たき火まで危険視されるダイオキシンはピコグラムオーダーで本当に人体に有害なのでしょうか?1976年のイタリア、セベソでの化学工場での事故後の疫学調査では高濃度でのダイオキシン暴露でも対照区と発ガン性の有意差は見られないことが論文で発表されているのに、何を根拠にピコグラムオーダーでのダイオキシンが人体に影響すると大騒ぎしているのでしょうか。環境ホルモンとしての影響もピコグラムオーダーで科学的に人体に対して影響する結果がでているのでしょうか?ダイオキシン研究を名目に多額の国費をふんだくっている研究者の方を含めて、ご存じの方は教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

3度目登場のnonkunです。



何とか論文を探してきました。

セベソ事故については。。。
P.A.Bertazzi et.al. Int.J.Epidemiol. 21 118 (1992)
抜粋:1976年から1986年にかけて行われた調査によると、この地域に住む19,637人の1-19歳の子供の白血病死亡リスクが対照地区と比較すると2倍程度、リンパ球性白血病死亡リスクが9.6倍程度増加している。

また、ダイオキシンの毒性については。。。(日本のみで)
1.黒川雄二・井上達 Bull.Natl.Inst.Health Sci., 1161 (1998)
2.「ダイオキシン排出抑制検討会およびダイオキシンリスク評価検討会最終報告」(環境庁 1997年5月7日)

ここではモルモットやラット、サルに対する実験結果、ダイオキシンに暴露した人の影響の調査結果について述べられています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文献紹介、再、再、ありがとうございます。環境庁のリスク評価も数値の出所が厳密な科学的評価に耐えられるものか疑問な点があるように見受けられます。議論が先行しても、極超微量環境影響「可能性」物質の「人体」に対するリスク評価は絶望的な感じがしますね。

お礼日時:2000/12/24 08:36

論文の紹介ではないのですが。

。。。
なので自信は「なし」です。すみません。

ダイオキシンを始めとする内分泌撹乱物質は「擬似ホルモン」として影響を与えるため、ホルモンと同じレベルオーダーで影響が考えられるということ、体内に蓄積されるので少量の摂取でも長年摂取すれば影響が考えられるということと思います。
それにベトナム戦争のときの枯葉剤でダイオキシンの影響の研究が進んでいたために、セベソ事故の時に被害が拡大することが抑えられたのです。(もっとも政府の発表は遅かったですが。)
実際に影響が出てからでは遅いのです。

今年の7月に施行されたPRTR法もほとんどの物質の明確な被害報告はありません。危険だと見られる物質はなるべく使わないよう、発生しないようにする。というのが最近の化学物質の取り扱いの傾向です。
今までの規制基準は被害が起きてから作成してましたが、それでは後追い基準となり、1.水俣病のような長い苦しみを与えてしまったことの反省と、2.そのように作成した諸規制基準では未然に予防が出来ない、基準そのものが甘いとの(専門家、世論両方からの)批判、3.影響が一代限りで終わらず被害の持続が長いスパンになってきたこと、4.被害が出たときの影響の甚大さ、からそのような考えが生まれました。
何遍も言うようですが、被害が出てからでは遅いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ありがとうございます。現在、ダイオキシンの大量暴露は事故以外には考えられませんが、その大量曝露ではセベソ事故の15年間にわたる疫学調査が当時の居住者約45000人(補足率99.1%)の結果がEpidemiology 8 646-652(1997)に発表されていますが死亡率や発ガン率に非曝露の対照区居住者と有意な差はみられません。次に、低濃度曝露のいわゆる環境ホルモン効果ですが、この濃度レベルでは塩素化合物(例えば塩化ナトリウム)とベンゼン環をもつような有機物が高温にさらされれば発生し、自然環境中でもバックグラウンドとして有史以来存在していたと思われます。この、バックグラウンドレベル濃度と人体での代謝能力を正確に把握することがダイオキシン規制の科学的根拠になると思います。疑わしきは規制するが、環境行政の大原則で、マイクログラム、ナノグラムのオーダーではそれも通用していましたが、ピコグラム、フェムトグラムのオーダーでは分析的計測技術と人体への生理機能計測技術も新しい概念(現在でも計測できますが、その結果をどのように解釈するか)が必要になるのかと考えています。私の質問は焦点が明確でなく、再度、個別問題に分けての質問を考えています。

お礼日時:2000/12/23 21:03

ピコグラムオーダーでの人体への影響ですが、誰も人体実験をしているはずもないのでそんな良いデータはないかと思います。

疫学調査でも、そこまでの調査報告はあるのでしょうか?
人体への影響をそこまで固執してお知りになりたいのでしたら、今日本で騒がれている能勢の焼却工場の報告書を探されると良いのではと思います。

この回答への補足

真摯に長文の返信頂いた、方々には感謝しております。この場は通常のチャットサロンでは無い、感情や感性での場では無い、アカデミックな場と認識しておりますので、私の真の質問趣旨を再度、問いかけた訳です。私の質問内容も一部、不適当な表現(研究費をふんだっくている)があったことは反省していますが、科学的根拠の明確でない事象でも予算の取れる新聞ダネになっているような単語で研究費を獲得する風潮が今後、国立研究機関や大学の独立行政法人化などで、益々助長される危惧があることが私の頭をかすめたのです。ご理解下さい。

補足日時:2000/12/23 13:22
    • good
    • 0

この分野での研究費をふんだくってはいませんが、公衆衛生学の範囲に入りますので、専門家ということで‥


ダイオキシンは直接的な急性毒性や、ご質問にありますような発ガン性が問題となっているわけではありません。
逆に薬理学的にみれば人体に効果を及ぼすということが信じられないような極微量の場合に発現する『環境ホルモン』としての作用が問題となっているのです。
もとはイギリスの川でオスなのに精巣が機能しなかったり、ひどい場合はオスなのに卵巣が発達しているという魚が見つけられ、その原因を探っていった結果、ピコグラムオーダーで存在することが体内で偽のホルモン情報として伝達される環境ホルモンの存在がわかったのです。他にもアメリカでワニのオスが性能力を失ったり、メス化してしまった例など、世界各地で多数の報告がありますネ。
自然界にはポリフェノールの一種であるイソフラボン化合物を代表とするような偽のホルモン作用を示す物質は多数存在しますが、特に選択的に摂取しない限り影響はありません。けれども、環境汚染としての人為的な物質による汚染は生活に必要不可欠な水や大気、或いは、食糧を得るための土壌を汚染してしまいます。
そして、その環境ホルモンによる作用は、通常は男性の女性化ですが、直ぐに現われるものではありません。場合によると我々の次の、或いは、その次の世代になってから強い影響が現われることが懸念されています。
これを放置すると、数代先には人間の繁栄は終わりを告げる可能性も否定できないのです。
環境ホルモンについては、非常に多くの書籍やURLがあり、動物実験データはかなりの数が公表されていますので、ご覧になられればよいかと思います。参考までに、一つご紹介しておきます;
http://www.tokyo-eiken.go.jp/edcs/
また、ベトナム戦争の枯葉剤による催奇形性については、あまりにも有名ですので、この毒性を否定されることはないと思います。これも摂取した本人ではなく、次の世代に悪影響が現われていますネ。
以上kawakawaでした

この回答への補足

早々のご返信、ありがとうございます。風評、新聞記事、報告書類ではなく、ピコグラムオーダーでの「人体」(魚や貝やワニや細胞ではなく)への影響や枯葉剤による疫学的調査に基づく学会誌の論文をご存じならばお教え下さい。

補足日時:2000/12/23 01:11
    • good
    • 0

ダイオキシンのその毒性は2つあります。



1つ目は、即効性の毒性です。
1gで、約1000~2000人の人を即死させることができます。
青酸カリの毒性が1gで5~7人を死なせることができることから考えれば、その毒性の強さがわかると思います。(青酸カリの致死量が、文献によって1.5gと記載されていたり2.0gと記載されていたり幅がある。)

