恐竜は何故絶滅したのかと、きょうりゅうのはんえいについて知っている方教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

恐竜が繁栄していた時期は1億年にも及ぶ長期に渡りますが、この頃の太陽系は銀河系内の分子雲が濃い領域を通過していた為、夜空は真っ暗で近隣の恒星と月や惑星を除いて、星はほとんど見えなかったと言われています。



恐竜は直径10kmを超える小惑星が地球に衝突した結果生じた環境異変で絶滅したというアルバレズ説が現在の恐竜絶滅原因の主流ですが、それならば、分子雲の中に太陽系があった1億年間に小惑星の落下が一度も無かったのかと言えば、そうではなく、しばしば小惑星や彗星が地球に衝突して生命の絶滅が起こっていたようで、それが恐竜が絶滅するほど甚大な影響を与えていなかっただけのようです。

仮に小惑星の落下が無いか、小さな小惑星だったので恐竜が絶滅しなかった場合を考えてみますと、氷河時代を恐竜が生き抜いて現在も生存しているのならば、マンモスのような身体中が羽毛だらけの耐寒保温性の動物に進化していなければ生きて行けなかったでしょう。

恐竜が絶滅したのは二酸化炭素濃度があまりにも急激に変化したのが原因だったかもしれません。人類でも二酸化炭素濃度が10倍増えると脳にダメージを受けますし、10分の1に減ると呼吸が出来なくなるなどの問題が生じます。

恐竜や翼竜は高山地帯のような気圧が低く低温の環境では生存出来ない生物だった可能性もありますし、6500万年前に絶滅したのは恐竜だけではなく、他にも絶滅した生物が多数いたのを忘れてはならないと思います。

恐竜が気圧が高くて温暖な気候でしか生存出来ない特殊な生物だったとすれば、高山地帯でも生存出来た生物だけが生き残り、平原や森林地帯でしか生存出来なかった生物が絶滅したのは当然だっただろうと思います。

両生類、爬虫類、哺乳類の中には高山地帯でも生きている種類がありますが、恐竜はそうではなかったのかもしれません。空を飛ぶ翼竜も鳥のような高い高度までは飛べなかったと考えられていますし、恐竜が山に登ったかという問題は現在でも異論があるのだそうです。

恐竜は大陸から大陸へと渡り歩いていたと言われています。途中で高山地帯を越えて渡ったのか、それとも海岸線を歩くだけで山に登らなかったのか。ともかく、現在の生物の基準で考えるには違いが大きい生物だったようです。

6500万年前の小惑星の衝突で絶滅しなかった生物は、おそらく、高山地帯でも平原や森林でも生存出来る生態系が広い生物だったと考えて良いと思います。

恐竜の弱点が高度差だったと考えると、絶滅した原因が自然に説明出来るのです。
    • good
    • 0

恐竜の絶滅には様々な原因が推測されています;


最もポピュラーなのが大隕石の衝突による気象の変化です。地層にその証拠が見つかっているのですが、何故、哺乳類や鳥類、昆虫類、或いは、魚類の一部は生き残ることができ、恐竜だけが絶滅したのかが納得できにくい感がありますネ。
次に、植物の進化により、花の咲くものが出現したことで草食恐竜が生きてゆけなくなり、それを食糧とする肉食恐竜も絶滅したという説もあります。この場合、草食恐竜が花を咲かせる植物を消化できなかったことから、栄養不良となったという説と便秘説とがありますネ。
興味をそそられる説に、恐竜は消滅的な絶滅をしたのではなく、鳥類へと進化を遂げたために消えたという説もあります。
これらのどれが本当なのか、状況証拠だけでは回答が出ないかもしれませんが、化石中からミトコンドリアDNAを分離することができ、そして、それを調べれば、何か答えがでてくるような気がします。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

恐竜の繁栄



恐竜が三畳紀に誕生してからは、恐竜の時代が始まりました。
恐竜には恐竜しか敵がいなかったためにものすごい繁栄、そして進化を遂げました。

恐竜の絶滅
隕石の衝突によって恐竜が絶滅したといわれていますが、この説は、恐竜の絶滅した中生代と新生代の地層の境界付近に隕石起源のイリジウムという物質が濃縮していることから、大隕石の衝突によって、酸性雨や地球的規模の気候変動があって、恐竜が絶滅したというものです

