赤とんぼは元から赤いのではないんでしょうか?
彼氏曰く「夏に山で見る水色(?)のとんぼが秋に赤くなる」といいます。
彼氏はこれはテレビで言ってた!というんですが、どうなんでしょうか(^^;)?

A 回答 (2件)

代表的な赤とんぼである「アキアカネ」は、6月頃に平地で孵化した後、涼しい気候を求めて夏の間は山間で過ごし、秋になるとまた平地に戻ってきます。


孵化したばかりの頃はそんなに赤くなく、黄色っぽいのですが、秋になると赤く色づきます。(主にオス)

他にもナツアカネ、ノシメトンボなど赤とんぼには何種類かありますが、いずれも性的成熟期(産卵期が近くなる)に、オスが赤くなります。

水色のトンボはシオカラトンボかと思いますが、このオスは成熟すると白くなります。


なので、半分あたってて、半分外れているような・・・

参考URL:http://symnet.ishikawa-c.ac.jp/EssaySF.html,http …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

彼が言ってた事は本当だったんですねぇ(^-^;)
まさかとんぼの色が変わるなんて思いもしません。
ありがとうございました<(__)>

お礼日時:2002/02/07 13:01

こんにちは。


赤とんぼは最初から赤とんぼですよ。
代表的な種類は、「アキアカネ」や「マユタテアカネ」があります。
トンボにも色々な種類があるんですよ。
http://www.kubikino.net/yamasemi/zukan/tombo/

参考URL:http://www.kubikino.net/yamasemi/zukan/tombo/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりました。回答ありがとうございます<(__)>
昆虫にはまったく興味がなかったのでいい勉強になりました(^^)

お礼日時:2002/02/07 13:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤とんぼの歌詞の中の意味をおしえてくだい

赤トンボの童謡の歌詞の中に~~とまっていたよ、竿の先~とあるそうですが、この竿とは、つり竿でしょうか?物干し竿でしょうか?と、人に聞かれましたが、分からなかったので、何方かご存じの方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

花壇やぶどう棚に使う、地面にさす「園芸用の竿」でしょうね。

作者の三木露風によれば、北海道函館のトラピスト修道院で
教鞭をとっていた露風が四時頃窓の外の竿にじっととまって
いた赤とんぼを見て書いたものだそうです。

じっと竿に止まっている赤とんぼを眺めていると、幼い頃、
放蕩者の父親が家に帰らず、母親は離婚して家を去り、
祖父に引き取られて奉公人の少女に子守りしてもらっていた
子供時代をふと思い出した。
・・・という詩です。

Q草花の夏と秋の草丈について

教えてください
イヌタデの草丈が夏と秋でどちらが高いですか
その理由は

Aベストアンサー

秋のほうが高いでしょう。
花を咲かせたら受粉の為に背伸びするのは当然の理屈でしょう。

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/inutade.html

Qいらすとや のようなサイトがつくりたい

いらすとや
http://www.irasutoya.com/

のようなサイトを作りたいと思っています。
内容は違いますが表示のさせ方など似たような形式にしたいと思います。

つくるにあたりプログラミング言語は何を勉強すればよいでしょうか。

htmlとcssだけでいけますか。
それともphpとデータベース(MYSQLなど)も必要でしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

中身見てみました。

カテゴリ別はhtml+cssで作られています。
そういうページを作ってジャンプさせています。

検索はhtmlのformで作っていますが、アクションされた時の中身はhtml+css+javaスクリプトで作られています。

検索窓があるサイトではjavaスクリプト又はcgi(php)は必要ですね。
但し、1から覚える必要は有りません。

ウェブ上の無料テンプレが一杯転がっていますのでダウンロードして使えば済みます(少しのカスタマイズは必要です)。

これは、問い合わせフォームでも同じです。

Q何故花は春や夏や秋に咲く物が有るのでしょうか?

ハウス栽培などを除き・・

自然の中で育つ花はそれぞれの季節になると一斉に咲き出します。

例えばコスモスは秋に咲きます。

春と秋は気候的にも良く似ていて気温も同じようなものだと思うのですが

何故毎年揃って同じ時期に咲き始めるのでしょうか?

