最新閲覧日:

発電所で用いられる蒸気の、タービン入口温度・圧力とタービン出口温度・圧力を、火力発電所、原子力発電所それぞれについて教えてください。また冷却水の温度についても教えてください。各発電所によってその値は違うと思うので、平均的な数値を教えていただけるとうれしいです。

A 回答 (1件)

記憶から呼び戻しながら。




【原子力】
       タービン入口温度   同圧力
 加圧水型   270度前後  55~60kg/cm2G
 沸騰水型   280度前後  65~70kg/cm2G


【火力発電所】
        タービン入口温度  同圧力
 ドラム型(※1) 540度   169kg/cm2G
 沸騰水型(※2) 566度   250kg/cm2G前後


 ※1:要するに蒸気の臨界点以下
 ※2:超臨界圧の場合の温度。
    超々臨海圧なら600度弱、280kg/cm2G
    などの例もあり。


低圧タービン排気(復水器入口)の温度・圧力は復水器
に支配されますから、発電の形式には依存しません。
一般的に真空度720mmHg程度(大気圧760mmHGに比較して
-720mmHg)、温度は25度前後ですな。


正確なところは、近くの電力会社に理由と氏名を告げて
尋ねたら教えてくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただいてありがとうございました。
大学の卒業論文の参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/02/04 20:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