最近、リリアン・J・ブラウンのシャム猫ココシリーズにはまりました。
読み進めて行くうちに、ココの本名が「カウ・コウ=クン」という名前で、13世紀の中国の画家だ、という記述があったんですけど、この画家は本当に実在した人物なのでしょうか?
もし、この画家が実在の人物なのであれば、詳しい資料などご存じないですか?
どういう字を書くのか、どういう絵を描いていたのかなど、知りたいのです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは、私もココシリーズのファンです。

今日、「猫は鳥と歌う」を読み終えました。
父が絵が好きで(本人も自称画家)、たくさん残した分厚い美術書のなかに、当の
Kao K'o-kung(1248-1310)の絵を見つけました。洋書なのでよくわからないのですが(父は英語の教師だったので)、ちょっとだけコメントしてありました。絵のタイトルは "Green Hills and White Clouds"です。
外国のサイトならけっこう見つかると思います。
ちなみに、彼の絵が載っていた本は、SKIRAのCHINESE PAINTINGという本です。
こちらにも、彼のことが載っていました。
http://www.npm.gov.tw/english/exhbition/eage1010 …

だから、KOKOなんですね、COCOではなく。
そうそう、うちの猫も、鳥を見て、鳥のように歌いますよ。リリアン・ブラウンは猫の習性を熟知していろいろ書いているので、とっても面白いですね。

参考URL:http://www.npm.gov.tw/english/exhbition/eage1010 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういうつづりなんですね~。
中国語だから、「K」っていうのはわかってたんですけど、表記はどうなるのかなぁ、と。
日本で出ているココシリーズって、順番バラバラなんですね。
ネットでその事を知って、今元の順番に並べ替えて読んでいます。
まだ三冊目なので、「鳥と歌う」までの道のりは長い~。(笑)

> リリアン・ブラウンは猫の習性を熟知していろいろ書いているので、とっても面白いですね。
描写がすごく的を射てますよね。
うちもネコを飼っているので、「やるやる、こういう仕草~」って楽しみながら読んでいます。(^-^)

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/04 16:32

私も大好きなシリーズです.


シリーズの13冊目「猫は留守番をする」はもう読まれましたか?
そのあとがきで,ファンの調査と推理によると「高克恭」ではないかと書かれています.
高克恭(1248年~1310年)は元代の文人画家だそうです.

6月に新作と,ハンドブックが出るそうなので,楽しみですね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございました。
調べてみたところ、その名前でいくつかの資料を見つけられました。
実は、まだ読み始めたばかりで3冊目なんです。
これからがしがし読み進める予定。(笑)
6月のハンドブックは、本当に楽しみですね。(^-^)

お礼日時:2002/01/31 12:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q椎名誠さんは本名??

作家の椎名誠さんは、本名なのですか?
弟さんは、「椎名寛」さんと名前が出て来ます。
でも、奥さんや娘さんは、「渡辺」という名字で本を書かれています。
御夫婦なら、名字は同じですよね。
本を読んでて、名前が出てくれば出てくるほど、不思議に思います。
どなたか御存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

本名は、渡辺誠というそうです。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~aab87530/novels/js/shiina.html

Qハリー・ポッターの登場人物シリウス・ブラックについて

昨日やっと徹夜して第4巻の上下読み終わりました。やっぱシリウス・ブラックはかっこいいな~と思いました!そこでふと今までの1~3も少し目を通しました、もちろん1~3巻は買ったときちゃんと読みました。そこで第3巻のアズカバンの囚人についてきたふくろう通信VOl3で登場人物など紹介が載っているところで、シリウス・ブラックのとこで「実はこの人物、第一巻に登場済み。」と書いてありますが私はは全然覚えていません。一巻読んだの4年前だし・・・そこでパラパラと探したのですが見つかりません。
シリウス・ブラックは1巻のどこに登場したのでしょう?

Aベストアンサー

子供に聞いたらすぐわかりました。
日本語版26ページ
ハグリッドがバイクを借りた相手です。

Q源氏物語で好きな登場人物は誰ですか?

源氏物語(あさきゆめみし)で好きな登場人物は誰ですか?
もし、よかったら男女共にお答え下さると嬉しいです。
宜しくお願いします。

ちなみに質問者は…。
(男性)頭の中将(男らしくてかっこいい。)
桐壺帝(ナイスミドル(笑))
朱雀院(気弱な所が痛々しく気の毒で…。優しい性格なのに。)

(女性)紫の上(全てが完璧。)
朧月夜(華やかで自由奔放な部分に強く惹かれる。)
花散里(心が綺麗な性格美人。)
六条の御息所(物の怪にならなければ、才色兼備。)
葵の上(好きな相手に素直になれない性格に共感。(笑))
夕顔(はかなげ…。)以上です。

Aベストアンサー

私も「あさきゆめみし」の影響が大きいのですが・・・

男性:夕霧
真面目で不器用なところに好感を持ちます。
ニの宮に恋心を抱きながらも、どうも上手く行かなくて・・・というあたり、なんでも自分の思うままに手に入れていた光源氏とあまりにも対照的で微笑ましかったです。

