ヒートポンプにおいて、
・高温熱源接触→断熱膨張→低温熱源接触
   高温熱源から切り離したあと、
   シリンダー内の気体を断熱膨張させるとき、外力によって
   ピストンを引き、温度を低温にするのか、
   高温熱源に接していたときの膨張力(慣性)によって
   断熱膨張し低温になるのか、わかりません。

・低温熱源接触→断熱圧縮→高温熱源接触
    この場合においても同様に疑問です。

お願いいたします。

A 回答 (6件)

 高温熱源に接していたときの膨張力(慣性)によって断熱膨張し低温になるのではありません。

なぜならば、高温熱源に接しているとき膨張するのは、準静的過程において(つまり、じわ~っと動いている)膨張するので、慣性力は働かないからです。
 また、これはあまり自信がないのですが、断熱膨張をさせるときも準静的過程で行っているので外力は掛からないのだと思います。なんで力を掛けていないのに動くのかというのは大いに疑問でしょうが、理想的な状態を思考実験したものがカルノーサイクルなので、そういうこともあるのでしょう。(笑)

・低温熱源接触→断熱圧縮→高温熱源接触
これがヒートポンプですね。この場合も同じで、準静的過程でサイクルさせているので、外力は働いていないと考えられると思います。

 朝永振一郎著「物理学とは何だろうか」岩波書店 これは啓蒙書みたいな本なのですが、その辺のことについて触れていたと思うので、読んでみたらいかがでしょうか?

 

 
    • good
    • 0

>等温膨張(高温熱源接触時)の時の慣性


というのは、ピストンやカウンタウエイトに与えられた運動量のことですよね?

気体が膨張する力は、単純に外(大気圧)より圧力が高いためですから、等温膨張でも断熱膨張でも同じように発生し、断熱膨張時には結果的に温度が下がります。 もしかして、そのカルノーエンジンの初圧(熱も力も加えていない状態)は、大気圧に等しいのでしょうか? ならば膨張過程においてピストンやカウンタウエイトの慣性力によって、エンジン内の圧力が大気圧以下になっても無理やり膨張させられる状態になります。 このとき気体はエネルギーを放出しつづけていますが、結果的にエンジンを止める方向に働きます。

大気圧機関の場合は、NO.4は無効です。
気体の変化は、熱と力がどのくらい出入りしたかということですから、シリンダに穴が開いたりしないかぎり、P-V線は必ずつながると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だいぶイメージがつかめました、ありがとうございます。

>P-V線は必ずつながると思います。
申し訳ありません、言い方が悪かったです。
現実にはピストン・シリンダー間に摩擦があり、
高温熱源の温度と低温熱源の温度にかなりの開きがあれば
等温膨張(高温)→断熱膨張→等積変化(圧力下降)
→等温圧縮(低温)→・・・
(断熱膨張時にピストンがとまってしまうから)
となってしまいますよね?

そうして、あの滑らかなカルノーエンジンのP~V曲線が
滑らかにならなくなってしまうのかなあ、ということが
言いたかったわけでした(^^;

お礼日時:2002/02/10 04:35

>カルノーエンジンについて


でしたか。 補足を見落としたようで、N0.3の回答は無かったことにしてください。 長々と下らないことを書いて、お恥ずかしい。

では手短に。
エンジンでは、断熱膨張時には気体から力を取り出すので、ひっぱる必要はありません。 断熱圧縮時には力を加えて下さい。 あとは専門の方、お願いします。

この回答への補足

いえいえ、とんでもございません、
ヒートポンプについても大分イメージがつかめてきました。

>エンジンでは、断熱膨張時には気体から力を取り出すので
 それは、等温膨張(高温熱源接触時)の時の慣性で、
 高温熱源から切り離してもピストンが押し出され、
 結果、気体が低温熱源の温度まで下がる、ということなのでしょうか?
 でないと、カルノーサイクルP~Vグラフのように線がつながらない
 と思うんですが・・・。
 

