すいません。今度のテストで、幕末の将軍って?って問題が
出題されるようなのですが、幕末の将軍?って聞かれたら
なんて答えたらいいでしょう?

宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

単純に考えたらこの人でしょうね。



参考URL:http://www.intership.ne.jp/~mcity/matsudo/tojo4/ …
    • good
    • 0

一般にはこの方だと私も思いますが、この程度の事なら自分で教科書や参考書で調べられると思うけど。



自分で調べる癖をつけないと後で泣きをみるんじゃないのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。

お礼日時:2002/02/11 17:34

徳川慶喜…15代将軍です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。

お礼日時:2002/02/11 17:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q桜田門外の変及び、幕末・明治初期の世情に詳しい方、推察・想像を宜しくお願い致します。長文です。

我が家には、"桜田門外の変"で斬りあいに参加した水戸浪士の生き残りが曾曾祖父という話(史実上ありえない事は承知しております)が伝わっておりますが、その話が"嘘・本当"だとしたらどんな可能性がありますか?

戸籍と伝え聴いた事あわせますと、

・名は、〇〇定次郎
・西茨城郡〇〇村(〇〇は私の苗字 現茨城県桜川市)出身。
・桜田門外の変に参加後、商人に扮装し逃亡(その際の脇差が現存 ※)
・東海道のある宿場町に辿り着き、町の娘と明治元年結婚(戸籍記載)
・同住所にて没(没年は、今手元に戸籍がない為省略)

となります。
そこで推察・想像して頂きたいのですが、

1)仮に桜田烈士の一人だとしたら、誰か?
史実上、逃亡し生き残った方達でない事は確かです。
私個人の妄想(笑)では、"広木松之助"が怪しいかと思っております。
・日蓮宗上行寺で切腹した事にして逃亡(死体自体は、お坊さんしか見ていない為)
・我が家が、日蓮宗系お寺の檀家
・曾祖父の名前が"松太郎"
・没年を広木松乃助の年齢に合わせると、86歳で没。(以前、計算した時の記憶)

2)変に参加はしていないが、関与はしていた?
広木松之助の名を騙り獄死した"後藤哲之助"や、一味だと熊本藩に自訴して獄死した"宮田瀬兵衛”の様に、何かしら関与していた事を、大袈裟に斬りあいに参加したとでっちあげたのか、曾祖父が訊き違いをしたのか?(笑

3)桜田門外の変に参加も関与もしていなかった?
桜田門外の変の前に起こった、"長岡屯集"(江戸への勅書搬入を阻止しようと、後に変を起こす水戸浪士・同志・農民など数百人が集結)に参加していた事を、大袈裟に斬りあいに参加したとでっちあげたのか?(笑

4)宿場町に居た、単なる常盤訛りの男(笑
全てに対して"嘘"だったのか?
この場合疑問に浮かぶのが、"嘘"を吐いてどんなメリットがあるのかです。
明治初期の桜田門外の変に対する評価は、どの様なものだったのでしょうか?

※脇差について
曾祖父死後、長男も戦死してしまい(7人兄妹・男1女6)まだ嫁にいっていなかった末っ子の私の祖母が譲り受けたのですが、長女の旦那さんが、「家督を継げる男が誰も居なくなったのだから、長女と結婚した俺の物だ」と、脇差・その他受け継がれている物を全て奪っていってしまったそうです。
そしてその四十数年後、その長女のお孫さんにあたる方が我が家にきて、「家・親族で不幸な事が立て続けに起こっている、霊能者に観て貰ったら、この脇差はこの家の物でないね?祟られているから、元の家にお返しなさい」と言われたと、脇差を持ってきたのですが、祖母が「あれだけ持っていくなと言ったのに、私は知らない」と突っ返してしまった為、今は知らないどこかのお寺にあります(笑

おかしな質問ですが、宜しくお願い致します。

我が家には、"桜田門外の変"で斬りあいに参加した水戸浪士の生き残りが曾曾祖父という話(史実上ありえない事は承知しております)が伝わっておりますが、その話が"嘘・本当"だとしたらどんな可能性がありますか?

