未現像のフィルムを、現像だけして特定の部分だけ切り取って返すという約束で、Aに渡したが、Aは約束を破って、自費でプリントまで行い、ネガだけ返して写真は自分の物としています。これは法的には問題ないことでしょうか。詐欺罪とか窃盗罪には問えませんか?

A 回答 (3件)

簡単に言うと契約違反です。


法的に言うと債務不履行違反となり、写真の返還請求と損害賠償請求ができます。

これは民事裁判です。

窃盗は刑事事件ですが、要件が厳しくなります。
窃盗の要件は、他人の財物をその意思に反して自己または第三者の占有に移す・という要件となりますが、写真そのものの財物性の証明が難しくなりますが、写真に著作権が認められると考えれば窃盗罪の成立も十分いけるのではないかと思います。

質問だけでは細かな状況が分かりませんが、とにかくその写真を取り返したいと考えておられるようですので、専門家(弁護士)の無料相談にでも出向いて相談されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
当方は法律に関して全くの素人でありますので助かりました。

お礼日時:2002/02/09 18:53

写真を撮った者とフィルムを渡した者が同一であり、写真に創作性が認められるようであれば、著作権法上複製権の侵害となる可能性があります。


つまり、「現像だけして特定の部分(ネガの?)だけ切り取って返す」という契約には、一切複製の許諾が含まれていないのにかかわらず、「プリント」という「複製」行為を無許諾で行った、ということです。
著作権侵害については、著作権法上罰則が定められています。また、侵害を防止するための差止請求権もあるので、プリントしたものを返してもらうこともできるかもしれません。

ただし、あくまでその写真が「著作物」といいうる物であることが条件となります。
また、あくまで一般論ですので、御留意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答をいただきありがとうございました。

お礼日時:2002/02/10 22:09

 ご質問のケースでは刑法上の罪は問えないでしょう。

窃盗罪の客体は有体物に限りますから、当該ネガに何ら損傷・滅失が生じていない場合は、窃盗罪は成立しません。利益窃盗(物自体は盗まずに、利益のみ得る窃盗)は日本の刑法では罰していませんから、不可罰となります。一方、詐欺罪の方は利得詐欺(いわゆる2項詐欺)を罰していますから、欺く意思で他人の財物から不法に利得すれば同罪が成立しますが、ご質問のケースでは、詐欺の意図で処分して利を得たとまでは言えず、詐欺罪は問えないでしょう。

 民事の方ですが、こちらには何の損害も発生していませんから、損害賠償請求はできません。ただ、使用方法を限定して契約したわけですから、その使用方法に従わないで不法に利益を得た場合は、民法703条の不当利得にあたりますから、利得分を返還請求することができます。もっとも、ご質問のケースではそれほど大きな利得はなされていませんから、訴訟を提起してまで得るべき利益ではないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい回答をいただき心からお礼申し上げます。

お礼日時:2002/02/10 22:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q常習累犯窃盗についてお聞きします。常習累犯窃盗は1つ常習として窃盗罪又

常習累犯窃盗についてお聞きします。常習累犯窃盗は1つ常習として窃盗罪又は窃盗未遂罪を犯したことと2つ目に今回の犯行以前の10年間の間に3回以上、懲役刑の判決を受けていることですが、初犯で余罪が追起訴された場合追起訴前に懲役刑を受けた事になり常習累犯窃盗になりますか それともいままでに何度か捕まり前科がついている場合のみ常習累犯窃盗になるのですか教えてください。

Aベストアンサー

>ようするに前科が無ければ常習累犯窃盗にはならないという考えでよろしいのでしょうか?

そうです。
要は,6か月以上の懲役刑の執行を受け,または執行を免除されたことが10年以内に3回必要ということです。

Q窃盗罪+暴行罪=強盗罪?

