外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

 たとえば、宇宙開発に携わる仕事(特にロケット開発者)を志す人が早稲田大学理工学部内の学科を選ぼうとしたとき、どの学科を選ぶのが一番よいでしょうか?
 また、いろいろな大学に宇宙開発系の学部がありますが、そういったところを卒業しなくても卒業した人と同じ宇宙開発にはたずさわれるのでしょうか?
 具体的には宇宙開発事業団が頭に浮かんでいるのですが・・・。
 ご意見伺いたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その道のものです。


高校生の方のご質問とお見受けしました。
一般論となります。

「宇宙開発の何をやりたいのかを明確にする」
「ロケット開発に携わりたいなら、
 自分がどのような仕事をしたいかを明確にする」

これは大学や学科云々ではなく、あなたの心意気次第です。
そしてそれを実現出来るかどうかもあなた自身の意気込みにかかっています。

>早稲田大学理工学部内の学科を選ぼうとしたとき、
>どの学科を選ぶのが一番よいでしょうか?

これは、学科のシラバス、研究室のウェブを見ていれば自ずと決まって来るのではと思います。
ロケット開発には、熱力学・流体力学・材料力学・材料学などの一般的な工学の他、
高速気体力学、希薄流体、電磁流体、宇宙機の物理などの相応の特殊な分野も含むからです。

>そういったところを卒業しなくても卒業した人と
>同じ宇宙開発にはたずさわれるのでしょうか?

私が気に入らないのは、このご質問です。
回答としては「あなた次第」です。
JAXAには東大の人もいれば早稲田や慶応の人もいます。
また、大学に行っていない人もいます。
そのような現実を見れば、何をしたいか明確ではない中でのあなたのこのご質問には
あまり意味がないことはお分かりでしょうか。

>具体的には宇宙開発事業団が頭に浮かんでいるのですが・・・。

あなたが宇宙開発の何をしたいかによって、
JAXAは最適なところとなるかも知れませんし、
最悪なところとなるかも知れません。
そもそもなぜ事業団を思い浮かべたのでしょうか。

例えば実際にロケットやエンジンを設計し、製作しているのは、
JAXAではなく、IHIやMHI、KHIなどのメーカーです。
これから「技術移転」が進みますから、本当にロケットを開発したいのなら、
MHI名誘とかになるのではないでしょうか。

何をしたいかを決めずに大学や就職先の名前がまずありきな状態ですと、
同じ「宇宙」「ロケット開発」と銘打っていても、仕事内容が全く異なることがあります。
あなたは、要求を実現する為のロケットを作りたいのでしょうか。
それとも、誰かが描いた図面に描かれたロケットを作りたいのでしょうか。

最近ですと、UNISECと言う団体に加盟している大学の中で、
ハイブリッドロケットを設計して打ち上げている研究室もあります(東海大や北大など)。
人工衛星を打ち上げている大学の研究室もあります(東大や東工大)。
そちらから関わるのも手でしょう。また、こういうことをしている研究室から
JAXAへ就職する人は多いです。これは大学名で入っているのではなく、
何をしたか、何をしたいかが明確だからこそ入れるのだと思います。

その上で、大学ですと「研究室単位」で「研究内容」を検索するなどすれば、
もう少し明確になろうかと思われます。
そして、大学・大学院へ至るとき、
「あなたが宇宙開発に携わって、日本のまたは人類にとってどんなメリットがあるのか?」
にも答えられるようになっていれば良いでしょう。

又、本当に最先端で最先端の仕事をしたいと言うのであれば、
ぜひ哲学や社会学、文学、芸術学、心理学・・・などの、一見宇宙開発とは
無関係に見えることも大学最初の教養期間に習得されますことをお勧めします。
宇宙開発に深い洞察が持てる「かも」知れませんし、
何がどう転んで新しいエンジン開発に繋がる「かも」知れません。
または単に気分転換に読んだり考えたりする範囲が広がるだけでも良いので。。

以上、口すっぱくすみません。
ぜひ日本の宇宙を盛り上げて下さい。質問者さまのお力に期待しています!
    • good
    • 18
この回答へのお礼

大変参考になる意見、ありがとうございました。
>「あなた次第」
>気に入らない
などのお言葉、目が覚める思いです!自分の考えが甘かったです。そういった点でも、今回の回答は非常にためになりました。ありがとうございます!
これからじっくりと自分が本当にやりたいことは何か、を改めて考え直してみたいと思います。

お礼日時:2006/03/12 19:50

#2です.


だらだらと説教じみたことを書きましたが,
決して怒っているのではなく,実はとてもとても嬉しく感じています.
だから,ぜひ適所で素晴らしい仕事をなさって頂ければと願って止みません.
(そんなことを想う年頃となってしまいました..)
質問者さまの意気込みを感じましたので,歯に衣着せぬ物言いをしてしまいましたが,
失礼なことも申してしまいましたので,お詫びまでにトッカカリ的なウェブを下記に示します.

