塩ビパイプ(VP管)の溶接を自分でしたいのですが、ぜんぜんどうしたら
よいか分かりません。以下の件を教えてください。

どのような機械等をどこで買ったら良いのでしょうか?

また、技術的には難しいのでしょうか?

なにか免許などが必要なのでしょうか?

やり方のかいてあるマニュアル本等はございますでしょうか?

以上御教え頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一度やったことがありますが、結構難しいです。


熱風を吹き付けて、溶接するものと溶接棒を溶かし、接合していきます。
鉄やアルミと違って、塩ビは溶けても粘度が非常に高く、動きが遅いので初めてやっても、とんでもない失敗はないのですが、結局着いていなかった・・・てな事はよくあります(笑)
機械はフジインパルスという会社で扱っているようです。
たぶん、直接販売はしてくれないと思いますので、同社に商社を紹介してもらいましょう。
でも、パイプ同士なら、塩ビ用接着剤で十分なような気もします。

参考URL:http://www.fujiimpulse.co.jp/fi/com/products/ind …

この回答への補足

ありがとうございます。ネットで探してみたのですが探しかたが悪く見つかりませんでした。URLを教えていただいてありがとうございます。
1番目の方の補足にかきましたような使い方でつなげるのですが、接着剤でつけたときの強度等についてInaken11様の見解をお教えいただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

補足日時:2002/02/12 13:48
    • good
    • 5

パイプ端面と端面での接着は接着剤では弱いです。


一回り大きい継ぎ手を外側にかぶせての接着はどうでしょうか?
接着剤の強度は、40℃、3.5kg/cm2の塩化銅エッチングマシンの圧力に5年以上耐えていました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

管内の段差があるとよくないのと、寸法上大きくなりすぎるので
むつかしいようです。
しかし、具体的に強度についての情報は大変ためになりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/15 19:38

 多分、日曜大工材料店で揃うと思いますが、


・塩ビ溶接用の塩ビ棒(かなり細い)
・溶接用の熱風機(ヘアードライヤー型)
を購入。その際、店員さんにコツを教わって下さい。何人かの方の
ご指摘通りうまく、きれいに、は難しいです。接着剤の方が簡単です・・・一回り大きい塩ビ管を買って継ぐという手段は使えませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早速店に行って探してみます。

お礼日時:2002/02/12 13:54

 塩ビ管は、溶接ではなく、接合するもので、


一方をバーナーで加熱して軟化した部分に、
他方を押し込みますが、熱で収縮してしまう
のでやはり、加熱度合いやタイミングなどの
コツは必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

なかなか難しそうですね。もう少し調べてみます。

お礼日時:2002/02/12 13:42

こんにちは。

初めまして。
溶接にこだわる必要はありますか?結構難しいです。
接着でしたら簡単なのですがどうでしょうか・・・。
免許はもちろんいりませんがきれいにやろうとすると熟練が必要ですね。
もし差し支えなければどんな所にどんな風につけたいか補足いただけると
ありがたいです。
会社の仕入先に樹脂の加工屋さんがありますから聞いてみます。

それでは。

この回答への補足

早速のご解答ありがとうございます。補足くさせていただきます。

>どんなところにどんな風に・・・

呼び径13の45°エルボ継手とチース継手をつらつらで(面と面で)くっつけたいのです。

 \_      _||
 \_0 ←→ 0_ |
           ||  こんな感じです。

本当は呼び径13の45°Y型継手が有れば良いのですが、見つからなかったので作ってしまおうと思っています。単管を使って2つを差し込むと、(1)水流の関係で調子が悪いのと、(2)接着剤だと45エルボの方に少し荷重がかかること、(3)屋外に露出するので劣化による損傷が心配なこと、により溶接のほうがいいかなとおもったのです。接着剤で大丈夫そうであればその旨お教えいただけいただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

補足日時:2002/02/12 13:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q規格外の塩ビ管を「呼び径mm=28」と「呼び径mm=35」を

規格外の塩ビ管を「呼び径mm=28」と「呼び径mm=35」を
JIS規格の塩ビ管「呼び径mm=20」につなげたい。

「呼び径mm=28」・・・実寸外径34mm肉厚3mm程度 
「呼び径mm=35」・・・実寸外径42mm肉厚4mm程度 
これらの塩ビ管をJIS規格の塩ビ管「呼び径mm=20」に
近似の「異形ソケット」などを組合わせて接続したいのです。

どう云う訳か私家の井戸の塩ビ管のサイズなのです。
お助け下さい。

Aベストアンサー

外径34mmなら、鋼管の25サイズ 通称インチと同サイズです。
外径42mmなら、鋼管の32サイズ 通称インチ二分(42.7mm)とほぼ同サイズです。

で、
http://www.sk-kawanishi.com/products/neo-sk/index.html
の継手を使いますと、止水できると思います。
抜け止めとか、違径サイズとか、片側がネジになってるやつとか、色々ありますので
用途に合わせて選ぶと良いと思います。

