よく漫画などで見ますが、これは僕が生きているうちに本当にできるのでしょうか?
どらえもんなどの漫画に出てくるタイムマシンはけっこう無防備な格好で乗っていますが、あれで大丈夫なのかな?と思います。
それと、時間というものは本当にあるのでしょうか?すごく気になってしまい、おちおち昼も寝れません。どうぞあなたの意見を聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

当たり前すぎて忍びないのですが、ムリでしょう。

    • good
    • 0

 タイムマシンができるか、という難しい事には


答えられませんが、ドラえもんの単行本に載っている
お話の中に「タイムマシンが2008年に発明されてから・・・」という所があります。
    • good
    • 0

結論から言うとタイムマシンは未来永劫に出来ないと思います。


もしも未来に完成したとしたら未来にしかいけないものになるでしょう。
過去にいけない理由は現代に未来人が現れないからです。
そして未来人が来れば科学技術が飛躍的に伸びます。
ゆえに現代まで未来人は来ていません。
未来へは相対性理論に人類がどこまで耐えられて応用できるかが問題です。
それとタイムパラドックスというものがあり
自分が過去にいき自分を生んでいない時の母を殺してしまえば
自分は存在しなくなるから無理だと言うことです。
もしもやったらドラえもんのびたと鉄人兵団のリルルのようになってしまうかもしれません。
難しいところですね。
以上です。
    • good
    • 0

時間は・・・空間と等価なので、「ある」ものでしょうね。


時間と空間が入れ替わっているらしい、場所があるらしいですよ。

タイムマシンは残念ながら作り始めても完成する確立が0%になるとか
いう話を最近聞きました。

残念ながら、ドラえもんのようにはいかないようです。
    • good
    • 0

 


  「タイムマシ-ン」が不可能だという証明はありません。物理学的に証明したと言っても、その場合、物理学は一定の「時間解釈」を行っており、この解釈時間は、空間化された「物理学の思考上の概念」で、「実在の時間」とは、また別なのです。ところで、不可能だという証明がないというのは、「可能だということではありません」。
  
  時間の概念について、わたしの回答がありますので、参考URLに入れておきますが、少しというか、かなり難しいかも知れません。「時間」というのは、聖アウグティーヌスが述べているように、実に難しい問題なのです。
  
  タイムマシーンが存在するとパラドックスが生じるというのは、SFでも述べられていますが、ハインラインの『輪廻の蛇』だったかは、そのパラドックスを扱った傑作だったと記憶していますが、こういうパラドックスは、「時間の空間的把握」から来ています。
 
  時間というのは、実は、過去とか未来の順序構造ではなく、イメージ原型の距離で構成されている可能性があるのです。こういう時空論は、物理的モデルに馴染まないと言うか、構成しにくいので、自然科学では取り上げませんが、人間の魂の事実や現象からすると、どうも、こういう宇宙像が、真実である可能性がかなりあります。
 
  物理学的に「タイムマシーン」は作れるのかというと、わたしは、作れる可能性があると思います。既に量子力学の「多世界分岐解釈」は前の方が言及していますが、こういう解釈が出てくるのは、時間というものが、いかに不思議なものか、理論物理学の最先端領域で、あらためて認識が出てくるからです。
  
  タイムマシ-ンが可能であるためには、どういう条件がいるのかということを簡単に述べます。まず、宇宙とは、「現在の進行」それも、物理学が規定している時間パラメータTで規定される唯一世界ではないということでなければなりません。
 
  これは、未来についての「運命論・決定論」ではなく、ベルクソンの言い方を借りれば、存在の一個一個が、創造的に時間を創造し、躍動している、「生=ライフ=ヴィ VIE」とは、創造的躍動(エラーン)であり、我々は「純粋持続」の時間あるいは生を生きているということです。
  
  時間は、物理学が示す「直線未来」に向かって展開しているのではなく、無限の可能性を持つ、「創造的躍動的未来」の次元へと自己創造しているというのが、本来の時間のありようではないかということです。また、時間とは、本来、このようなものなのです。
 
  物理学的にはどうなるのかと言うと、まず、人間の意識または精神と、物理的宇宙との連関というか、精神はいかに物理的宇宙で成立しているのかの研究が必要でしょう。何故なら、精神は、時間を超えている面が実はあるのです。人間の「精神」は、一つの「ホロン(全体統合体)」であり、このホロン構造は、何かの物理的素粒子レヴェルの構造と、共鳴構造を持っていると考えるのが自然なのです。
 
