ex 現金のやりとり)があります。

会費というものは、通常『不課税』となります。
現金を納める(または、集める)と考えるからです。
ただし、それらに対価性が認められる場合は、『課税』となります。
ようするに、会費イコールなんとか代(飲食代、プレー代)になるような
場合は、『課税』となります。
最初の参加費は、基本的には、『課税』ですね。『不課税』になるとすれば
なんたら会で毎月、会費集めて、年に1回、総会開いてついでにゴルフが付いてきたなんて 美味しい会に収める会費とかですかね。かなり強引ですが。
次の会費は、基本的には、『不課税』ですね。。『課税』になるとすれば
なんたら会での集まりの費用は、費用分担しそれを会費としますとうたっている場合です。

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q請求金額の消費税が合わないときは?

小さな会社を経営しており、乏しい知識で経理もやっています。宜しくお願いいたします。

11月から12月にかけ、以下の商品を同じ会社から掛けで購入しました。
商品が届いた際に、それぞれの納品書に基づき税込で振替伝票を書きました。

A商品29,638円
消費税 1,481円
合計 31,119円
(売り物なので「買掛金」にしました)

B商品21,750円
消費税 1,087円
合計 22,837円
(自社で使うので「未払金」にしました)

このたび購入先から請求書が来ましたが、
請求額が53,957円になっています(本体価格の合計X5%)。

1円合いません。
この場合、どういう仕訳をすればよいのでしょうか。
購入した際の仕訳を1円修正するのでしょうか?

未熟な質問ではありますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問の回答は他の方が記載されていますので、省略させていただきますが、私が気になったのは(自社で使うので「未払金」にしました)と言う点です。
正しい処理は、仕入22,837/買掛金22,837と処理をした後に使用目的によって仕入から他の経費科目に振り替えるのが正しい処理です。
たとえば、仕入れた商品が事務用品でそれを自社で使った場合は下記の仕訳になります。
事務用品費22,837/仕入22,837
未払金でも間違いではないし損益は変わりませんが、同じ購入先に対して、未払金と買掛金の2つの科目を使うと管理があとあと面倒になると思います。

Q一般収集資料せん…提出しなかったら?

社員10数名の会社で、経理担当を一人でやっています。
二年に一度の割合で、税務署から「売上、仕入、リベート、費用などに関する資料」の提出の協力依頼が来ます。(一般取引資料せん、とその用紙には書いてあります。)
今年もその書類一式が来ました。

この仕事について6年目ですが、今までは取り上げる件数もさして多くなかったため、当然のように作って提出してきました。
ところが今年は作成範囲が細かくなったのと、業績好調で取引件数自体も多く、今までのようにすべて手書きで、作成するのは無理…と感じました。

そこで、国税局のHPやフリーソフトなどでパソコンを使って簡単に作れる方法を模索してみたのですが、ありません。
グーグルで検索してみたところ、名古屋国税局などでは入力フォームがあったのですが、東京国税局管内の為、便利な入力フォームなどはないとのこと…。

正直言って、一枚一枚手書きで作成するのはイヤです。
所轄税務署に問い合わせたところ、これはあくまで出来る範囲でご協力いただくものですので…と曖昧な感じでしたが、要は出さなくてもいいものなんでしょうか?

社員10数名の会社で、経理担当を一人でやっています。
二年に一度の割合で、税務署から「売上、仕入、リベート、費用などに関する資料」の提出の協力依頼が来ます。(一般取引資料せん、とその用紙には書いてあります。)
今年もその書類一式が来ました。

この仕事について6年目ですが、今までは取り上げる件数もさして多くなかったため、当然のように作って提出してきました。
ところが今年は作成範囲が細かくなったのと、業績好調で取引件数自体も多く、今までのようにすべて手書きで、作成するのは無理…...続きを読む

Aベストアンサー

他の方も書かれているように、資料せんは法律に基づくものではなく、任意での協力になります。
そもそもは、資料せんの相手方の調査等の資料とすべきもので、提出しなかったからといって何らペナルティーはありません。

聞いた話によれば、国税局単位で、1ヶ所に提出された資料せんを集めてCP処理するそうで、その際、税務署単位で提出実績みたいのものがあるそうで、その数字が悪いと税務署が言われるみたいで、その関係から、提出しない場合は催促が言ってきますが、そのまま無視していたら来なくなった、という話も聞きます。
ですから、それからすると、数枚でも提出さえすればその税務署の提出実績にカウントされますので、それ以上何も言われる事はありませんが、ただ、適正な課税のためには極力協力した方が良いとは思います。

フリーソフトについては、下記サイトで公開していますので掲げておきます。
(この中の、メニューから「オリジナルフリーソフトウェア」をクリックして、その中から選んでダウンロードされて下さい。)

参考URL:http://www7.ocn.ne.jp/~yukisaki/Homepage/mitu.html

他の方も書かれているように、資料せんは法律に基づくものではなく、任意での協力になります。
そもそもは、資料せんの相手方の調査等の資料とすべきもので、提出しなかったからといって何らペナルティーはありません。

聞いた話によれば、国税局単位で、1ヶ所に提出された資料せんを集めてCP処理するそうで、その際、税務署単位で提出実績みたいのものがあるそうで、その数字が悪いと税務署が言われるみたいで、その関係から、提出しない場合は催促が言ってきますが、そのまま無視していたら来なくなった...続きを読む

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング