石油ファンヒーターをつかっています。まだ、2年目なんですけど。
つけるとすぐに「換気」をうながす警告がでて、消えてしまいます。
後ろの空気孔のゴミもとり、中のファンのほこりもとって、
ずいぶんきれいにしたのに治りません。
もちろん、換気も十分してから、つけていますが、すぐ鳴り出してしまいます。
説明書を紛失してしまって・・・今は昔のダルマストーブでしのいでいます。
こういう経験なさった方、よい対処法をご存知の方がいらしたら、
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

結論から先に書きますが、着けるとすぐ換気警告が出るときは故障です。


個人での処置は無理かと考えます。

換気警告は、使用者の安全及び機器異常時の停止動作です。

原因は下記のようになります。
 1.空気と燃料の混合が不完全な時。
 2.燃焼異常を検出するフレームロッドが正常に働いていない時。
 3.制御基板の異常。

点火してすぐの炎を見て下さい。
きれいな青いほのおですか?
黄色や青い炎が浮いているようであれば、上記1。
炎が正常であれば上記2.又は3が考えられます。

簡単ですが参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
炎はきれいな炎ではありません。ちょっと苦しそうな炎ですね、確かに・・・
やはり、修理しかありませんね。

お礼日時:2002/02/06 15:02

私も同じ経験をしました。

いらいらしますよね(笑)私の場合は付けてしばらく(5分もしないくらい)で「換気!」と言い出してました(--;)今も同じ物を使っています。私の対応策としては、とりあえずクリーニングなどをしてみましたが、よくはなりませんでした。今の所あまり設定温度を上げない事で使えています。急速に温度を上げると今も「換気!」となります。私の石油ファンヒーターは少しずつ温度をあげる(室内15度→設定温度16度など一度くらいずつ)という事で「換気!」はあまりでなくなりました。一度試してみてください♪それから、私のはLo(最低設定温度)にしておくと換気現象は起きませんでした(^^)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。そーです。その通りの状態です。
お仲間がいて、うれしいです~。
修理と言っても、お金もかかるし、すぐには無理なので、ご伝授の方法、ためしてみます。燃費がよければ、ダルマストーブもよいのだけど・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 15:04

貴方様所有ファンヒータは購入して間もない為修理に出されては如何でしょう。

自分で修理されるのであれば参考までにどうぞ。

取り合えず電子制御基盤が正常な場合についてのみアドバイスさせて頂きます。一般に掃除機や刷けだけでは十分に奇麗にすることは出来ません。分解掃除が必要です。

電磁ポンプの分解方法。電磁ポンプから気化室への銅製パイプを外し、コネクター2本を外し、ビス2本を外します。ポンプを本体から取り出し下側に付いているフィルターを引き抜きフィルターとポンプ側を石油に付けながら掃除してください。その時に同製パイプの詰まりも確認してください。

燃焼室の分解方法。燃焼室の上の鉄板を外します(センサーとアース線が付いている)。ビスを外し燃焼筒を外しますと4ミリくらいのナットが3つ付いていますそれを外し中身をすべて取り出します。内部を見て汚れがひどい場合は歯ブラシなどでこすり石油の付いた布で拭いてください。そのときに点火線の先をサンドペーパーの目の細かいもの又は歯磨き粉などで軽く磨いてください。それから近くにある炎検出部分(Uの字形)も同様に磨いてください。
磨いた後は石油を湿らせた布で良く拭き取ります。碍子部分も布で拭き取ります。

燃焼用空気取り入れ口の分解。この部分の分解は出来ない物が多いようです。外部フィルターの掃除及びセンサーを取り外して拭く程度。

分解する場合には、取り外した順番にパーツ及びビスを並べて置きましょう。またブロワー(ブロア)が有ると掃除が楽です。掃除機で出来ない部分も奇麗に出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますー。
あー、掃除ってそこまでやってこそ掃除なのですね・・・でも、ちょっと自信がありません。興味はとってもあるのですが。
細かく書いてくださってありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 15:00

いちおう「経験者」ですが、「自信なし」です…、(´~`ヾ)