2つ目は、遅滞性、蓄積性の毒性です。
ダイオキシンの構造はベンゼン環を2個酸素で結合した主構造の部分があり、そのベンゼン環に塩素が数個結合したことによって出来ている物質です。広く知られているのは、この中でも特に毒性の高い2,3,7.8テトラクロロダイオキシンです。塩素の数や、ベンセン環に結合している塩素の位置によって毒性が異なってきます。そして、マスコミなどで取り上げられ、一般にとりあげられているのはこのダイオキシンなのです。
図が書けないのが残念なのですが、まずこの構造から、水に溶けにくい物質であるということです。そのため、体内に一度取り込まれると細胞中の脂質にとりこまれて、排出されにくいということです。ですから、体内にじわじわ蓄積していくことになります。また、この構造がDNAの二重ラセン構造を形づくる塩基の大きさと構造が非常に似ているのです。そのため、DNAの正確な複製(細胞分裂の時に増えていく時に複製して2倍にしている)を阻害します(じゃまします)。そのため、塩基配列の順序をくるわせるのです。3つの塩基配列で1つのアミノ酸が決まるのですが、塩基の配列が1つずれただけ、アミノ酸の決定が狂いタンパク質そのものが全く別のものになってしまうのです。そのため、ガンなどが発生しやすくなります。

ダイオキシンの毒性に関する実際の例がベトナム戦争の枯れ葉剤の散布です。枯れ葉剤中にはこのダイオキシンがふくまれていたのですが、そのため、戦後は、このベトナム戦争に参加したアメリカ兵のガン発生率がかなり高いことや、また、ベトナムで奇形児の出生率が高い資料があるのでそれでも確認できるはずです。

また、遅滞性、蓄積性の毒性の恐ろしさは、水俣病にみられる有機水銀の体内への蓄積で理解できると思います。

これらの話しが、直ぐにでてくるのは、ダイオキシンの危険性をずっと前から調べていたから調べていたからです。一般にダイオキシンの危険性が認識されたのは、環境ホルモン(生体内反応撹乱物質、個人的には体の発達に必要な「ホルモン」という言葉はつかいたくない。)がクローズアップされてきたときからである。しかし、それ以前のある時に、ベトナム戦争のダイオキシンによる事実を知ったときから、危険性を調べ、ことあるときに、周りの人にはおしえてきたからです。(特にベトちゃん、ドクちゃんが日本に着たときには、よく話しをしました。)

マスコミの報道における、ダイオキシンの毒性の誤認識や誤報道がしばらく続いたので、毒性にたいする疑問感があるのではないかと思いますが、常識では考えられないような毒性の高い物質です。ぜひ、安易に考えない様にしてください。

参考にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。

この回答への補足

早々のコメント、ありがとうございます。風評、新聞記事、報告書類ではなく、ピコグラムオーダーでの「人体」への影響を明示した疫学的調査に基づく学会誌の論文をご存じならばお教え下さい。

補足日時:2000/12/23 01:04
    • good
    • 0

私のセベソでの事故の認識とは少し違うのですが。


セベソでの事故直後、住民約740人の強制疎開や土壌の撤去(約9年間かかりました)、10年間の居住禁止などの強い処置がとられました。(現在も立ち入り禁止地区がある)
また、この事件後、ダイオキシンによる健康被害調査が行われ、多くの報告がなされています。事件発生後、初期の調査では、皮膚障害・末梢神経障害・自然流産・先天異常などの増加が、長期間追跡調査した結果では、災害のストレスによると思われる心血管系疾患の発生や各種のガンの発生率増加・ガンによる死亡率増加が報告されているというように短期だけでなく、長期に渡って影響が出る物質なのです。
しかも、このとき発生したダイオキシンの量はたったの120kgで20万人の被害が出たとの事です。

さて、ダイオキシンの特徴ですが、体内に蓄積される、特定の物を燃やすのではなく、どんなものを燃やしても発生する可能性がある、ほとんど全てのホルモンに影響を与える内分泌かく乱物質であるという点です。
けっして発ガン性だけではないのです。

以上、一工場の元環境保全担当者からでした。

この回答への補足

早々のご返信、ありがとうございます。風評、新聞記事、報告書類ではなく、ピコグラムオーダーでの「人体」への影響を明示した疫学的調査に基づく学会誌の論文をご存じならばお教え下さい。

補足日時:2000/12/23 00:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCB処理方法について

東京都江東区でPCB処理施設が稼動始めたニュースを見ました。高温と高圧でPCBを炭酸ガス、塩、水に変えるとのことです。他の方法との優位性や詳しい反応について教えて下さい。また、この施設の設置費用、運転資金は、全て税金なのでしょうか(元PCBメーカーは、どの程度負担するのでしょうか)できれば知りたいです。

Aベストアンサー

PCBは日本では1974年に輸入及び製造が禁止されていますが、
未だ全廃はされておらず政府は2016年迄に全廃を目指しております。
国の政策なのでおそらく税金で賄われるのではないでしょうか。
PCB単味の分解方法を一つとして紫外線で分解する方法が有ります。
他にもPCBの塩素を水素に置換し、無毒化する方法も有ります。
どれが一番有効かについては存じません。悪しからず。

Q集成材のたき火で焼いたおもちは、ダイオキシンなど大丈夫?

子供の保育園では、外で餅やおにぎりを焼くときなどにたきぎとして集成材の端材を使っています。天然の木を燃やしたときとは明らかに違う黒い煙が出たりもしていて、いかにも体に悪そうでイヤなのですが、コスト面の問題もあり、確証もないのに「やめてください。」とは言えません。ダイオキシン等の有害物質を含む煙が食品に付着していて、食べると有害ではないかというのが私の考えなのですが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

うーん、それは止めたほうがいいかと・・思います。
子供が関わる事ですから。

集成材といっても構造材からベニヤ板のようなものまで含まれるので
安全性については実際に何を燃やしているかにもよりますが・・。
また、燃焼による安全性などどのメーカーもデータありませんし。

まず、勘違いなされている点として「ダイオキシン」は
燃やした時の化学反応によるもので木材自体にはまずありません。
おそらく「ホルムアルデヒド」と間違われているかと。

集成材は接着剤によって固められていますが、
この接着剤にフェノール樹脂やレゾルシノール樹脂が多用されており、これらにホルムアルデヒドが含まれています。
いわゆるシックハウス症候群などの主な原因で化学物質過敏症に関与すると知られています。

ただし、エコ問題が取り上げられるようになってからは
ホルムアルデヒドを放出しない水性高分子イソシアネート系にする製品や会社も多くなっています。

じゃあ、イソシアネート系なら燃やしても安全かというと・・。
そうは簡単にいきません。
依然として塗料や防腐剤にさまざまな化学物質が使われいる事にはかわりないからです。
そもそもの輸入木材などに使われる防腐剤など、
どんな成分が使われているかよく分からないのが現状。
日本と海外では安全基準も異なります。
その集成材を作っている各メーカー毎に問い合わせればいいかもですが、
そんな事はほぼ不可能。
安心であるかと言えば、それは『安心とは言えない』と考えるべきです。

ですから、保育園の方には
「集成材にはホルムアルデヒドなどの健康に害になる成分が含まれている可能性があり、防腐剤なども同様に危ないかもしれない。」
との意見を伝えるべきでしょう。
お子さんは大人より何倍も化学物質に敏感ですから
その辺りを配慮して下さいっと。

ちなみに・・、野外でバーベキューなどをする場合にも
ちゃんと『炭』を買って用意する方がいいですね。
その燃やす木材をどこから調達してるか知りませんが、
集成材ではないとしても・・、建築用の木材ギレだと
上記のような防腐剤が使われている可能性も否定できません。
ちゃんとした伐採木などの『薪』を用意しないと危ないと思いますよ。

保母さんなのに、こういう知識はないのでしょうかねえ?
対象が子供ですから慎重になって悪い事はありません。

うーん、それは止めたほうがいいかと・・思います。
子供が関わる事ですから。

集成材といっても構造材からベニヤ板のようなものまで含まれるので
安全性については実際に何を燃やしているかにもよりますが・・。
また、燃焼による安全性などどのメーカーもデータありませんし。

まず、勘違いなされている点として「ダイオキシン」は
燃やした時の化学反応によるもので木材自体にはまずありません。
おそらく「ホルムアルデヒド」と間違われているかと。

集成材は接着剤によって固められていますが...続きを読む

QPCBの分析について

ガスクロ(ECD)で排水中や食品中のPCBを分析してます。ガスクロによる方法だと26種の異性体のピークを検出して定量するので、特に低濃度の場合その数値が本当にPCBの正確な数値かどうか分かりません。リテンションタイムだけの判断なので何か別のピークをひろう場合もあると思うのですが、例えば26ピーク中半分くらいのピークが一致すればそれはPCBだと判断して良いとかそういったものがあるのでしょうか。
GCMSはいまのところ使えません。

