粘性流体に重力以外の外力がかかった場合ナビエ・ストークスの式は
どうなるんでしょうか?
例えば,溶融金属をガスによって吹き飛ばす場合どうなるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1の訂正。


境界条件を与えますが、初期条件を与えて時間発展を追う問題のようですから、混合問題ということになるのかな。

それから少し補足。
ナビエ・ストークス方程式の中に、外からガスを当てる場合のような外力の変数がないので、計算のしようがないではないか、ということが言いたいのですね。
しかし、この場合、外から加えた力は重力のように直接流体の内部に力を及ぼしませんね。(重力を除けば)流体の内部では、そのまわりの流体から力を受けて運動するだけです。ですからナビエ・ストークス方程式はそのまま使えます。また、外からの力で、もちろん流体の内部の運動は影響を受けますが、それは、境界条件によって影響を受けたと考えればいいですね。
    • good
    • 0

ナビエ・ストークス方程式を解くときに、(溶融金属のまわりの圧力、といった)境界条件を設定してやって、境界値問題を解けばいいのだと思います。


あげられた例は難しそうですね。何らかの簡単化されたモデルを使わないといけないでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q負圧の意味がわかりません

ある装置の説明に「負圧度-1.0MPaとする」という記載がありました。
物理が苦手で負圧の意味すらわからないくらいなんですけど
これってどうゆうことか説明できる方いますか?
圧力ってマイナスにはならないのじゃ・・・って思っているのですが。
少しでも知識のある方助けてください。

Aベストアンサー

密閉した部屋の換気扇(部屋の中から外へ)が作動した時にその部屋気圧は下がっていきます。この時の圧を負圧、静圧といいいわゆる真空になるように働く圧を言います。
逆に外から部屋の中に送るように働いた時を正圧、陽圧といいます。
「負圧度-1.0MPaとする」というのは真空状態にして行き1.0MPaとなった状態を意味します。この時に正圧と間違えないように-を付けていると思います。「負圧1.0MPa」または「真空圧1.0MPa」との表示でも良いと思います。

Qなぜ分子量の大きい油が小さい水に浮くのか

なぜ油は水に浮くのでしょうか。

油が軽く、水が重いのは経験的に分かります。
しかし分子量は水よりの油ほうが一般的に大きいです。
重さと分子量とは関係がないのでしょうか。
教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

> 油が軽く、水が重いのは経験的に分かります。
 これは同じ体積で比べての話ですよね。水1Lと油 1 mL を比べたら水の方が重いですよね。

> しかし分子量は水よりの油ほうが一般的に大きいです。
 そうです。ただ同時に1分子の占める体積も,水よりも油の方が大きいです。結果として,密度(質量/体積)は水よりも油の方が小さくなります。

> 重さと分子量とは関係がないのでしょうか。
 関係はあります。分子量にg(グラム)を付けたものが質量になりますから。ですから,分子量の大小で言える「重い・軽い」は1分子が重いか軽いかです。

以上の事を踏まえて,
> なぜ油は水に浮くのでしょうか。
 ここで重いか軽いかは,同体積の水と油で比べるべきものです。つまり,密度で比べなければなりません。上記のように密度は油の方が小さいですから水に浮きます。
 あるいは,同体積の水に比べて重さが何倍かを示す数値に「比重」があります。これで比べるべきです。

Q数値計算における境界条件で・・

変な質問なのかもしれませんが・・

水理学や流体力学などで数値計算をする際、境界条件が必要となってくると思います。
この時、「スリップ」「ノンスリップ」「対数則」などといった用語が出てくる時があるのですが、これって要は何なのでしょうか。

わかりやすく書いてあるような本やWEBサイトなど、教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

変な質問どころか、なかなか重要な質問です。

境界条件がないと流れ場が決まりません。というか、境界条件を満たす流れ場を数値計算では求めていきます。

スリップ、ノンスリップ、対数則などは、速度に対して与えられる境界条件です。ノンスリップとは壁などの境界上の接点で流れが止まった条件(速度ゼロ)です。逆に、スリップでは壁面に沿って止まらずにそのまま流れます。対数則は壁面からの速度分布を壁面からの距離に対して決める一つのやり方です。

速度以外に、密度、圧力、エネルギーなどにも境界条件を指定しなくてはなりません。

では、どのような境界条件を採用すればいいのかになりますが、それはケースバイケースです。数値計算では実際の現象をできる限り正確に低コストでシミュレートできるかが重要なので、一番よい結果を出す境界条件を用うこととなります。ある場合には、スリップ条件が妥当で、別の場合には対数則がよい場合も出てきます。

今回のスリップ、ノンスリップ、対数則などの境界条件については、WEBで検索をかければ相当数解説ページが出てきますのでご自身でお調べ下さい。それから先に一歩進んで、具体的な問題に対してどのような境界条件を使えばいいのかについては、私も昔探したことがありましたが、すっきりと書かれた資料はないと覚悟した方がいいでしょう。ノウハウの世界です。

変な質問どころか、なかなか重要な質問です。

境界条件がないと流れ場が決まりません。というか、境界条件を満たす流れ場を数値計算では求めていきます。

スリップ、ノンスリップ、対数則などは、速度に対して与えられる境界条件です。ノンスリップとは壁などの境界上の接点で流れが止まった条件(速度ゼロ)です。逆に、スリップでは壁面に沿って止まらずにそのまま流れます。対数則は壁面からの速度分布を壁面からの距離に対して決める一つのやり方です。

速度以外に、密度、圧力、エネルギーなどにも...続きを読む

Q拡散定数から拡散速度を求めることは出来ますか?

拡散定数から拡散速度を求めることは出来ますか?


イオンや熱には拡散の速度を表す拡散定数という物性値があります。
これの次元はm^2/secで表されます。
この物性値をm/secの拡散速度に変換するためには、何の長さで割れば良いのでしょうか?

それと拡散の時定数を求めることは可能なのでしょうか?
時定数を求めるためには、もう一つ何かの長さが必要になるのでしょうか?
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

拡散の流速の次元はm/secではありません。
定常状態拡散は
J=-Ddc/dx
の形でFickの第一法則と呼ばれるものです。
Jが流速でkg/(m^2・sec)あるいはmol/(m^2・sec)です。単位断面積当たり、単位時間当たりに流れる量です。
dc/dxが濃度勾配です。cがkg/m^3(あるいはmol/m^3)で、xが距離です。単位の長さ当たりの濃度の変化です。Dが拡散係数でm^2/secの次元を持ちます。拡散係数と濃度勾配を知ればJが出せます。

非定常状態では
∂c/∂t=D∂^2c/∂x^2(右辺は2階微分)
でこちらがFickの第二法則です。左辺が濃度の時間変化を表します。Dは拡散係数です。時定数というものがどのようなものについて出すのかわかりませんが、条件を与えてこちらの式を使うのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング