先日、入籍したんですが役所から連絡があり、戸籍の名前の漢字が間違って登録されていると言われました。出生届けは正しくかかれていたそうなんですが、当時、役所のパソコンのような機械で私の名前が正しい漢字に変換できなかったらしく、昔の字体(古い漢字?)で登録してしまったのことです。結局、私自身からの申し出と言うことで、戸籍を変更したのですが(当然、戸籍には名前変更として記録が残ってしまうそうです。)同じような経験をしたことのある人がいたら、話をきかせてください。この事に対して私の両親はすごく怒りを感じています。なんてったってうまれてからずっと違う名前だったんですから。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

質問者の意図から離れている事は充分に承知しているのですが、


公務という仕事について、ほんの少しでも理解を示された上で、
そこから、話しをして欲しい。
ごめんなさい。これは質問者にも言える事です。

まず、「うまれてからずっと」かどうかを担当の方から
そう聞いていればそうでしょうけど、戸籍を見てそう
判断されていれば、見ているものが電算戸籍だった場合に
電算改正時のミスが考えられる。そう書きませんでした?
電算改正は本人で届を出すわけではないですから、
ある意味では本人の知らない内での戸籍変更ですし、
もしそうだとしたら、
最悪「生まれた時からずっとじゃなかったかも?」という
淡い期待を持ってしまったんです。申し訳ありませんでした。

初めからこういう指摘をするのは、
役所の仕事は確かに市民の為に行われるものです。当然です。
ですが、同じサービスとはいっても
「100万積むから俺の名前を変えろ!」なんて要求、
お受けするわけにはいきません。
馬鹿げた事をいっていますが、現実に「そんな事が出来ないのか!」と、
お叱りを受けるケースだってあるんです。当然にその人は
「全く役所は体質がなっていない!」で締めくくられます。
私がどうしても「そう曲解されたくない」と、批判してしまったのは、
少し考えれば犯罪行為であるにもかかわらず、それが全て
「役所の体質が悪いから出来ない」と誤解されている事、
そういう事例の方がどちらかと言えば多いんです。
だから、軽はずみに「体質」で片付けられるのはとても危険である事、
どうかご理解下さい。
質問者にも言えると申し上げたのは、役所の方とも色々と
話しをされて、ちゃんと理解されて、その上で判断されているのか、
その前に「体質が悪くて…」が頭にちらつく為に、理解力の働きを妨げて、
どこかで少し誤解があったりしないかどうか。
それが気になるんです。
婚姻ではないのですが、ある届け出で、戸籍謄本を請求された時に
名の間違えに気付いた様で、それは電算改正の時のミスでしたが、
30分の長い説明の末、それでも「生まれた時から間違えられていたんだ」
という誤解を拭い去る事は出来ませんでした。
質問者komotoさんはそのような事はない筈と、私は信じます。
ですが、私の経験からの誤解、「体質が悪いから!」で頭ごなしに
言われた時の事が頭にちらつくと、「もしかして誤解してない?」と、
また、あらぬ疑いの目で見てしまうみたいです。
だから気になったんですよね。ごめんなさい。

市民と役所。こちらの解答者同志。
お互いを批判する前に、どうしてそういう考えをするのだろうを
考えてあげる必要。あるんじゃないですか?
その点で、皆さん同じ同じ過ちを犯しています。私も含め。です。
hanazonoさん、電算システムの導入をされている方でしたよね。
それを理解してあげれば、「『変更』の言い方ではなくて、『訂正』と
言うんです。」で、すむ事です。「『変更』と言ってしまうと、他の届け出の
場合と誤解されますから。」これで充分意味は通じますよね。
その点ではhanboさんの言われる通りです。
私達のこういう説明の仕方を指して、「役所の体質が悪い!」と言われるのは
これはもっともな事だと思いますよ。気をつけるべきです。
それにしてもIslayの勉強熱心には頭が下がります。
私も見習わないと…。
で、今度は弁護しますけど、私が「困る」と書いたのも、
Islayさんの「我慢がなりません」の場合も多分きっと、
現実にこの「体質が悪い」と言う一言で、業務に支障をきたして
いるという部分もあるからなんです。「市民の為の仕事」をする為に、
こういう発言が「我慢がならない」気持ちも理解してあげてください。
    • good
    • 0

#3です。

法務局職員ではなく地方自治体の戸籍事務担当職員です。

質問者の方が、
>なんてったってうまれてからずっと違う名前だったんですから。

と仰っておられますので、今回の事例には戸籍電算化は無関係です。
平成6年に戸籍事務を電子情報処理組織を持って取り扱う制度が新設されておりますので今回婚姻される方の出生届が電算戸籍により処理されることは100%あり得ません。
確かに途中で紙戸籍から電算戸籍に改正されることはあり得るかもしれませんが、それは今回の事例においては全く無関係の業務であります。電算処理セットアップ時の移記間違いということであれば質問者の方がこのような質問を提起することにはなり得ません。

>職権による名前変更についての問合せをよく受けました。

今回のような質問に対し回答されるのであれば用語にもこだわって頂きたいと思います。

「変更」「訂正」「更正」「(市区町村長の)職権訂正」「(法務局の)許可訂正」等々はそれぞれに意味があり、混同して使用すべきものではありません。

「名変更」は市区町村長の職権により行えるようなものではありません。戸籍法107条の2により規定されるとおり家庭裁判所の許可を要します。

「訂正」は誤りを正しく改めることですがその内容や重要度により訂正を許可するレベルが異なります。

市区町村長の職権<法務局長の許可<戸籍法113条(家庭裁判所の許可)<戸籍法114条(家庭裁判所の許可)<戸籍法116条(家庭裁判所の許可)

また、「更正」は従前では正しい記載であったものが法令や家族関係等の変化により現在の実情に合致しなくなった場合に正しい記載に改めることを意味します。


一口に戸籍訂正と申しますが手続きは全く異なるものです。

#6の回答におきまして
>No1では、私の家族が以前に同様のケースであったために
とのように仰ってますが、客体は同じ「名」であるでしょうが事例としては全く異なるものであり、それを解決する事務手続きも当然に同様ではありません。
先の回答は不必要に質問者の方を煽るもので、手続の助言としても感情的アドバイスとしても解決の方向に向かう流れを妨げるものとしかとらえることが出来ません。

>私自身からの申し出と言うことで、戸籍を変更したのですが
このことは、担当された役所では(komotoさんを納得させる説明が出来なかった、という点は抜きにして)現在出来る極めて順当な事務手続きを行ったということであると考えます。
よって、私は同じ事務を担当するものとして、また過去に同様の苦情を頂いた立場から戸籍事務担当者として質問者の方に過去からの経緯と現状を書かせて頂きました。
それにより質問者の方の感情を害されたのであればお詫びいたします。

私も実務に於きまして同様のお怒りに対し過去幾度か対応させた頂きましたが、どの事例にしてもお客様の満足の得られる回答をすることが出来たとは思っておりません。それだけ戸籍に於ける文字の問題というのは根が深いものなのです。
質問者の方がお怒りを感じられるのは当然のことであり、それはこちらとしましても謙虚に受け止め、以後の事務に反映させていきたいと考えております。
    • good
    • 0

名前が違って登録された件については何らかの原因があり、現在の戸籍係では


わからない理由かもしれません。誰が悪いとかいう問題ではなくて、これから
どうすることができるのか、という話を前向に検討した方が良いと思います。

私が戸籍システムの仕事をしている時には、職権による名前変更についての問合せ
をよく受けました。問合せ内容は「システム上でどのように職権訂正を行えば
良いか」というシステムに関する問合せと、「こういった時はどのような手続きに
なるか」という戸籍事務についてです。
私のつたない記憶ですが、一度名前変更をしてもシステム上での職権訂正は好きな
ようにできます。名前変更を職権訂正でしてもらうことも、物理的には可能です。
※役所で認められるか、役所の人がその処理をシステム上でできるかにもよります。

もう一度、そういった場合の戸籍についての事務処理や戸籍法をご自分の中で
再整理し、役所の方に相談するのも手ではないでしょうか。
下の方がおっしゃってるように、転籍すれば過去の戸籍が消えますが、、、
入籍されたということは、旧姓の戸籍で名前変更してから除籍して旦那様の新戸籍
に入られた(orご自分が新戸籍を作られた訳ですし、古い戸籍をひっくり返す事も
あまりないでしょうから、、、(縁起が悪いですが、離婚してもモトの戸籍には
戻れなかったと思います)良い思い出にできれば、それもそれで良いのでは
ないでしょうか。

つまんなくてお役にたてない書き込みを何度も何度もすいません。
    • good
    • 1

 No1です。

経験者の方や専門家の方から、色々と非難を浴びていますが、住民の立場からはやはりミスと思わざるを得ません。又、色々とパソコンのご説明や、タイプライターの活字の件が推測されていますが、住民にとって見れば、増して名付け親にしてみれば、自分が名付けたわが子の名前が異なって戸籍に記載されていたとなると、ご質問のように怒りを感じるのは当然です。

 役所の窓口で、どのような経緯であったとしても、担当者からの説明責任を果たしていたなら、ここに質問という形で書き込まれなかったでしょう。役所での十分な説明があれば、納得をしたと思うのです。しかし、それが無かったと思われますので「結局、私自身からの・・・・」という形で、役所に対する不満とも思われる質問内容になっています。

 住民にとっては、出生届を提出後の事務処理手順など関係ありません。出生届を受け付けたのであれば、その通りに戸籍が作られて住民票が作られればよいのです。パソコンやタイプのことは、住民にとってはどうでも良いことです。損得があった無かった、という問題でもありません。届けた名前で、関係書類が作られているかどうか、それだけが問題です。

 No1では、私の家族が以前に同様のケースであったために、その時の役所の担当者とのやりとりから、職権訂正、昔は届け出通りの字で登録していた、タイプのない時代は手書きの戸籍なので読めない字がある、等のやりとりから回答をさせていただきましたが、もし、私の思いこみや勘違いによって、現在の役所の担当者の方にご迷惑や、心情を損なうような内容があった場合には、お詫びいたします。

 しかし、住民からすると違っていたことが、損得が無いとか、字が違っていても読み方は同じ、戸籍の電算化移行による変換ミス、タイプライターの活字、等の理由があったとしても、このようなことは他にもあります、と言うようなことで処理される問題ではないと思います。やはり、出生届を受け取ったからには、その通りに処理する義務があるでしょうから、役所としても謝るところは謝って、住民に対して納得のいく説明をしてほしいと思います。そのような説明がされたならば、このような質問は無かったでしょう。

 ちなみに、回答者の方の「専門家」の方は法務局勤務ですよね。ご指摘、ありがとうございます。私も、法務局方や役所の戸籍担当者に会う機会がありましたら、再度確認してみます。
    • good
    • 0

ちなみに、入籍(婚姻での入籍で宜しいですよね?)の届を出される時、


ご自分の従前(婚姻前の)戸籍抄本ないし謄本はご覧になられました?
縦書きでしたか? それとも横書き?
出生届を出された当時は、パソコンいわゆる
電算入力ではなかったと思われます。Islayの言われるとおりです。
そうなると、手書きもしくは和文タイプライターによる
縦書きの紙戸籍が作成されたものと思われます。
けれども、その従前の戸籍が電算戸籍(コンピューター入力)と
呼ばれる横書き戸籍だったら、もう一つこういう事が考えられます。
紙戸籍から、電算戸籍に改正する際の、セットアップミスか、
変換字体がないとすれば、セットアップ時に、大至急で作られた
外字で登録されたと言う事も考えられます。
縦書きの戸籍であれば、下に言われるとおりなのですが、
横書きの戸籍だったとしたら、出生届け当時に作成された戸籍とは
考えられません。つまりこの場合、電算化された時からの
誤りだったと言う事もあり得るんです。