  そもそも精神が何故この宇宙にあるかと言えば、それは、この宇宙に、精神を存在させる構造前提があるということになるでしょう。
 
  そして、精神が行う時空の旅に対応するものとして、超弦の内部構造に想定される、時空の素元ホロン構造に「共鳴連関」で作用する構造を操作すれば、ホロン時空の「旋回」が可能になり、この時、旋回構造のなかにいる者は、宇宙の旋回像として、別の姿、別の位相を見、またそこに入って行くことが可能だと言えます。
 
  これは、タイムマシーンというより、実際は、別次元世界の展開とも言うべきなのですが、「時間」の旋回なのです。というのは、時間は、上で否定したように、一本の軸ではないのです。
 
  何を言っているのか分かりにくいですが、タイムマシーンが存在すれば、それはどういう原理で可能かという話です。「時間の旋回」と言った事態は、もっとありふれた物理現象のなかで起こっているのかも知れません。後になって分かることがあります。
 
------------------------------------------------
 
  (以下、もう少し詳しく書いていましたが、上でもかなり文章を削除したのですが、わたしは、空想を書いているつもりはないので、省略して、簡単にします。詳細に書くと、空想・妄想だと思う人がいるからです)。
 
------------------------------------------------
 
  物理学のモデルは、人間の精神が「構想」しているものです。自殺の根拠付けの話に、世界を滅ぼしたいができないので、自分を滅ぼすというのがありますが、一人の人の死は、現実に「或る宇宙の消滅」である可能性があるのです。では、毎日大勢の人が死んでいるのに、世界は何故消えないのかというのは、この世界が、無数の人の精神の互いの「織り上げで」であるというのが、一つの説明になるでしょう。
  
  人の死によって、宇宙が消えているのですが、我々がそれに気づかないのだということです。
  
  最後に、「時間」は間違いなく存在していますし、物質よりも、存在次元が高いでしょう。物質やこの世界は、おそらく仮象でしょうが、時間は、仮象の彼方に永遠の実体を持っているでしょう。
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=193704
    • good
    • 0

できない派が多いので、今回はできる派に回ることにします。

(わら

まず、未来方向へはコールドスリープや相対論効果で進めることに異論はないと思います。
次に、素粒子のレベルでは極わずかな時間だけ遡ることができることは実験で確認済みです。(反粒子の等価的な意味で)
それを拡張して人間も時間を遡れてもいいじゃないかと考えるわけです。
ここでよくタイムパラドクスを用いて否定されることが多いのですが、それは世界が一つしかないと考えているからです。
量子論の解釈に多世界解釈というものがあります。もちろん多世界解釈を用いなくても解釈できますが、証明も反証もされていません。
つまり過去へ行って戻ってきたら全然違う世界なわけでパラドクスとはなり得ません。
そんなものが過去か?とか時間って何?っていうところに行き当たるのですが、結局のところ誰も分かっていません。
よってタイムマシンは有ってもよい(可能性はある)ことになります。

これで安心して夜も寝れなくなって下さい。
    • good
    • 0

夢のある話ですね。


結論はもう皆さんがおっしゃっていますが、やはり、無理でしょう。
ただ、宝くじと一緒で夢を持っていれば楽しいと思いますよ。もしかしたら、技術力が格段に進歩してできるかも、なーんてね。
もし、できたら・・・。暇なときにそんなことを考えるのも良いかと思います。
未来に行って、株・競馬の結果を見て稼ぎまくる。(←悪用)
過去に行って、自分に降りかかる悪いことを教えてやる。
など、もっと細かく考えれば想像力も鍛えられて良いかも。

タイムマシーンは悪用する人も多くでて、しかも過去をみんなが変えてしまったら、現在というものがめちゃくちゃになってしまうので、技術的なことは抜きにして、夢でとどめておくべきでしょう。やはり、良いことも悪いことも全て積み重ねて現在の自分があるわけですから。現在の自分がどうしようもなく嫌な人が執念というか怨念で作るかもしれませんね。

時間って言うのは、概念であって、形は無いですね。
但し、「今」と言った瞬間はもう過去になってしまうので、「今」というものは本当は存在しないかも。
    • good
    • 0

ちょっと前というかけっこう前かな?の新聞に、載ってました。

タイムマシンは不可能だって記事が。あらゆる角度から検討して不可能だって結論に至ったって。
でも、まじめに作ろうと思った人がいたんだってことに衝撃をうけました。絶対マンガの世界のできごとだと思ってたので。でも、パーマンのようにクローンがいる
のもマンがの中の出来事だと思ってたのに、作ろうと思えば作れる時代ですから、まだまだ可能性はゼロではない?!
でも、ムリでしょうね。夢を壊して申し訳ないけど、絶対ありえないでしょうね。
    • good
    • 0

