キャベジンコーワS錠が最近CMで頻繁に流れていますが、イで分解することで、脂肪としての吸収はなくなるのですか?だとしたら、とりすぎた油もある程度なしにしてくれる。ということなのでしょうか??キチンやキトサンのようにダイエットにも効果的なのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

pop06 さん こんにちは



キャベジンコーワSに含まれる「リパーゼAP12」という酵素は脂肪の分解を促進させるものです。つまり吸収させないのでなく、脂肪の分解を促進させ消化吸収をスムーズにしてくれるということです。よってダイエットに効果的という物ではありませんよ。

お互いにダイエットがんばりましょう

それでは by クアアイナ

参考URL:http://www.kowa.co.jp/0/02/seihin/336.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油の消化吸収について

サラダ油を80g使用したお菓子を食べ、油分のカロリーを丸々消費できないとします。
そしたら摂取した油は80gそのまま体内に残って、そのまま80g脂肪として蓄積されますか?
それともある程度排出されて、体内に残って脂肪になるのは僅かですか?
摂取して残った分は全て脂肪となるのか気になります、詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

体内に入った油のカロリーが消費されなければ、脂肪として蓄積されることは確かですが、
油にも種類があって、バターやショートニング、四足動物の油は融点が低く、体内で固まりやすいので脂肪にも変わりやすいと思います。
良質なサラダ油やエクストラバージンオイル、魚の油は、さらさらで体内でも固まりにくいと思います。

油は人の細胞をコーティングしているし、エネルギーにもなるしとっても大事です。
脂肪をつけたくないからといって油抜きの食事をしていると、鬱症状や冷え性、低体温乾燥肌になりやすい体になるそうです

もっと知りたい場合は、Momo Hosokawa LuvtelliIIを読んでみてください。

Q油の吸収率について

カロリー計算をする場合、フライやてんぷらなどの衣への油の吸収率は何グラムくらい吸収されるのでしょうか?

Aベストアンサー

素材によって、かなり違います。ですので、ひと口に言う事は出来ないと思います。
ちなみに、女子栄養大学出版部から「調理のためのベーシックデータ」という本が販売されています。(下記URL参照)
http://www.eiyo21.com/sinkan/index.html (上から6番目の本です)
この中に、揚げ物の吸油率(素揚げ・から揚げ・天ぷら・フライ)という項目があります。代表的?な素材、約10品目~約20品目の吸油率・給油量・カロリー等を知る事が出来ます。こちらを参考にされた方が良いと思います。

Qカロチンの吸収と油の関係

私が小学生だったころの家庭科の教科書では、カロチンは油に溶けるから油で炒めると良い…といった具合に大雑把な説明だったと記憶しています。

どうしても油で炒めるんじゃないとダメなんでしょうか?
油に溶け出るとして、その油がフライパンに残ったりしてもったいないような…。
腹の中で一緒になれば良いというものではないのでしょうか?

例えば人参。
生の人参にドレッシングとかマヨネーズとかディップをつけて食べるんじゃダメなんでしょうか?
生と温野菜では違うんでしょうか?

油にも動物性植物性色々ありますが、吸収のしやすさに違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ビタミンは必須微量元素のことで、
ビタミンCとか水溶性ビタミンは、水に溶けて、尿や汗などで代謝されちゃうから定期的な補給が必要なんですが、
油溶性ビタミンって代謝されないので、体内で蓄積するんです。だから油溶性ビタミンの過剰摂取は、有毒で、長期的に深刻な病気になります。

で、ビタミンAの1日所要量って2000IU、ベータカロチン換算1200μg(マイクログラム)であって、0.0012g。
これ、人参だとたった23gでとれてしまいます。にんじんスティック1本ほど。
150gの普通サイズの人参一本で過剰摂取量に達します。緑の葉物野菜やワカメなど海藻にもカロチンが必ず含まれますので、日本人の日常生活では過剰摂取気味です。

生鮮野菜の全く手にはいらない中世の船乗りでもない限り、ビタミンA欠乏は全く考慮する必要がありません。
妊婦とかだと胎児に影響を与えるので、過剰摂取を気にして控えた方がいいくらい。

ビタミンは微量元素で、栄養はバランスであって、
栄養素を沢山摂取することが身体に良いと勘違いしないでください。
過ぎたるは及ばざるが如しで、身体に悪いこともたくさんあります。

ビタミンは必須微量元素のことで、
ビタミンCとか水溶性ビタミンは、水に溶けて、尿や汗などで代謝されちゃうから定期的な補給が必要なんですが、
油溶性ビタミンって代謝されないので、体内で蓄積するんです。だから油溶性ビタミンの過剰摂取は、有毒で、長期的に深刻な病気になります。

で、ビタミンAの1日所要量って2000IU、ベータカロチン換算1200μg(マイクログラム)であって、0.0012g。
これ、人参だとたった23gでとれてしまいます。にんじんスティック1本ほど。
150gの普通サイズの人参一本で過剰...続きを読む

Q油についてなんですが、キャノーラ油と大豆油のうち、

油についてなんですが、キャノーラ油と大豆油のうち、
大豆は飽和脂肪酸が、キャノーラに比べて多いみたいですが、
キャノーラは製造過程で、トランス型不飽和脂肪酸が生成されるみたいなんです。
人体にとって、どちらの方が危険とみなされるんでしょう?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トランス型不飽和脂肪酸の方が断然体に悪いです
http://www.getwell.co.jp/tr.htm

Q食べる前に飲むと脂肪、油を吸収するサプリって

食べる前に飲むと脂肪、油を吸収してくれるサプリメントがあるって聞きました。
ネットで探しているのですが、ヒットしません。
ご存知の方教えてください。

あと、それが本当ならかなりダイエットに効果があると思うのですが、
効果はあるのでしょうか?

実際に飲まれた感想なども教えてくれると助かります。

Aベストアンサー

問題のサプリですが、あまり効果があるとは思えません。

全く同じ発想で作られた診療薬のゼニカルという薬が海外にはあるのですが、日本では実験を行った結果、販売を取りやめることになりました。理由は簡単で、エネルギーのうち30%以上を油から摂取するという食生活でない限り効果の出ない薬で、日本人の食生活では効果がほとんど見られなかったからです。

ゼニカルは飲んだことがあります。油の便が出るという、厄介なしろものです。おならだと思ったら、油の霧を下着に吹きつけていたりするんです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報