よろしくお願いします。

裁判に使用するために
探偵、保険会社等が行う証拠収集のためのビデオ撮影は、
被写体となる本人の許可なくても合法でしょうか?
また、合法でも、許されない映像、撮影のやり方などがありますか?
それから、作成された証拠ビデオは絶対的な証拠で、
間違い、でっち上げ、改ざんなどの可能性は0%でしょうか?
それらを探りたいのですが。

A 回答 (2件)

映されるほうにはむやみに他人から映されないという肖像権がありますが、自己の権利を保全するため、他人のこれらの権利を侵害しても、守られるべき権利の方が大きければ、刑法36条、民法720条により、違法性がなくなったり、損害賠償責任がなくなります。

どのような証拠でも、相手は証拠能力を争うことができますし、偽証罪、私文書偽造罪の対象になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ご回答ありがとうございます。
なるほど、肖像権、偽証罪、私文書偽造罪の対象ですか・・・
難しいですね。
とてもリアルなお話ありがとうございました。
少し考えて見ます。

お礼日時:2002/01/22 23:53

 本人の許可なく、その人を撮影することは、広義の違法概念で捉えれば違法とせざるを得ません。

ご質問の趣旨が分からないのですが、民事訴訟において”合法”つまり証拠として認められるということでしょうか。それとも、民事訴訟に限らず、あらゆる法概念に照らして合法であるということでしょうか。民事訴訟では、違法に収集された証拠でも、その程度によっては証拠能力が認められます。したがって、証拠能力さえ認められるのであれば、違法行為も厭わないというのであれば、裁判官の心証はともかく、本人に無断で撮影したビデオテープも証拠としては有効でしょう。もっとも、民事訴訟には勝ったが、軽犯罪法等に引っ掛かって留置場へ送られるということにもなりかねません。少なくとも、刑罰法規にかかるような違法行為は避けられた方が良いかと思います。

 どの程度の行為で収集されたものが証拠能力を認められるかということですが、判例は、「その証拠が、著しく反社会的な手段を用いて人の精神的肉体的自由を拘束する等の人格権侵害を伴う方法によつて採集されたものであるときは、それ自体違法の評価を受け、その証拠能力を否定されてもやむを得ないものというべきである。」としています。本人に無断で撮影した程度ではその証拠能力を否定されることは稀でしょうが、たとえば相手の家に無断で侵入して録音した場合等は、あまりに違法な収集行為ですので、証拠能力が否定される可能性が高いと思われます。
 
 民事訴訟の裁判では、ビデオテープは写真として提示されます。その写真がどの程度の証拠となり得るかは、ケースバイケースです。それ単体のみで証拠とするには無理があるでしょうが、他の状況証拠や当事者の主張と合致している内容であれば、高い証拠能力を有することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。(^^)

>民事訴訟において”合法”つまり証拠として認められるということでしょうか。

はい、その通りです。
仮に、リサーチ会社等に依頼して大丈夫でしょうか?
ビデオテープの改ざんの話を聞いたことありますので、
絶対に、信憑性があることを証明したいです。
また、カセットテープならどうでしょうか?

またよろしかったらお願いいたします。

お礼日時:2002/01/20 20:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先物 証拠金 意味

先物 証拠金 意味

今1月とします。
12月に、「A商品を受け取る権利」を買います。

これが、先物取引です。

1000円で、買ったとします。証拠金を50円預けたとします。

5月に800円になったとします。

ここで、追証が発生します。

問題 いくら追証を払うのですか?

200-(50の半分)=175円 ですか?
証拠金の半分くらい値段が下がった時に、証拠金の半分まで追証を払うのでしょうか?

そして、決算日されたとします。

今、1000+証拠金50円+追証175円=1225円 

払っている事になります。

これで、証拠金と追証が返金されます。

すると、1000円で、受け取る権利を買った事になります。

この1000円という金額は、はじめに買った時の金額で

この金額は、市場により、変動していた金額の、ある時点で買った金額です。

商品を受け渡す側は、値段は決めていません。

商品を受け渡す側は、受け渡す金額を決める事はできていないという事でしょうか?

受け取る側は決められるけど、受け渡す側は、受け取る側に決められる

という事でしょうか?

また、証拠金とは、証券会社にとって、何の為にあるのでしょうか?

(1) 相手が払わなくなった時に、証券会社が受け渡し側に弁償する為の担保金?

だとしたら、債務は最後に証券を持っていた人になるので、理由になりません。

どこかで、証拠金の額は、ブラックショールズ方程式をもとに算定していると

聞きました、「証券を買う権利」オプションの価格の算定の為の方程式が

なぜ、証拠金の価格の算定の為に用いられるのでしょうか・・

どういう事なのでしょうか。

先物 証拠金 意味

今1月とします。
12月に、「A商品を受け取る権利」を買います。

これが、先物取引です。

1000円で、買ったとします。証拠金を50円預けたとします。

5月に800円になったとします。

ここで、追証が発生します。

問題 いくら追証を払うのですか?

