gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

零戦は最初の方は白かったのに、五十二型あたりから緑色になりましたが何故でしょうか?

A 回答 (5件)

他の回答者の方々が書かれているように、五十二型以前の機体にも濃緑色で塗装された機体はあります。

太平洋戦争開始時は銀あるいは灰白色の機体がほとんどでしたが、中期以降濃緑色で塗装される機体が増えました。

これは米軍機が、対零戦の戦闘方法を変えたことによります。零戦は徹底的な機体の軽量化により、航続距離の延長と低空での運動性能の向上を図った戦闘機でした。それに対して米軍機は機体が重かったため旋回能力が低く、格闘戦には向いていませんでした。しかし高出力のエンジンを積んでいたため、直線での高速性では優っていました。

米軍は昭和17年にアクタン島に不時着した無傷の零戦を入手し、零戦の運動性能の高さと防弾能力の欠如を知りました。その後零戦とのドッグファイトを避け、上空からスピードを付けて急降下しつつ銃射し離脱する、いわゆる一撃離脱戦法に切り替えました。

それに対して、エンジンの出力に劣る零戦は、有効な対抗策を採ることができませんでした。零戦の濃緑色塗装が機体上半分のみに限られていることに気付かれましたか?これは上空を飛ぶ敵の機から発見されにくくするため、機体に迷彩を施して、少しでも帰還率を上げようと図ったからなのです。
    • good
    • 0

初期の色は飴色(仕様書上の名称です)と言います。

これはアルミにニスを塗っただけのものでした。この状態で昭和17年中期まで使われます。二二型(ににがたと読む)あたりから緑色明細が施されるようになりました。原因としては、敵機が上から襲う確率が高くなったため、上空から見た時、海と交じるようにするためです。五二型(五十二でありません。機体デザイン5、エンジン形式2という意味でゴニガタと読みます)以降は全てその塗装になりました。
    • good
    • 0

零戦に限らず、海軍機は開戦直前までは明灰色主体の塗装でしたが、開戦後、塗装規定が変更され順次、迷彩塗装(斑模様、べた塗り)に変更されていきました。


基本的に工場出庫時に塗装は決められていましたが、現地部隊で塗装をやり直した例もあります。
このURLのページに詳しい情報が記載されています。ご参考まで。

http://www.warbirds.jp/ansq/11/A2002265.html

参考URL:http://www.warbirds.jp/ansq/11/A2002265.html
    • good
    • 0

零戦は21型や32型から


緑色、灰色、その混合迷彩と、緑と黄土色の迷彩など
いくつものパターンがあります。

基本的に塗装は、現地でやっていいので
所属隊やパイロットによっていろいろ違います。
塗料がなかったりすることもあるので
交換部品の部分だけ色が違うとか、
そういうこともあったようです。
    • good
    • 0

52型(五十二型ではない)ではなくても、初期型でも緑の機体はありますよ。



迷彩効果による物と思われます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q零戦の塗装について。

零戦の塗装ですが、21型は明灰白色がポピュラーです。

私は緑にしてみたいのですが、海軍機緑では変でしょうか。

52型と間違えられそうですが、機体色が緑でも21型と判断できる塗装、マーキングのポイントを教えてください。

Aベストアンサー

今丁度、零戦21型のプラモ(1/72)を製作していた所、この質問を見つけました。(good timing!)

零戦各型の外見上の相違点はお分かりでしょうか? 今回は塗装とマーキングによる判別方法は存在するかと言う質問ですので、各型の相違点については言及しませんが、もし、必要でしたら補足要求して下さい。

で、本題の塗装&マーキングについてですが、仰るとおり、零戦の塗色イメージと言うのは固定観念のようになっており、初期タイプ(11型から32型前期)は灰色(正式名は後述)、52型以降は緑色と言うイメージがつきまといます。私も同感です。

21形を緑色(正式名称=D1濃緑黒色)で塗装しても52型と見間違わないかと言う事ですが、外観で判別出来る人は間違う事はないでしょうが、これが出来ない人は、52型と思う可能性が高いと思います。零戦=緑色と言うイメージを植えつけたのは、過去の零戦プラモが殆ど52型をキット化していた為と推測出来ます。これには理由があり、52型は見た目が一番模型栄えするし、武装も強力な為(特に52型丙)、商品としてアピールする点が多いからです。零戦各タイプなんて当時はまだ詳しく分からない年代のプラモ好き(私も含め)が、こう言う状態を作っているのかもしれません。

21型にも緑色の塗装の機体は存在しますが、やはり灰色(J3灰色)の方が圧倒的に多いですね。

零戦の塗色の変遷を少し紹介しますと次のようになります。

昭和15年7月に正式採用された零戦(11型)は、それまでの標準塗装(ジュラルミン地の無塗装或いは、ワニス塗装)の塩害問題に対処する為、試行錯誤のうえ、灰色と言う事が決まりました。(この色調には諸説があり、飴色と称される艶あり塗料と言う説が最近では有力となっています)その後、戦局の悪化により、昭和18年6~7月頃に、上面=緑、下面=灰色と言う塗装が制式化されています。(転機は昭和17年8月のソロモン諸島海戦と言われています。)