戸籍と伝え聴いた事あわせますと、

・名は、〇〇定次郎
・西茨城郡〇〇村(〇〇は私の苗字 現茨城県桜川市)出身。
・桜田門外の変に参加後、商人に扮装し逃亡(その際の脇差が現存 ※)
・東海道のある宿場町に辿り着き、町の娘と明治元年結婚(戸籍記載)
・同住所にて没(没年は、今手...続きを読む

Aベストアンサー

回答になってなくて申し訳ないですが、我が家の父方のご先祖も桜田門外の変に関与していたと伝わっています。それによると、それによって追われる身になったので明治維新後は北海道に移住した(官憲の目が緩やかだったんでしょうね)ということになっています。

質問を拝見して、もしかしたら水戸藩士関係者にはそういうこと(桜田門外の変に関わった)になっている人が大勢いるのかもしれないと思いました・笑。
もう水戸付近には親戚も誰もいませんが、個人的に仕事で対応したイメージでそちらにお住まいの方は見栄っ張りというか、そういうところがありますよね・笑。

Q徳川歴代将軍で名君だった将軍、いまひとつだった将軍を教えてください

家光や吉宗は比較的有名ですが他の将軍の評判や実績などを教えてください。

Aベストアンサー

徳川綱吉ですかね。名君、とはいきませんが、世間的な評判は実は誤りであるとする説の方が有力です。
犬公方というあだ名で有名ですが、少なくともそのように揶揄される程の暴君ではなかったと思われます。

詳しくはwikiでもなんでも調べた方が詳細です。
全角800字までしか、この回答は作れませんので。

Q何故将軍家ではない者が、将軍家の御留流を習えたのか?

毎度お世話になります。

高杉晋作は長州藩士の子として生まれました。
将軍家とはおそらく所縁(ゆかり)は有りません。
それなのにどのようにして、将軍家の御留流である、新陰流を
習得出来たのでしょうか?

これは新陰流のみならず、小野派一刀流にも言えます。
小野派一刀流も将軍家の御留流だったと記憶しております。
ですが、幕末には山南敬助や大石鍬次郎が小野派を習得出来ております。

これは何故でしょうか?ご存知の方何卒ご教授願います。

Aベストアンサー

> 将軍家の御留流である、新陰流を

> 小野派一刀流も将軍家の御留流だったと記憶しております。

「柳生新陰流宗家」「小野派一刀流宗家」のどちらも将軍家に指南
したとは言っていますが、御留流というような主張は一切していま
せん。自らの格式を上げるような主張をしない場合、そのような事
実はないからだと考えてよいと思います。それどころか「将軍の外
多数の門人を有し」といった表現をするし、柳生では江戸で将軍家
に教えていたのは傍流の扱いだし、小野派は津軽の藩主に一子相伝
を持ってかれて断絶しかかってたと認めています。

デマでしょうね。

Q8代将軍・徳川吉宗以降の、御三卿も含めた徳川将軍家のわかり易い家系図を教えてください。

江戸時代の徳川将軍家の、8代将軍・徳川吉宗以降の、御三卿も含めたわかり易い将軍家の系図が知りたいです。

徳川将軍家の8代将軍・吉宗以降のわかり易い家系図を教えてください。

Aベストアンサー

普通に考えると将軍家の家系図となるとこれだと思いますが。きちんと家柄(水戸、尾張、紀伊など)も載っていますので。

参考まで。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/5/55/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%B0%86%E8%BB%8D%E5%AE%B6%E7%95%A5%E7%B3%BB%E5%9B%B3.svg/1280px-%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%B0%86%E8%BB%8D%E5%AE%B6%E7%95%A5%E7%B3%BB%E5%9B%B3.svg.png

Q日本の歴史認識についてお願い致します。幕末期に活躍した藩は、薩摩 長州

日本の歴史認識についてお願い致します。幕末期に活躍した藩は、薩摩 長州 土佐でした。

この三つの藩はなぜいろんな多彩な人材を輩出する事ができたのでしょうか?

現代では、この三つの藩つまり鹿児島県 山口県 高知県はたいした産業も無くて
現代文明から取り残された典型的なダメポ♪地方の代表ですが
どうしてあの幕末期には幕府(国)を動かすような大それた事ができたのでしょうか?