光源氏にしてやられてばかりなのにどこまでも人が好い朱雀帝も結構好きですね。

女性:雲居の雁
少女の頃の健気ではかない印象から一転、夕霧と結婚してから、所帯じみて現実的になってしまったところがなんとも・・・好きです(笑)
夕霧の浮気に怒って実家に帰ってしまうあたりとかも、耐え忍ぶ女性が多い中で好感度大でした。
「あさきゆめみし」では、気が強いけれどとてもかわいいキャラクターになっていて、とても嬉しいですね。大好きです。

芯が強い女性という点では、朧月夜や玉鬘も好きですね。光源氏を振った人には好感度大かもしれません(笑)

Q高村薫さん作品の登場人物ゴウダとは…

小耳に挟んだというか盗み聞きしてしまった話に興味が湧きまして…

先日とあるコーヒーショップにて、近くに座っていた女性たちが、
『タカムラ作品の登場人物で誰が一番素敵か?』
『ゴウダが一番だ!』みたいな会話をして凄く盛り上がっていました。
とにかく、えらい盛り上がりようでした。
話の内容からなんとなくなんですが、本の話をしていることはわかり、そんなに素敵な登場人物なのかと興味が湧き、
ネットで検索までしてしまいました。
その結果、おそらく高村薫さん作品に出てくる合田雄一郎という人物
について話してたのではとの結論に至りました。

そんなに素敵なキャラクターなんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

合田さんはステキですが、いわゆる「いい男」と言うのとはちょっと違います。
ハンサムで仕事が出来てお金持ちで女性に優しい、スマートな人生を送ってる男性ではありません(仕事は出来ますが)。
強いて一言で表すと「陰のある男」でしょうか(あまりにもありきたりの表現で恥ずかしー!)。

以前、高村さんがインタビューで、言葉はうろ覚えですが「私は性根の卑しい人物を書いたことはありません」というようなことを言われていました。
実にその通りで、悪役でも信念を持った芯のしっかりしたキャラクターが多いと思います。

私は合田さんの出てくるシリーズでは義兄の加納祐介さんが好きです。
ほとんど登場しませんが(苦笑
全体で言えば島田さん(「神の火」)、李歐(「わが手に拳銃を」「李歐」)が好きです^^
特に李歐は鮮やかな印象の魅力を持ったキャラクターですよ。

えっと、結論を申しますと、「高村作品にステキなキャラクターはたくさんいるので、是非読んでみてください!」ということで^^

Qシャーロック・ホームズの登場人物・ワトソン夫人の死について

子供の頃読んだシャーロック・ホームズのシリーズを読み返しているのですが、「空き家の冒険」に、ワトソン夫人が亡くなった事が書いてあります。
最初から順番に読んでいないので、どこで亡くなっているのか分かりません。
これは物語の中に出てくるのでしょうか。
出てくるとしたら、どの話に書いてありますか?
詳しい方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

手元に訳本を持っていないので、ネットで得られる情報からですが。
「空き家の冒険」で触れている以外には、どの話でも触れられていないようです。
「最後の事件」と「空き家の冒険」の間の期間だったのでしょう。

wikipedia日本語版では、
「『空き家の冒険』の後でホームズとの共同生活に戻っている。理由として、メアリーとの離婚、あるいは死別等諸説があるが、ワトスン本人が「悲しい別離」と語っていることから、死別であったとする説が一般的である。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BBH%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%B3
としています。
上記の「悲しい別離」は、原文では "[my own] sad bereavement"(bereavement は英和辞典によると「死別」)ですが、「誰との」死別なのか書かれておらず、必ずしも夫人の死去を表したのかどうかははっきりしませんが、
夫人のことだったとすれば、前後の文脈から、ワトソンはホームズに夫人の死去を知らせていなかったことになるので、夫人の死去は「最後の事件」以降(ホームズは死んだとワトソンが思っていた期間)と考えられます。

参考
・The Adventure of the Empty House の原文(wikisource英語版)
http://en.wikisource.org/wiki/The_Adventure_of_the_Empty_House
・三上於莵吉訳「空家の冒険」(青空文庫。1929(昭和4)年発行の書籍より。この訳では「私が彼の喪失に対して、ひどく悲歎していたこと」と訳されており、夫人ではなくホームズとの死別について述べたと解釈している模様)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000009/files/43522_16919.html
・wikipedia英語版 John Watson (Sherlock Holmes)
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Watson_(Sherlock_Holmes)

手元に訳本を持っていないので、ネットで得られる情報からですが。
「空き家の冒険」で触れている以外には、どの話でも触れられていないようです。
「最後の事件」と「空き家の冒険」の間の期間だったのでしょう。

wikipedia日本語版では、
「『空き家の冒険』の後でホームズとの共同生活に戻っている。理由として、メアリーとの離婚、あるいは死別等諸説があるが、ワトスン本人が「悲しい別離」と語っていることから、死別であったとする説が一般的である。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報