その丁度転換期に製造されたタイプが21型、32型となりますので、緑色の21型や32型も少なからず存在します。

21型を緑色で塗装する場合、ソロモン海戦頃のマーキングにする事で、違和感なく緑色で塗装出来ると思います。(ただ、ソロモン海戦頃と言っても、そのマーキングを分かる人は少ないでしょうが…。)極端な言い方をすれば、空母搭載機は灰色、地上戦闘隊機は21型でも緑色と言う区分けが出来るかと思います。(厳密には、多少異なりますが…。)

注意点として、零戦は三菱製だと思われがちですが、中島でも数多く生産されており、塗色も三菱と中島では多少異なります。また、日の丸の白ふちの幅も両者で相違があります。(これ以外にも、相違点がありますが、省略します。)

零戦の塗装に関しては、まだ解明されていない点も多く、今後も新しい資料が発見される可能性があります。ご自分のイメージだけに捉われずに、違った塗装をするのも面白いと思います。

私が現在製作中の21型は灰色で塗装しようと思っていますが、機会があれば緑色で塗装して見ようと思います。

最後に零戦各型の変遷を書いておきます。(制式採用されたタイプのみ)

11型⇒21型⇒32型⇒22型⇒52型と言う順番です。(21型の次は22型ではない点に注意!)52型以降、54型、64型なども開発していたようですが、制式採用前に終戦日を迎えてしまいました。また、各型にも前期・後期に分かれていたり、甲・乙・丙などの相違点もあります。

長々と書いてしまいましたが、お役に立てれば幸いです。(ある程度の資料にもとづいての回答ですが、まだ解明されていない点も数多く存在しますので、「自信なし」とさせて頂きます。)

今丁度、零戦21型のプラモ(1/72)を製作していた所、この質問を見つけました。(good timing!)

零戦各型の外見上の相違点はお分かりでしょうか? 今回は塗装とマーキングによる判別方法は存在するかと言う質問ですので、各型の相違点については言及しませんが、もし、必要でしたら補足要求して下さい。

で、本題の塗装&マーキングについてですが、仰るとおり、零戦の塗色イメージと言うのは固定観念のようになっており、初期タイプ(11型から32型前期)は灰色(正式名は後述)、52型以降は緑色と言うイ...続きを読む

Q真珠湾攻撃時の零戦の色は?

前に映画「トラ!トラ!トラ!」を見てかっこいいと思ったので、
今度真珠湾攻撃時の零戦21型を作りたいと思っています。

ですが、これはMr.カラーの明灰白色(三菱系)が
一番「正しい色」なのでしょうか?
映画ではこれよりもうちょっと白っぽい気がしたので・・・。

それにいろんなサイトを見ているとたまに緑が混ざったっぽい、
いわゆる飴色?を塗っている人もいるんですが、
本当はどっちが正しいのでしょうか?

詳しい方いましたら教えてください。
また参考になる本、サイト等を知っていたら是非教えてほしいです。

Aベストアンサー

零戦21型(11型も含む)の塗色に関しては、色んな説があります。

最初、名灰白色(Mr.カラーNo.35)と呼ばれているのが、一般的でしたが、これはMr.カラーが独自に付けた名前で、本当はJ3灰色と言います。で、この塗料の色が零戦の灰色と言う概念を植えつけてしまいました。所が、ここ数年前、ニュージーランド付近の海底から引き上げられた当時の零戦21型の破片を、某模型雑誌の編集者が入手し、それが切っ掛けで、色問題が急浮上(再浮上?)して来ました。

その破片に塗られていたのが、今言われている「飴色」と言う事で、まだ決着はついていません。

ただ、最近はこの説が有力になっているようで、各社からこの飴色に該当する塗料が発売されるようになりました。タミヤ1/32零戦21型にもこの色のイラストが使われていて、同社から缶スプレーと水性アクリル塗料が出ています。(Mr.カラーには存在しません。)

その後、ガイアノーツが、旧日本海軍の航空機用に制定された色見本帳を発見したと言う事で、新たな塗料が誕生しています。こちらをご覧下さい。⇒http://www.gaianotes.com/products/gaia_color_military.html

ここにある「灰緑色」と言うのがそれです。私はこの塗料は使った事はありませんが、同社の塗料は時々使用しています。特に白や黄などの塗料は、Mr.カラーに比べ、隠蔽力が高くお気に入りです。(Mr.カラーと互換性があり、調合も可能ですし、薄め液もMr.カラー用が使えます。その逆もOKです。)