今でも鹿児島は、警視庁には鹿児島閥のなごりがありますし、山口は多くの首相を
排出しています、土佐は自由党が根強い基盤をきづいています。

これらは幕末期のなごりであります。

でもお金儲けの産業やビジネスではさっぱりアカン券でもあります。

幕末期の最大の謎をしりたいので
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No4です。

このような背景の下、長州藩(毛利)は当然アンチ徳川の家風になります。
徳川より、朝廷と深く関係を結びます。(これ以前からそうでしたが)
水戸の思想(将軍より天皇がえらい)を大きく受け入れ、、尊皇攘夷・倒幕に
なるのは、自然の流れでしょう。
幕末期の殿様である毛利敬親は、家臣の進言に対して「そうせい、そうせい」
となんでも好き勝手にやらせていました。
家臣内にも穏健派はいましたが、過激派(吉田松陰、木戸孝允、高杉晋作、
久坂玄瑞など)が実権をとり、倒幕の道まっしぐらです。


土佐は山内含む上司は、当然徳川あっての自分たちと思っています。
長宗我部の残党の子孫たち(坂本龍馬、中岡慎太郎、武市瑞山など)は、
徳川や山内に対して、なんの恩恵もさずかっていないので、自分たちを
人間扱いしてくれる思想に傾向します。
外人と結ぶ、腰抜け幕府はあてにならん、日本を自分たちで守ろう、命を
かけようと、自分の国(土佐)を捨てて、活動するモチベーションが高かった
かと思います。


薩摩は関が原以降、幕府が一番目をつけている藩でもあり、何度もお家
断絶の憂き目にあっています。幕府からのムチャ振りで、財政困難におち
いり、それを立て直すため、密貿易を行い、国を豊かにします。
また、海外の情報や文化を多くとりいれ、歴代の殿様はそこそこ切れる
人物ばかりでした。
幕末期の島津斉彬はまさに、奇跡の人で薩摩人でありながら幕府に取り
入られ、外様では許されないような進言を行い、内政を変えてゆきました。
斉彬の秘蔵っ子が西郷であって、大久保利通や小松帯刀など、有能な
人材が育っていきました。
(最終的には、この混乱期を幕府は治める能力がなく、倒幕になりますが)


他の国は、そのほとんどが事なかれ主義であって、信じられないことですが
日本の混迷期においても、ほとんど危機感を感じません。
外様は牙を抜かれており、徳川に対して、薩摩や長州のような強い遺恨も
ありません。反発して取り潰されるより、自国を守っていこう、という保守的な
考えが、当時のあたりまえの対応でした。
親藩大名も徳川の顔色を伺うのが常であって、譜代にしても当然徳川支持
です。(水戸藩を除いては)


徳川が日本を統一してから、ちょっとした反抗した藩は取り潰す。という荒治療
を行ってきたので、穏便にすませることが生きるための術でした。当然、反抗し
ようなんて藩は出てこないのが、当たり前です。

奇跡的な交渉で、土地の没収を免れ、密貿易によって自国の国力を上げた薩摩。
徳川に末代まで恨みをかうような裏切られ方をし、朝廷と結んでいた長州。
この二藩は必然的に倒幕の流れになったように思えます。
いうならば、土佐藩のみ異例で「命をかけて世の中をなんとしたい!」と思えるほど、
郷士たちは虐げられていたことが想像できます。結局、上司たちは(板垣退助、
後藤象二郎、福岡孝弟など)世の中が倒幕の流れになってきて、なんとかその
流れに乗りたいがために、郷士たちを利用したにすぎません。


長ったらしい説明ですいません。
ただ、質問者さんの質問は、関が原まで遡らなければ答えが見えないような気が
しましたので。。。

No4です。

このような背景の下、長州藩(毛利)は当然アンチ徳川の家風になります。
徳川より、朝廷と深く関係を結びます。(これ以前からそうでしたが)
水戸の思想(将軍より天皇がえらい)を大きく受け入れ、、尊皇攘夷・倒幕に
なるのは、自然の流れでしょう。
幕末期の殿様である毛利敬親は、家臣の進言に対して「そうせい、そうせい」
となんでも好き勝手にやらせていました。
家臣内にも穏健派はいましたが、過激派(吉田松陰、木戸孝允、高杉晋作、
久坂玄瑞など)が実権をとり、倒幕の道まっし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報