よく、行事やイベントの当日に雨が降ったら、「日頃の行いが悪い」とか、逆に晴れたら「日頃の行いが善い」とかいいますよね?
これってどういうことだと思いますか?
皆さんの考えを聞かせてください。

A 回答 (5件)

一言で言えば『因果応報』の流用だと思います。


自分のしたことが良いにつけ悪いにつけ自分に帰ってくる。
を流用(悪用)したものだと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/rei_yoshiki/ingaouhou …
    • good
    • 0

天気のことなんて人間は関われないのに、そういうこと言うのは誰かのせいにしたいと言うことではないでしょうか?


人知を超えることを考えると落ち着かないけど、
人のせいにすると何となく脳みそが困らないんだと思います。

この回答への補足

みなさんいろいろな意見ありがとうございます。
↓のみなさんも参考になりました。

補足日時:2002/02/01 13:54
    • good
    • 0

「『あなたの』日頃のおこないが悪いから、雨が降ったのだ」


「『わたしの』日頃のおこないが良かったから、晴れになったのだ」

 というようなユーモアの一種だと思います。でなかったら多雨地帯の日本人はいつも悪いことばっかししていて、シルクロードあたりの人々は良いことばっかりしていたので砂漠になってしまった、などということになりますからね。
    • good
    • 0

 単純な答えになって申し訳ありませんが、自分の日頃の行いは、天が見ている、だから、普段から良い行いを積んでいる者は、天が味方して天気を良くしてくれるのだ、という意味で使われるのが一般です。


 例えば、明日大事な行事を行うが、野外のため、どうしても晴れて欲しい、と願うとすると、普段の自分を振り返って、天に祈りたくなる、そういった素朴な「天」を「神」と敬う心持ちのようなものです。
 勿論、根拠には、「自然」対「人間」の構図があって、人間の力では、自然の天候はいかんともしがたい、だから、「自然」=「天」=「神」=「全能」=「人間一人一人の行いを知り、それを裁く権限を待っている」という「自然崇拝」があるということでしょう。
 これは存外日本人にはしっくりとおさまる考え方なのですが、西洋風な考えでは、「天」=「自然」=「神」とはいきません。「天」を作った者が「神」で、神がすべての天候を決定しています。ですから、自然崇拝ではなく、理性崇拝とでもいった雰囲気で、「神」の前で正しい者のみが、「天候」の恩恵を受けることが出来ます。ですから、大事な野外イベントが雨降りで中止になったとしたら、日本人は、半分笑って「普段の行いが悪いからねぇ」と半ば「自然に人間はかないませんからね」と諦めがちな表現で済ませますが、西洋人は「神に叱られた」と反省するかも知れませんね。
    • good
    • 0

 雨降りが悪いというイメージですが、雨は実りの為には大事なことであります。


 暑い日には、ある面で蒸し暑いかもしれませんが、一時の涼しさ、安らぎともいえます。
 洗濯物は乾かない、濡れるという悪条件だけで判断することは短絡的です。
 これは、冗談半分も含まれて言っていると思うんですが、
実際に「依正不二」ということで説かれております。
 「依」とは、私達が生活するこの国土をいい、「正」たは、私達人間のことであります。この法門は、人間の思想や行動がそのまま非情の国土世界に反映するという「不二」の関係にあることを明かしたものであり、国土の災害や戦乱・飢餓を根本的に解決し、悠久の平和社会を実現するためには、正報である人間が清浄な福徳に満ちた生命に転換しなければならないことを示したものであります。
 如何でしょうか?