恐竜のすべてと言うページに恐竜の色々なことが書かれています。

参考URL:http://www.ic-net.or.jp/home/dai-ichi/kyouryu-u. …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恐竜を食っていた哺乳類はなんで絶滅したんでしょうか

恐竜時代に、ねずみくらいの哺乳類から進化した犬くらいの哺乳類が、恐竜捕食性らしかったのですが、なんで絶滅してしまったんでしょうか。

Aベストアンサー

より大きな肉食恐竜に狙われたからみたいです。
結局、大きさ勝負では恐竜に勝てなかった。
あの時代に生き残るには恐竜とは違った強み(知能、敏捷性、夜行性など)で勝負せざるを得なかったのだと思います。

Q恐竜の絶滅原因

地球の回転速度は徐々に落ちてきていると聞きました。
つまり大昔に回転速度が速かったと言うことは
重力が小さかったと言うことですよね?
大昔に今の体重計を持っていけば当時の巨大な恐竜でも
今の象くらいの体重だったのではないのでしょうか?
そのために恐竜のような巨大な生物が存在できたと言うことなのでしょうか?
それならば絶滅の原因は地球の回転速度が落ちたことにより
自らの重さに耐えられなくなったことで物理的な原因から小動物へと変形(進化)して行った
と考えられないのでしょうか?

Aベストアンサー

 No.6のJagar39です。

>大型化の仮説はあまり耳にしないのですが

 一応オリジナルです。前提にした知見は既に知られているものばかりなので、同じようなことを考えたり言ったりしている人はいるとは思いますが。

>この先科学の発展とともに何億年も経つと人類は人工的な環境の中の温暖化状態で巨大化していく可能性もあるのでしょうかね

 私はないと思います。
 というのは、大型化というのはNo.6で恒温性や体重あたりのエネルギー要求量といった点で有利だったと推測したわけですが、その理屈から考えると、人類は衣服や冷暖房といった「恒温性を維持するための文明の利器」を手に入れてしまっていますし、エネルギー要求量の点でも既に体重あたりの、という相対的な問題から人口増加に起因する絶対的な量の問題になってしまっています。
 また、大型化は闘争にも有利であるわけですが、人類が作り上げてきた複雑な社会の中では、肉体的な強さより社会性や知能といったものが主力な"闘争"になってきていますし、この傾向はこれから先もますます強くなっていくでしょう。

 なのでこれまでに考察した材料からは、人類が将来大型化する理由(メリット)は何もない、と言って良いと思いますね。
 むしろ小型化する理由(メリット)の方が多いかなと。

 知能に関しては、このたった数万年の間にも目覚ましく「進化」を続けています。数万年前の人類を乳幼児のうちから引き取って現代の教育を受けさせても、現代の人類と同等の学習効果が得られるとはとても思えません。
 これはつまり、人類には「知能」に関してよほど激しい淘汰圧がかかっていることを意味していると思います。余談になりますが、本当に淘汰圧がかかっているのは「社会性」に対してであって、知能は「高度な社会を作り上げ、それを維持するための」オマケ、という気が私はします。
 ともあれ、知能であれ社会性であれ、要するに「脳(それも大脳皮質)の機能向上」に対する淘汰圧、と言えると思うのですが、脳は身体の30%(だったっけ?)のエネルギーを消費する、とても"燃費が悪い"器官です。
 脳の燃費が悪くなる方向に進化が継続している(そしてこれからも継続する)のであれば、手に入るエネルギーが同じ(つまり接種できる食料の量が同じ)であるならば、身体を小型化することで帳尻を合わせるしかありませんよね。

 また、No.6にも書きましたが、同じ資源を使い、同じ面積に生息するのなら、大型動物より小型動物の方が個体数は多くなりますから、遺伝的多様性を保つには有利です。
 さらに人口がこのまま増え続けると、1人あたりの食料は少なくなっていくでしょうから、この点でも小型化した方が有利になるのかと。