Aベストアンサー

同じ季節に咲いた方が、同じ種の個体の間で花粉を交換できるからです。
とくに温帯の植物は、季節の変化をきっかけにして同時に花を咲かせるような仕組みを作りやすかったのだと思います。

でも、ハキダメギクとか、ノゲシとか、コハコベとか、ホトケノザとか、春にも今ごろ(10月)にも咲く(真夏には咲かない)植物もありますね。

Q赤とんぼの歌詞の意味

私の好きな歌のひとつなのですが、ちょっと意味が解らないところがあって、気になっています。
それは
>十五でねえやは 嫁に行き お里の 便りも 絶え果て た
のところです。

これはどういうシチュエーションを想像すれば、よいのでしょうか?
お里、というのは、誰のお里なのでしょうか?

Aベストアンサー

モウひとつ
http://maimai1223.blog118.fc2.com/blog-entry-208.html
(新聞記事の写真をクリックすると、拡大表示され読めます)

Q童謡に「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い。赤い実を食べた」とあります。

童謡に「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い。赤い実を食べた」とあります。
鳥類の進化が今後も続くとすれば、南天やピラカンサの赤い実を好んで啄むヒヨドリも数千万年の後に、赤いヒヨドリに進化する可能性はあるのでしょうか?
年中、赤い実を食べていないと、その可能性はないですかね?
ふとそんな疑問を感じたので投稿します。
どなたか進化の可能性を教えてください。

Aベストアンサー

ありません。それは童謡の中だけの話です。人間が毎日米を食べても、何万年経っても「体が米になる」ということは無いのと同じです。

体の色はDNAによって決まります。赤い鳥になるには、DNAという設計図に赤色色素を合成する方法を書き込まねばなりません。赤い実を食べてもDNAに赤色色素を作り出す「設計図」は書き込まれないですよね。
↑毎日米を食べたからと言って、「人間の体を米にする方法」が分かることが無いのと同じです。

その設計図を書き込むには、自然界による、あるいは人為的な遺伝子操作が必要です。(自然界の遺伝子操作とは、細胞分裂時等に何らかの原因で遺伝子のコピーミスが起きることです)。
↑人間が米になるには、米を食べるのではなく、人間の遺伝子を米の遺伝子に置き換えなければいけないのと同じです(実際はそんなことはあり得ませんが)。


フラミンゴは赤い色素を摂取することで「フラミンゴ色」に染まっていますが、食べなければ白いフラミンゴです。それは何万年経っても同じです。これは乱暴に言えば、体に色を塗っているようなもので、遺伝子とは何も関係がありません。

仮にその色素を摂取しなくても「フラミンゴ色」になるフラミンゴが出現したとしても、その原因は赤色色素を摂取したからではありません。遺伝子が偶然そのような突然変異を起こしただけのことです。

ありません。それは童謡の中だけの話です。人間が毎日米を食べても、何万年経っても「体が米になる」ということは無いのと同じです。

体の色はDNAによって決まります。赤い鳥になるには、DNAという設計図に赤色色素を合成する方法を書き込まねばなりません。赤い実を食べてもDNAに赤色色素を作り出す「設計図」は書き込まれないですよね。
↑毎日米を食べたからと言って、「人間の体を米にする方法」が分かることが無いのと同じです。

その設計図を書き込むには、自然界による、あるいは人為的な遺伝子操作...続きを読む

Q「ちあきなおみ」の今は…?

先日、過去の番組の再放送で「ちあきなおみ」の「星影小径」を聞きました。ほれぼれするようないい曲で、以来、いつも口ずさんでおります。
元々は小畑実の曲だそうですね。

ところでちあきなおみは20年ほど前に引退してしまったのですが、その後の消息はどうなのですか。
どの地方で暮らしているのでしょう。
ご存じの方いらっしゃったら教えて下さい

Aベストアンサー

私も詳しいことは知らないのですが、彼女の歌手としての実力はとてつもないものがあると思います。
その彼女、そもそも歌手に興味はなかったそうです。ところが、旦那さんが彼女を励まし、彼女は「彼のために歌っていた」そうです。
その旦那さんが病気で急逝したとき、彼女も自分が歌う意味を失くしたようです。火葬場でお棺にすがり「このまま私も焼いて!」と号泣したそうです。
その後何度も復帰を望む声が上がりますが、その都度彼女は断っているそうです。ときどきCMで彼女の歌声が流れることがありますが、あれが過去の曲から使ったのかどうかは私は知りません。

聞くところによると、今も旦那さんの墓前に花が絶えることはないそうです。そのままそっとしてあげるのが彼女のためなのかもしれませんね。

Q【恐竜の謎】恐竜は山のジャングルに生息していたというのは嘘では?本当は山のジャングルではなく草原

【恐竜の謎】恐竜は山のジャングルに生息していたというのは嘘では?