Aベストアンサー

STDはカネクロール(KC)300,400,500,600を混合されていますよね?
PCBが検出される場合、例えば4塩素と5塩素だけ特異的に検出されるなど
塩素数の固まりになって検出されます。
ですので、大まかに1/4位が合えば検出されたと見るのが妥当ではないでしょうか。
26本中全て合致することもあるでしょうが、1本だけ、ということは無いと言って良いでしょう。
PCBが検出される場合は、出現パターン
(大きいピークの後に小さいピーク、つらなった数本のピークなどのパターン)がSTDと同じになりますので、
その傾向のない数本のピークの保持時間が一致していた場合は「検出されたとしない」判断が妥当だと思います。
また、外国製のPCBと日本製のPCBとでは組成が違いますので
出現パターンが必ず同じになるとは限りませんのでご注意を。
輸入品を分析される場合はお気を付け下さい。

Qダイオキシンについて教えて下さい。

中学生に教えるため、解りやすくダイオキシンについて教えて下さい。

Aベストアンサー

環境省のページの他に以下のようなページも参考にしてはいかがでしょう。

地球規模化学物質情報ネットワークの化学物質毒性データベース
http://wwwdb.mhw.go.jp/ginc/html/db1-j.html

↓参考URLは横浜国立大の中西先生のページです。
環境省も良いですが、実際にダイオキシンによって
人の命や健康に対してどれくらいリスクがあるのかという
議論があって、非常に参考になります。
ぜひどうぞ。

参考URL:http://env.kan.ynu.ac.jp/~nakanisi/

QPCBに触れた場合。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて作業していたとの話も聞きましたが、健康な状態でなく、傷口があった場合にはどうなるのでしょう?
 高濃度のPCBが体内に一度に吸収されると言うことになるのでしょうか?
・その場合には中毒症状は早く発現するのでしょうか?
・関連サイトを見ると、PCBの付着した衣類等も産業廃棄物扱いとなるらしいですが、私はPCBに触れた手で色々な所を触っています。
 そういった箇所を傷口のある人が触れたり、舐めたりした場合には、体内に吸収されてしまうものなのでしょうか?

  かなり神経質な考え方だと思いますが、自分を含め今後の家族の事を考えると心配になってしまいます。
  どなたかお知恵を拝借いただければ幸いです。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に誤解をしているようですが、PCB自体に毒性があるのではなく、製造時に副生物として発生するダイオキシンにより人体に害を及ぼしています。

カネミ油症の場合は、米糠油の製造工程でPCBが混入したものを調理で使用し、直接摂取して中毒を起こしています。

ですので、直接触れても吸収される可能性が低く量的にも少ないので、一時的なものであれば、それほど心配する必要はありません。
もし、その程度で発症するならば、数100万人単位で発症しているはずです。
気にしすぎるほうが、健康によくありません。

Q焼却場のダイオキシン類測定結果

全国一斉行われた、焼却場の排ガス、焼却灰、ばいじんなどのダイオキシン類濃度調査結果を探してます。いいウェブサイトしってるかたおしえてください。

できれば新らしいデータのほうがいいですが、ここ数年は全国一斉調査をやってないのかもしれません。

Aベストアンサー

なかなか全国となると、いろいろ検索してみたのですが、いいのが見つからないですね、参考にならないかもしれませんが?

一般廃棄物焼却施設の排ガス中のダイオキシン類濃度測定平成(12年・平成11年)
http://www1.mhlw.go.jp/topics/gomi/index_14.html

http://www.nippo.co.jp/diottl.htm

QPCB問題、PCB税ってなんですか?

