脅迫とは、相手を威嚇して、命にも及ぶような迫害を宣戦布告することだと思っていたんですが、ある方が、私達の言動に対して、「それは、脅しだ」とか、「名誉毀損だ」と申されました。
 では、何が、脅迫なのか、名誉毀損なのか、明白にして戴きたいと思います。
 私達は、毒を飲もうとしている人に、危険を知らせ、「飲むな」と云い、「飲んだら大変なことになりますよ」と、注意を促しているだけであります。
 ある人が、崖の方へ歩いて行くのを見て、「その先は崖で危険ですから、行くのは止めろ」と言うのは、当然のことであり、果たして脅迫なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

刑法222条によれば脅迫とは、


「(本人もしくはその親族の)生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知」すること
とされています。
したがって「命に及ぶような迫害」以外でも、財産や社会的地位などへの害を布告する場合も脅迫罪に問われます。
ご質問で挙げられている2例については、字義通りに解釈すればどちらも脅迫罪には該当しません。
ただし、何らかの事例を比喩的に表現されているのでしたら、必ずしもその限りではありません。
(脅迫に当たるのは、害を加えるのが告知した当事者もしくはその共謀者である場合に限られることに留意ください)

この回答への補足

 このサイト内でのことで、私の回答内容から、質問者がそのように判断され、実際に記述されました。
 名誉毀損、脅迫だとね。
 そんなことは無いと思っているのです。

補足日時:2002/01/30 13:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有り難う御座いました。
 これは、事実であり、脅迫でないことは明白であります。それなのに、相手方は、脅迫であると言われていたのであります。

お礼日時:2002/01/30 12:55

 脅迫とは、すでにいろいろな人が書かれているように「恐怖心を起こさせる目的で、害悪を告知すること」をいいます。


 あなたの質問の場合、害悪があなたによりもたらせることがないようです。害悪が成立するためには、直接または間接に行為者によって左右されるものとして告知されることを要することとの関係が問題だと思います。
 害悪とは、区別されるものに「警告」があります。「警告」とは、行為者の支配の範囲外にある害悪を告知することとされています。天変地異などを説く場合も、それがあなたの支配力にある旨を相手方に関知させる方法で行われれば脅迫になります。しかし、あなたの支配力が及ばないことに対してであれば、単なる「警告」にあたり「脅迫」では、ありません。毒を飲もうとしていたり、危険な崖の方に歩いてく人に対して、そんなことをすれば害悪が及ぶとするのは、あなたの支配力にないと考えられます。ですから、「脅迫」にならないと思います。
 名誉毀損については、個人が社会的に得ている名誉を害するような事実を具体的に摘示して、名誉を害する行為を言います。また、この名誉を毀損する行為は、不特定または多数の人に告げるのが名誉毀損罪の成立要件です。相手一人に対して、言った程度では、名誉毀損罪にはなりません。
 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有り難う御座いました。
 すごく当然な内容であります。
 ただ、「支配力」は関係ないと存じます。

お礼日時:2002/01/30 13:06

 事実関係が欠落しているためでしょうか、少し回答しにくいと思うのですが、”脅迫”をどのような観点から定義付けるかによるでしょう。

法律的な観点から判断すれば、脅迫とは他人に害悪を加える旨を告知して畏縮させることです。害悪の告知とは、本人またはその親族の、生命、身体、自由、名誉又は財産(制限的列挙)に対して加害する意図を告知することです。

 どのような言動が脅迫と呼べるかは事例によりますが、たとえば、ご質問にあります、”毒を飲もうとしている人に、危険を知らせ、「飲むな」と云い、「飲んだら大変なことになりますよ」と、注意を促している”についてですが、このようなケースにおいて、注意をされた者が「大変なことになりますよ」という発言の意味を、飲めば自己に加害するという趣旨に捉えた場合等は脅迫となるでしょう。単に本人を案じての発言であれば、当然ですが脅迫とはなりません。また、”ある人が、崖の方へ歩いて行くのを見て、「その先は崖で危険ですから、行くのは止めろ」と言う”ことは、これだけでは脅迫とはなりませんが、「行くのは止めろ、さもないとひどい目に遭わせてやる」等と言えば脅迫となります。