200-(50の半分)=175円 ですか?
証拠金の半分くらい値段が下がった時に、証拠金の半分まで追証を払うのでしょうか?

そして、決算日されたとします。

今、1000+証拠金50円+追証175円=1225円 

...続きを読む

Aベストアンサー

>1000円で、買ったとします。証拠金を50円預けたとします。
>5月に800円になったとします。
>ここで、追証が発生します。
>問題 いくら追証を払うのですか?

なぜ『ここで、追証が発生します。』 なのか、その根拠が無い。
適当な内容を作文して『いくら追証を払うのですか?』と言っても回答など出来ない。

基本は値洗い損が本証拠金の50%を超えた場合に、本証拠金の50%の金額で追加証拠金として発生します。


>商品を受け渡す側は、
>受け渡す金額を決める事はできていないという事でしょうか?

売買は売り方買い方が揃って初めて成立します、売る方も値段を指定して売り注文を出します。
「1000円で買えた」 という事はその時に「1000円で売る」 という人がいた、という訳です。
1000円で買いたいと言う時点で「1000円で売る」という人がいなければ取引が成立せず1000円で買う事はできません。

Q撮影禁止の場所での証拠写真の撮影について

展示会にて明白に盗作である作品が展示された状況で、
被盗作主に状況を伝えるために証拠写真を撮影することを考えたのですが、
展示会が撮影禁止の場合には何かの罪になるでしょうか?

Aベストアンサー

確実に盗作だという証明が出来るのであれば罪にはなりません。

著作権上の複製に該当しますが、
告訴出来るのは著作権を有してる被害者だけですから。


盗作だという証明が出来なければ著作権上の複製権の侵害。


それと私有地ですから禁止事項を守らない人に対しては立ち退かせる権利があります。
言われても出て行かなかったら建造物侵入罪。

Q過去に違法行為を行ったという事を自白しても、具体的な証拠がないと結局意味がない、追い返されるだけでも

過去に違法行為を行ったという事を自白しても、具体的な証拠がないと結局意味がない、追い返されるだけでもないのでしょうか?
※数日前、4年以上前に不正乗車をした事を自白しました。悪質と判断され警察に連行されました。(多分このまま逮捕されると思います。)

Aベストアンサー

過去に違法行為を行ったという事を自白しても、
具体的な証拠がないと結局意味がない、
追い返されるだけでもないのでしょうか?
  ↑
自白だけで罪に問うことはできません。
(憲法38条三項 刑訴法319条)

罪に問う場合は自白を補強する証拠が
必要になります。

どんな証拠が補強証拠になり得るかは
争いがあります。
被害届は補強証拠になる、とするのが
判例です。


だから、自白以外に証拠がなければ、警察は
それを探すことになります。
しかし、不正乗車ぐらいの犯罪で、警察が
捜査するかは疑問です。

話だけ聞いて追い返される、ということは
十分ありえます。

Q妻に浮気現場をビデオで撮られ、これを証拠に裁判をするそうなのですが、「つくりあげられた事実」は裁判で証拠となりますか?

先日、妻に浮気現場をビデオで撮られ、これを証拠に裁判をするそうなのですが、「つくりあげられた事実」は裁判で証拠となりますか?

ことの発端は、私が出会い系サイトをやっていたことです。仮名:知美さんと名乗る方とホテルで待ち合わせをする約束をしました。そしてその当日、知美さんが現れ、その直後になんと私の妻が現れたのです!
そこで、妻は「あんなに必死にメールで色々口説こうとして」と私たちのメールのやり取りの内容も知っていたのです。
妻は探偵を雇ったと言っておりました。
また、そこに知美として現れた女性はなんとなく妻の友人に似ていたような気がしました。妻が直に帰れと言ったので良く確認出来ませんでしたが・・・

上記のことから「妻が知美になりすましていた」ということが推測できます。
もし妻がなりすましていて、私とホテルで待ち合わせをする約束をし、その現場を撮影したということがあった場合、この映像は証拠として認められるのでしょうか?

逆に妻が高額な慰謝料を望むために証拠作りを計画したとなれば、裁判で証拠として認められるのでしょうか?
また、妻が夫の浮気を幇助し通常より高額な慰謝料を目的とした(実際に慰謝料をてにしてから)詐欺罪ということになるのでしょうか?

難しい内容ですが、法律等に詳しい方、教えてください。
宜しくお願いします。

先日、妻に浮気現場をビデオで撮られ、これを証拠に裁判をするそうなのですが、「つくりあげられた事実」は裁判で証拠となりますか?

ことの発端は、私が出会い系サイトをやっていたことです。仮名:知美さんと名乗る方とホテルで待ち合わせをする約束をしました。そしてその当日、知美さんが現れ、その直後になんと私の妻が現れたのです!
そこで、妻は「あんなに必死にメールで色々口説こうとして」と私たちのメールのやり取りの内容も知っていたのです。
妻は探偵を雇ったと言っておりました。
また、そ...続きを読む

Aベストアンサー

>もし妻がなりすましていて、私とホテルで待ち合わせをする約束をし、その現場を撮影したということがあった場合、この映像は証拠として認められるのでしょうか?
逆に妻が高額な慰謝料を望むために証拠作りを計画したとなれば、裁判で証拠として認められるのでしょうか?


これは罠に嵌められた言います。
誰でも美味しい話には心が動かされ、つい手を出してしまうことはあります。
奥さんの罠であることを証明できれば質問者さんが100%勝てます。
知美さんが奥さんの友人であること、奥さんの依頼で動いたことを突き止めてください。
まずは下記に相談を。
http://www.houterasu.or.jp/

Q株とFXの証拠金は意味が違う??

証拠金維持率という言葉で混乱しているのですが、FXの証拠金維持率は500%を維持したほうがいいとか、国内株の証拠金維持率であれば100%くらいを維持したほうがいいとか・・・

どのくらいを目安に維持率を保ったほうが無難ですか?
もちろんレバレッジなど効かさずやれば一番安全といえば安全なのですが、一般的なレバレッジの維持はどのくらいがベストと考えられますか?

そもそもFXの証拠金と株での証拠金の計算方法がどうして違うのでしょうか・・・。
もうごっちゃになってます・・・。

Aベストアンサー

えっと、ですから、現物株を買う場合は単純に購入してしまいますので、必要な購入金額だけあれば、あとは株が暴落しても含み損が発生するだけで特にどうかなるという事はありません。

FXの場合、レバレッジ次第です。証拠金の数倍以上の取引をしますので、損失幅が証拠金を超えればアウトです。
どのぐらいと言われても確実な目安はありませんが、最低でも証拠金の数倍の現金は必要でしょう。
レバレッジが10倍だとすると、1割の証拠金で取引するわけですが、最近の荒れた相場だと1割ぐらいはあっという間に動いてしまいます。となると数割分程度の余裕は最低限と言えると思います。
昨年の円相場が約80円程度で現在は100円近いところにあります。20円差、80円からみれば3割近く動いた計算になります。逆に張っていた場合、1割の証拠金では全く足らず、追証が2割分近くかかっています。払えていなければ強制決済されてしまいます。
もっとも、当分80円にはなりそうもないので、早めに撤退なり逆に乗り換えた方が傷は浅い事になりますけど。

Q証拠改ざん事件、余罪は

証拠改ざん事件、余罪は

前田容疑者による証拠改ざん事件は、やはり故意に冤罪を作り上げようとした気配が濃厚です。
これだけ悪質な事件なら、当然過去にも余罪が多数あることを想定するべきだと思うのですが、彼のかかわった事件の洗い出しは行われるのでしょうか?
おそらく現在も冤罪で懲役を科されている人がいるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

少なくとも、前田検事の取った供述調書が証拠採用された事件は全部調べ
直すでしょう。

放っておいても、被告側から訴訟起こされるでしょうから最低限の準備と
しても洗い直しておく必要があるからです。

調査結果が公表されたり、彼の犯罪証拠として公判で使われたりするか
どうかはわかりません。

Q外国為替証拠金取引の手数料の意味について教えてください

外国為替証拠金取引取り扱い会社の比較サイトなどで「取引手数料0円」とうたっているところがありますが、これはTTSとTTBの値が同じという事でしょうか?それとも、それ以外に一取引あたりにかかる手数料が無料という事で、やはりTTSとTTBの値には開きがあるのでしょうか。当方外貨預金の経験はありますが、外国為替証拠金取引は研究中です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

TTSとTTBは、やはり外貨預金で使うもので、為替取引では、アスク(ask)とビッド(bid)と言います。この売値と買値の差がスプレッドと言い、業者の儲けになります。

手数料無料というのは、取引手数料無料のことです。
無料の業者でも、必ずスプレッドは有ります。米ドルは5銭から8銭くらいと、外貨預金の20分の1くらいにはなります。

テレビで、本日の外国為替市場は、115円45銭-50銭でした。と言っていますが、低いほうが投資家から見て売りの値段(bid)、高いほうが買いの値段(ask)になります。

Q社内での会話の録音、証拠の収集

現在職場でパワハラを受けています。そこで、証拠集めとしてICレコーダーで会話を残そうと考えておりますが、相手に了解を得ていない場合、罪に問われる事はないでしょうか?
また、他にはどのように証拠集めをしていいのか教えていただけませんか?