ドラえもんと同じ藤子・F・不二雄の短編で「T・M(タイムマシン)は絶対に」というものがあります。


その漫画とは・・・
タイムマシンの前段階としてタイムカメラなるものを開発した主人公の友人が、自分が研究室にこもっている間の妻の姿を見ようとする。ところが妻は主人公と不倫関係にあり、それを見られた主人公が友人を殺害する。そして「知られたくない秘密は誰にでもある。それがあるうちはT・Mは絶対に実用化されない」といった台詞で締めくくられる・・・

ちょっとブラックな話ですが、結構現実味があるような気がします。
タイムマシンが出来たとしてら、たぶんそれを悪用しようという人が出てくるとともに、そんなもの使われて過去の秘密が暴かれたら困る人もたくさん出てくるでしょう。自分が手に入れて使うのならいいが、他人に使われるぐらいならいっそ・・・ というのもあるでしょう。

技術的な話とは全く別な理由でタイムマシンはできあがらない、という気がしてきます。
    • good
    • 0

「すごく気になってしまい、おちおち昼も寝れません。


好きです、こういうフレーズ。

不可能ではないかと、考えています。
「タイムマシン」が?
イエイエ、タイムマシンで目的の時代に行く事がです。

理由は、
地球は、太陽を中心(厳密に考えないでください)として、常時廻っています。
太陽は、銀河の端を常時、銀河の回転と共に廻っています。
銀河は、・・・・・。

つまり、地球は日々刻々と常に移動しており、一瞬たりとても留まっていません。
そして、その移動は壮大な宇宙の回転の中で、行われています。

こう考えると、たとえタイムマシンが実用化しても、タイムマシンが、その壮大な宇宙の回転の中の移動の軌道を正確に、演算しない限り、一日の時間転移でも、転移先には地球は存在しないことになってしまいます。

なんだか夢の無い結論になってしまいました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイムマシンについて

タイムマシンで過去、未来に………?(・・?)
本当の過ぎ去った過去、本当に、これから生きて行く未来に行く事は出来なくても、違った過去、未来に行く事は出来ますよね~~~~~?(・・?)
皆さんの解答をお願いします?(・・?)m(__)m

Aベストアンサー

ANo.5の回答に関する横スレです。

>同じ宇宙の中にいる限り、因果律は切れない。これは、物理学者全員が考えていることだと思いますよ。

物理学者全員が考えているわけではありません。
「因果律は、原理ではなく経験則」と考えている物理学者も少数ですが存在します。

Qタイムマシン(光速を超える)

小学生のとき、ない頭を使って考えた、稚拙な疑問です。

光速を超えると、過去に戻れると聞いて、どうやったら光速を超えられるか当時考えました。

(1)摩擦もない、宇宙空間で、無限に長いロケットを考えます。スペースシャトルが段階的にエンジンを切り離して加速していくように、無限に長いロケットを、無限回加速すれば、いずれ光速を超えられる?
(理由:静止している観測者から電車の中でボールを投げると、電車の速度とボールの速度を合わせた速度になる)
*ただし、宇宙の惑星とか、ブラックホールとかの重力や、引力は一切無視

(2)光速の半分の速度を出せるロケットが2つあったとする。
宇宙空間で、1つは正の方向、もう1つは負の方向(180度逆)に発射し、すれ違う時、相対速度は光速になるから、これも光速を超える?

理論的にこの方法で光速を超えることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

>小学生のとき、ない頭を使って考えた・・・

 ない頭を振り絞ったのは、あなただけではないですよ^^。しかし現実には皆さんの仰る通りなので、SFに走ってみますか?。

 ワープ航法は、現実に一般相対性理論のシュバルトシルト解が公表されてから、SFの世界にも登場したものなので、けっこう可能性はGoodかも知れませんよ?。実現するのは1000年先かも知れませんが・・・(かなり悲しい・・・)。

 物語の中ではダイレクトに、「理論無視」という手もあります。相対性理論も、非常に良く考えられた「仮説だった」、とする立場です。昨今のSFでは、ほとんど見られませんが、これだって「なきにしもあらず」です。
 一時「アインシュタインの再来」と言われた事もある(らしい)リー・スモーリンは、光速度も可変かも知れないと、本気で考えてるふしがあります。リー・スモーリンは日本では、すごくマイナーな理論物理学者ですが、自分の意見では、すごく地道な理論物理学者なので、大好きです。