 ただ、上記の解釈は法律的な、至極厳格な解釈です。一般的に”脅し”を考えるならば、本人が強く望んでいるにもかかわらず、それを止めさせるべく諫言を繰り返した場合等は、”脅し”と取られても致し方ないかと思います。本人の危険に際して注意したり止めさせたりすることは、状況によっては当然のことかもしれませんが、状況によっては不当な干渉かもしれません。何が”脅迫”に当たるかは、観点により、状況により様々に変わり得ます。詳細な具体的状況をもとに判断すべきことではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 有り難う御座いました。

お礼日時:2002/01/30 13:04

こんばんは。


う~ん、いかにも一方的なので、
正確な状況判断は出来ませんが、
読む限り、タバコやお酒などがあてはまりそうですね。
そう仮定して話をすすめます。
確かに文章の限りでは「忠告」と取れますが、
周囲の状況から固め、
相手に非があると言わんばかりの空気を作ったのだとすれば、
これは「脅迫」という気持ちも分かります。
取り敢えず現段階で合法とされるものを摂取しようとしてる人に、
是か非かを一方的に決め付けて「飲むな」と命令し、
さもそれが当然であるかのように振舞われれば、
誰だって不快感を覚えるでしょう。
さらに個人の自由であるはずの部分を、
無理やり対等に議論し始め、行動を制限しようとし、
反論の余地をなくせば、これは脅迫に近いでしょう。
だって本来その判断は個人のもので、
他人はアドバイスは出来ても、決断を迫ることは出来ないからです。
僕は法律家ではないので、
実際裁判にかけたとき、どちらが優勢か不明です。
どこを主張するかにもよりますし、
周囲への迷惑を持ち出せば、あなたが勝つでしょうし。
でも、言われた方の不快感は良く分かります。
何にしても、相手を怒らせてしまう、ということは、
あなたに敵意があるとみなされたわけですよね。
本当に止めさせたいのであれば、
相手の気持ちや、理由、言い分を対等に話せるポジションまで
自分を持っていかなければ言葉は届きません。
説得者としては失敗ですね。
(何だか「交渉人」を思い出しますが。)
僕の仮定が見当はずれなら無視してください。
失礼しました。
僕が言いたかったのは、「言葉」は使う人や状況によって、
いくらでも「脅迫」になり得る相対的なものだ、
という事です。

ピース
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有り難う御座いました。
 脅迫で無いのに、脅迫だと受け止められるエゴを感じ取らさせて戴きました。

お礼日時:2002/01/30 12:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不法請求されたうえに脅迫・・・名誉毀損されそうです

はじめまして。
法律のカテにしようか迷ったのですが、日本人の不快な習慣?というか風習に関係するので、社会問題で質問させてください。

弟(23)が完全に彼の過失で人を轢き殺した(自動車で)のですが、その被害者の遺族が私のところに来て彼の損害賠償を払ってくれと言ったんですよ。
私個人としては全く連坐(漢字あってる?)的な責任は嫌悪しているので、息子でない限りは自分が悪いとも謝罪したいとも思わず、まして金銭的要求は断固拒否すべきと思い、そうしました。

その遺族らは、弟に請求しても払えるわけないので、立て替えてくれと言ってきたのですが、結局同じことなので拒否しました。

弟は(おそらく)反省しておらず、賠償判決が出ても逃亡するか開き直って払わないに十万ペリカ賭けてもよいくらいの人間です。

私は自分で言うのもなんですが、少しばかり成功しているので、請求者もそれを狙っていることは確かです。

それで、絶対に払いませんという回答をしたら、弟のことを私の周囲に公表すると言ってきました。

あまりにしつこいので、警察に相談したいのですが、

ⅰこれは不法請求ですよね?
ⅱ相手の行為は脅迫になりますか?
ⅲこのサイトでも見かけるのですが、親族の犯罪に対して『謝罪したい』とか、親族の犯罪について相談した方に向かって『謝罪する気持ちはないのか?』と言う人々がいるようですが、私としては理解に苦しみます。
あるナチス戦犯の息子さんが「自分がやっていないことに罪悪感を感じることは不可能だ」と言われましたが、私の考えもこれと同じです。
親族の責任を問う人は、北朝鮮がお似合いだと思います。連坐で処刑してくださるから(笑
この問題についての意見を聞かせてください。