ごめんなさいね。公務員は仲間意識が強くて…なんて思われてしまいそう
ですけど、Islayさんの言われる通り、私の所でもよくありました。
ただ、だから勘違いして欲しくないのは、戸籍と言うのは、
役所がその人物を登録する公簿です。
言い方を悪くすれば、役所がその人をお呼びする時の名簿。
変に解釈をすれば、役所がその名簿をどう書こうと勝手。
そうも言えますけど、逆に言えば、戸籍にそう書かれているから、
その人の字はこれが正しいんだ。と断定しなくても良いんです。
確かに、役所が発行する公文書は、戸籍の記載に基づいています。
ですから、住民票や印鑑登録証明書などは、戸籍の字体ですが、
実際それらを添付して企業などと契約を結ぶ場合でも、
契約書には違う字体を使用する。
これはその時にお互いが納得して「こういう名前なんだ」と認識され、
お互いの間では間違いなく正しい名前と言えるんです。
どちらが正しくて、どちらが間違いで、という事もないんです。
恐らくご両親のお怒りの中に、
「今まで書いていた契約書、ずっと間違った名前扱いされてきた。」
なんて思っているのではないでしょうか? 
それはその時々で正しい字。そういう事なんです。
また、戸籍を変動するという事自体、あまりない事です(普通の人なら
出生、婚姻、死亡ぐらいでも済みます。)から、こういう書き写すという
戸籍異動のケースが生じた時に初めて分かると言う事も、
割と多いケースです。念の為に謄本をとられる人もいますけど。
だから、十年以上戸籍が間違って…、という事あまり珍しくないです。
だからあまり気にされずに。なんだかすごい言い訳ですね。我ながら…(;-;)
ついでに言えば、役所の公簿を役所が勝手に間違えたのですから、
それで、「誤記による訂正です」と、記載されていると思います。
その事によって何らかの不利を受ける事はない筈ですよ。安心してください。

やっぱりhandoさん、ちょっとムッとしたんですけど、「ミスをミスで隠す」
つもりなら、最初からこういう「訂正」事項を付したりせず、
勝手に書きかえればすむ事ですよね。
そういう職権の誤りですら隠す事が出来ないのが、戸籍の仕事です。
そこは少し勘違いされていると思いますよ。
(ごめんなさい。そういう方向に曲解されると、困るんです。)

最後に少し裏技。
除附票が生じて、住所のつながりが分からなくなるかもしれない等の
不利があって、あまりお勧めしないのですが、一度その市町村外へ
転籍されては如何ですか? (同一の市町村ではダメです。他の町へです。)
そうすると、その市町村でもう一度戸籍が再編成されるのですが、
その際に、訂正事項など、次の戸籍に引き継がなくても良い記載事項は
引き継がないんです。((婚姻されている人の離婚事項などと同じです。)
なので、管外に転籍をされると、その訂正事項はすっきり消えるはずなんです。
一度役所ともご相談なさってみては如何でしょうか?
    • good
    • 0

二度目ですいません。

気になったもので覗いてみました。
もう既に専門ではないので現職のIslayのおっしゃることがきっと正しいのでしょう。

で。Islayさんが
>hanazonoさんの書かれておられる戸籍のシステム化というのは平成に
>入ってからのことですので今回の事例には関係無いかと思います。
とおっしゃられましたが、戸籍のシステム化がされる第一段階では
紙の戸籍を元にPCに戸籍データが入力されます。
事例としては「システム移行時の入力ミス」いというのも結構ありましたので、
原因としてはこの段階でミスがあった可能性もあるのでは~?
なんて思うのはしつこいですかね?
    • good
    • 0

戸籍事務従事者です。



不愉快なお気持ちは十分に分かります。しかしながら現状では致し方のない部分も含まれておりますので、何とかご理解いただきたいと思います。

この事態を推測しますに、出生届の字と戸籍の字が同じ漢字の旧字体と通用字体とが異なっていたものと考えます。
先日、入籍(婚姻のことですよね)されたとのことですので出生届が提出されたのは2~30年と想像しますが、戸籍の記載にパソコンが使われることは100%ありえませんので、戸籍用タイプライターにより記載をされていたのではないかと考えます。おそらく、当時のその役所には旧字体の活字しか存在しなかったのではないでしょうか。

今回、婚姻されるとのことですので、婚姻前の戸籍において「文字更正の申出」をもらった形で名の文字を通用字体に更正し、新戸籍に更正の記載を持ち越さないようにしたものと推測します。
名変更となりますともっと大掛かりな手続きが必要とされますので(家庭裁判所に行く必要がある)

まず、そのような事件の起こってしまった最大の問題は、時代によって氏名に使用される漢字の取り扱いの意識に大きな差異が存在することです。

・昔は、市民の方も戸籍事務担当者も文字に対しおおらかで(ある意味において無頓着)あったらしい。

・(当時は)漢和辞典によって、通用字体と旧字体の取り扱いが異なっているものがあったり、当時区別していなかった活字のデザイン上の差異が後日、旧字体として扱われることとなってしまったものがある。

上記の2つがもっとも大きな理由です。

お怒りに油を注ぐことになるのは承知であえて申し上げますが、かつては同じ文字に関する法律の条文を、出版社が異なる二冊の本で比較すると異なっているものがあったり、同じ辞典でも旧版と新版とで使用される活字が異なっている状況であったのが実際ですので、どうしようもない、というのが正直なところです。

私どもの職場におきましてもkomotoさんと同様の申し出をされるお客様はおられますし、おそらく全国の役所で似たようなやり取りはかなり行われているものと推測します。

人間の行う業務ですので完璧、というのは困難ではありますがこのような事態にならないように現在ではどこの役所でも文字に対する取り扱いは厳密になっておりますし、私どもの職場では法務省から出されている誤字俗字一覧はもちろんのこと、新旧6種類の漢和辞典を必要に応じて使用しながらkomotoさんのような事態が今後発生しないように注意しながら事務を行っております、なにとぞご理解下さい。

文字に関する取り扱いは問題が複雑ですので書ききれないことも多々あります。補足いただければ、それに対し回答いたします。

あと、先に回答された方ですが、

hanazonoさんの書かれておられる戸籍のシステム化というのは平成に入ってからのことですので今回の事例には関係無いかと思います。

また、hanboさんのご意見ですが、それに対する私の意見は以下のとおりです。

>本人の申し出によって処理するのは、役所のミスをミスで隠そうとする体質です。
今回の事例と体質とは無関係です。同一視しないでください。

>役所のミスであることが明白ですので「職権により訂正」をすることが出来ます。
不可能です。

>本人に責任転嫁をする必要はありません。
責任転嫁をしているわけではなく、改めて意思確認をしているのです。世間には「戸籍が絶対に正当」と信じておられて、(たとえ本来的には誤りであっても)戸籍にあわせて名前を使用されておられる方も多々おられますので。

>出生届の字がそのまま戸籍に使われますので
かつてはともかく、現在ではそのようなことはありません。法により名に使用して良い文字が定められておりますので、それを逸脱することは許されません。
    • good
    • 0