補足日時:2002/02/09 10:13
    • good
    • 0

低温側から高温側に熱を移動させたいのですから、サイクルのはじまりを少し変えて考えてみましょう。



・ピストンを思いっきり引っ張って断熱膨張させ、気体の温度を低温熱源温度より下げる。
・低温熱源に接触させ、低温熱源から気体に熱を流し込む。
・低温熱源から切り離してピストンを離すと、さっき思いっきり引っ張っていたので(シリンダ内の気圧が低いので)ある程度ピストンが戻るが、気体の体積が最初の状態より大きくなっている。
・今度はピストンを思いっきり押して断熱圧縮させ、気体の温度を高温熱源温度より上げる。
・高温熱源に接触させ、気体から高温熱源に熱を放出する。
・高温熱源から切り離してピストンを離すと、さっき思いっきり押していたので(シリンダ内の気圧が高いので)ある程度ピストンが戻るが、気体の体積が最初の状態より小さくなっている。

基本的には、これの繰り返しです。 膨張,圧縮とも気体が元に戻ろうとする力に加えて、外力を働かせます。(注射器で低圧の気体を高圧側に移すのに似ていますね)
    • good
    • 0

ヒートポンプは一般に


断熱圧縮→等圧冷却→断熱膨張→等圧加熱→断熱圧縮・・・・・
のサイクルを繰り返します。
ここで作動気体の状態を【 】で書きます
(ここで温度を超高温などと書いてますが、「超高温>高温>低温>超低温」という意味で考えてください)

断熱圧縮→【超高温高圧】→等圧冷却(高温熱源接触)→【高温高圧】→断熱膨張→【超低温低圧】→等圧加熱(低温熱源接触)→【低温低圧】→断熱圧縮・・・・・

ここで外力が必要なのは【低温低圧】→【超高温高圧】となる断熱圧縮過程のみです。
断熱膨張過程は【高温高圧】→【超低温低圧】ですので膨張弁等を使って外力無しで変化させます。

ただし、実際のヒートポンプでは気体と液体の相変化も利用しますので、高温高圧気体は高温液体であり等圧冷却行程では凝縮が起こり、等圧加熱では蒸発が起こります。

この回答への補足

大変申し訳ありませんでした、この質問はヒートポンプでなくて
カルノーエンジンについての質問でした。

しかしヒートポンプについても(のほうが)
あまりイメージがつかめなかったのでお二人の意見はとても
参考になりました。

補足日時:2002/02/07 19:59
    • good
    • 0

もしかしたら意図と違う答えになるかもしれませんが、



・高温熱源接触→断熱膨張→低温熱源接触
これは下記のように考えます
常温常圧-(断熱圧縮)-高圧高温-常温高圧-(断熱降圧による温度低下)-常圧低温-(低熱源として使用)
       |
     常圧常温と接触(熱移動)
つまり断熱圧縮によって高温にした空気を冷却後、断熱膨張(降圧)することによって
温度低下を起こすものです

・低温熱源接触→断熱圧縮→高温熱源接触
常温常圧-断熱圧縮-高温高圧
            |
          常圧常温と接触-常圧高温-熱源として使用
つまり、断熱圧縮によってえられた熱を使用するのが
ヒートポンプです
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温度や湿度気圧などが分かる腕時計ってありますか?

凄く欲しいんです。温度計は絶対無いと嫌なんですが、湿度や気圧はできれば欲しいです。そんな腕時計ってありますか?また、あるとしたら値段的にはどのぐらいなんですか?

Aベストアンサー

カシオのプロトレックシリーズは温度計や気圧計があります。
湿度計はなかったと思います。
ただし、温度・湿度(仮にあったとした場合)は腕につけた状態では正確な測定はできません(体温や汗の影響を受ける)。

参考URL:http://www.casio.co.jp/ww/PROTREK/

Q断熱膨張を利用した小型の回転式空気膨張式冷却装置ってできませんか?

知人に相談されたのですが全く分からなかったので質問させていただきます。
「小型の機械でモータで駆動される回転体が発熱するから冷却したい。
断熱膨張による冷却というのがあるから、回転体の一部を改造して
常に冷やし続ける冷却装置はできないか?回転体のサイズはφ50×L100程度、回転体の回転数は30Hz程度。」
ということでした。ネットでいろいろ調べてもあまり参考になる記述がなかったので、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

>断熱膨張による冷却
 断熱膨張によって冷却させるためには、断熱圧縮したものを一旦冷却する必要がありますね。
 いくつか商品もありますが、ひとつは大きなコンプレッサーが要るので、「回転体の一部を改造して」にはあいません。圧縮空気を通過させるだけで中心のパイプから温風を、側面のパイプから冷気をだすもの--逆もあり--精密機械の工作に使う。

 いまひとつは、逆カルノーサイクル - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB )を利用した冷却装置で、いわばスターリングエンジンを逆に使う。
 模型だとStirling Cooler ( http://members.jcom.home.ne.jp/kobysh/experiment/Cooler/cooler1.html )

 要は、熱に関してはいかなる冷却装置であろうと、熱を移動させるに過ぎないということです。モーターを冷却するためにはモーターの周囲のフィンやファンによるのではなく、その熱を他の場所に運んで(ヒートポンプ)、そこで放熱させるということです。そのための大きさは意外と大きなものが必要になる。

>断熱膨張による冷却
 断熱膨張によって冷却させるためには、断熱圧縮したものを一旦冷却する必要がありますね。
 いくつか商品もありますが、ひとつは大きなコンプレッサーが要るので、「回転体の一部を改造して」にはあいません。圧縮空気を通過させるだけで中心のパイプから温風を、側面のパイプから冷気をだすもの--逆もあり--精密機械の工作に使う。

 いまひとつは、逆カルノーサイクル - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%...続きを読む

Q各温度での相対湿度の求め方を教えてください。

不活性ガスを純粋中に通してバブリングを行い,湿度を変化させています.サンプルを入れている箱の中の温度を変化させて,一定の温度に保ち,湿度を変化させたガスをフローしているのですが,湿度の値はサンプルの箱に入る直前の値を測定しています.
湿度測定している場所は室温なのですが、サンプルが入っている場所は別の温度で一定の保っています.どうすれば、サンプルの箱内の湿度に変換できるでしょうか。
例えば,25℃(室温)で50%の湿度だとすると,サンプルの箱内(温度0℃や100℃)だと湿度の値はどうなるでしょうか。
わかる方是非教えてください。

Aベストアンサー

目的の部分での温度における飽和蒸気圧を Pt とします.
25℃での飽和蒸気圧を P25,25℃での相対湿度を R25 とすれば,求める温度での相対湿度 Rt は
Rt = R25×(P25/Pt)
これだけでいいはずです.
たとえば,100℃であれば P100 = 1 atm なので,P25 = 0.031 atm とすれば R100 = R25×0.031 ですし,0℃であれば P0 = 0.0060 atm から R0 = R25×5.17 です.ただし,Rt は最大でも100%なので,それを超える数値が出れば過剰水分がどこかに結露して RH100% になるということになります.

Q真空中へ気体を断熱的に放出した(これを断熱自由膨張という)とき、気体が外界に対してなす仕事及び内部エ

真空中へ気体を断熱的に放出した(これを断熱自由膨張という)とき、気体が外界に対してなす仕事及び内部エネルギー変化を求めよ。

という問題が分かりません。どのように考えて式を選べばよいのですか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

圧力は分子が運動していることで発生しますので、分子がいない真空では、圧力がゼロです。

ただし、分子が完全に存在しない「絶対真空」はありません(宇宙空間にも飛び交ってます)から、厳密にはゼロではありません。

例題で出てくる真空では、圧力ゼロとしてください。

Q部屋の最適温度、湿度は

部屋の最適温度、湿度は
暑いですねー、扇風機しかない部屋ですが
温度33℃、湿度36℃の状況です。
湿度が低いので熱中症は大丈夫と思いますが。
部屋の最適温度、湿度をお教えください。