なお、ⅰ.ⅱは法律的見地からお答えいただければありがたいです。

はじめまして。
法律のカテにしようか迷ったのですが、日本人の不快な習慣?というか風習に関係するので、社会問題で質問させてください。

弟(23)が完全に彼の過失で人を轢き殺した(自動車で)のですが、その被害者の遺族が私のところに来て彼の損害賠償を払ってくれと言ったんですよ。
私個人としては全く連坐(漢字あってる?)的な責任は嫌悪しているので、息子でない限りは自分が悪いとも謝罪したいとも思わず、まして金銭的要求は断固拒否すべきと思い、そうしました。

その遺族らは、弟に請求...続きを読む

Aベストアンサー

これは、相手遺族が実際に公表した場合、名誉毀損に当たります(内容によります、後述)
で、今こんな感じで脅してるのも脅迫罪にあたります。
警察と、弁護士に相談してください。
後、公表の件ですが、相手遺族が貴方の弟の名前だけを出していったのであれば貴方は名誉毀損で訴えられる権利はありません。
弟も常識的には出来ないはずです。
もし相手遺族が貴方の名前も出して公表した場合貴方は相手遺族を訴えられます。
ちなみに僕が小学校に通ってたころ、同じ学校に通ってたチビに「○○兄ちゃん痴漢した~♪」とからかわれて、先生に言ったのですが主張が認められずにずっとからかわれて殴り飛ばしました。
その後そっちの親は反省の態度が無くしばらく協議してたのですが、そのチビは退学し(私立なので)どっかの学校に転校しました。
たぶん訴えられるのを恐れた上での行為でしたでしょう・・・。

Q名誉毀損における慰謝料の相場

たびたびすみません。名誉毀損で裁判所で判決の出た相手に内容証明を送る場合、慰謝料の相場はどのくらいですか? 無料相談の弁護士は500万(裁判を想定して)
、他の相談では2千万までと多彩です。
名誉毀損の慰謝料はこっちが思うように設定したらいいそうですが、他の交通事故などとは勝手が違うために良くわかりません。
最終的には示談にしたいんですが、その際は請求金額の半分くらいになるとも聞いています。
いったい、どれくらい請求すればいいのでしょうか?
ちなみに事件としては私の住所や電話番号をアダルトサイト数十件に記載されました。
この場合、1件につきいくらの請求が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

この間回答させてもらった者です。
今回はお役に立てるアドバイスはできません。すみません。

ここでなかなか回答が来ないようなら、弁護士さんとの打ち合わせで決められた方が良いのではと思いましたが。
ネットを使った新手の名誉毀損なので回答者の方もなかなか知らないかもしれませんしね。

でも知っている人もいるかもしれませんから、もう少し待ってみましょう。
名誉回復される事を願っています。

Q名誉毀損?

藤井治芳氏は、訴訟提起を検討中だそうですが。
石原伸晃氏や安倍晋三氏は、藤井治芳氏に対して、名誉毀損になる発言をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

名誉棄損の規定には続きが。

(公共の利害に関する場合の特例)
第二百三十条の二  前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。
2  前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。
3  前条第一項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

Q名誉毀損ですか?

初めて質問しますが、幼稚ですみません。
先日会社であった事なのですが、上司は私が2000円のネコババをしたと東京の本社に(うちは大阪なので)言い倒したそうです。もちろんそれは伝票のミスであってこんな事言ってはなんですが2000円なんて・・・もちろん200万円でもしませんが。
ただ、本人に問わず多くの人に言い広めて(私は本人からの経緯も謝罪も聞いていませんが)何にも咎められると言う事は無いのでしょうか?それともこれが名誉毀損というものですか?
お暇な時で構いませんので教えて下さい。

Aベストアンサー

 2回目の回答をさせていただきます。

 上司はその人ひとりという事であれば、会社内での解決は難しそうです(あなたのおっしゃる通り、リストラ手段としてのいやがらせとも考えられます)。なお、不合理な退職を勧められても、これを簡単に承諾しない方がいいと思います(今回の名誉毀損に加え、解雇無効についても争わなくてはいけなくなります)。