と言う事で、本当に正しい色と言うのはどれだか断定出来ない状況ですが、少なくとも、そのどれもが間違っていると言うわけではなく、ご自分のイメージで塗装されるのが一番だと思います。私は今、ハセガワ1/72零戦32型を製作中ですが、塗料はMr.カラーのNo.35で塗ろうと思っています。(まだ在庫が残っているので、使わないと勿体無いし、同社の11型、21型もこの塗料で塗っていますので、統一感を持たせたいと言う意味もあります。)

あと資料になるかどうか分かりませんが、参考になりそうなサイトをいくつか紹介しておきます。
http://www.biwa.ne.jp/~yamato/zeke.htm
http://www5d.biglobe.ne.jp/~cocoro/sub54.htm
http://plane.boo.jp/20826a6m2.html
http://www.geocities.jp/toraiti2/hikouki.html

あと雑誌類ではモデルアートの増刊や、各種模型雑誌が参考になると思います。

零戦21型(11型も含む)の塗色に関しては、色んな説があります。

最初、名灰白色(Mr.カラーNo.35)と呼ばれているのが、一般的でしたが、これはMr.カラーが独自に付けた名前で、本当はJ3灰色と言います。で、この塗料の色が零戦の灰色と言う概念を植えつけてしまいました。所が、ここ数年前、ニュージーランド付近の海底から引き上げられた当時の零戦21型の破片を、某模型雑誌の編集者が入手し、それが切っ掛けで、色問題が急浮上(再浮上?)して来ました。

その破片に塗られていたのが、今言われている「...続きを読む

Q零戦の色について

ホビーショップで「零式艦上戦闘機32型」というプラキットを買ったのですが、
塗装で本体が濃緑色と明灰白色と2パターンに分かれていました。
32型にこだわらず、零戦をみんな含めて
この2色はどういう時(どういう違い)に使われたのでしょうか。
またなぜ濃緑色の方が有名になったのでしょうか。

Aベストアンサー

以下のサイトに良い記事があります。
私も小学生の頃、大好きでした。
あの頃は結構正確に鉛筆で書けたけど、もう忘れてしまいましたよ。

http://contest.thinkquest.gr.jp/tqj1998/10043/indexb.html

参考URLと共に好きなURLです。
戦争を美化するつもりは毛頭ありませんが、これは芸術品だと思います。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/astroboy/

Qなぜ零戦はエンジン周りだけ黒いのでしょうか?

 太平洋戦争で活躍した零戦を見ると、どの写真でもエンジン周りのカウリング部分だけが黒に塗装されています。
同時代の他の戦闘機についても調べてみたところ、以下のようになりました。

機首全体が黒・・・零戦、96艦戦
機首の上面だけが黒・・・隼、飛燕、雷電
機体と同じ色・・・紫電、鍾馗、疾風、5式戦、双発機全般

機首の上面だけを黒く塗っている場合も多々ありました。
機首を黒く塗る理由は何でしょうか?

Aベストアンサー

 機種を黒く塗装する理由は、反射を防ぐためです。

>機首全体が黒・・・零戦、96艦戦

 零戦が支那事変に登場した際には、機体全面が無塗装であったため機首を全面黒塗装しました。その後空母に搭載するのに零戦や96艦戦や99艦爆、97艦攻など艦上機が防錆をかねて明灰色塗装した際にもやはり黒塗装を施しました。

 このカウリング黒色塗装は、このほかオレンジ色(橙色)塗装の練習機にも使われています。これを『反射防止塗装』と称したようです。つまり、銀色や明るい色で反射しやすい塗装のばあいに機首を黒色したことになります。


>機首の上面だけが黒・・・隼、飛燕、雷電

 日本陸軍機のばあいも無塗装や銀色系の場合は、隼、鍾馗、飛燕など上面を艶消し黒色塗装しています。

 上面黒色の雷電の写真ですが、これは戦後アメリカ軍がテストした時のもので、雑誌『航空ファン』1966年4月号にその詳細が書かれていて、アメリカ軍もやはり全面銀色だとまぶしかったようです。


>機体と同じ色・・・紫電、鍾馗、疾風、5式戦、双発機全般

 機体色が濃緑色後は、機種を黒くしなくても苦労はしなかったようで、渡辺洋二『隊員たちの写真集 本土防空戦 海軍航空隊篇』のなかに「霞空の零戦にはカウリングの黒色塗装を落とし上面だけ黒色塗装をしたものが何機かあった~」(同書21ページ)とあります。

 

 機種を黒く塗装する理由は、反射を防ぐためです。

>機首全体が黒・・・零戦、96艦戦

 零戦が支那事変に登場した際には、機体全面が無塗装であったため機首を全面黒塗装しました。その後空母に搭載するのに零戦や96艦戦や99艦爆、97艦攻など艦上機が防錆をかねて明灰色塗装した際にもやはり黒塗装を施しました。

 このカウリング黒色塗装は、このほかオレンジ色(橙色)塗装の練習機にも使われています。これを『反射防止塗装』と称したようです。つまり、銀色や明るい色で反射しやすい塗装のばあい...続きを読む


人気Q&Aランキング