>1億年後の人類はどのように化けているのでしょうね。想像も付きません

 私も想像もつきません。
 でも、私は1億年後には既に人類は絶滅している、という方に1票、です。別にそれほど明確な根拠があるわけではありませんが。

>不老不死なんてのも、あと数百年もあれば実現しているかもしれないし

 不老不死が可能になったら、多分人類の絶滅は早まるかと。世代交代ができなくなりますから、遺伝的多様性が急速に失われるでしょうね。

 No.6のJagar39です。

>大型化の仮説はあまり耳にしないのですが

 一応オリジナルです。前提にした知見は既に知られているものばかりなので、同じようなことを考えたり言ったりしている人はいるとは思いますが。

>この先科学の発展とともに何億年も経つと人類は人工的な環境の中の温暖化状態で巨大化していく可能性もあるのでしょうかね

 私はないと思います。
 というのは、大型化というのはNo.6で恒温性や体重あたりのエネルギー要求量といった点で有利だったと推測したわけですが、その理屈から考え...続きを読む

Q恐竜絶滅と地球の重力の関係(トンデモ?)

古生物学として恐竜を考えたときに、現存するワニなどから類推するそうですが、発掘されている巨大な骨格を持ったもの(特に陸生だと考えられているもの)などは、血圧や筋力、骨格強度などの面から見て、現在の地球の重力加速度とは矛盾してしまう(だから重力加速度が大きく変化したんじゃないの?)……というような話をときどき見かけます。よく知らない私は「へぇ~」と思いながら、どうもこの話は「トンデモ」扱いなのかな、とも気付いたりもします。

ちゃんと科学的に説明した情報がないのか、ネットで検索したのですが、分かるような科学的反論というか解説されたものに、まだ行き当たっていません。

「ゴミ以下のトンデモだ」と反論しているページもあったのですが、内容が分かりません。というか、説明になっていないように思えてしまいました。

「トンデモ」なのでしょうか。そうなら、整合性のある説明はどうなるのでしょうか。気になり始めると気になって気になって仕方ありません(^^; よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「巨大生物が存在したとなれば、現在よりも重力が小さかったはずだ」という「仮説」を、他の様々な重力に関する証拠を一切無視して「正しい」といってしまえばトンデモでしょう。「事実としてそうではない、ならば他の要因があるはずだ」というように発展すればまっとうな学問といえるでしょう。

 個人的には、「恐竜をワニ等の爬虫類から類推する」という点が怪しいと思っています。実際、どちらかというと鳥類に近いという説もありますし。

Q【恐竜の謎】恐竜は山のジャングルに生息していたというのは嘘では?本当は山のジャングルではなく草原

【恐竜の謎】恐竜は山のジャングルに生息していたというのは嘘では?

本当は山のジャングルではなく草原に生息していたのではないでしょうか?

まず山のジャングルは歩き難い。

草食系の恐竜が草原にいて、なぜわざわざ肉食の恐竜が歩きにくい山のジャングルに身を隠す必要があるのでしょう?

おかしいですよね?

草食系恐竜が草原にいて、肉食系恐竜が山に隠れて生息する意味はなくないですか?

肉食系恐竜は山のジャングルではなく草原にいる方が自然ですよね。

食べる餌の草原系恐竜が草原にいる。それを食べる。

草原には襲うものがいない。

いたとしても見つけやすい。

逆に山のジャングルに動きが取りずらい場所に巨体の肉食系恐竜が狩りをするには不向きな気がします。

よって肉食系恐竜は山のジャングルではなく草原に生息していた可能性が高い。

違いますか?

Aベストアンサー

>違いますか?

 そうかもしれませんね
ただ、誰も実際に見ていないので正解は
ないかもしれませんね

 もしかしたら 可能性だけなら
<コンクリート ジャングル>に生息していたかも・・・

Q古生代に生きた恐竜たちの中で1番大きい恐竜はなんですか?

僕は恐竜について調べている途中です。なので恐竜の中で1番大きい恐竜を知りたいと思っています。お願いします!

Aベストアンサー

古生代にはまだ恐竜は居ませんから無し、となります。

http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/dino/faq/0043.html


恐竜が出てきたのは中生代ですよ(^_^;

骨が発見されて、最大と言われてるのが、セイスモサウルス

最大だろうと言われてるのがアルゼンチノサウルス(すべての骨が発見されていないので、想像が含まれています)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報