また、図形でわからない問題が出てきました。
ある一部分だけ、どうしてもわからなくて
答えが導き出せません。
解答の過程になるのですが
誰か、教えてください。

(問題)
三角すいV-ABCの1辺VAを1:2に分ける点A'を通り
平面VBCに平行な平面でこの三角すいを切り
2つの立体に分けた。立体AA'B'C'の体積を96(立方センチメートル)
とするとき、立体A'B'C'-VBCの体積を求めよ。

(解答)
三角すいA-A’B’C'と三角すいA-VBCは相似で
相似比は、2:(2+1)=2:3である。
相似比を利用すると、立体A'B'C’-VBCの体積は
96×((2分の3)の2乗ー1)=96×8分の19=228(立方センチメートル)

※ここで、ほとんど理解できるのですが
( )の中の、-1というところがわかりません。
面積比から、どうして1を引くのでしょうか?
この1というのが
どこから出てきたのかだけでもいいので
誰か教えてもらえないでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

今夜は修士論文追い込みモード(徹夜モード)の家庭教師のお兄さんです(--;;


#昼間の件では一番乗りのつもりで書き込んでいたら、私の元へ遊びに来た後輩と
#話しこんでしまって、実際に書き込むと7番だったのには驚きました(笑)
#nyankomamaさんの質問の仕方が具体的でわかりやすいので
#みなさん答えやすいんですよね、きっと。
#今回は3番目かな?

> 三角すいA-A’B’C'と三角すいA-VBCは相似で
> 相似比は、2:(2+1)=2:3である。
> 相似比を利用すると、立体A'B'C’-VBCの体積は
> 96×((2分の3)の2乗ー1)=96×8分の19=228(立方センチメートル)

ちょっと考え込んでしまいましたがこれって
96×{(2分の3)の3乗-1}ですよね。
相似な図形の場合,「面積比は線分比の2乗、体積比は線分比の3乗」になります。
AA':A'V=2:1
AA':AV=AA':(AA'+A'V)
      =2:(2+1)
      =2:3
で、この3乗が8:27になるわけですが、
これで三角錐A-A'B'C'×(8分の27)をしてしまうと
出てくるものは「三角錐A-VBCの体積」になってしまい、
「三角錐A-A'B'C'一個分」を余計に持ってしまいますね。
そこでこの「一個分」を引いたわけです。
 (三角錐A-A'B'C')×(8分の27)-(三角錐A-A'B'C')
=(三角錐A-A'B'C')×(8分の27-1)
=(三角錐A-A'B'C')×(8分の19)
となったわけです。
ただし、別にこういう計算の仕方しか正解ではない!というわけではありません。
もちろん、上の3行のうちの1行目を計算して
 96×(8分の27)-96
=12×27-96
=324-96
=228
でも答えが出るわけです。私が家庭教師で生徒を教えるときは1行目のやり方で
教えます。図形問題が上手になってきて生徒に余裕が見られてくるようになったら
3行目のような計算の工夫の仕方も教えています。

本当はこういう「工夫の仕方」やいわゆる「テクニック」については
いろいろ書きたいことがあるのですが本意からそれてしまうので
ここでは書きません。受験本番まで間近ですね!
ちなみに私の最後の生徒は3日前、私立高校に合格することができました。
nyankomamaさんもお体に気をつけてがんばってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなってすみません。
いつも教えてくれて
どうもありがとうございましたo(*^▽^*)o~♪
hestiaさんが
すごく丁寧に親切に教えてくれたおかげで
看護学校に合格することが出来ました!!

図形の問題が本当に苦手で
泣きながら勉強してました。
試験では、図形がたくさん出題されたんですが
1問しか出来なくて
合格は諦めていたので
本当に信じられなかったです!!

中学時代
赤点を取ってた私が
60点以上も試験で出来たことは
すごくうれしいです。

短い間でしたが
私のネット家庭教師になってくれて
本当にありがとうございました。

もう図形を勉強することは
ありませんが
今度は看護学の勉強を頑張ろうと
思っています!!

お礼日時:2002/03/22 09:02

 ニャン子ママさんこんにちは。

昨日の発展問題をやってみましたか?
 では、図形の相似を掃除しましょう。(さぶ~)

 三角形の平面から。
 三角形ABCをかいてください。それと同じ(合同)三角形を8個かいて合計9個の三角形で大きい三角形をつくります。それが準備です。
 「1:2の相似の三角形」といわれたらどこに着目しますか?1:2の相似ということは1辺が2倍になった三角形ということですから、面積は4倍(三角が4個分)になってますね?
 