Aベストアンサー

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従って、環境と状況によって異なりますが、一般的な空気調和の快適条件は

◇冷房時には、外気温35℃の時に室温27℃程度・暖房時は外気温7℃で室温20℃程度とされています。
そして、温度と共に湿度を快適にする事で、身体に優しく快適性と省エネ性を両立させるのが良いとされています。

◇湿度は成人の水分比率と同じ程度の60%程度が良いのですが、気温が高い時は不快指数が高くなり、蒸し暑いのでドライ運転のように50%以下にして体感的に涼しくしています。
暖房時には、逆に温度を上げるだけでなく、乾燥した室内で加湿により湿度を50%程度に約20%上げて体感温度2℃程暖かくしています。

熱中症は身体内の水分量(塩分他のミネラル含む)の減少や発汗により水分補給が不足して起こりますので運動中だけでなく睡眠時にも起こります。
また、湿度が低くても扇風機の風で水分(汗)が蒸発し、補給されていなければ熱中症は起こりますので
温度・湿度と同じく水分補給も十分留意しなければ発症の危険はあります。

要は、固定的な温度と湿度だけの条件でなく、風や体調・外気温等の関係で人間の体温調節機能を超える変化や過酷な条件にすると快適度が下がり熱中症等の健康障害が起こり易いです。

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従っ...続きを読む

Qピストンで内圧と外圧が等しい状態において、ピストン内部の気体とピストン

ピストンで内圧と外圧が等しい状態において、ピストン内部の気体とピストン外部の気体の密度が等しくなるためにはどのような条件が必要でしょうか?

変な質問ですみません
また、私は大学生ですが大学ではまだ熱力学を履修していないので、高校物理の知識内でご回答いただけるとありがたいです
本当にわがままな質問者で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します

Aベストアンサー

>内部気体と外部気体が同一組成でなければ密度が等しくはなりにくい
内部が純水素ガスで外部が純窒素ガスだとしましょう。
同じ圧力で両者の密度の比は1:14になります。つまり分子量の比です。この場合は両者とも二原子分子なので原子量の比でもありますけどね。

Q温度が上がると気圧は下がる?気圧の意味

温度が上がると気圧はどうなるのでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=CLvuNAhGX_8
この動画を見て天気のことを勉強させていただいていました。

すると温度が上がると気圧がさがると言っているのですが
これはあっていますか?

僕のイメージでは
空気には目に見えない粒子があり、それが飛び回っていて、
気圧が高いとは、粒子が密集しており、温度が高く
気圧が低いとはその粒子がバラバラに動いており、温度が低い
これはあっていますか?


少しひっかかるのは、袋があるとし、その袋の中から外に押しているのが気圧ですか?
それとも、外から中に教えているのが気圧ですか?

教えてください。

Aベストアンサー

君の考え方にも,動画で見た先生の説明にも,少し無理というか考え違いの部分があります。

1.PV=nRT ・・・・・ この式は閉じられた空間での,乾燥した空気の話しです。
2.夏と冬との海陸の気圧差について,海洋における蒸発の問題が考慮されていません。
3.先生の説明では,冬に何故大陸に高気圧が出来るのか,海洋が低気圧になるのかの説明が不十分です。