集めた証拠を基にまず上司や組合に相談する事を考えていますが、上記の様な物を提示する事は違法でしょうか?

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> また、他にはどのように証拠集めをしていいのか教えていただけませんか?

トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名など、メモ書きで記録してください。
ペン書き、ページの入れ替えの出来ない布綴じのノート、当日のニュースや天気、業務内容を併記すると信憑性が上がります。
過去のトラブルについては記録日を誤魔化すと他の記録の信憑性も無くなりますので、
「△月△日(今日の日付) 下記の内容を備忘録として記録する。
  △月△日 いつ、どこで、誰が、何を、どうした。
  △月△日 ~」
などという形で記録するのが良いです。


> 証拠集めとしてICレコーダーで会話を残そうと考えておりますが、相手に了解を得ていない場合、罪に問われる事はないでしょうか?

プライバシーの侵害になる可能性はありますが、まともな扱い方をする限りは問題になりません。

可能なら、最初から長時間内緒で録音する用と、相手または会社に断って録音する用の複数台用意しとくのが良いです。


> 集めた証拠を基にまず上司や組合に相談する事を考えていますが、

まずは、証拠なんかも不要ですから、上司へ相談して下さい。
こういう相談を行なった記録もガッツリ残します。

> 上司に一度相談を持ち掛けたところ、厄介ごとを避けるような行動をとられました。

繰り返し相談を行い、適切な対応を行なわなかったって事なら、相手よりその上司が問題です。
そういう記録を重ねる事で、上司が適切な対応を怠ったって事で、更に上の担当者や労働組合へ段階的に相談するための根拠になります。

そもそも、「パワハラ」として争うためには、会社を相手にする必要があります。
その嫌がらせする個人を相手にするって事であれば、労働者として保護されている権利等の行使が出来なくなり、隣人トラブルのような扱いだと問題解決のための労力も時間も余計にかかる事になります。
というか、そういう形にしちゃうと、嫌がらせされた事実関係なんかも業務に関連する情報だって事で会社の外に持ち出せなくなり(就業規則の会社の風紀を乱すとかって事になるとか)、問題解決しない可能性が高いです。

> また、他にはどのように証拠集めをしていいのか教えていただけませんか?

トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名など、メモ書きで記録してください。
ペン書き、ページの入れ替えの出来ない布綴じのノート、当日のニュースや天気、業務内容を併記すると信憑性が上がります。
過去のトラブルについては記録日を誤魔化すと他の記録の信憑性も無くなりますので、
「△月△日(今日の日付) 下記の内容を備忘録として記録する。
  △月△日 いつ、どこで、誰が、何を、どうした。
  △月△日 ...続きを読む

Q証拠隠滅罪等における証拠の偽造とは、

証拠隠滅罪等における証拠の偽造とは、証拠自体の偽造を意味し、法律により宣誓した証人による偽証を含むものではない。

これはどういう意味ですか?

刑法です。

Aベストアンサー

書いてあるとおりですが。。。
証拠隠滅の罪の客体は他人の刑事事件に関する証拠ですが、それはあくまでも物や人のような有形の証拠であり、かつ証拠自体の隠滅、偽造・変造またはその使用であって、証言のような無形の証拠を含まないので、偽証だけでは証拠隠滅罪の対象ではなく、宣誓した証人が偽証をしたとしても、偽証罪の対象になるだけで、証拠隠滅罪には当たらないという判例・通説の考え方です。

Q訴えの提起前における証拠収集の処分等について

民事訴訟法には、訴えの提起前における照会(訴132の2)、訴えの提起前における証拠収集の処分(訴132の4)の規定がありますが、この規定により照会した旨や、照会した内容などは、その後の訴えの提起において、訴状などに表示するのでしょうか?
「訴えの提起前の証拠収集の処分等」と、その後の「訴え」を結びつけている条文があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

 主張及び証拠の提出は当事者に委ねられています。(弁論主義)ですから、照会した旨や照会した内容を口頭弁論において主張し、相手方の回答書等を証拠として提出するか否かは、当事者に委ねられます。別の見方をすれば、いくら相手方が回答を寄せてくれたとしても、それを口頭弁論で証拠として提出しなれば、たまたま裁判所がその存在を知ったとしても、判決の基礎となる証拠にはなり得ません。
 もっとも、証拠は当事者が提出さえすれば、それを判決の基礎となる証拠になるので(証拠共通の原則)、被告が原告の照会書や被告の回答書を証拠として、裁判所に提出しても良いわけです。ですから、原告が照会書の内容を良く吟味せず、原告の墓穴を掘るような内容が書かれている照会書を迂闊に被告に送ってしまうと、原告がそのことに気付いて、照会書を証拠として提出しなかったとしても、被告が提出してしまったら、裁判所は、被告に有利な心証を抱く可能性もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報