 *「相似」と出題されたとき、1辺が2倍になっていたら面積は4倍になる。(←重要!)
 
 「1:3の相似」なら9個の三角形に注目してね!1辺が3倍になっていて面積は9倍になってますね?
 
 *「相似」と出題されたとき、1辺が3倍になっていたら面積は9倍になる。(←重要!)
 
  *1辺が@倍になっていたら、面積が@の2乗になっていることに気づいたかな?(←最重要!!)

 前の正四角すいの底面を思い出してね。小さい四角と大きい四角は1:2の相似で、1辺が2倍で面積が4倍(つまり2の2乗倍)だったね。

 ここから立体です。
 三角すいの体積の求め方は「底面積×高さ×3分の1」でしたね。
 「1:2の相似」のとき。さっきやったように面積は2の2乗で4倍ですね、高さは2倍(←絵に描くと高さが2倍になってることがわかります)、×3分の1。これで三角すいの体積はできました。
 「2:3の相似」のときは(これが分からなくての質問でしたね)。1辺が2分の3倍だから面積は4分の9(2分の3の2乗)ですね。いまここで(@。@)となったら、三角を9個かいて作った大きい三角までもどってね。
 面積(2分の3の2乗)×高さ2分の3倍×3分の1=2分の3の3乗×3分の1。
 
 *「相似」と出題されたとき、1辺が2倍になっていたら体積は8倍になる。(←重要!)
 
 *1辺が@倍になっていたら、面積が@の3乗になっていることに気づいたかな?
(←最重要!!)

 これが理解できればどんな問題もこの延長です。「相似」に気が付けば全部できます。では、がんばってください。(^^)/~~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなって
すみませんでした。

アドバイスありがとうございます。
親切でわかりやすい説明をしてくださり
とても助かりました♪

先日、看護学校の合格発表があり
おかげさまで合格してました!!

相似の問題も出題されたのにもかかわらず
正しい「相似」を見つけることが出来なくて
合格は諦めていたのですが
約3倍の競争率を勝ち取りました!!

本当にどうもありがとうございました。
千里の道も一歩からという感じで
これからも頑張っていこうと思っています^^

PS 発展問題は出来ませんでした(_ _。)
  ごめんなさい。 

お礼日時:2002/03/22 09:17

すでに3人の方から"-1"については回答されてますので、


ちょっと蛇足的なアドバイスを。

>三角すいV-ABCの1辺VAを1:2に分ける点A'を通り
>平面VBCに平行な平面でこの三角すいを切り
>2つの立体に分けた。立体AA'B'C'の体積を96(立方センチメートル)
>とするとき
とありますが、B',C'って?
多分、「点A'を通り平面VBCに平行な平面」とAB,ACとの交点をそれぞれB',C'とする、ってことですよね。

さて、△VABと△A'AB'について考えます。
∠VAB=∠A'AB’(共通)
A'B'//VBから、∠AVB=∠AA'B'(同位角)
2角が等しいから、△VAB∽△A'AB' となります。
同様に△VAC∽△A'AC'、△ABC∽△AB'C'が言えます。
AV:AA'=3:2ですから、△VABと△A'AB'、△VACと△A'AC'の相似比が
3:2になるのは良いですね。
するとAB:AB'=3:2になるので、△ABCと△AB'C'の相似比も3:2です。

これらから、A'B':VB=A'C':VC=B'C':BC=3:2となり、
3辺の比がそれぞれ等しいので、△VBC∽△A'B'C'となります。

4面すべて、相似になるので、立体 V-ABCとA'-AB'C'も相似となる訳です。

(完全に余談でしたね。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
わかりやすい説明で
助かりました。
わからないところが解決できて
うれしいです!!