PCB問題とは、いつ頃からどんなことで問題になっているのですか?ご存じの方是非教えてください。
(PCBって何の略ですか?)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本での問題発生は1968年です。油症事件です。それ以前にも関心はもたれていたようで、カワマスやワシの調査も行われていたようです。
PCB(ポリ塩化ビフェニル)は有機塩素化合物で、色々なものに使われてきました。特にトランスの絶縁材として今でも現役の物もまだあるはずです。
人体の影響は皮膚障害・色素沈着・塩素座蒼などがあり、中毒した、母体から胎盤を通じて胎児に移行し、黒子と呼ばれる色黒の新生児が出生したこともありました。
しかし、PCB単体の問題だけでなく、異性体や不純物などとの関係もあり、単純に油症事件とPCBが結びつく問題でもないと思います。
余談ですが、PCBを燃焼すると300~600度でダイオキシンを生成しやすいとも言われています。700度では分解されますが。
私の会社にも古いトランスのPCBが保管されています。

Q発ガン性あり? 臭化メチル& 酸化エチレン

以前、某巨大博物館で働いていました。(6年間)
年に一度、その収蔵庫で“くん蒸”(消毒作業)を大々的に行なっていました。 体育館をいくつも合わせた巨大な収蔵庫です。
その際、臭化メチルや酸化エチレンを使用していました。
作業後、10日位経ってから収蔵庫に入り一日中仕事をしていましたが、かなり臭かったです。
今年から臭化メチルの使用が禁止になりこのようなくん蒸は終わりになりましたが、発ガン性のあるエチレン等に曝露されていないか心配です。
情報をお待ちしております。

Aベストアンサー

>その際、臭化メチルや酸化エチレンを使用していました。
作業後、10日位経ってから収蔵庫に入り一日中仕事をしていましたが、かなり臭かったです。

一日中仕事をしていた時に、窓を開けて行っていましたか???。

どちらのガスも殺菌剤です。
効率よく殺菌されるので、使用されています。

普通は、検知管で残留状態を調べてから入って作業をするものです。
検知管で調べましたか???。

QPCBの保管に付いて

近年、高濃度PCBの回収処分が開始され徐々に実施されていますが
 低濃度PCB含有のトランスを所持しています

低濃度に関しては、国から依然として回収計画が発表されていないため
 その間、保管が余儀なくされています

そこで保管の際の漏洩防止カバー(トレイ)なのですが
 PCBの性質から、ステンレス製・鉄製 以外でも
  樹脂性などで漏洩が有った場合に耐えうる材質をご存知でしょうか?
  
  ご教示のほど宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

参考までに

JESCOでは、現在の受入(高濃度PCB)条件として、樹脂製保管容器の受入を認めておりません。

将来変更緩和される可能性はありますが、PCB汚染物の処分の困難性を考慮されるならば樹脂性以外が賢明でしょう。

URLのQ10をご参考に。

参考URL:http://www.jesconet.co.jp/customer/faq.html

Qトリハロメタンの基準値と、発ガンの可能性量

トリハロメタンの基準値はどのように定められているのか、どこで定められているのかを教えてください。
ある講演会では、2リットルの水を毎日飲み続けて発ガンする人が、10万人に1人、ということをおっしゃっていました。
おそらくこれが、水道法の0.1mgなのでしょうか。

また、トリハロメタンは何gほど摂取すると発ガンの可能性があるのでしょうか。
人にもよると思いますが、基準のようなものがあれば教えてください。

ホームページなども教えていただけたらうれしく思います。

Aベストアンサー

手元の「水と健康」 (林俊郎著, 日本評論社) にいると
・WHO の基準 (クロロホルム 0.2mg/L) は (飲む量は知らないけど) 発がんリスク 1/10万を考えた設定
・カナダの基準 (総トリハロメタン類 0.35mg/L) は「1日 2L 飲んだときの発がんリスクを 1/250万/年」とみた値
だそうですから, 「0.1mg/L × 2L/日で発がんリスク 1/10万」はありうる値ですね. この本では (計算仮定は示されていませんが) 「基準値内の水を 1日に 2L ずつ一生涯飲み続けても, 10万人に 4人が発がんするにすぎない」と書かれてますが.
あと, クロロホルムなどは「動物実験において大量投与した結果, がんが見付かった」ということで「発がん性あり」と分類されているのですが, ヒトに対する発がん性については確認できていないみたいです.
あ, WHO の水質基準値は「トリハロメタン類の総摂取量のうち 20% が水道水からの摂取」と想定して決められたそうです.


人気Q&Aランキング