■外部から見れば,宇宙と言えばJAXA,と言うことになりましょうが,
JAXAにも旧NASDA,旧NAL,旧ISASの体質?があって,
それらは互いに異なっていると私には感じられます.
又,H2AやM-Vを改良する試みは続けられていますが,
実際に自分の手で設計したいならメーカー(MHI名古屋誘導推進システム)
http://www.mhi.co.jp/ngpsw/
などへ行く人もいますが,JAXAも目指したいと言うことならば,
JAXAの採用情報ページが参考になりましょう.
http://www.jaxa.jp/about/employ/index_j.html

■大学の授業としては,
ロケットエンジンの動作に関わるもの:熱力学,流体力学など.
ロケットエンジンの設計に必要なもの:材料・構造力学,材料学など.
ロケットの運動に関するもの:力学,解析力学,気体力学,希薄・高速流体など.
電気推進などでは:電磁気学,量子力学など.
他の大学ですが,シラバスには下記のような情報もあります.
http://www.eng.tohoku.ac.jp/eng/faculty-syllabus …

■モデルロケットや電子工作(特にマイコン)をやられるのも役立つと想われます.
http://www.ja-r.net/
http://homepage1.nifty.com/rikiya/

■早稲田大学理工学部とのことですので,そこのシラバスを検索して見付けました.
http://www2.sci.waseda.ac.jp/SYLLABUS/INDEX/

■自分の手で実際にロケットを設計して飛ばしてとなれば,
まず大学の間に大学ロケットプロジェクトに関わってみるのも一手ですし,
大学ですと手作り衛星を実際に作って飛ばすことも行われています.
モノが大きいと全体の内の僅かの部分にしか携われませんが,
大学発のものはまだまだ小規模なので,全てに関わることも可能です.
しかも大学プロジェクトは,その大学に限らず,他大学の学生を受け入れている
ところもあります.そういうところに積極的に関わって行くのも,
机上のオベンキョウに留まらない,モノヅクリ体験の貴重な機会となりましょう.
又,なるべく安く,そして安全なロケットを衛星に搭載する試みは,
現在世界各国で開発競争となっています.日本では北大と東大,
世界ではSurrey大学が開発を進めています.
参考になりそうなところを下記に示します.

UNISEC
http://www.unisec.jp/

大学衛星プロジェクト
http://www.space.t.u-tokyo.ac.jp/
http://www.space.t.u-tokyo.ac.jp/ximail/
http://lss.mes.titech.ac.jp/index_j.html
http://cubesat.aero.cst.nihon-u.ac.jp/

大学ロケットプロジェクト
http://tsrp.ea.u-tokai.ac.jp/
http://www.hastic.jp/camui/default.htm

我が街衛星
http://www.hokkaido-sat.jp/
http://www.sohla.com/
http://www.i-qps.com/
http://www.hastic.jp/

上記は既にあるものであって,あなた自身が新規にプロジェクトを立ち上げる可能性もあります.

■又,いま何が旬なのかを概観するには,学会のプログラムを眺めるのも良いでしょう.
ロケット絡みで代表的な学会のプログラムを下記に示します.
この道を進むならば,恐らく下記の学会に参加して発表することとなるでしょう.

宇宙科学技術連合講演会
#2005年度版ですが.左の「プログラム」をクリック.
http://jsass.or.jp/sputlcom/ukaren48/

ISTS(2006年度版です)
http://www.ists.or.jp/

JPC(2005年度版です)
http://www.aiaa.org/content.cfm?pageid=230&lumee …

AJCPP(2006年度版です)
http://www.jsass.or.jp/propcom/AJCPP/index.html

■あと,大学やJAXAなどの一般公開には,機会あればぜひ行かれることを
オススメします.そこでは一体何が行われているのかがよく分かると思います.
例えばJAXA(ISAS)ですと,次のように公知されます.
http://www.isas.ac.jp/j/index.shtml
http://www.isas.ac.jp/j/new/event/2005/open/inde …
http://www.jaxa.jp/pr/event/index_j.html
また,ISASの催しでは下記はオススメです.
http://www.isas.jaxa.jp/j/new/event/2006/0415_ko …

大学では公式な一般公開日もありますが,事前に研究室に連絡をしていれば,
一人であっても見学を受け付けてくれましょう.

■あとはいろいろ御検索下さい.
地上から打ち上げるものは「ロケット」「ロンチャー」などと呼ばれ,
衛星や探査機に取り付けられる小さなものは「スラスタ」「推進機」と呼ばれます.
ロンチャーには数種類しかありませんが,
スラスタには非常に多くの方式・種類(化学推進,電気推進,宇宙ヨットなど)があります.