本当は山のジャングルではなく草原に生息していたのではないでしょうか?

まず山のジャングルは歩き難い。

草食系の恐竜が草原にいて、なぜわざわざ肉食の恐竜が歩きにくい山のジャングルに身を隠す必要があるのでしょう?

おかしいですよね?

草食系恐竜が草原にいて、肉食系恐竜が山に隠れて生息する意味はなくないですか?

肉食系恐竜は山のジャングルではなく草原にいる方が自然ですよね。

食べる餌の草原系恐竜が草原にいる。それを食べる。

草原には襲うものがいない。

いたとしても見つけやすい。

逆に山のジャングルに動きが取りずらい場所に巨体の肉食系恐竜が狩りをするには不向きな気がします。

よって肉食系恐竜は山のジャングルではなく草原に生息していた可能性が高い。

違いますか?

Aベストアンサー

>違いますか?

 そうかもしれませんね
ただ、誰も実際に見ていないので正解は
ないかもしれませんね

 もしかしたら 可能性だけなら
<コンクリート ジャングル>に生息していたかも・・・

Q赤とんぼの歌詞の中に特定のキャラクターがいるのではと話しになってじゃそいつは誰?みたいな感じになって

赤とんぼの歌詞の中に特定のキャラクターがいるのではと話しになってじゃそいつは誰?みたいな感じになってしまい後日また話そうと約束しました。
私には皆目だれが特定のキャラクターなのかわかりません。
知っている方どなたかおりませんか。
教えて下さい

Aベストアンサー

「赤とんぼ」の作詞は三木露風ですが(大正10年に発表・作曲は山田耕作)、詞の内容は露風自身の幼少時代の思い出を正直に書いたものと思われます。
露風は5歳の時両親が離婚することになり、以降母親とは生き別れで祖父に養育されることになったのですが、実際は子守り奉公の姐やに面倒を見てもらい、そのときの印象を歌にしたものです。

だから詞の第一節の「おわれてみたのは」を漢字で書けば「追われてみたのは」ではなく、「負われて見たのは」であり、姐やの背中におんぶされて肩越しに見た夕焼け という意味です。

姐やといっても15歳で嫁に行ったのですから、当時の農家は赤貧のため口べらしもあっての子守り奉公で、しばらくして嫁いでいったわけですが、嫁入り先の農業労働力としての意味もあり、その後の姐やも働きづめの一生を送ったのでしょうね。

また、「お里の便りも絶えはてた」の意味は、姐やが嫁に行ってからは彼女の便りがなくなった と解釈する人もいますが、私の推薦する解釈では、お母さんは離婚し実家に出戻っているのですが、実のお母さんが実家の近くの娘を子守り奉公に出すように図ることにより、彼は姐やからお母さんの便りを聞くことが出来たのですが、姐やも嫁に行くことになって、もうお母さんの消息も聞くことが出来なくなったという意味だと思います。
http://blog.goo.ne.jp/ken-morita_001/e/2ba83e875d4619e6c269c89a273f963e

「赤とんぼ」の作詞は三木露風ですが(大正10年に発表・作曲は山田耕作)、詞の内容は露風自身の幼少時代の思い出を正直に書いたものと思われます。
露風は5歳の時両親が離婚することになり、以降母親とは生き別れで祖父に養育されることになったのですが、実際は子守り奉公の姐やに面倒を見てもらい、そのときの印象を歌にしたものです。

だから詞の第一節の「おわれてみたのは」を漢字で書けば「追われてみたのは」ではなく、「負われて見たのは」であり、姐やの背中におんぶされて肩越しに見た夕焼け とい...続きを読む

Q「とんぼ」と「やんま」の違いは?

とんぼの種類の中に、やんまっていますよね?違いはなんなのでしょうか?自分でも調べてみたのですが、よくわかりませんでした。分類上だけの違いなのでしょうか?大きさとか、羽の数とかそういったもので区別するのではないのでしょうか?2年ほど悩んでいます。

Aベストアンサー

やんま=とんぼ、で使われることが多いようです。

しかし、厳密な違いもあります。
「やんま」というのは「とんぼ」の一種で、大形で青緑色のものを指します。

「やんま」は昔は別に「えんば」ともいうようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報