我が家の石油ファンヒーターも去年同じようになりました、
原因は…、分解掃除をしたときに、ファンの軸に「CR-C556」潤滑スプレーを吹きかけた為でした。

潤滑剤の成分が、バーナーにこびりつき(微量ですが)不完全燃焼を起こしていたみたいです、
部品の交換だけで済みましたが¥4000円かかりました、
古い灯油を使用しても、同じような現象が起こるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
古い灯油・・・昨年の残りを確かに最初はつかったのですが。それもいけなかったのかもしれません・・・\4000は覚悟がいるのかな。

お礼日時:2002/02/06 14:57

社名と形名(英字と数字の記号)が分かれば


(ストーブの側面に書いてあるばずなので確認してみてください。)
その会社にメールを送ってみてはどうでしょうか?
実際、今日私もメールを送ったんです。
数時間で返信メールがきました。良い対応でしたよ♪
社品によって異なりますが空気孔は中性洗剤で付け置き洗いが可能です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
会社にメールは思いつかなかったのです。サイトはすぐに見つかりました。やってみますね。

お礼日時:2002/02/06 14:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働安全衛生法と労働安全衛生に関する計画

労働安全衛生法には、事業者が労働安全衛生に関する計画を労働基準監督署に提出しなければならないと書いてあるようなことをチラッと聞いたのですが、本当にそのようなことが書いてあるのでしょうか。

労働安全衛生法をだいぶ読んだのですが、そのようなことは書いてないように思えてならないのですが...。

ただ、労働安全衛生法第七十八条に言う安全衛生改善計画は分かっているので、これは含めないでください。

Aベストアンサー

提出の必要はありません。
社内で作成し、実行するだけです。

Q石油ファンヒーターと電気ストーブ

お詳しい方、体験談をお持ちの方、お願いいたします。

我が家は昔から石油ファンヒータを活用しております。
が。
石油高騰&石油販売者の巡回数減で、うちでも電気ストーブを買おうか? という流れになってきました。

問題面として、次のことがあります。
・買うとしたら部屋数の都合から最低4台(4畳、6畳×2、10畳)は必要。
・乾燥機をほぼ常時使用。
・時間帯によってはお風呂、電子レンジ、PC、買う予定の3台はフル活用。

我が家は一般家庭では一番大きい電力数(?)だそうですが、以前使いすぎて停電したことがあります…。。

我が家には、やはり石油ファンヒーターの方が向いているのでしょうか?

Aベストアンサー

この問題は、熱量に対するコスト比を計算すれば話は簡単です。

○灯油の場合
まず、灯油の熱量は1リットルあたり約8,800kcalですので、メガジュールで換算しますと8,800[kcal/l]*4.18[J/cal]=36.78[MJ/l]となります。
ここで灯油の価格が暴騰して「100円/l」となったとしましょう。その場合、メガジュールあたりのコストは100[円/l]÷36.78[l/MJ]ですので2.719[円/MJ]となります。
※もっとも、実際にはここまで暴騰することもないだろうから、85円/lで計算して2.311[円/MJ]とするのが妥当なところか。

○電気の場合
この場合は電気がワット表示なので話は簡単です。1ワットが1秒あたりのエネルギーを表す量であることから([w]=[J/sec])、1[kwh]=1[kw]*3600[sec]=3.6[MJ]と書ける。
だから、とりあえず中部電力の21.51[円/kwh]で計算すると21.51/3.6[円/MJ]、すなわち5.975[円/MJ]。

ですので、普通に電熱を使うのであれば、たとえ灯油が200円/lになったとしてもまだ灯油の方が安いわけです(ちなみにガスの場合は2.822[円/MJ])。

ところが電気で「エアコン暖房」を使う場合には、エアコンが「ヒートポンプ」の原理で働いている為に話が多少変わってきまして、能力係数(COP)を掛けて再計算する必要がある。例えばCOPが3のエアコンなら能力が電熱の3倍となるのでコストは1/3になる、と。ただし、この係数が暖房温度や外気温に強く依存していて外気温5℃以下では数値が相当落ちたりするとか、暖房としての使い勝手が悪いということも考えないといけない。
※高能率のエアコンは小部屋用に限られ、概して高価でもある。

というわけで、暖房単体のコストでは灯油の圧勝で、電気はエアコンの活用と電気温水器etc.の電力メニュー活用しないと相当苦しい。あとはそのコスト差と便利さのトレードオフの問題になってくるかと思います。