役所に戸籍システムを導入している会社で仕事をしていました。


下の方がおっしゃる通り「職権訂正」を使うことができ、その場合戸籍には記載されません。

私がいた会社のシステムでは、戸籍がシステム化された際に、PC上に無い字は作成して
使うということができました。
また、戸籍がシステム化された際に使える漢字と、出生時に役所に届けられる漢字は
同じはずなので、明らかに役所側&システム会社のミスではないかと思います。
※以下を参照してください
http://good-52.virtualave.net/senrei/so-teisei.htm
http://www01.u-page.so-net.ne.jp/fb3/niop/koseki …(第24条)
    • good
    • 0

 ご質問の内容は、役所側のミスで処理されていた名前が、婚姻届の際に確認をしたところ誤りを発見したと言うことですが、出生届に正しく書かれていたにもかかわらず、本人の申し出によって処理するのは、役所のミスをミスで隠そうとする体質です。



 そのような場合には、本人に申し出をしてもらわなくても、役所のミスであることが明白ですので「職権により訂正」をすることが出来ます。本人に責任転嫁をする必要はありません。

 又、出生届の字がそのまま戸籍に使われますので、正しい漢字を書いたつもりでも、飛び出て書いてしまったり、突き抜けるところを突き抜けていなかったりした場合には、届け出の字で登録がされますので、一般的な漢字とは異なった戸籍の氏名になっている場合はあります。出生届後に戸籍を見ることはそうありませんし、婚姻届の時ぐらいに再確認がされて、訂正をするケースはあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出生届を出したらもう名前の修正は不可能ですか?

先日、生後10日目に出生届を出したのですが、その後本当にこの名前でよかったのかと少し後悔しています。というのが、とびきりおしゃれではない名前だと思うのですが、人からは「素敵な名前ね」「女優さんみたい」というリアクションばかりで、そう言われると実際のわが子の雰囲気とはちょっとかけ離れているような気がしてなりません。いわゆる「名前負け」と人から将来言われるようになったらととても心配で、もっと無難な名前にしておけばよかった・・と思うのです。もう出生届を出したら変更は絶対できないのでしょうか?区役所に直接相談する前に「こういう理由であればOK]等情報があればとても助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記にもあります通り、受理された
届書の効力は絶対です。
受理されたあとでの訂正があるとすれば、
届書に誤記があった場合くらいです。
例えば筆頭者の漢字氏名を書き間違えて
いるので、届書を直しましたとか、
子の名については、子の名に使用できない
漢字を用いていたので、他の字体に
直してください。という通知があるいは
来るかもしれないくらいです。
届出者本人から名の変更を…ということは
できないですね。
方法は無くはありませんが、つまり下記に
ある通り、「名の変更」届です。

ここでもう一つ考えて欲しいのは、親は親権者
として子に命名する権利を代託されています。
その名前はすでにお子様のものですので、
その名を変えるのも、お子様の私権を代託する
ことになるという事を忘れないでください。
難しい話しですけど、名前を変更する権利を
有しているのは本来であればお子様にあります。
自分の意思表示が不可能な子の名の変更に
かかる権利を代託できるかどうか、
これも一つに大きなハードルになります。
名の変更を親が届けるのは結構面倒なんです。

女優さんみたいな素敵な名前も多いですよ。
外国の女優さんの名前に漢字あてたような名前も。
名前負けかどうかを今のうちに判断してしまうのは
ちょっと時期尚早な気がします。
初めにつけてあげたその直感のまま育ててあげる
ことの方が大事なのではないですか?
「名は体をあらわす」はきっとあとからついてくる
ものなのではないかなという気がします。

下記にもあります通り、受理された
届書の効力は絶対です。
受理されたあとでの訂正があるとすれば、
届書に誤記があった場合くらいです。
例えば筆頭者の漢字氏名を書き間違えて
いるので、届書を直しましたとか、
子の名については、子の名に使用できない
漢字を用いていたので、他の字体に
直してください。という通知があるいは
来るかもしれないくらいです。
届出者本人から名の変更を…ということは
できないですね。
方法は無くはありませんが、つまり下記に
ある通り、「名の変更」届です。
...続きを読む

Q苗字の漢字を変えるには?

苗字に「﨑」という字がつきますが普段は「崎」を使用しています。
戸籍?の字も「崎に変えることはできますか?
両親とはなれて一人暮らしですが変える場合は家族全員のを変えることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 おはようございます。

 以前、役所で戸籍事務をしていましたので、何でも聞いてください。分かる範囲でお答えさせていただきます。

 では、説明開始!

 「澤村」を「沢村」に、「廣瀬」を「広瀬」に、「渡邊」や「渡邉」を「渡辺」に変更したいというときはどうすればよいのでしょうか。
 このように漢字としては同じ意味の漢字でも字体の違う漢字がたくさんありますね。氏を変えたい、名を変えたいというのとは少し違って、字体だけを変更したい場合です。

 とりあえず、漢字は、
・正字(文字通り正しい字)
・俗字(正字とはいえないが俗によく使われている字)
・誤字(文字通り間違っている字)
に大きく分類することができます。

 上の例は、「澤、廣、邊、邉」も「沢、広、辺」も全部「正字」、正しい字です。まちがった字ではありません。それでは何が違うのかといいますと、「澤、廣、邊、邉」はいわゆる旧字体(昔はこれがまさに正字といわれていたのでしょう。)で、「沢、広、辺」は通用字体(現在はこちらの字が広く使われています。学校で習うのもこちらですね。)と呼ばれるものです。

 このように、旧字体を通用字体に変更したい場合は、本籍地の役所で「文字更正の申し出」をすれば、通用字体に変更することが可能です。
 手続はものすごく簡単です。「申し出」の用紙に必要事項を記入して本籍地の役所に提出するだけです。戸籍の字が修正されるのはもちろんのこと、住民票の字も修正されます。

 正字(旧字体)から正字(通用字体)の変更は簡単ですが、逆に「沢村」(通用字体)を「澤村」(旧字体)にという変更はできません。

 ここまでは、あなたのケースではありませんから、参考です(すいません。長くなっちゃいました。まー知識としてもっておかれても損はないと思いますので)。


戸籍には、正字だけでなく、俗字や誤字もたくさん記載されています。昔は手書きで戸籍を記載していたので、書く人のくせなどもあり、信じられないほどたくさんあります。どんなに大きな漢和辞典を見ても載ってない字もたくさんあるのです。
 やっかいなことに戸籍に記載されている氏名が正しい氏名ということになっていますから、誤字で戸籍に記載されている人は、その誤字がその人の正しい氏名になっているわけです。当然、住民票に記載される氏名も戸籍と同じです。

 いよいよ本題です。

 「誤字」や「俗字」を正字に変更したい場合も本籍地の役所に申し出すれば字を訂正してもらえます。
 あなたの場合は、「俗字」に当たりますので、簡単に変更できます。

>両親とはなれて一人暮らしですが変える場合は家族全員のを変えることになるのでしょうか?