お礼日時:2002/03/22 09:13

既に30近い会社員です。


中学生の問題、久しぶりに解いてみようと思ってお答えいたします。

>(解答)
>三角すいA-A’B’C'と三角すいA-VBCは相似で
>相似比は、2:(2+1)=2:3である。
>相似比を利用すると、立体A'B'C’-VBCの体積は
>96×((2分の3)の2乗ー1)=96×8分の19=228(立方センチメートル)

(1)まず、最後の文章ですが2乗ではなく、3乗ですよね?
「96×((2分の3)の3乗-1)=96×8分の19=228(立方センチメートル)」
(2)1を引く理由ですが、「立体A'B'C'-VBC」の体積だということに注意してください。これは、三角すいA-VBCから三角すいA-A'B'C'の体積を引けば出てきますよね。
だから、
「三角すいA-VBCの体積=96×((2分の3)の3乗)」から「三角すいA-A'B'C'の体積=96」を引けばよいわけです。
それを計算式にすると「96×((2分の3)の3乗)-96」になりますよね。
これを96でくくった式で表現すると
「96×((2分の3)の3乗-1)」になりませんか?

つまり「-1」は三角すいA-A'B'C'の体積分を表しているのです。
文章にすると説明が分り難いかもしれませんが、参考となれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
私も久しぶりに図形の勉強して
本当に大変でした^^

お礼日時:2002/03/22 08:55

この-1とは、三角錐A-A’B’C'の体積です。



全体V-ABCの体積から三角錐A-A’B’C'の体積96m3を
引くことで立体A'B'C’-VBCの体積がでますよね。
それを96でくくったから-1となったのです。

違ったらごめんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと違ってるように思うんですが・・・
どうも教えてくれて
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/22 08:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三角錐の体積の求め方について教えてください

三角錐の体積の求め方について教えてください

まず最初に、算数レベルの計算も涙目で必死にならないと解けないおばちゃんからの質問だという事を念頭に置いててください。

一辺の長さが5ミリの三角錐があるとして、その三角錐の体積を求めたいのですが、

三角錐の体積=底面積×高さ×三分の一

という式があるまではわかったのですが、三角錐の高さが不明ゆえ計算できません。
一辺5mmの正三角形の面積は(底辺5x√3)÷2で高さを割り出し4.33012702とし
底辺5x高さ4.33012702÷2=10.8253175
おばちゃんの頭でなんとかできたのはここまでです。

お暇な方がいらしたらご教授いただけると嬉しいです。



なんでこんな計算がしたいかといいますと・・・
生姜をすってて最後に指先でギリつまめる程度の三角錐の欠片が残り、
【直径35mm高さ20mmの円柱型の生姜をすりおろしました。
 持ち手として最後に一辺5mmの三角錐型の欠片が残ってしまいました。
 すりおろされた生姜の体積を求めなさい。】
なんていう問題が頭に浮かんじゃったからだけなんです。
円柱の体積は、まず円の面積が半径17.5×半径17.5×3.14=961.625
それに高さ20をかけて19232.5と出ました。
なんだかものすごく大きい数字になってしまい、もうこの計算さえ合ってる自信がありませんが・・・。

三角錐の体積の求め方について教えてください

まず最初に、算数レベルの計算も涙目で必死にならないと解けないおばちゃんからの質問だという事を念頭に置いててください。

一辺の長さが5ミリの三角錐があるとして、その三角錐の体積を求めたいのですが、

三角錐の体積=底面積×高さ×三分の一

という式があるまではわかったのですが、三角錐の高さが不明ゆえ計算できません。
一辺5mmの正三角形の面積は(底辺5x√3)÷2で高さを割り出し4.33012702とし
底辺5x高さ4.33012702÷2=10.8253175
おばちゃん...続きを読む

Aベストアンサー

「全ての辺の長さが 5 mm の三角錐」ということですね.
このようにすべての辺の長さが等しい三角錐は「正四面体」となるのですが, この場合に関しては簡単に体積を求めることができます.
実は, この正四面体は「辺の長さが 5/√2 mm の立方体」をうまく削って作ることができ, 体積は元の立方体の体積のちょうど 1/3 となります. ですから今考えている三角錐の体積は
(1/3)(5/√2)^3 mm^3 でおよそ 14.7 mm^3
と計算できます.
あと, 元の円柱の体積はその数値であってます. 単位が mm^3 なので大きな数値になっていますが, cm^3, つまり「ミリリットル」に直すと 19.2 cm^3 程度です.

Q1立方メートルは1立方センチメートルの1000倍のようですが 1立方センチメートルは1㎝*1㎝*1㎝

1立方メートルは1立方センチメートルの1000倍のようですが
1立方センチメートルは1㎝*1㎝*1㎝
1立方メートルは100㎝×100㎝×100㎝
で1000000倍になるのではないですか?
なぜ1000倍なのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして

おっしゃるとおり立方メートルは100㎝×100㎝×100㎝で1000000倍になります。

>1立方メートルは1立方センチメートルの1000倍のようですが

これが間違っています。平方と立方が混同されているのではないでしょうか。

Q10グラムの塩が入いる三角錐をつくりたい

10グラムが入る三角錐をつくりたいのですが、半径と高さを三角錐の公式から導きたいのですが
できません。すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

No.3 です。一部書き間違えてましたので訂正。

誤>3.14xr^2xhx1/3=91000
正>3.14xr^2xhx1/3=9100


ところで、こんなページを見つけました。
http://www.shiojigyo.com/a040encyclopedia/encyclopedia2/encyclopedia2_1/

>比重
の項目。
>比重は2.16。ただし、サラサラした塩の、みかけの比重は食塩で約1.2です。

No.1さん、No.2さんが言われるように
塊でなく粒や粉だと隙間に空気が入ってる分軽いので、
それを加味するとこんな数字になるという事です。

No.3 では「10ccで11グラム」→ 比重は1.1 と見てましたが、
比重1.2 なら体積は少し小さくてよく、
10グラムには 8,333 mm^3 で足ります。

No.3では
>r^2xh≒8694
と書きましたが、比重1.2なら
r^2xh≒7961
となる r と h を求めましょう。
一例として
r=14mm、h=40mmだと 8,206mm^3、約9.85グラムです。

もうひとつ大きな勘違いをしてました。

「円錐」と思ってましたが、求めたいのは「三角錐」ですか?
正三角錐だとするとその体積は
a(一辺の長さ)^3x(√2)÷12 だそうですから、
これが=8,333 となる a を求めましょう。

a=41mm と仮定すると、
体積は約8,122mm^3、重さ約9,747グラムと、近いですね。

No.3 です。一部書き間違えてましたので訂正。

誤>3.14xr^2xhx1/3=91000
正>3.14xr^2xhx1/3=9100


ところで、こんなページを見つけました。
http://www.shiojigyo.com/a040encyclopedia/encyclopedia2/encyclopedia2_1/

>比重
の項目。
>比重は2.16。ただし、サラサラした塩の、みかけの比重は食塩で約1.2です。

No.1さん、No.2さんが言われるように
塊でなく粒や粉だと隙間に空気が入ってる分軽いので、
それを加味するとこんな数字になるという事です。

No.3 では「10ccで11グラム」→ 比重は...続きを読む

Q相似な立体の体積比(数学IA) について教えてください。

相似な立体の体積比(数学IA) について教えてください。

数学IAの問題で
添付図の立体は、底面の半径が4cmの円錐を底面から2cmのところで底面に平行な平面で切ってできたものである。この立体(太線)の体積を求めよ。

という問題です。解答によると元の円錐の体積をVとすると求める立体の体積Sは

S={1-(3/4)^3}V

となっています。{1-(3/4)^3}この部分が分かりません。何故このようになるのか教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

おはようございます。
まさに「相似」を活用する問題ですね。

>{1-(3/4)^3}この部分が分かりません。
全体:V(底面が半径 4cmの円の円錐)から上の部分:U(底面が半径 3cmの円の円錐)を差し引けば、問題の円錐台の体積が求まりますね。

Uは、Vを 3/4に縮小した円錐になっています。
ということは、体積比は(相似比の 3乗)に比例するので
V- U
= V- (3/4)^3* V
= { 1- (3/4)^3 }* V

となります。

Q三角錐の表面積

三角錐の表面積の求め方について質問があります。
普通、球の表面積を求めるときは、球(球A と仮定する)をつくり、その球より一回り小さい球(球Bと仮定する)をつくり、球Aの中に球Bをいれ、球Bを球Aの大きさに近づけて、その体積の極限をとることで(微分してやる)ことで球の表面積を求めますよね。その考え方を利用して、三角錐の表面積を求めてみたいと考えてみたわけですが、うまくいきません。(高さと半径という変数が二個あるので偏微分をつかうのかなと考えてみたり、問題を簡単にするために、三角錐の高さと半径を同じ長さを考えてみましたがうまくいきませんでした。)
なお、三角錐の展開図から求める方法はわかっています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

立体図形で (体積)'=表面積 の問題ですが,まず平面図形で (面積)'=周の長さ を考えてみましょう。

正三角形の場合,一辺の長さをrとして考えると
L=3r S=√3/4r^2 → S'=√3/2r≠L  ×

中心から各辺までの距離(内接円の半径)を r として考えると
L=6√3r S=3√3r^2 → S'=6√3r=L  ○

一般の三角形で,内接円の半径を r,L=αr とすると
S=1/2rL=α/2r^2 → S'=αr=L      ○

すなわち,内接円の半径を基準に考えるとうまくいきます。なぜでしょうか。
三角形を拡大していくときに,相似の中心からすべての辺に垂直にかつ等距離になっているからです。

というわけで,円錐の場合,内接球の半径rで体積Vと表面積Sを表せば V'=S になるはずです。

内接球がないような立体ではうまくいかないでしょう。

Q相似比と表面積比・体積比

相似な立体があり.相似比が2:3です

(1)2つの立体の表面積の比を求めてください

(2)2つの立体の体積比を求めてください

解き方の説明があればうれしいです
お願いします!

Aベストアンサー

立体が相似であれば、それらを構成する面の形もまた相似になります。相似な図形の面積比は相似比の二乗になるので、二つの立体の表面積比は4:9です。

相似な立体の体積比は相似比の3乗になるので、二つの立体の体積比は8:27です。

簡単な立体(例えば立方体)で考えてみると判りやすいと思います。

Q三角錐の体積

三角錐O-ABCと底面ABC上の点Xは、OA=2,OB=3,OC=4
∠AOB=∠BOC=∠COA,∠AOX=∠BOX=∠COX=30°を満たす。
このとき、三角錐O-ABCの体積を求めよ。

普通は、三角錐の体積は、1/3×底面積×高さで求めるところだと
思うが、この場合は違うように思った。三角錐を3つに分割して考えるのでないかと
思ったが、2つの角度の条件をどう使うのか、分からなかった。

OX=kとして、余弦定理をもちいて、AX^2=2^2+k^2-2*2*k*cos30°
などとしてみても体積につなげることができず。
∠AOB=∠BOC=∠COA=θして、余弦定理をもちいて、AB^2=2^2+3^2-2*2*3*cosθ
としてみても、これまた他の条件とどう関連づければよいかわからず。
よろしく、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

辺OA, OB, OC上に OA'=OB'=OC'=1 となる3点A', B', C'をとると、角度の条件より
三角錐O-A'B'C'は正三角錐になりますから、その体積を求めるのは容易です。
後は、その体積を 2*3*4=24倍すれば三角錐O-ABCの体積になると思います。

Q相似比・面積比・体積比

相似比がm:nのとき、面積比はm^2:n^2、体積比はm^3:n^3となりますよね。

例えば、相似比が与えられていて、それを利用して面積を出すといった問題がありますが、時々、相似比を使う場合と、使わない場合がごちゃごちゃになって解答されている問題があります。

相似比を利用する場合と利用しない場合、どのように見分ければよいのでしょうか?

回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>相似比を利用する場合と利用しない場合、どのように見分ければよいのでしょうか?
「相似比」は、相似な図形(もとの図形とその拡大版、または、もとの図形とその縮小版、あるいは、形が同じで大きさが違う図形)に対してだけ考えることができます。
相似な図形でない場合は、相似比は使えません。

Q展開図を作る練習するのに、一番カンタンなのは三角錐(さんかくすい)?

展開図を作る練習するのに、一番カンタンなのは三角錐(さんかくすい)?

正三角形を4枚、はりつけた形の
さんかくすいが、展開図の練習する上で
一番、シンプルな形?

さいころだと6つの面ができてしまいますよね

Aベストアンサー

面の形が四角形の方がわかりやすいと思います。
三角錐の場合、面の数は少ないですが、面の形が三角形なので、展開図の形によってはわかりにくくなります。
また、さいころのような直方体だと、全ての面の形が同じ形なので、立体の場合と展開した場合とで、どこにどの面がきているのかがわかりにくいので、練習は立方体をおすすめします。
(過去に中学生に教えていたときの経験より)

Q相似形の体積比、面積比

相似形の面積比は相似比の2乗
面積比がわかっていて相似比を出したいときは√面積比でいいのはわかりますが、

相似形の体積比は相似比の3乗
この場合、体積比がわかっていて相似比を出したいときはどうするのでしょうか?

何方か教えてください><。

Aベストアンサー

例えば体積比が1:27の相似な立体の相似比は1^3:3^3より1:3ですね。
逆に考えればいいんですよ。


人気Q&Aランキング