この回答への補足

え、、、っと、晴れが良くて雨が悪いということではなく、そんなふうに言われるのは何でかなってことです。

補足日時:2002/01/25 00:07
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q善は善にして常の善にあらず。「老子」

受け売りでし。
(ヒマな時にでも)

Aベストアンサー

言うまでももないか、あるか、
元は、
老子第一章
道は道にして、常の道にあらず、名は名にして常の名にあらず、無を天地の祖に名付け、有を大地の母に名付く。
もって無はその檄を現さんと欲し。有はその嬌を誇示せんとす、
第荷二章
人々は、善は善である、と考え、善が悪である事を知らない。美は美であると考え、美が醜である事をしらない。
・これら相い対峙する二つのものは、否定、対立しあいながらも、一つの統一体をなすものである。
と、ヘ-ゲルの弁証法、もしくは、色不異空、色即是空、が述べてあります。
老子の考え方を現代風、あるいは私流儀で説明すると、
善=善 である、しかしそれは、善-善=0 と言うのと同じであり。一つの単位としての統一体
、もしくは、存在、とはならない。ある、ためには。善×1/善 =1 でなければ、ならない。
善と(1/善)は表裏であり一体である。(1/善)は悪と名付けられる、常でない善となる。
道は道にして常の道にあらず。という世界の在り方は、名、妄想、の在り方、起こり方とも一致する。
となるのでしょう。米粒の在り方、法則生、も米俵の在り方法則性も同じである?

言うまでももないか、あるか、
元は、
老子第一章
道は道にして、常の道にあらず、名は名にして常の名にあらず、無を天地の祖に名付け、有を大地の母に名付く。
もって無はその檄を現さんと欲し。有はその嬌を誇示せんとす、
第荷二章
人々は、善は善である、と考え、善が悪である事を知らない。美は美であると考え、美が醜である事をしらない。
・これら相い対峙する二つのものは、否定、対立しあいながらも、一つの統一体をなすものである。
と、ヘ-ゲルの弁証法、もしくは、色不異空、色即是空、が述べてあり...続きを読む

Q悪は 善のへそ曲がり・善の損傷行為である。

 悪は 善のへそ曲がりであり 善の損傷行為である。

 だから 悪は ない。存在しない。

 善が傷ついたことを 悪と呼ぶに過ぎない。

 またその傷つける行為のことである。

 善とは ふつうに日常生活をじみちに生きることである。


 これを問います。

Aベストアンサー

こんにちは。


☆悪は 善のへそ曲がりであり 善の損傷行為である。
◇ということを前提にして、すこし考えてみます。

美しい女の人、イケメンを見て、
性的な気持ちをおこすのは、人間本性でしょう。
これにしたがい行動をすることは、
本来、否定されるものではない。

であるとするならば、
結婚している人の場合、
不倫や浮気はどうなるのか。

不倫したい、浮気したいという気持ちや、その行動を抑えることは、
人間の善性を歪めることではないのか。
当事者(浮気・不倫をする男女)間の合意は最低限、必要ですが、
この同意があれば、
浮気や不倫をしないことが、悪ということになりはしまいか?

浮気や不倫をするときに《やましさ》を感じるとしても、
これは、
旦那さんならば奥さん、奥さんならば旦那さんへの背徳行為、
その信義則、婚姻という契約の不履行に対する罪悪感であり、
たぶんに後天的なもの、社会的なものでしょう。
人工的なものです。
自然に反している、と言ってもいい。

この件について、
いかがお考えですか?

つまり、
《不倫・浮気》をすることが、善性のへそ曲がりとして《悪》と規定されるのか、
そうではなく、
《不倫・浮気》をしないことが、善性のへそ曲がりとして《悪》と規定されるのか?


もちろん、
善のへそ曲がりとしての《悪》と、
社会的に取り決められた《わるい行為》を、
別なものとして、分けて考えることもできますけれども・・・。

こんにちは。


☆悪は 善のへそ曲がりであり 善の損傷行為である。
◇ということを前提にして、すこし考えてみます。

美しい女の人、イケメンを見て、
性的な気持ちをおこすのは、人間本性でしょう。
これにしたがい行動をすることは、
本来、否定されるものではない。

であるとするならば、
結婚している人の場合、
不倫や浮気はどうなるのか。

不倫したい、浮気したいという気持ちや、その行動を抑えることは、
人間の善性を歪めることではないのか。
当事者(浮気・不倫をする男女)間の合意は最低限、必要...続きを読む

Q善い悪い判断する過程も善い悪い判断?