 極めつけは「無慣性航法」です。質量には2種類あるのを、ご存知ですか?。一つは重力質量であり、もう一つは慣性質量です。重力質量とは、重力(万有引力)の発生源としての物体の質量です。慣性質量とは、力を物体に加えた時に、その力に抵抗する質量の事です。重い物体ほど動きにくいという経験事実を表すのが、慣性質量です。

 この2つは必ず一致するのか?、と問うた果てに、「一致する事を前提に」組み立てられた理論が、一般相対性理論なのです。これを「等価原理」と言います。アインシュタインって、普通に考えられてるより、ず~っとSFチックな発想の持ち主なんですよ。で、SFの側としては、「違ったら?」と試したいわけです。それが「無慣性航法」です。

 慣性質量を消去できる装置が、もしあったとしたら、宇宙空間には確かに摩擦もあるけれど、それは希薄なものだから、推進力が摩擦力に釣り合うまで、ニュートン力学に従い、0秒フラットで加速できるはずだと考えるわけです。それは希薄なものなので、最終速度は、光速を遥かに越えています。

 もしこんな事が出来たら、あなとの言うようにタイムマシンが出来て、皆さんの言うように因果律は崩れます。でもですね、もし人間がそんな装置を作れるなら、それは物理法則に則った装置ですから、自然は(宇宙は)、そのような超光速移動を(超光速通信を)許すような、物理機構を備えていた、という事にもなります。それによって、因果律は崩れないという証明だって出来るかもしれません。

 「過去は存在しないのか?」。過去に行った人なんて誰もいません。その限りでは、夢は見ましょうよ^^。個人的には、無慣性航行が実現されても、因果律は保護される事を望みます。

 だって因果律が崩れたら、「すごく面倒そうだから」・・・。そんな宇宙がいいなっ^^。

>小学生のとき、ない頭を使って考えた・・・

 ない頭を振り絞ったのは、あなただけではないですよ^^。しかし現実には皆さんの仰る通りなので、SFに走ってみますか?。

 ワープ航法は、現実に一般相対性理論のシュバルトシルト解が公表されてから、SFの世界にも登場したものなので、けっこう可能性はGoodかも知れませんよ?。実現するのは1000年先かも知れませんが・・・(かなり悲しい・・・)。

 物語の中ではダイレクトに、「理論無視」という手もあります。相対性理論も、非常に良く考えられた「仮説だ...続きを読む

Qなぜタイムマシンは開発不可能じゃないのか?

タイムマシンはなぜ開発不可能と発表されないのでしょうか?
ワープは先日のトリビアでも言われてた通り地球のエネルギーではなく宇宙そのものの歪みが必要なので不可能になったそうですがタイムマシンは原理的には可能だといわれてますが本当にそうでしょうか?
これは個人で調べたものですが金魚などを液体窒素などで凍らせるとその金魚は凍死するのではなく細胞そのものが凍り付いてしまうため金魚自体の時間が止まってるということになる、そして水に付けると溶けてその金魚の時間がまた動き出すというようなことですがこれは実際に実験したのではなく自ら調べたので実際に可能かどうかは分かりませんがアメリカなどでは体を凍らせてそして自分が指定した年に解凍してもらってその時代から生きるということも実際に行われているのですがこれはやり方は違っても根本的には同じになるというのもあるから不可能ではないのでしょうか?
皆さんの意見お待ちしております。

Aベストアンサー

タイムマシンは、遥かに進化した宇宙船といったところですかね。
「双子のパラドックス」「ウラシマ効果」
という話がわかりやすいです。
http://homepage1.nifty.com/tac-lab/intro.html

ちなみに、相対性理論に基づいての話です。

Qタイムマシンが理論上で可能な訳は?

ずっと以前に「相対性理論」を応用すれば理論上ではタイムマシン・タイムトラベルが可能だと解りやすい例で聞いたことがあります。

例え話で結構ですので、できれば具体的な設定や例で解りやすくタイムマシン・タイムトラベルが「相対性理論」を応用すれば可能だということ説明してもらえないでしょうか?