1.は他の回答でも触れられています。あくまでも密閉された容器内での,気温と気圧の関係です。自由空間(蓋のない容器)では,下から暖められた空気は上方に逃げて行く為,気圧が下がって低気圧になっているように見えます。
2.夏の太平洋では,昼夜の平均で見れば,陸地よりも海水の方が温度が高く,その為蒸発量も海域の方が遙かに多くなります。湿った空気と乾いた空気を比べると,湿った空気の方が遙かに軽くなります。このため海域の空気は大きく膨張し対流を起こしますが,上昇できる高さには制限があります。上昇範囲の最高高度を『圏界面』と呼び,圏界面より下の対流可能な範囲を『対流圏』と呼びます。夏の太平洋では,膨張した湿った空気の勢力は四方八方へも広がります。これが太平洋高気圧の正体です。台風は,太平洋高気圧の周辺部の,気流の乱れやすい地域(陸地からの冷気と接触する部分)で発生します。
3.冬の陸地は対流(大気大循環のシステム)によって,偏西風帯が南下してくる為,冷気団を抱え込むことになります。海域では日射が弱まる為,夏ほどには高気圧が発達しません。その関係で日本付近には冷気が強く吹き出してくる訳です。

それから,『気圧』の定義についてですが,1.のような容器内ではなく,自由空間での圧力を考えます。『1平方cmあたりの地表面における空気の重さ』或いは『君の肩に掛かる1平方cmあたりの空気の重さ』と定義します。平均的な地表面付近の気圧=1気圧=1013hp はご存じでしょう。

気圧が高いとは、粒子が密集しており、温度が高く
気圧が低いとはその粒子がバラバラに動いており、温度が低い
これはあっていますか?

密閉容器内ではそう言う考え方も出来ます。別の考え方として,
密閉容器内では温度が高くなると,空気分子の熱運動エネルギーが高まり,分子同士の衝突が激しくなって,その結果として気圧が高くなる。逆に,冷えると運動エネルギーを失って気圧が下がる。・・・と考えます。
夏の太平洋高気圧は,非常に大きな密閉容器内での,大量に水蒸気を含んだ(熱エネルギー量の大きい)空気分子の「振る舞い」と,陸地での冷却・乾燥した大気の「振る舞いの結果」と理解しましょう。
解りにくい部分があったら,補足で質問してね。

君の考え方にも,動画で見た先生の説明にも,少し無理というか考え違いの部分があります。

1.PV=nRT ・・・・・ この式は閉じられた空間での,乾燥した空気の話しです。
2.夏と冬との海陸の気圧差について,海洋における蒸発の問題が考慮されていません。
3.先生の説明では,冬に何故大陸に高気圧が出来るのか,海洋が低気圧になるのかの説明が不十分です。

1.は他の回答でも触れられています。あくまでも密閉された容器内での,気温と気圧の関係です。自由空間(蓋のない容器)では,下から暖められた空...続きを読む

Q低温熱源とは?

熱力学初心者です。よろしくお願いします。
熱機関とは熱エネルギーを力学的エネルギーに変換して仕事をする機械だとならいました。
しかしなぜ、熱エネルギーを生み出す高温熱源だけでなく、そこで発生させた熱エネルギーの一部を捨てる低温熱源が必要になるのでしょうか?そしてそもそも低温熱源つはいったいどういうものなのか?
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

いや、低温熱源が必要であるという言い方は、少々、不正確なものだと思います。熱エネルギーを運動エネルギーに変換するにあたり、100%の効率で動くものは存在しないので、熱が余分にもれてしまい、低温熱源になっているだけと考えたほうが近いのでは。

Q部屋の温度が高い方が湿度は低くなりますか?

冬って、部屋の温度が高い方が湿度は低くなりますか?
であれば
部屋の温度を下げれば、湿度は高くなりますか?

Aベストアンサー

一般に湿度はその温度での飽和水蒸気量を100%としますから、
(理想的には)温度が下がると分子はそのままで分母が減るので、湿度は上がります。

実際には部屋の温度が一定なんて事はあり得ませんから、もう少し複雑なのですが。

Q温度2℃の熱源と25℃の熱源とで逆カルノーサイクルさせている装置につい

温度2℃の熱源と25℃の熱源とで逆カルノーサイクルさせている装置について考える。今低熱源の温度だけ-5℃に下がったとすると、装置の能力は温度2℃の時と比べてどうなるのか?運転に要する動力は変えないとする。

Aベストアンサー

教科書に書いてあるでしょ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報