 会社内での解決がむつかしいとしても、法的手段を取る前に相談するべき機関として、労働組合(これは会社内と言えるかもしれません)・各都道府県の労働局・労働基準監督署があります。ここに相談してみてはどうでしょうか。

 また、前の回答でも書かせていただきましたか、相手の態様があまりにもひどい場合、法的手段に出ることも考えなくてはなりません。余裕があればその時のための証拠を収集しておくといいと思います。

 もしT-mealさんが、もうこのような上司と付き合うのは疲れたとお考えであれば、自ら退職してしまうのも手です。消極的な手段ですが、これ以上傷つけられるよりいいかもしれません。しかし、やはりまずは先ほど書かせていただいたような機関へ行き、相談してみることが先決だと思います。がんばって下さい。

 2回目の回答をさせていただきます。

 上司はその人ひとりという事であれば、会社内での解決は難しそうです(あなたのおっしゃる通り、リストラ手段としてのいやがらせとも考えられます)。なお、不合理な退職を勧められても、これを簡単に承諾しない方がいいと思います(今回の名誉毀損に加え、解雇無効についても争わなくてはいけなくなります)。

 会社内での解決がむつかしいとしても、法的手段を取る前に相談するべき機関として、労働組合(これは会社内と言えるかもしれません)・各都道府県の労...続きを読む

Qユダヤ人の迫害について

第2次世界大戦でなぜドイツはユダヤ人を迫害したのでしょうか?

Aベストアンサー

ユダヤ人を主に迫害しているのはキリスト教徒ですが、それはイエス・キリストを十字架にかけるようにユダヤ人たちが望んだからです。そもそも、そのイエス様じたいがユダヤ人のはずですが、イエス様は「神様の子」なのでユダヤ人ではない、という解釈のようです。

ユダヤ人はある特徴がありまして、それは「他人にどう思われようと独自の信仰を絶対捨てない」ところです(厳密にはユダヤ教徒がユダヤ人でありヘブライ人とことを指すわけではないのですが)。ユダヤ教は律法(その宗教の決まりごと)がマニアックなまでに厳しく、例えば乳製品と肉を一緒に食べてはいけないからチーズバーガーはダメとか、安息日はなにがあっても働いちゃダメとかです(もし安息日に急病人が出たら?働いちゃいけないのでユダヤ人のお医者さんは何もしません。だって、働いちゃダメだって決まりですから)。
アキバ系もそうですが、極端なマニアは嫌われます。この律法マニア集団もそのマニアックさ加減が嫌われているところがあります。
ここらへんは在日朝鮮人の人たちも似ているところがあって、彼らは決して日本人に融合しようとせず、自分たちの文化アイデンティティをかたくなに守ろうとします。それがこっち側とすれば「こっちに住んで長くなるのにこっちの習慣に馴染もうとしない」と感じるのです。

中世のキリスト教は、基本的に「商売は穢れてるので禁止」でした。中でも、形のないものを商売とする金融、銀行業は禁じられました。しかし、ないと困るのでそれはキリスト教徒ではないユダヤ教徒にやらせました。ユダヤ教徒たちは軽蔑されながら商売に精を出して金持ちになりましたが、しばしば裁判で理不尽な判決を受けたりしました。突然財産が没収されたり、貸した金を返してもらえなくても裁判が取り合ってくれなかったりしたのです。このあたりのユダヤ人の心境はシェイクスピアの「ベニスの商人」がよく描かれています。

ユダヤ人を主に迫害しているのはキリスト教徒ですが、それはイエス・キリストを十字架にかけるようにユダヤ人たちが望んだからです。そもそも、そのイエス様じたいがユダヤ人のはずですが、イエス様は「神様の子」なのでユダヤ人ではない、という解釈のようです。

ユダヤ人はある特徴がありまして、それは「他人にどう思われようと独自の信仰を絶対捨てない」ところです(厳密にはユダヤ教徒がユダヤ人でありヘブライ人とことを指すわけではないのですが)。ユダヤ教は律法(その宗教の決まりごと)がマニアッ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報