この問題は、熱量に対するコスト比を計算すれば話は簡単です。

○灯油の場合
まず、灯油の熱量は1リットルあたり約8,800kcalですので、メガジュールで換算しますと8,800[kcal/l]*4.18[J/cal]=36.78[MJ/l]となります。
ここで灯油の価格が暴騰して「100円/l」となったとしましょう。その場合、メガジュールあたりのコストは100[円/l]÷36.78[l/MJ]ですので2.719[円/MJ]となります。
※もっとも、実際にはここまで暴騰することもないだろうから、85円/lで計算して2.311[円/MJ]とするのが妥当なところか。

○電...続きを読む

Q労働安全衛生法61条

労働安全衛生法は個人にも適用されますか。
労働安全衛生法61条は事業者が作業者に当該作業にあたらせる場合に適用を受けると思いますが事業者本人が自己の責任において たとえば高所作業車を使って工事を行う場合はどうなんでしょうか。
つまり資格を持っていないものはいかなる場合も運転できないものでしょうか。
極端な話、屋根の掃除がしたいので高所作業車を借りたいけど資格がないと貸してもらえないのでしょうか。

Aベストアンサー

 推定ですが、労働安全衛生法は労働災害を防いだり、労働環境
を整える場合に適用される法律で有ると思います。
 たとえば、自分で庭木の枝払いをするときに、安全帯やヘルメット
は着用しなくても、特に問題ないと思います。墜落して死んだ場合は、
単に事故として扱われるでしょう。これは庭木の枝払いが「労働では
ない」からと思います。他方、造園土木会社で同じ事があった場合、
労安法違反の可能性はあります。
 我が国は一物を多法律(政令規則など含む)で規制していることが多く、
労安法ではOKでも他の法令(道交法や消防法、ガス保安法等々)で
規制されている可能性もありますので、多方面に確認する必要は有る
と思います。
 また、万一高所作業車にて事故や不測の事態が起きた場合、リース
会社や高所作業車を貸し出した人に迷惑を掛ける場合も有るし、その
ため相手が防衛的に「免許見せて」と言うこともあり得ると思います。

Q石油ストーブとファンヒーターどっちが?

去年まではエアコンとホットカーペットを併用していましたが、喉が弱いので今年は石油系の暖房器具を購入しようと考えています。

電気をつかわないジワジワ系の石油ストーブと、電気を使うが温風があったかい石油ファンヒーター・・・電気代・石油代なども考慮してどちらがいいでしょうか。

それから、お勧めのメーカー・品名はありますか?
色々あるので迷っています。
お使いの方教えてください。

Aベストアンサー

ファンヒーターなら、コロナか三菱がいいかもしれません。
点火時には電力を600Wなど消費しますが、その後は30W以下です。
この2社は連続運転時には燃料の気化方式が電気を食いませんので。
これなら、あまり電気代かからないですね。
10年以上前の機械でも、今のところホコリの掃除さえしておけば不調もゼロです。
他のメーカーはブンゼン式という電気をもっと消費する方式がほとんどだったように思います。
特に、コロナのタンク「よごれま栓」は手を汚さずいい感じです。

ファンヒーターは燃料を送り込む量をコントロールしてくれるのに対して、石油ストーブは一定量の燃焼なので、室温コントロールはしづらいと思います。
そういった意味では狭い場所で使うなら、むしろファンヒーターのほうが低コストかもしれません。