 戸籍の現物を見ていただくと早いのですが、名字(氏)は戸籍の一箇所にしか書かれていません。戸籍の一番初めに書いてある、本籍地の地名の下に、筆頭者(お父さんのことが多いと思います)の氏名が書かれています。ここにしか「氏」は書かれていないんです。例えばあなたの欄を見られると、「名」しか書かれていません。
 ですから、戸籍の「氏」を変えると言う事は、自動的にその戸籍に載っている人全員の「氏」が変わることになります。
 もし、それが困るということであれば、あなただけ戸籍から抜け、1人で新しい戸籍を作り(「分籍」といいます)、それから訂正を申し出られれば、あなただけが変わります。

 こんなところです。補足が必要でしたらどうぞ♪

 おはようございます。

 以前、役所で戸籍事務をしていましたので、何でも聞いてください。分かる範囲でお答えさせていただきます。

 では、説明開始!

 「澤村」を「沢村」に、「廣瀬」を「広瀬」に、「渡邊」や「渡邉」を「渡辺」に変更したいというときはどうすればよいのでしょうか。
 このように漢字としては同じ意味の漢字でも字体の違う漢字がたくさんありますね。氏を変えたい、名を変えたいというのとは少し違って、字体だけを変更したい場合です。

 とりあえず、漢字は、
・正字(文...続きを読む

Q婚姻届の証人欄に不備があった場合…

婚姻届の証人に署名・捺印を、彼の父親と私の父親に頼みました。
彼の実家も私の実家も離れているため、それぞれの実家に婚姻届を郵送して署名・捺印してもらいました。

そして、今、送り返されてきた婚姻届を見ていて気付いたのですが…
気になる点がいくつかあります。

1.本籍・住所ともに「都道府県」から書いておらず「市区町村」から書き始めている。
2.生年月日に「昭和」ではなく「S」と書かれている。

このような婚姻届では記載不備として受理してもらえないでしょうか?
その場合、訂正するのは私or彼でも問題ないのでしょうか?
(証人欄に捺印してある印鑑は彼の父・私の父のものなので、「訂正印押して、書き直して!」って言うにしても、また郵送して…だと時間がかかるなあと思って、心配です。私or彼の印鑑でも訂正印として訂正できるのでしょうか?)

本当は区役所に確認できれば良いのでしょうが、なかなか時間がなくて確認しに行く時間がありません。
おわかりの方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんばんは。元プロです(笑。役所で、戸籍の担当で山ほど婚姻届を受け付けていました)。

 お答えから書きますと、全く心配いりません。極端に言えば、架空の住所を書いてあろうが、架空の人物が書かれていようが、ちゃんと住所、氏名らしき物が書いてあり、名前と同じ判子さえ押してあれば大丈夫です。証人欄とはその程度のものです。
 届書を審査する際も、本当にそんな人が存在するのかとか、調べたり一切しなくてもいいことになっています。

 明らかに受理してもらえないのは、主に次の3点です(いかにも役所的な話なんですが)。

・シャチハタの判子(つまり、朱肉を使っていない場合ですね。保存している間に、滲んで来るからです)で押してある場合
・あなたの場合のように、ご両親などに書いてもらう場合(つまり、同じ姓の場合)、届け人と証人が明らかに同じ判子を押している場合
・生年月日から見て、証人が未成年の場合

です。最後は責任能力から何となくわかりますが、前の二点は役所らしいでしょ(笑)。

Q住民票の職権記載について教えてください。

どういうときに「職権記載」が住民票に記載されるのでしょうか?これについて詳しい方、どうか教えてください。

Aベストアンサー

住民票に記載事項が起こる為には
次の三つの場合です。
1、届出
2、通知
3、職権(市区町村長の職務権限)
届出は住民から直接届が提出された場合。
通知は、他の市区町村から住民票の内容が
変わりますよと知らせてもらうこと。
(本籍が変わるとか、続柄が変わるとか etc)

難しく考えることはありません。「職権」というから
どんなにすごいことなのかと思いきや、
要するに、届出でもなく、通知にもよらないけれど
住民票の内容に変更が生じた場合は全て「職権」で
記載がされるんです。
大事で言えば、虚偽の転入がばれて
「不在住につき職権消除」ということもありますが、
例えば、ご結婚された場合、その旨を住所地に
婚姻届で届けられた場合、戸籍への届出は
出ていても、住民票上続柄や、本籍が変わる事を
わざわざ届け出ていませんよね。
(婚姻届は戸籍簿に対して届け出ているもので、
住民基本台帳に届け出たことにはならないんです。)
そういう時に、世帯主が旦那さんの住民票に
まだ婚姻届が未届だった妻になる人がいれば、
「同居人」→「妻」になり、本籍も旦那さんの氏を
名乗るのであれば、必ず変更があります。
旦那さんも親もとの戸籍にいた人であれば、
少なくとも戸籍の筆頭者は変わります。
これだけの変更を婚姻届という別口の届出に
基づいて行なうには、「職権」によるしかありません。

これがごく典型的な一例ですが、
もっと端的な例で言えば、市町村合併とか、
分区しましたとか、住居表示かされましたとか、
またそれ以外の事由で町の名前が変わりましたとか、
こんな風にして町名変更があったりすれば、
それだけでも住民票は変更されますよね。
これも「職権修正」の一つです。

ですから、大雑把に言えば
他の市町村から来る通知を考えなければ、
お客様の届出によらない住民票処理。
お客様からでは届出ができないので代わりにやって
あげる処理。これが「職権」での処理なんです。

