来年4月から施工される(?)個人民事再生法ってどういうものですか?
具体的にご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

A 回答 (1件)

大きく分けて、3つの特則があり、


1.小規模の個人再生
これは、反復収入のある人で、住宅ローンなどを除いて、無担保債務が3000万円を超えない場合、原則3年、最長5年までの返済計画を策定して裁判所に提出する。
裁判所は、個人再生委員を任命し、債権調査をして、債権者の半数以上が反対しなければ、返済計画を認可する。
4分の3以上返済して、更に申立ある場合、免責決定することも出来る。
更に、
2.上記のうち、収入が安定的な給与所得者の場合
債権者の同意不要。
収入から最低限の生活費を除いた可処分所得の2年分以上の金額を原則3年で返済する。その場合、債権総額の20%か、100万円のうち多い方の金額を返済すれば良い。
3.住宅資金の場合
弁済期間を最大10年間、かつ最終弁済期に債務者が70歳を超えない範囲で延長できる。

というものです。
簡単にいえば、サラリーマンの場合であれば、住宅ローン以外は、収入から最低限の生活費を除いた金額の2年分を3年で返済、それが、借入金の20%または100万円となれば良い。
住宅ローンも大幅に返済期間の延長が出来て、折角の持ち家を手放さなくても良いようにしていく。
ということになるようです。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/bar_net/saisei2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただきましてありがとうございました。
ホームページも見て勉強します!

お礼日時:2000/12/21 17:43

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