窃盗を犯し、その相手に暴行を働いても場合は強盗罪が成立するのでしょうか?僕は窃盗罪と暴行罪が成立するような気がするんですが、もし強盗罪が成立した場合に現行法上では最低5年刑務所に入らず得なくり5年ですから執行猶予(3年までしか)も付きませんし暴行を働いたぐらいで殺人罪(同じく5年以上の懲役)並に重い強盗罪が成立するのですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

正確に言えば、「何時、何のためにどの程度の暴行を働いたかによる」だね。

2番の回答にある目的も必要だけどそれ以外にも事後強盗罪が成立するためには、暴行が窃盗の機会に行われることが必要。暴行を加えた相手が窃盗の被害者であるからと言ってそれが窃盗の機会であるとは限らない。また、少なくとも強盗罪と同じ程度(相手の反抗を抑圧するに足りる程度)の暴行が必要と解するのが通説。ちなみに下級審判例では更に強度の暴行を必要と解しているものも少なくない。
事後強盗罪の構成要件に該当しないならば、窃盗罪と暴行罪の併合罪になるのは2番の通り。

Q傷害罪、窃盗罪、器物損害罪で相手を訴えたら

男友達とカラオケ屋で泥酔し、私に他の男友達から携帯に電話が掛かってきた事から口論となり、携帯を折られ3発殴られました。鼻血が出た後大声で店員に警察を呼んで貰い、カラオケ従業員が見守る中、警官が来る前(2人きりでなくなり安心した事から)私も相手を蹴りました。髪の毛も引っ張りました。悔しかったのです。両方共警察署で別室で取調べを受け、私も相手に手を出した事から事件になりませんでした。携帯が無くなり遺失物届けだけ出しました。その後、相手が壊れた私の携帯を持ち帰っていた事が分かり、なかなか返してくれず相手の職場の方に話しやっと返して貰いました。が、切れていたバッテリーが充電され全てメール等見られていました。相手に携帯の損害を求めたら拒否されたため、警察にもう一度行くと言った所、診断書あるかと聞かれたのですぐ医者に行き打撲など全治10日間の見込みという診断書を貰いました。診断書代も出すという話でした。当時の警官に連絡をし相談しておりましたが、相手はお金が無いという理由で携帯代を月々分割で支払うと言われ、私は拒否しました。水掛け論ばかりで全く話が進まないので、携帯代診断書代に付け加え、慰謝料の請求とともに、一ヵ月後に支払いが無ければ告訴すると記述した内容証明を半月後に送りました。住所不定なので実家を調べそこへ送りました。すぐ連絡があり振り込んだとの事。口座を見たら一万円だけでした。怒って電話しましたら、貴方も俺を蹴りましたよと言われました。質問です。私もやりかえした罪で罰せられても構いません。相手を告訴することはできますか?どのような罪で相手は罰金を支払うことになりますか。

男友達とカラオケ屋で泥酔し、私に他の男友達から携帯に電話が掛かってきた事から口論となり、携帯を折られ3発殴られました。鼻血が出た後大声で店員に警察を呼んで貰い、カラオケ従業員が見守る中、警官が来る前(2人きりでなくなり安心した事から)私も相手を蹴りました。髪の毛も引っ張りました。悔しかったのです。両方共警察署で別室で取調べを受け、私も相手に手を出した事から事件になりませんでした。携帯が無くなり遺失物届けだけ出しました。その後、相手が壊れた私の携帯を持ち帰っていた事が分かり、...続きを読む

Aベストアンサー

20万円の毎月一万円というのは多分嘘でしょうし,貴方が受けられた精神的な痛手に比べたらはるかに少ないです。貴方も覚悟がおありですから弁護士に相談されて法廷闘争をして,決着をつけられた方が貴方も納得できますし,相手に対しても強制的に罰金及び損害金並びに慰謝料等を徴収できます。裁判費用についても相手側に請求するようにされるべきですよ。今後の貴方の人生を考えると一時の彼方が受ける法的処罰よりも何もしないで心に一生残る傷の方が大きいと私は考えています。これは人それぞれの価値観ですが,私なら妥協はしません。

Q約束を破っただけで訴えられる?

長くなるかもしれません。
半年ほど前、結婚に関する企業から説明を薦められて
会う約束をしたのですが行きませんでした。
(なんとなく怪しかったので電話にも出ませんでした)
それから最近再び電話がかかってきて
「約束したんだから来てもらう」というので断ると
「会話は録音している」「裁判を起こす」などというので
説明だけ聞いてはっきり断ったのですが、
「会社に連絡する」「何百万も払うようになる」などと言って
半強制的に物を買わされました。
約束を一度破ったことに関してはこちらに非があるのですが
それだけのことで訴えられるのでしょうか?
買わされたものも決して安くなく、今すぐ必要なものとは思えないので
できればクーリングオフしたいと思っています。

Aベストアンサー

○○紹介業というのが色々とありますが、紹介を受ける権利の対価として会費などを支払うのであって、紹介に応じなければならない義務は無いはずです。
紹介するといったのに紹介しない業者が詐欺罪にあたるケースはあるでしょうが、紹介するといった提示を拒んでもよもや損害賠償などの問題にはなりませんよ。断ってもhidemonさんに非はありません。

おまけに、半強制的に買わされたということですが、詐欺または強迫による意思表示は取り消すことができます(民法第96条)。
消費者契約法を見るまでも無く、取り消しできるものと思います。

相手が裁判を起こすというのなら、起こしてもらえばいいんじゃないですか?付き合うのが面倒ですが、相手の主張に妥当性が認められないことを公的機関(裁判所)が証明してくれるのではないでしょうか。

Q窃盗被害にあった私が、逆に窃盗罪に問われました。助けてください。

一年半前に、約3年間同棲していた男性と別れました。
当時同棲していた家は私が借りていた家だったので、同棲を解消後に男性は出て行きました。
私は同棲を解消する際に、私の特有財産は持ち出さないよう男性に伝えました。しかし、引越し作業の中、男性は私の特有財産(同棲前に私が買った家具や、同棲中に私が買った貴金属と家電製品。合計150万円相当)を勝手に持ち出し、それに気づいた私が返還を求めても、男性はそれを返してくれませんでした。
仕方なく、私は男性引越し作業のスキを見て、男性と私の共有財産(液晶テレビやノートパソコン。合計40万円相当)を私の実家に持っていきました。
男性は「あれも俺の物だから返せ」と言ってきましたが、私は「私の物を返してもらえるなら、あなたとの共有財産も折半する」と言い返しました。
しかし、結局男性は私の特有財産の返還に応じないまま、私が8割お金を出して買った共有財産の車(800万円相当。しかし、名義は男性)まで勝手に持ち出し、引越し先を私に黙ったまま行方を消しました。

私はこの一件で、私の特有財産(150万円相当)と共有財産(400万円相当)の合計550万円相当を男性に盗まれました。本来なら被害を訴え、男性から共有財産の半分と、特有財産の返還を求める法的処置をする所なのですが、私はもうこれ以上あの男性とは関わりたくない思いから、あえて男性を見逃す事にしました。
また、私が持ち出した共有財産は、男性が出て行って数ヵ月後に中古業者に売却しました。

しかし、それから一年半ほど経った最近、警察が私の家に家宅捜索に来ました。容疑は「男性の私物を盗んで売却した窃盗の容疑」だそうです。どうやら行方をくらました後、男性は被害届を出したそうです。
実際の被害者は私なのに、なぜ警察は男性の詳述だけをもとに、私を被疑者にするのか?私は悲しみと共に怒りが治まりませんでした。
私はその場で警察に事情を説明しましたが、結局警察は私の自宅を家宅捜索し、後日私に警察に出頭するよう言って去りました。

因みに、私は九州在住なのですが、捜査に来た警察は何故か関東の刑事でした。また、私が出頭するよう言われた警察署も、私の住まいからかなり遠方の関東にあります。
それと、私が売った男性の特有財産は、すでに警察が確保してあるそうです。