■技術者や作家のウェブやブログも最近は多いです.
有名なところですと,
http://homepage3.nifty.com/anoda/
http://anoda.cocolog-nifty.com/mad/
http://utashima.exblog.jp/
http://smatsu.air-nifty.com/
http://njb.virtualave.net/nmain.html

エラソウなことも書きましたが,全てのことをマスターしなければ関われないと
言うのでもありません.関わりながら学び習得することも重要です.
いずれにせよ,「好きだからやりたい!」と言う気持ちが大切なことです.

ガンバッて下さい.
    • good
    • 15
この回答へのお礼

本当に親切なご回答重ね重ねありがとうございます!!
ひとくくりに宇宙開発といってもたくさんの道がそこに伸びているのだな、と圧倒される思いです。First_Noelさんのこの回答を基にいろいろ考え、また実際に動いてみたいと思います。サイトもゆっくり見ていきたいです。
大変親切なご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2006/03/15 20:02

専門家でもなんでもないので参考程度ですが・・・



ロケット開発でも様々な分野があると思います。
例えば、ロケットを制御する制御工学、機械工学や
ロケットを飛ばすために必要な流体力学、航空工学、
ロケットを設計したり部品を選定するにも材料工学や材料力学、
燃料の開発は化学分野?
電子回路は電子工学、ソフトウェアは情報工学などなど・・・。

単にロケットと言っても様々な技術が結集されているわけですから、
自分がどの分野に深く関わりたいかを明確にすると
進路が自ずと決まってくると思います。

特に専門的な就職先ですから、やはり何かしらの分野で
かかわりのある学部卒でないと難しいと思います。

(例としてあげた開発担当分野と学部の対比は適当です。
違うところがあるかもしれませんが、あくまで参考と言う事で・・・)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます!これからじっくりとこのご回答を参考に考え抜いてみようと思います。

お礼日時:2006/03/12 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙工学に強い大学

このサイトでも宇宙工学について検索してみたりして、いろいろわかることがありました。(自分と同じ考えの人とかもいて嬉しかったです(笑)

宇宙工学に強い大学として、東大、京大、東北大があげられていたんですが、現在(高三)考えていたのが早大の基幹理工や日大だったんですが名前が挙がってこなくて心配になってきました。
今既に学校で私大型の勉強をしていて国立には戻すのが厳しいのですが、(参考までに)気になってしまったので。。

実際に働いてみたいという気持ちはあるのですが、漠然としていてどのような分野で働きたいというのははっきりしていません。。

以上のことを踏まえて、
大学ごとの学ぶことや授業(うちの大学はこんなのあるぞ!的なのもあれば)、外国の大学との留学とかも教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

はじめまして。京大の航空宇宙専攻の者です。

航空宇宙工学に興味を持っていただいて、嬉しいです。

『航空宇宙工学』
NASAやアメリカ空軍、航空自衛隊、全日空、日本航空。
僕も高校の時は、上記の職務に就けるのではないか?と漠然とでしたが、航空宇宙工学に大変興味を持っていました。
おそらく京大のオープンキャンパスに足を運んでいただいても、以下の現状を突きつけられるだけなので、少しお話させていただきます。

まず、どうやったら航空宇宙工学を研究する研究室に配属されるに興味があると思うので、ご説明しますねっ。
京大の場合、工学部物理工学科という入試区分で大学合格します。
京大工学部には、物理工・建築・情報・電気電子・地球工・工業化学という6つの学科区分があり。物理工学科は例年合格最低点が6学科中1位か2位です。
大学入学後、1年時の成績で物理工240人を機械、航空、材料、原子核、エネルギーの5コースに分属されます。ここで航空(正式名は宇宙基礎コース)の定員は30名です。
航空は少数精鋭のエリートコースというイメージが学内生にあり、物理工学を志した者なら一度は航空コースに行きたいな。と思うのですが、倍率、カリキュラムの重さを考え妥協する京大生が多いのも現実です。
2回生に上がった時、見事航空コースに在籍できて。航空宇宙工学の専門科目の授業が受けられます。

ここで特筆すべきことなのですが。私は学部で機械コース在学なのですが。大学院入試で航空宇宙工学専攻に受かった。というもう1つの進路選択者なのです。

京大大学院入試規定で学部の機械・航空専攻(2つ)を大学院で機械理工学専攻・マイクロエンジニアリング専攻・航空宇宙工学専攻(3つ)に分けることになっています。つまり、学部で航空選抜に選ばれなくても、大学院入試の時に再チャレンジできるのです。
それでも機械コースは航空に次ぐ人気コースですので、大学に入ってからも上位にいれるよう勉強しなくてはなりません。

東大についても、3年生になる時に進学振り分け制度があり。京大同様、東大生同士の競争で上位に残る必要があるようです。

また学術的には、航空宇宙工学といってもベースは工学です。宇宙物理学(これは理学部)とは違い、4力学(熱力学・流体力学・材料工学・解析力学)という力学的見地から解析・実験をします。この知識は航空宇宙産業だけでなく、自動車、造船、鉄鋼。様々な産業の基礎となっているので、航空宇宙のみんなが先に記述した世界に行くわけではありません。名前こそカッコいい気がしますが、消して物理工学の全てを集めた最先端学術ではなく、1つ1つの現象を解析し、少しでも現実の製造や開発現場の技術革新に繋がればという思いの元、基礎研究が重視されています。

僕は医療工学がしたくて機械システムに学部時代いましたが、夢破れ航空宇宙専攻にいます。多様化複雑化する世の中で、航空宇宙工学を大学で専攻しなくても、同じエンジニアとして職務につけば、航空宇宙工学に関わりを持てることもあるでしょう。

先の話になりますが。工学の専門知識を活かし、ものつくりの現場で研究開発をするスーパーエンジニアになるには。理数の勉強をしっかりすること。そして、英語の勉強も大事にすることです。
あなたの学術探究心を大切に、今の受験勉強をがんばってください

はじめまして。京大の航空宇宙専攻の者です。

航空宇宙工学に興味を持っていただいて、嬉しいです。

『航空宇宙工学』
NASAやアメリカ空軍、航空自衛隊、全日空、日本航空。
僕も高校の時は、上記の職務に就けるのではないか?と漠然とでしたが、航空宇宙工学に大変興味を持っていました。
おそらく京大のオープンキャンパスに足を運んでいただいても、以下の現状を突きつけられるだけなので、少しお話させていただきます。

まず、どうやったら航空宇宙工学を研究する研究室に配属されるに興味が...続きを読む

Q将来NASAやJAXAで働くためには。。

旧帝大にそのような学部学科があるなら、おしえてもらえませんか?

Aベストアンサー

東大。

私が知っているJAXA(三鷹、相模原、筑波)の職員で出身大学を存じ上げている方は全員が東大出身です。
民間(たとえば川重や三菱)から出向でJAXAにいる人もやはり東大出身です。

わざわざ聞いたりしないので、知らない人の中には九大、名大、東北大出身の方もいるでしょうね。

とりあえず一番近いのは東京大学大学院の航空宇宙工学科だと思いますよ。

QJAXA就職

新高3になる者です。

将来はJAXAで無人惑星探査をやりたい、というのが今の気持ちです。

国公立大工学部を出て、修士を取ってから、就職を目指したいです(博士を取るかは未定)。

東大や京大に行った先輩方の話を聞くと、宇宙工学は東大がかなり有利らしいです。

今までは京大・工・物で宇宙工学をやろうと思っていたのですが、東大にも若干の興味がわいてきました。東大では人工衛星も作っているらしいので、経験を将来生かせると思っています。

もちろん学力は足りないと自覚しています。

私が今考えているのは3つの道です。
京大工学部→京大院
京大工学部→東大院
東大→東大院

東大に言った先輩には、東大を出るなら3番目がいいと言われました。

今の学力は、進研模試で神大B、阪大D、京大Eです。1年間やれば京大はいけるかもしれませんが、東大は厳しいのでしょうか。突然「東大」なんて言うと、親や先生にも反対されそうです(今まではそんなことは全く言ったことも無かったので)。

東大京大以外の大学を出るのもアリだとは思っています。しかし行きたい研究室などが無いのであれば、JAXAにしても一般企業を受けるにしても、より上の大学に行くに越したことは無いと思っています。

私のこの考えは甘すぎでしょうか。現実路線の方がいいのでしょうか。

JAXAを受ける場合、新卒採用と経験者採用ではどちらがいいかも教えていただけるとありがたいです。

厳しい意見でも構いません。お願いします。

新高3になる者です。

将来はJAXAで無人惑星探査をやりたい、というのが今の気持ちです。

国公立大工学部を出て、修士を取ってから、就職を目指したいです(博士を取るかは未定)。

東大や京大に行った先輩方の話を聞くと、宇宙工学は東大がかなり有利らしいです。

今までは京大・工・物で宇宙工学をやろうと思っていたのですが、東大にも若干の興味がわいてきました。東大では人工衛星も作っているらしいので、経験を将来生かせると思っています。

もちろん学力は足りないと自覚しています。

私が今考えてい...続きを読む

Aベストアンサー

京大からJAXA行ったの知ってます。
正直、JAXAが難しいんですよw
京大からでも難しい、と言ってましたけど、東大だからゆるいってことはないはずですよ。

筑波や東海からも結構行ってますよ。
母数が分からないのでそこから行く難易度もわかんないですけど。
東大京大じゃないとJAXA無理、みたいな偏った2ちゃん的価値観は捨てる事ですね。
(有利、ってのはあると思いますよー)

JAXAは時々、一般向けにもろもろ公開してますよね?
受験直前じゃないなら、行ってみたら?
そこで受付の方やエンジニアに直接聞けばいいんだよ。
ナマの意見が1番じゃないかな。

当然?東大が他大より有利だとは思うので、東大目指せばいいと思うよ。
1年あるし、京大受かるなら東大受かる可能性は十分あるさ。
京大が好きなら京大行けばいい。
院は東大目指してもいいけど(面倒なので)そのまま上がる人が多いみたいですよ。
対抗意識もあるし、京大がガクンとレベル落ちるわけでもないからね。
大学受験と違い、院試はとてもローカルなところがあるので、交通費、地理上の問題や過去問題、
教授訪問のような暗黙の了解、推薦状のもろもろなど、面倒でやりづらい部分は正直あります。

京大からJAXA行ったの知ってます。
正直、JAXAが難しいんですよw
京大からでも難しい、と言ってましたけど、東大だからゆるいってことはないはずですよ。

筑波や東海からも結構行ってますよ。
母数が分からないのでそこから行く難易度もわかんないですけど。
東大京大じゃないとJAXA無理、みたいな偏った2ちゃん的価値観は捨てる事ですね。
(有利、ってのはあると思いますよー)

JAXAは時々、一般向けにもろもろ公開してますよね?
受験直前じゃないなら、行ってみたら?
そこで受付の方やエンジニアに直接聞け...続きを読む

Q宇宙開発に携われる学部・学科

宇宙開発に携わりたくて、そのためには航空宇宙工学を学ぶべきだと思い込んでいたのですが、私が興味があるのは航空機の設計等ではなく宇宙に関するビジネス等なので航空宇宙工学とは違うと思います。日本で宇宙開発に携われる学部・学科というとやはり航空宇宙工学しかないように思います。アメリカでは宇宙開発が日本より進んでいるので航空宇宙工学とは違った側面から宇宙開発を学べる学部・学科があるのではないかと思うのですが、具体的に大学や大学院などを知っている方がいたら教えてください。日本でもアメリカでもいいです。本気でNASAで働きたいと考えています。

Aベストアンサー

私も、yakapinさんと同じく宇宙開発を志し、現在夢が適い、日本の宇宙開発の最前線で働いています。
周囲を見渡してみますと、機械系・材料系・航空系・電気系と出身は様々です。
NASAではどういうことをしたいとお考えでしょうか?宇宙に関するビジネスというと、寧ろ民間企業ではないかと思うのですが。
宇宙開発には、様々な技術・人材が必要であり、何を学んでも役に立たないことはありません。実際に、働きながら学ぶことのほうが多いです。
ビジネスを展開する役には、概して、経験を積んだ技術者の中でも、トップレベルの人材がなっているような気がします。彼らは、航空宇宙工学も含めて、多くの分野に精通しています。(机上の知識というよりも、経験からくるものが多いかな)

ちなみに私も、大学受験のときに航空工学科にするか迷いました。結局、私は航空工学科を選びませんでしたが・・・。

システム工学というのをご存知ですか?おそらく、yakapinさんの考えに一番マッチした分野ではないかと思います。私もこれが専攻でした。

Q物理学を勉強した後、どんな仕事が出来ますか?

私は今、高校3年生の理数系です。
そろそろ進路を決めないといけないのですが、なかなか決まりません。
科目では物理が一番得意なので、物理の方で進もうかなーとも思っているのですが、大学卒業後、どのような仕事に就職できるのか全く分からないので、教えて下さい。
個人的には他の科目に比べ、選択肢が狭い気がします。

あと私は今海外に留学中です。
もし日本で就職する場合はどうなるのでしょう?

Aベストアンサー

大学(専門分野)で物理に関連する学科といった場合、非常に多くの分野があります。

高校でも馴染みの深い力学から始まり、電磁気学、量子力学といった理学系の学科から、機械工学、電子工学、電気工学、情報工学など工学系の学科や、これらを複合的に研究している分野もあります。
現在は工学部の情報系として独立したコンピュータに関連する分野も、もとをたどれば数学科や物理学科で研究された計算機が発展したものです。

kiah さんが物理学の中で興味を持つのはどんな部分ですか?
物を作ったりするのは好きですか?それともその仕組みや原理を考えるのが好きですか?
生活の中で興味のあるものはどんなものですか?
こういったことを考えながら、選択肢を絞っていけばよいでしょう。

就職に関しては、数学科や物理学科を出ていても、一般企業に就職することは少なくありません。
よほどの専門性のある分野を除き、日本の企業の場合、大学での専門は即役立つケースは稀ですし、それより物事を解決する力があるかどうかの方が重要でしょう。
ただし、研究や開発を目指す場合は大学院まで視野に入れたほうが良いと思います。
まぁ就職のことは、大学で勉強をしながら考えればよいでしょう。

ただ、#1の方がいっているように得意と興味は違いますので注意した方が良いと思います。
高校で数学、物理が得意というのは、与えられた問題を解くのが得意というケースが多いようです。
大学での理学系の数学、物理学は、狭い(深い)専門の分野で新しい理論を立て、証明をするような地道な研究になります。もちろんその未知の領域に立ち入るために既存の分野を学習するのが、学部での主な勉強になります。

既存の技術を組み合わせて、新しいシステム(コンピュータやロボットの応用)を作るようなことに興味があるのであれば、工学系の方が向いているかもしれません。
その場合でも、先端の開発・研究をするためには数学や物理の理論は不可欠です。

大学(専門分野)で物理に関連する学科といった場合、非常に多くの分野があります。

高校でも馴染みの深い力学から始まり、電磁気学、量子力学といった理学系の学科から、機械工学、電子工学、電気工学、情報工学など工学系の学科や、これらを複合的に研究している分野もあります。
現在は工学部の情報系として独立したコンピュータに関連する分野も、もとをたどれば数学科や物理学科で研究された計算機が発展したものです。

kiah さんが物理学の中で興味を持つのはどんな部分ですか?
物を作ったりするの...続きを読む

Q理系は国立志向が非常に強いですが、そんなに私立はダメですか?

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいのは明らかなのですが、
慶應理工から大学の研究職を目指すんだったら、
一浪して東大(もしくは東工大)へ行った方がいいですか?
設備面や教育面で私立は国立に劣るようなのですが、
同じように勉強を頑張るならば私立と国立の大学4年間で、
研究の実力などにかなり差が出るものなのでしょうか?

慶應理工に進学するなら頑張れば国立にひけをとらないという気持ちで行きたいし、
そういう気持ちになれないなら浪人も考えざるを得ないです。
現時点では進学にも気がすすまず、浪人にも気がすすまず、
人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

僕には学校の進路指導やインターネットで集めた断片的な知識
しかないので、回答とともにアドバイスお願いします。

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいの...続きを読む

Aベストアンサー

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人から90人になったらどうでしょう。
ま、これは教室だけ広げてマイクでも付けておけば何とかなるでしょう。
ところが、研究室配属以降だとどうなるかというと、教員一人が4年生3人の面倒を見るところと、6人の面倒を見るところでは、目の行き届き方が違うでしょう。(極端ではありますが、ピアノのレッスンを想像すると良いかも知れません。)
勿論、3人だ6人だというのは4年生の数であって、修士博士と他にも学生は居るわけです。
研究面で弱いと、それだけ博士課程(後期?)の学生が少なくなるでしょう。
充実した研究室であれば、博士課程後期の学生も少なくないことが多いので、彼らに4年生修士1年生の面倒を見させれば、大体どうにかなります。
なお、4年生になっただけでは、通常研究なんて何にもできません。
つまり、授業だなんだで忙しいわ、抱える学生の数は多いわ、手伝ってくれる博士は少ないわ、という三重苦になりかねません。
理論系だと違うかも知れませんけどね。

また、東大東工大の場合、学内で行ける研究室が多くなります。
これは結構便利なことで。
情報が入って来易いですし。(もっとも十分な情報だとは限りませんが....)
自分のしたいことに近いことは選び易くなります。(ま、学内に限る必要もないんですが)
早稲田慶応でそこまで選択肢があるのかな、と。

入試の話に戻れば、文系がセンターで数学をやる場合は、得意不得意の差があり大変だと思いますが、理系の場合は差がそれほど出そうにない国社ですから、そういう意味でも理系なら国立を目指すべきだという指導は間違いではないと思います。

というわけで、早慶と東工大東大、両方受かっていれば後者、どっちを目指すかでも後者だとは思います。
しかし、国立優位というのは何れも研究室所属後のことでは無かろうかと思います。
私立で学部生をしたことはないのですが、おそらくは、研究室所属前であれば、そんなに変わらないのではないかと思います。

東工大よりは確実に良さそうなのが、
女の子が居る、キャンパスにたぶん華がある。
くだらないことかも知れませんが、長い人生まるっきり無駄なことだとは思いません。
男子校から男子校へ行くようなことになりかねない人は特に。

> 人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

全然甘いです。
だって慶応に受かってるんですから。(笑)
全落ちならワースト-10でしょうか。
このくらいのことで一々動揺してはいけません。
悩むのは大いに結構ですけどね。
そんなに悪い状況ではありませんよ。という客観的な視点は持っておいた方が良いでしょう。
本当にそれがワースト5なら、今まで何もしてこなかったって事ですから、そっちの方がかなり拙いですよ。

慶應に行っても浪人しても、どっちでも良いとは思いますが、浪人する場合、精神的には弱いのかな、というところが気になります。

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人か...続きを読む

Q宇宙航空に関する進学・就職

宇宙航空に関する進学・就職

自分は今年、大学受験を控えていて、将来はなんとしても宇宙開発(ロケットやspaceshipの研究開発で、衛星ではない)、少なくとも航空機の研究開発に携わりたいと思っています。

第一志望は京都大学を希望しているのですが、京大の工学部物理工学科宇宙基礎工学専攻から、航空機・宇宙機の研究開発に携われるような就職は可能でしょうか? なにぶん、HPで就職先などが見つけられなかったもので…。

また、航空宇宙工ということで、第二志望は名古屋大学で、こちらは三菱重工やJAXAへの就職もあるようなのですが、2年次に航空宇宙工学科へ進むのがけっこう難しいと聞きます。自分は大学にこだわるより、学科や教育・研究内容で大学を選びたいと思っているので、名古屋大学で上位を目指すのも一つの選択肢かなと思っています。

就職については、調べれば調べるほど日本の宇宙航空分野には気が滅入ります。JAXAや重工などごくわずかの大企業や国の団体でしか宇宙航空の研究開発ができないのはわかりますが、ロケット開発などはかなり絶望的なのではないかと思っています。

将来的には(日本で就職してある程度の技能を身につけてから)、外国に渡りNASAやESA、あるいはアメリカの民間宇宙会社やボーイングなどの航空機メーカーに就職したいのですが、もしアメリカ等の航空宇宙開発に詳しい方が居れば、その点もお願いいたします。

かなりでしゃばった質問となり、気分を害される方もおられるかと思いますが、大目に見て回答していただけたら光栄です。よろしくお願いします。

宇宙航空に関する進学・就職

自分は今年、大学受験を控えていて、将来はなんとしても宇宙開発(ロケットやspaceshipの研究開発で、衛星ではない)、少なくとも航空機の研究開発に携わりたいと思っています。

第一志望は京都大学を希望しているのですが、京大の工学部物理工学科宇宙基礎工学専攻から、航空機・宇宙機の研究開発に携われるような就職は可能でしょうか? なにぶん、HPで就職先などが見つけられなかったもので…。

また、航空宇宙工ということで、第二志望は名古屋大学で、こちらは三菱重工やJAXA...続きを読む

Aベストアンサー

No1ですが、両方で知人もいます。仮にあなたが世界最先端の大学で研究して博士号をとったとしても分野によって最先端技術は米国からの輸出規制がかかるのです。規制外の分野で運良く採用されたとしてあなたが本当にやりたい分野かどうか。

Q大学に入ってから、航空宇宙工学をやりたくなった…

こんにちは。
この春から、大学2年になる者です(男)。


私は、工学部の材料系の学科(マテリアル工学科)に所属しています。
第一志望だった旧帝大の理学部物理学科を諦め、何となく入れる成績で選んだ大学、学部だったため、最初は激しく後悔しました。
しかし、そんな事ばかり言っていると両親や恩師の方々に申し訳ないですし、ますます自分がみじめになるだけなので、気持ちを切り替えてこの一年、新たな勉強に取り組んできました。
勉強は元々好きなので、難しいけど苦ではなく、素直に面白いと思ってやってきました。
材料系の勉強も、理学部の物理に近い物があり、それなりの面白さは感じています。
(これから、材料工学の勉強がもっと面白くなっていく事を期待しています)


高校時代に物理が大好きになったので、それと関連が深い学部・学科への進学を考えていました。
しかし、「具体的に物理のどの分野に進みたいのか?」と言われても、社会経験がゼロの高校生の自分にはよく分かりませんでした。よく考えたら、高校生の時点で自分が一生をかけてやりたいことを見つけるのは無理があると思います。
大学で新しい学問や情報、社会情勢に触れることで、やりたい事なんかいくらでも変わってくるんですから。
東大の進振制度のように、大学に入ってから専門を決められる制度が日本中の大学にあればなぁ…、いや、あって然るべきだと切実に思いました。


自分の場合にも、このような転機が訪れました。
探査機はやぶさで有名な川口教授の講演会がきっかけで、天文学や素粒子のような純粋理学ではなく、技術としての航空宇宙工学に強い興味と憧れを抱くようになり、生まれて初めて、遂に自分が本当にやりたいことが明確になりました。
流体力学、ロケットの設計・制作、人工衛星の軌道計算… どれも、面白そうです。夢があります。


…と同時に、高校時代に航空宇宙工学専攻というルートを全く考えなかった、あの頃の視野がとてつもなく狭かった自分を心から恨みました。
「本物の物理を学べる=理学部物理学科しかない」という単純な図式にとらわれてしまい、物理の法則をフル活用して、人類のために応用するという工学部の魅力に気づけませんでした。
ちなみに自分の大学には、航空宇宙工学科はないので、転科やモグリで講義を聴く…なんて事は不可能です。


そして、これが一番決定的なのですが、
「よく考えたら、材料系ってただ材料を作るだけで、それを使って革新的な製品を作る(おいしい、面白い所取り)のは他の分野(機械工学科など)ではないか?
お菓子作りに例えれば、ただ原料を作るだけで終わりであり、それを使って魅力的なお菓子(クッキー、ケーキ等)を作り、完成させる喜びを味わえないんじゃないか?
自分はどうして、そんな地味な学問を選んでしまったのだろう?!」
との思い、迷いを捨てることが出来ません。
今現在は、ロケットの材料そのものよりも、ロケットの設計への興味の方が強いです。


今は、航空宇宙工学は独学で趣味として学び、あくまで本業の材料科学を極める覚悟でいます。
ただ、それだけではやはり弱いので、機械をいじれるサークルに入ったり、教養科目の宇宙入門みたいなのを取ったり、理学部の物理を学んだり、TOEICや英会話といった英語の勉強にがっつり力を入れたり、教授の研究室に質問を持ち込んだり…
とにかく、もう過去を振り返っても仕方が無いので、今の大学でやれることは、今までもこれからも、しっかり続けていくつもりです。


長くなりましたが、ここで本題となる質問です。

(1)
材料系から宇宙の研究に進む事も不可能ではないと信じていますが、やはり航空宇宙工学を大学で学ばなければ、大学院から専攻を変えて、航空宇宙の研究室(東大レベル)に行く事は難しいんでしょうか?ちなみに、大学院では修士まで進む決意です。博士は分かりませんが…

(2)
材料工学の専門が本格的に始まれば、材料の面白さが分かってくるはず!…と信じたいですが、やはりまだ遠い世界のように感じます。そんな私に、材料工学の魅力を教えて下さい。

(3)
材料工学を極めれば、航空宇宙の分野に何らかの形で関わる事はできますか?


よろしくお願いします。

こんにちは。
この春から、大学2年になる者です(男)。


私は、工学部の材料系の学科(マテリアル工学科)に所属しています。
第一志望だった旧帝大の理学部物理学科を諦め、何となく入れる成績で選んだ大学、学部だったため、最初は激しく後悔しました。
しかし、そんな事ばかり言っていると両親や恩師の方々に申し訳ないですし、ますます自分がみじめになるだけなので、気持ちを切り替えてこの一年、新たな勉強に取り組んできました。
勉強は元々好きなので、難しいけど苦ではなく、素直に面白いと思ってやっ...続きを読む

Aベストアンサー

>よく考えたら、高校生の時点で自分が一生をかけてやりたいことを見つけるのは無理があると思います。

いいえ、全然無理ではありません。航空宇宙工学やりたい一心で東大その他当該分野が学べる大学を目指している人達(そして合格し、JAXAで働いている人達)は少なからず存在します。全く別の分野でも、高校所か中学生、小学生の頃に「一生掛けてやりたい事」を心に決めて、それに向けて頑張る人達はいくらでも存在します。

>大学で新しい学問や情報、社会情勢に触れることで、やりたい事なんかいくらでも変わってくるんですから。

この一文で、貴方は自分の事を全否定してしまっていますよ。
「やりたい事なんかいくらでも変わる」というのなら、航空宇宙工学をやりたいという気持ちも「いくらでも変わってくる」可能性が高い訳ですよね。


「大学で新しい学問や情報、社会情勢に触れることで、やりたい事なんかいくらでも変わってくる」様な人は、「気持ちがふらつきやすい人」という事です。

もし、「これだ!」というものに出会ったのが大学生の時でも、その道で何事かを成し遂げられる人は、

>東大の進振制度のように、大学に入ってから専門を決められる制度が日本中の大学にあればなぁ…、いや、あって然るべきだと切実に思いました。

等と、貴方の様に「自分の事を棚に上げて、周囲や環境、制度に文句や不満を言う」という、「卑怯な真似」はしません。


(1)難しいというか、簡単ではないでしょう。

(2)仕事でも学問でも、「やりがい」や「魅力」は「自分で見出だし、気付き、築き上げていくもの」です。

(3)可能性は0ではないでしょう。しかし、「極める」というのは、「大学院で学び、修士号や博士号を取得する」という事でも、「大学で教授になる」という事でもありません。それを理解されていますか。



ところで、貴方は、日本に限らず、海外の人工衛星等に使われる部品作りやロケット開発が、小さな町工場・企業で行われている事をご存知ですか。

『NASAより宇宙に近い町工場』(植松努・著)

未読でしたら、是非お読みになる事をお薦めします。

>よく考えたら、高校生の時点で自分が一生をかけてやりたいことを見つけるのは無理があると思います。

いいえ、全然無理ではありません。航空宇宙工学やりたい一心で東大その他当該分野が学べる大学を目指している人達(そして合格し、JAXAで働いている人達)は少なからず存在します。全く別の分野でも、高校所か中学生、小学生の頃に「一生掛けてやりたい事」を心に決めて、それに向けて頑張る人達はいくらでも存在します。

>大学で新しい学問や情報、社会情勢に触れることで、やりたい事なんかいくらで...続きを読む


人気Q&Aランキング