近い径のパイプをあぶったら一番安いけど、違う方法ならこれかな。
ネットでも取寄せになるかもしれませんが、注文可能だと思いますよ。

参考URL:http://www.sk-kawanishi.com/products/neo-sk/index.html

Q下水道の塩ビパイプや継手

下水道に使う塩ビパイプ等を扱う卸業の仕事をしてますが、マスとマンホールの違いが、いまいち分かりません。カタログで見ても公共マスと小型マンホールの形は似てる様に見えるのですが、使われ方や設置場所で名前が変わるのでしょうか?  詳しい方いらっしゃれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 公共桝は宅地などから公共下水道に接続する取付管の上流側(宅内の最下流部)に設置する汚水桝のことです。下水道管理者によって規格が違いますが、最近は塩ビ製が主流です(コンクリート製もあります)。
 マンホールは公共下水道や小規模下水道、または大きな敷地内の下水道管路における線形変化点、合流点、管径変化点、その他必要とされる地点に設置する管理用の施設です。円形マンホールの場合は内径により1号、2号といった規格があります。材質は鉄筋コンクリートで、組み立て式と現場打ち式とがありますが、一般的には組み立て式が主流です。
 マンホールの一種に小型マンホールというのがあります。これは、下水道施設の設置コストを低減するため、深さや管径が小さく、直線区間の中間点に設置するマンホールで、清掃などの目的で中に人が入る必要のないような箇所に設けます。内径は300~450mmで、材質は塩ビ、鉄筋コンクリート、レジンコンクリートなどがあります。塩ビ製の小型マンホールの場合、車道などに設ける際には車載荷重を考慮した被せ蓋を設ける必要があります。
 これらとは別に汚水桝と呼ばれるものもあります。これは宅地などの敷地内に設ける下水道施設で、管路線形の変化点、合流点などに設けます。材質は塩ビやコンクリートです。この宅内管路の最下流部に設けるのが公共桝です。

 公共桝は宅地などから公共下水道に接続する取付管の上流側(宅内の最下流部)に設置する汚水桝のことです。下水道管理者によって規格が違いますが、最近は塩ビ製が主流です(コンクリート製もあります)。
 マンホールは公共下水道や小規模下水道、または大きな敷地内の下水道管路における線形変化点、合流点、管径変化点、その他必要とされる地点に設置する管理用の施設です。円形マンホールの場合は内径により1号、2号といった規格があります。材質は鉄筋コンクリートで、組み立て式と現場打ち式とがあり...続きを読む

Q塩ビ・アクリル・プラ板の見分け方

同じ寸法、同じ厚みの透明アクリル板・透明塩ビ板・透明プラ板が混じってしまった場合、その見分け方はどうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

硬さで比べたらどうでしょうか。
私が実験した結果では、
1.アクリル(4H位?)
2.硬質塩ビ(2H位?)
3.スチロール(1H位?)
の順に硬いようです。

すなわち、とがった角で相手を引っかいてみて、
傷がつけばそれより硬い素材ということが
わかります。
または、エンピツのH~5Hを揃えておき、
それぞれの素材を引っかいてみれば、大体の
硬さはわかります。4Hで傷がつき、3Hで
つかなかったら、その素材の硬さは3Hです。

でも、同じ種類の素材でも、いろいろな硬さが
あるかもしれないので、自信なしです。

QTIG溶接機でアルミを溶接してるのですが、溶接表面に黒い焦げの様なブツ

TIG溶接機でアルミを溶接してるのですが、溶接表面に黒い焦げの様なブツブツが出て、母材と母材も引っ付きにくい様な感じがするのですが、何か対策法などがあれば教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

酸化膜や脱脂、外気の流れなどはどうでしょうか。

Q3ミリの塩ビ板を曲げるには?

会社で冶具のカバーを作製するのに、塩ビ板を貼り合わせてカバー(箱状のふたのような物)を作ったのですが、強度が弱くボンドから剥がれてしまいます。3ミリ程度の塩ビ板を曲げる事が出来るのあれば色々と加工性・強度・加工時間 等 いいことがたくさんあります。曲げ加工の情報があれば是非 アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

http://www.insideseawater.petit-kent.com/kousaku/acril/acril_a.html

塩ビの板を曲げるには上記のHPの中にあるような
棒状のヒーターをつかいます。6ミリ位の板まで曲げる事ができます。
ホットジェットという塩ビ用の溶接機を使うと塩ビの板を溶接することもできます。
塩ビの加工業者はどの町にもあると思います。
一度ご相談されてみてはどうでしょうか?
塩ビ板を販売している会社でも加工してくれるかもしれません。