その時の話では、例えば2つの星の間を光速を超える乗り物で移動するという設定(例)の例え話で、2つの星の間を往復する間に時間のズレが生じて、結果的にタイムトラベルしたことになり、その乗り物こそがタイムマシンだというような話だったと記憶してます。
しかし、何故、ある程度の距離を超光速で移動すると理論上ではタイムトラベルできるのかという部分の記憶だけが欠落してますので宜しくお願いします。

ちなみに、その時に聞いた話の主題は『タイムマシン・タイムトラベル』ではなく、相対性理論を解りやすく説明するためにタイムマシン・タイムトラベルを例にした内容だったと記憶してます。

Aベストアンサー

No6です。

 未来へのタイムマシン自体は原理的にはできます。しかし、超光速は必要ありません。光速に近い速度での移動さえできればそれがタイムマシンになります。
 
 超光速でのタイムマシンは過去へのタイムトラベルを考えるときにでてきたと思います。ちゃんとした本によく出てくるタイムトラベルは未来へのタイムトラベルのはずです。

 それと、

>超光速で移動する物体を相対性理論で扱うことが間違い(=相対性理論では超光速の物体は存在しないと結論づけられている)

ではなく、『相対性理論』では『超光速の物質が存在しない』と《結論している》はわけではありません。『超光速の物質が存在しない』ことを『相対性理論』では《仮定》しているのです。『超光速で移動する物体を相対性理論で扱うことが間違い』とはそういう意味です。些細なことに思えるかもしれませんが実はかなり大事なものです。

Q僕の考えたタイムマシンの説明をします。

僕の考えたタイムマシンの説明をします。

分かりにくいところを解消したいので、分かりにくいところを教えて下さい。


私のタイムマシンは回転により、時空を移動するUFOの様なタイムマシンです。
高回転すると周りの粒子が無くなり、現在の空間から消え、全くの無を移動し、過去へ現われると推測してます。ですから瞬間移動もできます。

移動には宇宙の膨張を利用します。

イメージを記号で表すとP^N^Fが今の状態で時間移動するとP”^P’+N’^N”+F’^F”のP’+N’がタイムマシンの位置です。

元に戻るとP”^P’+N’+N”+F’^F”となり、P=0、F=0なので質量保存の法則には問題ないと思います。

どうでしょうか?

Aベストアンサー

>貴女方も、それほど力説するほど時間や空間すら説明できていませんよね

では逆に、光より速く移動すればタイムスリップできるという原理をあなたはよく理解していますか?
高速回転する物体というのは、その回転速度が光速を上回ったとしても、物体としては固定された座標に存在しているため、一般的な光に関する理論ではタイムスリップには至りません。
そもそもこの場合、回転軸の遠心側は良いとして、中心側の回転速度はどのように扱われるのでしょうか?

ちなみに、瞬間移動と仰いますが、光速で物体を回転させられるのであれば、単純に光速での移動も可能であるはずなので、地球上の範囲であればあえて時間軸を移動する必要性もないと思われます。
これが宇宙空間に於ける「ワープ」を指すのなら話は別ですが、座標を指定できないのであれば、結局意味はないですね。

私は証拠を持っている、と仰いますが、この分野の理論というのは科学を超越した科学であり、したがってそれを証明するためには理論的に可能というよりも、具体的事実や実験結果が示されなければなりません。
そういった面で言えば、「光速で回転すること」が前提なこの理論は、現時点では証明不可能な空論ということになります。

時間や空間に於ける知識などというものは、たとえ計算式上では定義され得ても、実際にその通りであるかということが実験や事象を以て全て証明されているわけではありません。したがって、現在一般に言われるような理論や計算式そのもののほうに間違いがあったとしてもまた然りです。

あなたが発明家になりたいのか物理学者になりたいのかわかりませんが・・・
発明家になりたいというのなら、物理的可能範囲の認識と、その発明の必要性と実用性に於いて
物理学者になりたいというのなら、論理的探求と整合性の追求に於いて
欠如していると思われます。

異論があるのなら、早急にその原理のひな形を作成し、然るべき機関に持ち込んでください。
私がなんと言おうと、あなたがどう思おうと、そこで得られる反応こそ真摯に事実と受け止めるべきことでしょうから。

「分かりにくいところを解消したいので、分かりにくいところを教えて下さい。」
と自らお願いしておきながら
「ちゃんとバカでも分かるようにしてください。」
とは何事でしょうか。あなたが人にわかりやすく説明しなければならない立場で、そのための意見を請い願ったのではないのですか?

恐らく同じように不快に感じられた方もいるだろうと思い、勝手ながら代弁させていただきました。
荒らしではありませんので、私からのこれ以上の返答は控えさせていただきます。あしからず。

>貴女方も、それほど力説するほど時間や空間すら説明できていませんよね

では逆に、光より速く移動すればタイムスリップできるという原理をあなたはよく理解していますか?
高速回転する物体というのは、その回転速度が光速を上回ったとしても、物体としては固定された座標に存在しているため、一般的な光に関する理論ではタイムスリップには至りません。
そもそもこの場合、回転軸の遠心側は良いとして、中心側の回転速度はどのように扱われるのでしょうか?

ちなみに、瞬間移動と仰いますが、光速で物体を回転...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報