住民票に記載事項が起こる為には
次の三つの場合です。
1、届出
2、通知
3、職権(市区町村長の職務権限)
届出は住民から直接届が提出された場合。
通知は、他の市区町村から住民票の内容が
変わりますよと知らせてもらうこと。
(本籍が変わるとか、続柄が変わるとか etc)

難しく考えることはありません。「職権」というから
どんなにすごいことなのかと思いきや、
要するに、届出でもなく、通知にもよらないけれど
住民票の内容に変更が生じた場合は全て「職権」で
記載がされるんです。
大事...続きを読む

Q車検証の所有者が、なぜかディーラー。 使用者は私。

最近気が付いたのですが、車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
もちろん、お金は購入時に全て払い込みました。

1.このままトラブルなど起こらないのでしょうか?
2.所有者を私に変更するための手続き方法とは?
全く急がないので、お願いいたします。

Aベストアンサー

すでにたくさんの回答ありますが、私も一言。

>車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
◎「所有権留保」による登録です。
所有者は自分であるのに、車検証上自分は使用者となっている。
これは、
ローン購入などで、車両引渡し時に支払が済まない状態の場合で、支払が済むまでの登録方法です。
完済するまで勝手に車を処分できないようにするのが主目的。
所有者はディーラーで、車検証上の使用者に使用権があるというわけです。

>お金は購入時に全て払い込みました
◎前金をいくらか払うなど購入時の約束次第。
通常、登録(ナンバーが付く)と納車までの時間的ズレがあります。
すなわち厳密には、
登録する=車検証とナンバープレートが交付される=この時点で所有者が決まるわけです。
ところが、
いざ納車時に、購入者が何らかの事情で約束どおり全額支払しない場合、納車できないことになってしまいます。
万が一このようなことが起きても、納車できるように考慮すると、ご質問のような登録が有効であると考えることもできます。
ディーラーによっては、このような登録の考えを採用するところもあるようです。
要は、無用なトラブルを避けるためと解釈することも可能です。

>1.
◎すでに他の回答者さんご指摘どおりです。
(1)ディーラーの「倒産」などが心配。
といっても、法的には差し押さえられると言うことはありません。
なぜなら、使用者は完済しているので事実上の所有者だからです。
ただし、わけの分からない「債権者」と称するヤカラが来ないとは限りません。
(2)乗り換えや廃車時に面倒。
「所有権解除手続」を、そのディーラーへお願いする必要が発生します。

上記以外の何らかのデメリットは考えられません。
もちろん車検受には一切関係ありません。

>2.
◎簡単です。
ディーラーへその旨申し入れれば、一切の手続を無料でしてもらえます。

※いずれにしても、所有者変更しておくべきです。
上記は、良い方へ解釈した考えです。
悪く考えれば、
ディーラーが納車希望日に関係なく自社の登録実績を増やすために、購入者の印鑑証明等を待たずに登録してしまったなどもあり得る話ですが。
まずはディーラーへ連絡してみましょう。
万が一、そこで何らかのトラブルが発生すれば、またご質問下さい。

すでにたくさんの回答ありますが、私も一言。

>車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
◎「所有権留保」による登録です。
所有者は自分であるのに、車検証上自分は使用者となっている。
これは、
ローン購入などで、車両引渡し時に支払が済まない状態の場合で、支払が済むまでの登録方法です。
完済するまで勝手に車を処分できないようにするのが主目的。
所有者はディーラーで、車検証上の使用者に使用権があるというわけです。

>お金は購入時に全て払い込みました
◎前金を...続きを読む

Q戸籍の名字が旧字になっていた事に気づきました

長男の小学校入学の際に、教育委員会より戸籍と住民票の名字が違うことを指摘されました。(横棒がでるかでないかの違いです)個人的に調べたところ、戸籍上では旧字が使用されており、住民票は単なる役所での間違いのようでした。この件に関しては、私の両親はもちろん、他の親族の誰も知らずに過ごしていました。すでに住民票の表記は戸籍と同じものに変更されていますが、将来のある子供のことを考えると、今後どうしたらよいものかと悩んでいます。
戸籍は旧字のままで、日常は新字を使うことの不便であるとか、旧字を新字に変更したことに伴う財産上の手続きとか、相続問題とかを天秤にかけた上で、決めたいと思いますので、どなたかアドバイスと共に教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

個人情報の保護の重要視のし過ぎで、いまだ旧字と新字の取り扱いが統一されていないようです。
金融機関や役所の職員の無知又は取扱の規定が間違っていると思います。
戸籍上旧字であっても、記載する字が新字であっても、問題ないはずです。役所を統括すべき総務省、金融機関を統括すべき金融庁へ確認した際に、旧字と新字は読み替えで便宜を図るとの事です。

従って、書類上戸籍や住民票を出す際には、相手方へ確認すべきだと思います。

私は、戸籍も普段書く字も旧字ですが、役所や金融機関が新字にすることがあります。なるべく旧字で統一するよう頼んでいます。旧字を使う理由は、旧字がバランスや見た目が良いと思っている自分と姓名判断で旧字のほうが良いと判断されたからです。

旧字から新字への変更は簡単なものですが、旧字に戻すのは難しいと聞いたことがあります。いまだ旧字云々をいう役所や金融機関がありますので、戸籍・免許・金融機関など統一する必要があると思います。

他の親族が・・・との事ですが、戸籍ごとの変更となります。お子さんがいらっしゃるようですので、すでに親の戸籍からは抜けているはずです。あなたと同一の戸籍(二世帯まで 例:親と未婚の子)にいる人に了解を貰えば、戸籍筆頭者かその配偶者の手続きで変更は簡単に出来ます。

不動産をお持ちであれば、法務局への確認もされたほうが良いでしょう。変更が必要だと費用が発生するかもしれません。

個人情報の保護の重要視のし過ぎで、いまだ旧字と新字の取り扱いが統一されていないようです。
金融機関や役所の職員の無知又は取扱の規定が間違っていると思います。
戸籍上旧字であっても、記載する字が新字であっても、問題ないはずです。役所を統括すべき総務省、金融機関を統括すべき金融庁へ確認した際に、旧字と新字は読み替えで便宜を図るとの事です。

従って、書類上戸籍や住民票を出す際には、相手方へ確認すべきだと思います。

私は、戸籍も普段書く字も旧字ですが、役所や金融機関が新字にす...続きを読む

Q入籍後すぐに同居しない場合の届けの順番

来月入籍します。
が、新居に一緒に暮らすのがいつになるかまったく未定です。
早くて来年の2月か3月…とかなり先です。
そこで氏名・住所の変更にともなう変更の届けについて悩んでいます。
過去の質問を見たところ「氏名が変わった時点では何も届けず、
パスポート・免許証・銀行口座・転出届・転入届、全て引っ越してから届ける」
というご意見が多いようでした。
しかし私の場合、入籍から引越しまで何ヶ月も空くので
そんなに長い間、旧姓の身分証明しかないのはまずいのかな、と思うのですがどうでしょうか?
せめて免許証ぐらいは入籍の段階で一度変えた方がいいでしょうか?
旧姓のまま何ヶ月も使ってたらもし万が一何かあった時に、
氏名詐称みたいなのになったりしませんか?

あと結婚にともなう届けって主なものは上の5つで大丈夫でしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#3,#4です。
A#4で大体いいと思います。

免許証は、適当な時期に、居住地の最寄の交通安全センターか、最寄の警察署に持参すれば、多分、住所変更(や本籍地変更)や改姓の変更を免許証に裏に書き込まれるだけです(裏書)。免許証の登録を行っている場所(通常交通安全センター)の記載事項は変更されると思います。免許証更新時には正式に変更事項が変更された免許証になるかと思います。

入籍は結婚式当日に行うと結婚記念日が入籍日になります。婚姻届は市役所等で休日でも受け付けています。新婚旅行から帰った後だと入籍日と結婚記念日がずれる可能性があります。

新婚旅行は海外ですか?その場合、パスポートの住所や姓や旅行中の事故に対する保険加入では、結婚式(休日)に変更は無理ですから旧住所、旧姓でしょうね。結婚式と新婚旅行の間が開いていれば変更も可能かも知れませんが…。
僕の場合は国内の新婚旅行でしたから、パスポートのことは必要はありませんでした。まだ飛行機は国内だけで、飛行機は家内も怖がっていますので海外には行っていません。兄弟夫婦やその子供や息子たちは何度も海内に出かけますがそのたびにメールや国際電話で連絡をとりグーグルアースで旅行先の宿泊地や旅行先を確認し、現地の治安状況や大使館・領事館の電話の確認や疫病の流行状況を調べたりして、無事を確認するなど心配ばかりさせられています。狂犬病が流行していない国は世界でも日本を含め3カ国くらいしかありません。海外の旅行先の疫病によっては予防接種を受けていかないといけませんね。(日本は平和で安全すぎて海外では気をつけないといけませんね。)

#3,#4です。
A#4で大体いいと思います。

免許証は、適当な時期に、居住地の最寄の交通安全センターか、最寄の警察署に持参すれば、多分、住所変更(や本籍地変更)や改姓の変更を免許証に裏に書き込まれるだけです(裏書)。免許証の登録を行っている場所(通常交通安全センター)の記載事項は変更されると思います。免許証更新時には正式に変更事項が変更された免許証になるかと思います。

入籍は結婚式当日に行うと結婚記念日が入籍日になります。婚姻届は市役所等で休日でも受け付けています。新婚旅行...続きを読む

Q提出した出生届の文字が役所担当者に修正された

 住民票を取り寄せた所、娘(15歳)の名前が提出した出生届の文字と違っていた。
ネット等で調べた所私の提出した文字は人名用漢字として使用出来ない文字と判明しました。
然し私が納得出来ないのは出生届提出時には何の指摘も無く、しかも提出した母子健康手帳には
私が記載した文字と同じ文字を市役所の担当者は記入して戻してくれた。
その事により私達夫婦は使用出来ない文字で届け出を行った認識など全く有りませんでした。
その後15年が経過してたまたま住民票を取り寄せた所、文字が違って居たので市役所の係りに
確認した所、出生届の写しを法務局より取り寄せたものを見せて貰うと、その他の欄に担当者が
2回ほど書き直したヶ所を2重線で引いた下部に誤字の為修正して登録の様な事が書かれていた。
然し修正した事を私達夫婦には一切報告もされないまま15年間経過している。
市役所に確認した所、現在のルールでは当該ケースのような場合は(1)提出者に知らせ新たに修正
した物を提出して貰う。(2)該当する文字のみ修正して貰う。(3)担当者が修正した事の確認(印)を貰う。
等の内何れかを行うとの事でした。
然し当該ケースの場合は何れの方法も取られる事が無く、当届出書に本来は必須要件と成って
居ない電話番号が記載されているので多分電話で確認をしたのではないかと思われるとのコメント
でした。電話に関しては双方共に実際に掛けたとも、掛かって来てない共証明は出来ない。
但し掛けて告知したとの記載も無い。
私としては現在、娘が私が出生届けで記載した文字が当然の事ながら自分の名前として15年間に
亘って使用して来たのでそのまま今後も使用させて上げたいと思っています。
(日常使用限定ではなく)
因みに戸籍として登録されている文字は キ ( 煕 )で私が記載した文字はパソコンでは通常は
表示されないがツクリの部分が( 臣 )です。
市役所の説明では当該出生届書は100%完全かと問われると完全とは言えないが、届出書と
しては成り立っているとの事でした。よって市役所としては人名に使用出来ない文字であるとの事
も踏まえて、現在の登録を変更する事は出来ないとの返答であった。
なお、どうしてもと言う事なら家庭裁判所に申立てをしなさいとの事でした。
家庭裁判所に申立てた場合の変更できる可能性につてご存知の方宜しくお願いします。
また、申立てに掛かる費用なども解ればお願いします。

 住民票を取り寄せた所、娘(15歳)の名前が提出した出生届の文字と違っていた。
ネット等で調べた所私の提出した文字は人名用漢字として使用出来ない文字と判明しました。
然し私が納得出来ないのは出生届提出時には何の指摘も無く、しかも提出した母子健康手帳には
私が記載した文字と同じ文字を市役所の担当者は記入して戻してくれた。
その事により私達夫婦は使用出来ない文字で届け出を行った認識など全く有りませんでした。
その後15年が経過してたまたま住民票を取り寄せた所、文字が違って居たので市役所...続きを読む

Aベストアンサー

ご両親の思いを込めた名前ですから、通例として今まで通りの名前の記載で通してあげたい気持ちはとてもよくわかります。
また、過去のいきさつについて思いが残ってしまって色々言いたい気持ちもよくわかります。
できれば遡って、戸籍の文字を直してあげたいですよね。

ところで、お嬢さん自身には今回のこと、どんなふうに話していますか?
幼稚園や小学校の頃はともかく、15歳ともなればもう十分親御さんの気持ちも、わかる年齢になっていることと思います。
一方で、パソコンや携帯でお友達とメールをしたり、レポートをパソコンで書いたり。
そういうときに自分の名前が一発で出なくて間に合わせで「煕」の字を使っているのも実情ではないでしょうか。お友達の方もまた、メールでお嬢さんの名前を呼び掛けたり年賀状のあて名書きなどでじれったい思いをしている可能性があります。
今後、高校卒業後の進路は判りませんがゆくゆくは仕事や何かで自分の名前をオンライン上で使う機会も増えてくるでしょう。

そういった時の利便性も踏まえたうえで、お嬢さん自身がどちらの漢字を使った名前を使い続けていくのか。お嬢さん自身に選ばせてあげることも必要かと思います。

お嬢さんが今後ずっと使い続ける名前です。
お嬢さんの名前に込めたご両親の思いも伝えた上で、お嬢さん自身が選択することこそが実際的な解決方法と思います。その上で、家庭裁判所などで必要な手続きを取りたいとお嬢さんがいうならば、ご両親が手助けしてあげることができると思います。
しかし、お嬢さんがあえて戸籍上の名前はそのままにしておいて欲しいということであれば、普段使おうとお嬢さんが決めた名前がどちらであれ、そこはお嬢さんの意思を尊重してあげてはどうでしょうか。

ご両親の思いを込めた名前ですから、通例として今まで通りの名前の記載で通してあげたい気持ちはとてもよくわかります。
また、過去のいきさつについて思いが残ってしまって色々言いたい気持ちもよくわかります。
できれば遡って、戸籍の文字を直してあげたいですよね。

ところで、お嬢さん自身には今回のこと、どんなふうに話していますか?
幼稚園や小学校の頃はともかく、15歳ともなればもう十分親御さんの気持ちも、わかる年齢になっていることと思います。
一方で、パソコンや携帯でお友達とメールをした...続きを読む

Q戸籍の旧字体を新字体にする場合

戸籍に登録されている漢字(旧字体)を新字体に変更すると何か不具合やトラブルなどありますでしょうか?

また、変更すると両親と旧字体、息子が新字体と分かれてしまうのでしょうか?

ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は、30年に近く前に、戸籍の姓も名も、両方に文字を旧字体から「略字体」にしました。

届け名は、確か「文字の修正」だと思いました。

姓は、戸籍単位で旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。
戸籍筆頭者と、配偶者の両方の自署名と、印鑑が必用です(認だったか、実印だったか記憶に無し)

名は、当人だけの自署名と、印鑑が必用で、こちらも旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。

修正後は、戸籍単位(夫婦単位)で、姓を修正と記載されています(未婚の子も含む)。
私の子が結婚したので聞いてみると、私が修正の届けをした略字体で、戸籍が作成された様です。

また,私の親は、姓を修正していませんので、死亡届・相続の時に戸籍謄本・除籍謄本をみたら、旧字体のままでした。
つまり、私の戸籍(私が筆頭者)と、私の親の戸籍(父親が筆頭者)は、姓の文字が違うということです。

最近の電子化された私の戸籍謄本(抄本)は、文字の修正部分の記載がどうなっているか、謄本・抄本の記憶がありません。

それから、私のお墓の文字は、旧字体で彫ってあります。
しかし、私は、気にしてはいませんが、私の子供たちには理由を説明してあります。


> 戸籍に登録されている漢字(旧字体)を新字体に変更すると何か不具合やトラブルなどありますでしょうか?

私は時々、「戸籍の文字を変えた」と言うと、初めて聞く人はびっくりします。
旧字体と略字体の、文字の修正と説明すると納得します。
しかし、普段から、家族みんなが略字体で書きますので、生活には影響がありません。
逆に、お寺の塔婆や、神社のおふだで、旧字体が書かれると違和感があります。


> また、変更すると両親と旧字体、息子が新字体と分かれてしまうのでしょうか?

nikogooさんの親の姓の質問なら、先に回答のように、nikogooさんの親(戸籍筆頭者と配偶者)が、文字の修正を出さない限り、nikogooさんの親は旧字体のままですし、nikogooさんが結婚しているなら、親とは別の夫婦単位の戸籍です。

nikogooさんの子供の質問なら、子供さんが未婚なら、nikogooさんの戸籍(たぶん、nikogooさんが筆頭者の戸籍)に入っていますので、未婚の子供同じ字体になります。

息子さんが結婚すれば、結婚当時のnikogooさんが戸籍筆頭者の字体です(息子さんが、結婚と同時に相手の姓を名乗れば別ですが・・・・)。

--------------------------

私の知り合いには、略字体で名前を書くと、文字が違うと言って旧字体にこだわる人がいますが、私は、旧字体には全然こだわりません。

また、電子化の文字に無い自体にもこだわる人がいます。電子化できないそれらの文字のほとんどが、代用の文字になっています。
例えば、「崎」の文字が、上が「山かんむり」だといったり、「山かんむり」に「鳥」だったり。
高」の文字が、「なべぶた」の下が「はしご」状の文字だったり。
「柳」の右側の「卯」が、いろいろな形だったり。
「渡辺」の文字の、「渡」にも「辺」にも、それぞれ両方にいろいろな形の「渡」と「辺」もあり。

「吉田」の文字の「吉」の上半分は、上が長いのが標準らしいですが、上が短い土の文字の「土吉」も変換が出来る?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1023337975
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1352606183

私は、30年に近く前に、戸籍の姓も名も、両方に文字を旧字体から「略字体」にしました。

届け名は、確か「文字の修正」だと思いました。

姓は、戸籍単位で旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。
戸籍筆頭者と、配偶者の両方の自署名と、印鑑が必用です(認だったか、実印だったか記憶に無し)

名は、当人だけの自署名と、印鑑が必用で、こちらも旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。

修正後は、戸籍単位(夫婦単位)で、姓を修正と記載されています(未婚の子も含む)。
私の子が結婚...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング