痔になりやすい生活習慣とは?

京都の人は夏はもちろん今の季節も、家の前の道路に水を撒きます。庭じゃないですよ、アスファルトの道路にですよ。何のためにやっているのか、さっぱりわかりません。すごく不可解です。

本人たちは何を思って水を撒いているのでしょうか?個人的には、水を無駄遣いにして、京都議定書に反していると思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ほこりがたつからではないでしょうか?


京都民ではないですが、水をまくのはほこりが立つからって聞いたことがあります。

>>水を無駄遣いにして、京都議定書に反している
では使ったあとの水だったらどうしますか?
例えばお風呂の残り湯とか、野菜を洗ったあとの水とか、水の無駄遣いと言い切れませんよね。
    • good
    • 0

京都とはえんもゆかりもない北陸の田舎ものですが


わたしも
家の前の舗装道路に水撒きしますよ。

そうね、風の強い日にはときに撒きたくなるから
やはり埃よけですね。

しかし、そういう実際的な役目ばかりではなく
水を撒くと清廉な感じがして好きですけど・・。
お掃除完了! という気分になれる。

京都議定書??
また大きく出ましたねぇ・・。
家の前にささやかに撒くていどのお水でも
環境破壊ですか?
私はそうじした後のバケツの水や
お風呂の残り湯、
などを使います。
お米のとぎ汁は無垢の床を水ぶきするのに
使ってますけど。

そんなに怒ってないで
毎朝毎夕、家の前を掃除する、
掃除したら水で清める、
ということを数日間やってみたら?

気持ちいいことに気づかれると思いますよ。
    • good
    • 0

狭い路地が多く、家の前の通りを奇麗に清めて、


自分も清々しい気分になり、通る人も気持ちがいい。
世界中から京都観光に多くの人々がやってきますが、
路地を歩いて、奇麗な京美人が水を撒いている姿を
みて嬉しくなりませんか?
なかにはへそ曲がりもいて、いちゃもんつける人も
おりますが、気にしないことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

京都自体は歴史の重みを感じさせる木造の建築物が街のいたるところにあり、観光にはいい所です。でも残念なのは東洋人の醜い顔が何を勘違いしてか真っ白のお化粧していることですかね。
ま、価値ある回答は一目でわかりますけどね。

お礼日時:2006/05/04 17:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q庭や道に水をまくのは何故?

夏になると特によく見かける光景なのですが、自分の家の前の道路に水をまいたりしているのを見ます。

おじさんとか、おばさんがまいているのがほとんどで、水道の蛇口からバケツに水をくんでまく人、ホースでまく人等さまざまです。

道路の汚れを洗い流す意味があるのかなとも思いましたが、まく水の量は道路をぬらす程度しかないので、どう見ても汚れを洗い流しているようには思えません。

以前から、その行為に何か意味があるのか気になっています。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい

Aベストアンサー

既に解答がありますが、打ち水は気化熱を奪い涼しくするための知恵ですね。ただ、それを言われても体験しないとピンとこないかも・・・

水をまいた後にしばらくしてその道を歩いてみれば分かるでしょう。また、水をまいてから、しばらくたって乾いた場所と、最初からまいていない場所に手のひらを当ててどちらが暖かいか確認してみましょう。
通常、打ち水をした場所ほど熱が奪われています。
結果的に、水をまいたことで、路上の熱が減り、夜間に温度が下がりやすくなる効果もあります。(ただ、家のまえぐらいでは大差ないですけどね・・・まかないよりまし)

気化熱とは、水が蒸発する際に蒸発する水分に熱が移動し蒸発する水分が空気中に熱を放出してくれる作用のことで、人は汗をかくでしょう。それも気化熱を利用したいわゆる冷却方法の一つです。なぜ、このような効果が起きるかというと、水が蒸発するには熱が必要です。熱が水に移動することで水が蒸発します。そのため、蒸発する際に熱も一緒に持っていってくれるという仕組みなのです。

その汗による気化熱の効果をはっきり知るには、腕を水で濡らして、扇風機の前に立ったり、風の良く当たる場所に行けばぬらした部分がひんやりと涼しく感じます。
それを道路でしているということですね。

原理だけでは分かり難いので、一応実感できる補足も加えてみました。もし何かあれば補足を・・・

既に解答がありますが、打ち水は気化熱を奪い涼しくするための知恵ですね。ただ、それを言われても体験しないとピンとこないかも・・・

水をまいた後にしばらくしてその道を歩いてみれば分かるでしょう。また、水をまいてから、しばらくたって乾いた場所と、最初からまいていない場所に手のひらを当ててどちらが暖かいか確認してみましょう。
通常、打ち水をした場所ほど熱が奪われています。
結果的に、水をまいたことで、路上の熱が減り、夜間に温度が下がりやすくなる効果もあります。(ただ、家のまえぐ...続きを読む


人気Q&Aランキング