参考URL:http://www.insideseawater.petit-kent.com/kousaku/acril/acril_a.html

Q半自動溶接とアーク溶接。

現場仕事で、アーク溶接は良く使います。とは言っても、基本が鉄骨建て方なのでダメ直し、追加工事、くらいです。雨の日に工場に行きますが半自動溶接はやったことがありません。
来週から2週間ほど、半自動溶接を使わなければいけなくなりました。
しかし、どのように使っていいかすらわかりませんし、手元にも無いので練習の仕様がありません。
アーク溶接は、天井付け以外ならうまく出来ます。
半自動溶接とはどのくらいの違いがありますか?
ボタンを押しっぱなしでワイヤーが出てきて、それがそのまま肉になるから、アークみたいに薬が表面に出てこない分、見やすいしやりやすいから大丈夫!なんて言われましたが心配です。
クレーター処理とかもどうなるんだろ……。

何かあれば、助言してください。

Aベストアンサー

アーク溶接(手棒溶接)が出来れば基本的に半自動は出来ます。
違いは溶接速度が速いのとトーチ部が重いので負担が増加します
 
参考に
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E8%87%AA%E5%8B%95%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%BA%B6%E6%8E%A5

Qガラスと塩ビ板を瞬間接着剤で付けたい。

ガラスと塩ビ板を瞬間接着剤で付けたい。
LEDイルミネーションライト(クリスマスに使う様なものです)と、
塩ビ板を瞬間接着剤で付けたいのですが、どうもうまくいきません。
アロンアルファのハイスピードEXやエクストラなどを試したのですが、
付くところと付かないところがあり、付くまで5分程、手で固定しなければなりませんでした。
付く瞬間接着剤を教えて頂けませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

接着は専門分野ではありませんが、商売柄お答えしておきます。
従来の瞬間接着剤は、塩ビ、PE、PPは、箱の裏の説明には、接着は難しいか不可能と記載されているはず?
新グレードで、プラスチック用が有りますので、それで同封のプライマーを付けて試して下さい。

塩ビ樹脂は、元々接着がしにくいので、専用の塩ビ接着剤使用(塩ビ同士ならOK)
瞬間接着剤にこだわるなら、「東亜合成 本社 TEL03-3597-7252」に電話してください。
接着のプロが電話に出ると思います。

瞬間接着剤は、少量を面と面に付けるなら、10秒程度につきますが、変形した物と板を盛り塗りするのは、
接着も遅く、苦手な分野です。水分と反応する際に、高熱が出る場合があるのでご注意下さい。

エポキシ樹脂用や、ホットメルト型接着剤は、既に試してますか??

専門分野では無いので、ボロが出る前にこの程度で、ご勘弁を。

参考までに、LEDはガラスに封入されているのでしょうか? 普通は樹脂に封入しますけどね。
ガラスの溶解温度に、LEDの素子が耐えられるか疑問が有ります。

Q超音波洗浄機でTIG溶接(アルゴン溶接)の焼けは落ちるのでしょうか?

 超音波洗浄機でTIG溶接の際に発生する溶接焼けは落とせるのでしょうか?宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

表面の焼けですと焼け取り機械で十分ですが中の焼けですと電解研磨がお薦めです。この方法を使いますと表面も鏡面仕上げになります

Qスピーカの仕上げ 突き板と塩ビの違い

オーディオの初心者でして、つい先日アンプはDENONのAVC-4310、プレイヤーはDENONのDBP-4010UDを購入いたしました。
スピーカはKEFのiq90、iq60cにしようと思ったのですが、塩ビと突き板仕上げと二つあることに気づきどちらにしようか迷っています。別の掲示板では中国製の塩ビ!なんて蔑まれていましたが、私はそういうことや見た目は全く気にしません。
ただ、音色と耐久性だけが気になります。音色と耐久性はどちらがよいのかどなたかご教示いただけないでしょうか。よろしく御願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

私は小学生の頃からスピーカー工作も趣味の一つとしています。

自作派にとっては塩ビ仕上げは小中学生でも奇麗に出来てた数造ってきました。 突き板仕上げは中学の頃に父に手伝ってもらいながらチャレンジしたのですが、結果は少々ガッカリ、、、
父も工作好きなのですが、独身の頃に造ったスピーカーの仕上げは知人の家具職人に頼んだそうです。

さて、製品の仕上がりですから、制作の苦労は無関係でしたね(苦笑) 

音は違いますよ。実際の候補の製品は聞いた事が無いので、一般的な場合ですが、突き板仕上げの方が良い意味でシャープな音が期待で来ます。 塩ビ仕上げですと多少ぼんやりした印象になりがちです。
あくまでも 比べたら と言う程度の違いですが、違いに気づいていしまうと出来たら突き板仕上げを選びたくなります。

昔は塩ビや接着剤の有毒性などでも嫌われた時代も有りました。 今はどうなんでしょう?