でも、石油ストーブの輻射熱の暖かさもいいんですよね。
お湯を沸かしたり、餅を焼いたり、そんなところも好きです。

Q労働安全衛生法

土木作業員ですが管内調査で700mmの管内にはいります。労働安全衛生法に違反すると聞きましたが同法のどこに記載せれているかお教えください。

Aベストアンサー

お尋ねの「700mmの管内」とは「労働安全衛生法施行令 別表第六」にある「酸素欠乏危険場所」に該当するのはないかと思います。
「別表第六 酸素欠乏危険場所(第六条、第二十一条関係)
一 次の地層に接し、又は通ずる井戸等(井戸、井筒、たて坑、ずい道、潜函(かん)、ピツトその他こ
れらに類するものをいう。次号において同じ。)の内部(次号に掲げる場所を除く。)
イ 上層に不透水層がある砂れき層のうち含水若しくは湧(ゆう)水がなく、又は少ない部分
ロ 第一鉄塩類又は第一マンガン塩類を含有している地層
ハ メタン、エタン又はブタンを含有する地層
ニ 炭酸水を湧(ゆう)出しており、又は湧(ゆう)出するおそれのある地層
ホ 腐泥層
二 長期間使用されていない井戸等の内部
三 ケーブル、ガス管その他地下に敷設される物を収容するための暗きよ、マンホール又はピツトの内部
三の二 雨水、河川の流水又は湧(ゆう)水が滞留しており、又は滞留したことのある槽、暗きよ、マン
ホール又はピツトの内部
三の三 海水が滞留しており、若しくは滞留したことのある熱交換器、管、暗きよ、マンホール、溝若
しくはピツト(以下この号において「熱交換器等」という。)又は海水を相当期間入れてあり、若し
くは入れたことのある熱交換器等の内部
四 相当期間密閉されていた鋼製のボイラー、タンク、反応塔、船倉その他その内壁が酸化されやすい 施設(その内壁がステンレス鋼製のもの又はその内壁の酸化を防止するために必要な措置が講ぜられているものを除く。)の内部
(以下略)」
http://www.jaish.gr.jp/horei/hor1-1/hor1-1-7-1-7.html

で、もしこれに該当するのであれば、
「労働安全衛生法
(作業環境測定)
第六十五条  事業者は、有害な業務を行う屋内作業場その他の作業場で、政令で定めるものについて、厚生労働省令で定めるところにより、必要な作業環境測定を行い、及びその結果を記録しておかなければならない。」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47HO057.html
また「労働安全衛生法施行令
(作業主任者を選任すべき作業)
第六条
二十一 別表第六に掲げる酸素欠乏危険場所における作業。」
http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-1/hor1-1-7-1-0.htm
に該当しますので、法の通り「作業環境測定」を行い、結果を記録するとこ。および「作業主任者」を選定することが必要です。
また「労働安全施行規則」によれば
「(特別教育を必要とする業務)
第三十六条  法第五十九条第三項 の厚生労働省令で定める危険又は有害な業務は、次のとおりとする。
二十六  令別表第六に掲げる酸素欠乏危険場所における作業に係る業務」
(「法第五十九条第三項」とは「事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければならない。」です。)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000032.html#1001000000004000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
というのがありますので、「特別教育」を受けさせずにそういう危険作業をさせることは違法になります。

お尋ねの「700mmの管内」とは「労働安全衛生法施行令 別表第六」にある「酸素欠乏危険場所」に該当するのはないかと思います。
「別表第六 酸素欠乏危険場所(第六条、第二十一条関係)
一 次の地層に接し、又は通ずる井戸等(井戸、井筒、たて坑、ずい道、潜函(かん)、ピツトその他こ
れらに類するものをいう。次号において同じ。)の内部(次号に掲げる場所を除く。)
イ 上層に不透水層がある砂れき層のうち含水若しくは湧(ゆう)水がなく、又は少ない部分
ロ 第一鉄塩類又は第一マンガン...続きを読む

Q石油ファンヒーター と 石油ストーブ?

石油ファンヒーター



石油ストーブ?(上にやかん とか置くイメージのやつ)


は何が違いますか?。また、長所短所を教えて下さい。


後、石油ストーブは どういった仕組みで暖かくなりますか?。石油ファンヒーターは 暖かいのを送り出し暖かいなるみたいな感じですが

Aベストアンサー

詳しい原理は他の方が説明しているので省略しますが、簡単にまとめると

・石油ファンヒーター
 石油が満タンでも電気がなければ使えない。
 温風が結構な勢いで吹き出されるので、耐熱仕様のホースを使用して温風をこたつの中に導けば部屋だけでなくこたつも温めることができる。そういうのが売られています。

・石油ストーブ
 火をつける道具(マッチやライター)があれば電気なんかなくてもいつでもどこでも使える。
 暖をとりながら天板にヤカンや鍋をおいておけばお湯を沸かしたり長時間煮込む必要のある料理などができる。
 ヤカンを置いておけば加湿にもなります。



次に欠点ですが

・石油ファンヒーター
 燃料タンクから燃焼部分の間にサブタンクがある。シーズンオフで使わない期間にサブタンクに灯油が残った状態で何年も使っていると灯油が水分を吸収して灯油をガス状にする部品の性能が悪くなり燃焼不良になることがある。最悪の場合着火してもすぐに燃焼異常で停止してしまう。
 長く壊さずに使うならシーズンオフでしまうときにサブタンク内の灯油を抜き取るという簡単なメンテナンスが必要。

・石油ストーブ
 火力は燃焼のための芯を上げ下げして行う。
 電気制御じゃないので温度の自動調整ができないのは仕方ないところだが、芯を下げすぎると燃焼不良気味になり一酸化炭素?中毒になる危険が増す。
 燃焼芯の上に乗っかている筒(名称は解からない)が正しく設置されていないと炎が上がり煤が出る。
 芯は消耗品なので最大火力にしても火力が弱ければ芯を引き出す必要があり、芯がなくなったら交換する必要がある。
 火に直接触れることができるので小さい子供がいる家庭では近づけさせないための対策が必要。
 構造上部屋の上部は暑いくらいでも床付近などの低いところはあまり暖かくならない。部屋をまんべんなく温めるにはこの夏大活躍した(と思われる)サーキュレーターや扇風機を併用するとよい。


どちらを使用する場合でも、石油を燃焼させるのだから二酸化炭素が発生するため、空気の入れ替えは必要。
雪国の一般家庭ではファンヒーターと石油ストーブの両方ある家庭は多いと思います。石油ストーブは普通に使っていれば10年以上壊れずに使えますからね。うちには30年以上使っているストーブ(石油コンロ)があります。
オール電化の家でも電気の暖房だけでは寒いので石油の暖房器具を使用していたりもしますよ。

詳しい原理は他の方が説明しているので省略しますが、簡単にまとめると

・石油ファンヒーター
 石油が満タンでも電気がなければ使えない。
 温風が結構な勢いで吹き出されるので、耐熱仕様のホースを使用して温風をこたつの中に導けば部屋だけでなくこたつも温めることができる。そういうのが売られています。

・石油ストーブ
 火をつける道具(マッチやライター)があれば電気なんかなくてもいつでもどこでも使える。
 暖をとりながら天板にヤカンや鍋をおいておけばお湯を沸かしたり長時間煮込む必要のある...続きを読む

Q「労働安全衛生法」に言う「指針」は何でしょうか

(1)「労働安全衛生法」第28条第1項に言う「必要な業種又は作業ごとの技術上の指針」は何でしょうか。

(2)同法第28条第3項に言う「当該化学物質による労働者の健康障害を防止するための指針」は何でしょうか。

Aベストアンサー

28条1項の指針
http://www.jaish.gr.jp/user/anzen/hor/kokuji.html#Anchor-hor340

28条3項の指針
http://www.jaish.gr.jp/user/anzen/hor/kokuji.html#Anchor-hor354

Qファンヒーターと反射式石油ストーブの燃費比較

東京地区のマンションで石油ストーブを使う場合、ファンヒーターを20度に設定して朝から夜寝るまで運転。反射式石油ストーブを朝から夜寝るまで運転した場合、どちらがコスト的に安くなるでしょうか。
昼間暖かくて消すこともありますが、要は同時間運転した場合どちらが安いかお教え下さい。
ファンヒーターは部屋が暖まったら燃焼する灯油を絞りますが、反射式ストーブは部屋が暖まろうが暑かろうがずっと一定に燃焼し続けますよね。でも反射式は電気を使わないし。
コスト的には結局どちらが経済的なのでしょうか?

Aベストアンサー

灯油ファンヒーターが最も消費電力が多くなるのはスイッチを入れたとき。灯油を気化する為のヒーターが動作するからです。連続運転では、燃焼熱で勝手に灯油が気化するので、意外と消費電力は食いません。単位燃料辺りの発熱量はファンヒーターの方が高いです。

一方反射式ストーブは、上に薬缶を掛けるなどして室内を加湿出来ます。同じ室内温度だと、湿度の高いほうが人間は暖かく感じます。炎(?)が見えるので、見た目にも暖かく感じます。

この時点ではほぼ両者五分五分。

ただ、お住まいがマンションと言う事で、各種センサーの塊であるファンヒーターの方が安全であるのは間違いないです。

Q労働安全衛生法 第四毒物

労働安全衛生法の危険則に定義されている(らしい)第四毒物とは具体的に何でしょうか。全文をざっと目を通したのですが、見つけられませんでした。私の専攻は有機化学なので法律関係はまったく疎いので、お願いします。

Aベストアンサー

私のNo.2の回答では不足のようですので補足しておきます。「危規則告示」では別表で船舶輸送上での危険物を次のように分類しています。

別表第1:火薬類
別表第2:高圧ガス
別表第3:腐食性物質
別表第4:毒物類
別表第5:引火性液体類
別表第6:可燃性物質類
別表第7:酸化性物質類
別表第8:有害性物質

2,4-ジクロロフェノールは化学工業日報社「13398の化学商品」(1998)によれば「危規則 第3条危険物告示別表第4毒物(P)(N-上・下/上・下等級3)」となっています。phantomさんが見つけたページは神奈川県環境科学センターのサイトの2,4-ジクロロフェノールの項目(参考URL)と思いますが、このページの

○労働安全衛生法、危険則
 第4毒物

は「危規則」を「危険則」に、「別表第4 毒物」を「別表 第4毒物」と勘違いしたものと思います。正確な情報はタダではありません。ネットに頼らず、きちんと文献検索されることをお勧めします。

参考URL:http://www.fsinet.or.jp/~k-center/hormone/sheet/021.htm

私のNo.2の回答では不足のようですので補足しておきます。「危規則告示」では別表で船舶輸送上での危険物を次のように分類しています。

別表第1:火薬類
別表第2:高圧ガス
別表第3:腐食性物質
別表第4:毒物類
別表第5:引火性液体類
別表第6:可燃性物質類
別表第7:酸化性物質類
別表第8:有害性物質

2,4-ジクロロフェノールは化学工業日報社「13398の化学商品」(1998)によれば「危規則 第3条危険物告示別表第4毒物(P)(N-上・下/上・下等級3)」となっています。phantomさんが見つけたペー...続きを読む

Q石油ファンヒーター「換気センサーの故障」について

No.429969「シリコーンについて」で質問した者です。

1月に購入したストーブが秋に「換気センサーの故障」で修理したのですが、また同じ症状が出ました。
修理後まだ2ヶ月です。

部屋では、ヘアスプレーは使いません。ワックスも前回の故障以来使わないようにしていました。
例えば、美容院でも「ヘアスプレー」は多量に使用しているのに石油ファンヒーターを使用しているところは多いと思いますが、シリコン付着で頻繁に故障しているんでしょうか?引っ越して間もない部屋だとクリーニングでワックスがかけられているからシリコン付着により故障しやすいとか、たくさんの事例があるのでしょうか。

普通に生活している部屋で、シリコンってそんなに付着するものでしょうか?

たまたまストーブの「あたり」が悪かっただけなら仕方ないかなと納得もできますが、原因が自分の住み方にあるのならまたすぐ壊れるように思えて気になります。

Aベストアンサー

ファンヒーターですが、前回は、どんな修理だったのか知りたい所ですが、
一般的に炎監視装置の炎電流を検知して炎電流が少なくなった場合異常を知らせたり、電気を切断します、この炎監視装置にシリコンが付着すると絶縁物として働くので、
炎電流が少なくなり、換気不良と同じ状態と判断され誤動作するのです。
シリコンは酸素に次いで多い元素です。ヘアスプレー、つやだし剤、抗菌剤、防水剤などに多く含まれています。叉何処にでも存在するものです。

2ヶ月で故障したのであれば、同一故障なので通常無償修理期間内ですし、
修理依頼されたら如何でしょう、部品交換による修理でないと同じ事を繰り返す
かもしれませんね。付着したシリコンの除去はむずかしので、
このような質問でしたら、メーカー、型番を記入された方が、より的確な
回答が出せますので、差し支えなっかたら記入された方が宜しいかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報