 刺激を感じて、その刺激を過去の記憶などから善い悪いと判断するに至る過程も刺激だからそれも善いか悪いか生物は判断しているのでしょうか?

Aベストアンサー

>反射で、足がピクッと動いたりすることはその足がピクッと動くのが善いとDNAに書き込まれているからなのでしょうか?

DNAによる反射は主に生命を守ろうとする働きです。反射で足がピクッと動いたりすることは、DNAにそれが善いと書き込まれているからです。ですが、現在ではそれが善いとも限らないことがあります。

例えば、バレーボールのスポーツなどで速いボールがきたら、反射的に体をよけることは善いことではありません。その反射とは逆にボールに体を当てていかなくてはなりません。これは練習や訓練によって条件反射がつくられてできることです。

現在、この条件反射の方がDNAによる反射よりも善いということも、場合や状況によってはあります。

Q欲望には悪と善の因が。 善の方はしかし?

欲望は 自我の殻の内側に人を閉じ込めさせます。

そこから悪としての争いの因が生まれたりします。 

しかし 同時に 欲望は、それをよく見つめることで  感性を深める道にも通じ それによって感性が深まれば自我は突き破られ  人への善の真心も生まれます。

そのへんの善の方の因果を なぜかあまり聞きません。

解ると思える人がおられましたら、 是非御回答をお願いします。

反論でもいいです。 欲望なんて悪の因しかないというふうな。

それなら議論しましょう。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
批判的な内容も書きましたが、それらは質問者さんを非難するものではありませんから、誤解なきようお願いします。ロジックの目の付け所に感心したというのが回答の動機です。そこで無理に綺麗なパラドックスに仕上げようとされるのは自滅的に思われ、私なりの整復術を試みたくなった次第です。

無意味に評論を加えれば、欲望を精神活動の原理に加えて、肯定できる面を見出されようとされた結果の発明とでも言えますでしょうか。質問者さんの仮説は、面白いですし、大発見につながる分岐点かもしれません。

発想力の賜物ですね。能力を活かして詩や小説を書かれた方が建設的に思います。何事も施行するのは簡単です。有益に機能しなくてもいいのですから。手がけた構造の良し悪しを追跡評価しない専門家は結果無視の自己肯定を続けられるでしょう。
欲望によって人間が自我を突き破って善へと導かれる感動作を、哲学という有害ゴミの袋に入れてしまうのは勿体ないんですよ。あまりにもドラマチックです。俗に言う芸術的才能を感じました。欲望は、人を殻に閉じ込めさせるなんて語り口は詩ならば最上級ですよ。その後、パラドックスが放つ左右のフックで、ノックアウトされます。
くらった私は野暮な整合性を打ち返したまでです。曲がりなりにも新興宗教文学を創作するカテではありませんので、回答者のする隠喩などを質問者側がするのは解決を遠ざける色事になります。

制約の多い質問文の方が自由奔放な回答文よりも難しい作文になるのは承知しています。無理や気負いをなさらず、ぜひ論理的にもさっぱりしているまことの素描を求められてください。

お礼ありがとうございます。
批判的な内容も書きましたが、それらは質問者さんを非難するものではありませんから、誤解なきようお願いします。ロジックの目の付け所に感心したというのが回答の動機です。そこで無理に綺麗なパラドックスに仕上げようとされるのは自滅的に思われ、私なりの整復術を試みたくなった次第です。

無意味に評論を加えれば、欲望を精神活動の原理に加えて、肯定できる面を見出されようとされた結果の発明とでも言えますでしょうか。質問者さんの仮説は、面白いですし、大発見につながる分...続きを読む

Q【創価学会の教えである「美・利・善」の美って何ですか?】 あと勘違いがあったら困るので、利・善の意

【創価学会の教えである「美・利・善」の美って何ですか?】

あと勘違いがあったら困るので、利・善の意味も教えてください。

Aベストアンサー

>>創価学会の教えである「美・利・善」

そんな物は無い。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報