警察が帰った後に色々考えたのですが、まず、なぜ私が今のご時勢にわざわざ高い交通費と時間を払って、遠方の警察に出頭しなければならないのか?(用があるならこっちに来いと言いたいです)
また、警察はここまで一方的に捜査する組織なのか?という事に納得がいきません。

今現在、私の手元には、「男性が私の特有財産を盗んだ事、男性が被害届を出してる物は共有財産である事」を立証する確実な証拠が多数あります。なので、今からでも私が最寄の警察に被害届を出して、警察に男性を捜査してもらえればと考えています。

このような状態になってしまった場合、私が被害届を出しても受理されるのか?が心配です。警察は一応「厳正中立」の立場なはずですが、今回の一件はあきらかな民事事件に思いますし、捜査もかなり一方的に思えてなりません。

出来れば、遠方の警察に行かずに済み、私の証拠をもとに男性をきちんと捜査してもらうか、男性の被害届を破棄して捜査を終了してもらうかしてもらいたいと思うのですが、どうすればいいかわかりません。
また、弁護士などへ相談も考えたのですが、今現在は経済的にかなり苦しいため、困っています。

一年半前に、約3年間同棲していた男性と別れました。
当時同棲していた家は私が借りていた家だったので、同棲を解消後に男性は出て行きました。
私は同棲を解消する際に、私の特有財産は持ち出さないよう男性に伝えました。しかし、引越し作業の中、男性は私の特有財産(同棲前に私が買った家具や、同棲中に私が買った貴金属と家電製品。合計150万円相当)を勝手に持ち出し、それに気づいた私が返還を求めても、男性はそれを返してくれませんでした。
仕方なく、私は男性引越し作業のスキを見て、男性と私の共...続きを読む

Aベストアンサー

5です

相手の男性が「被害届」を出して、あなた様を逮捕させようと企んでいます、とした場合。

貴方様も関東の警察に「被害届」を出すと良いです。

双方、窃盗罪になりますが、罪の重さから考えれば、相手の男性の方が分が悪いです。

要するに、「喧嘩両成敗」の結果となります。

貴女は、書類送検されるかも知れませんが、相手の男性も書類送検されます。

そこで、双方、書類送検されると分かったら、相手の男性の方が分が悪いし、利益もないですから警察としては、おそらく男性に被害届の取り下げを勧めると思います。

それでも、男性が「被害届」を取り下げない、と主張したら、貴女は被害届を出すなり、告訴すると良いです。それによって、男性を逮捕させると良いです。

男性が「逮捕される」と知った場合、恐らく、貴女様への「被害届」を取り下げると思います。

そうすることによって、貴女さまは、書類送検を免れることができます。

それで双方、警察沙汰から免れることができます。

男性に対し、腹が立っていることと思います。

ですから、貴女様は、男性に対し、損害賠償請求をすると良いです。

或いは、貴女さまが被害届や告訴を取り下げるのと引き換えに、男性に対し「示談」を申し入れ、男性から示談金を出させることも可能です。


男性から被害に遭った金額プラス慰謝料を請求して支払わさせることも可能。

詳しくは、お近くの弁護士か、法テラスに相談されると良いです

刑事事件は初めての経験でしょうから、まずは、弁護士に相談です
アクションは、それからです。
とにもかくにも早く弁護士に要相談です

5です

相手の男性が「被害届」を出して、あなた様を逮捕させようと企んでいます、とした場合。

貴方様も関東の警察に「被害届」を出すと良いです。

双方、窃盗罪になりますが、罪の重さから考えれば、相手の男性の方が分が悪いです。

要するに、「喧嘩両成敗」の結果となります。

貴女は、書類送検されるかも知れませんが、相手の男性も書類送検されます。

そこで、双方、書類送検されると分かったら、相手の男性の方が分が悪いし、利益もないですから警察としては、おそらく男性に被害届の取り...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報