耐久性に関しては手入れしだいでしょう。 我が家には何十年も前のスピーカーがたくさん有り、突き板も塩ビもペンキ塗装も有りますが、さほど差を感じません。

突き板製品では長期の日焼け変色など、ヤスリ掛けと塗装で回復可能ですが、色の突いた水分のしみ込みによる変色は致命的です。

対して塩ビの場合、熱いコーヒーが入ったステンレスカップの跡が、どうにもなりません。熱や化学変化に弱い様です。

突き板仕上げの場合は、オイルステインや、ラッカー、ウレタン等で最終仕上げされているかと思います。 実際の耐久性は最終仕上げの種類や方法、それぞれに会う手入れで耐久性は大きく変わってきます。さらに先に書きました再生方法も、突き板の厚みが重要で、薄い突き板を使用してますと紙ヤスリで地肌が出てしまう場合もあり、再生不可能な場合も考えられますよ。

自作した経験から、仕上げだけ選べるのでしたら、価格差で2万くらいまででしたら突き板仕上げをお勧めします。 塩ビシートは四角い箱に張れば良いだけですが、突き板を張るためには箱の表面をヤスリ等で平面製を上げておかないといけませんから、作業工程は大きく違ってきます。(それだけ、箱の組み立て等も気を使いますよ)

なんだか デフレだの安い方が良いような風潮もありますが、長く大切にご利用されるのでしたら、良いものを選ばれた方が結局はメリットが有るかと思います。 

はじめまして♪

私は小学生の頃からスピーカー工作も趣味の一つとしています。

自作派にとっては塩ビ仕上げは小中学生でも奇麗に出来てた数造ってきました。 突き板仕上げは中学の頃に父に手伝ってもらいながらチャレンジしたのですが、結果は少々ガッカリ、、、
父も工作好きなのですが、独身の頃に造ったスピーカーの仕上げは知人の家具職人に頼んだそうです。

さて、製品の仕上がりですから、制作の苦労は無関係でしたね(苦笑) 

音は違いますよ。実際の候補の製品は聞いた事が無いので、一般的...続きを読む

Q会社でQMSのマニュアル・手順書等の見直しを行っています。

会社でQMSのマニュアル・手順書等の見直しを行っています。
作成当初に細かく作りすぎて、ことあるごとにマニュアル・手順書等を修正しなければならず、その作業時間に無駄を感じているためスリム化を実現したいです。
規格で要求されている「文書化された手順」は6つになっています。現在のマニュアルには、受注・生産の手順、加工手順、梱包・配送手順などがあるのですが、これらは削除することが可能なんでしょうか?(手順書の内容は、作業フローを細かく文章とフローチャートにしているものです。)
もしくは、手順を削除するかわりに必要に応じてマニュアルの方に「該当するプロセスに関しては、要求を満たすよう適切に作業をする」のような文章を盛り込めばいいんでしょうか?
毎年目標をつくるたびに手順書を新規作成しているような状況です。

Aベストアンサー

なかなか回答がつかないようですので、その道の専門ではありませんが分かる範囲でお答えします。

>これらは削除することが可能なんでしょうか?
削除はできません。
しかし、要求されていることだけを明確にした結果、内容的にまた量的にマニュアルに記述できてしまえば、別冊の手順書として残す必要はありません。
今の手順書は、QMSで要求している手順と、それ以外の現場で実務に使える手順が混在して記述されているために膨大な枚数ののものになっており、頻繁にメンテナンスが発生していると推測しました。
このようば場合には、QMSとそれ以外のものに文書を分けることで解決すべきと思います。
例えば、交通事故防止のための社内ルール(車両管理の仕方、始業点検の仕方等)と自動車の運転の仕方(エンジンのかけ方等)を一つの冊子にまとめて置く必要はないという様な考え方です。

>手順を削除するかわりに必要に応じてマニュアルの方に「該当するプロセスに関しては、要求を満たすよう適切に作業をする」のような文章を盛り込めばいいんでしょうか?
これは駄目でしょう。法律の中に違法行為は禁止と記述して他に何もないようなものですから。これでは何が法律か訳が分かりません。

>毎年目標をつくるたびに手順書を新規作成しているような状況です。
??理解できませんでした。

なかなか回答がつかないようですので、その道の専門ではありませんが分かる範囲でお答えします。

>これらは削除することが可能なんでしょうか?
削除はできません。
しかし、要求されていることだけを明確にした結果、内容的にまた量的にマニュアルに記述できてしまえば、別冊の手順書として残す必要はありません。
今の手順書は、QMSで要求している手順と、それ以外の現場で実務に使える手順が混在して記述されているために膨大な枚数ののものになっており、頻繁にメンテナンスが発生していると推測しました...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング