出産前後の痔にはご注意!

何長調でも結局はほとんどハ長調で引けますよね?また基本音階に全く黒鍵がないので非常に引きやすいと思います。
そこで質問ですが、いろいろな長調を使う理由は何ですか?

なぜかくも多くの音階を使っているのでしょうか?

レパートリーがふえているだけなんでしょうか?聞き心地とかもだいぶ変わってくるのでしょうか?

音楽音痴の私に教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

聴いた時の印象ももちろん違いますし、管楽器には色々な調のものがあるので


メインの楽器が吹きやすい調で作られていたりもします。
    • good
    • 1

ハ長調にどの曲も転調できるのは、


平均律(現在、普通のピアノで採用されている音律)の上で
だけの話なんです。
平均律というのは一番皆が落ち着けた妥協点というだけで、
例えばドとソの美しく響く関係とドとミが美しく響く関係との
間では矛盾が生じてしまっているんです。

平均律は割りと新しく採り入れられてきた音律で
昔はミーントーンだとかヴェルクマイスターだとかいう
音律を使ってたんですよね。
こういった音律では、平均律では感じられない
調性の違いが、顕著にあらわれてきます。

例えば、ミーントーンという調律法を使えば
ドとミが自然の法則に乗っ取って、一番美しく響くように
調律してあります。
つまり、ハ長調のI(ドミソ)の和音が平均律の
ドミソよりも美しく響くんです。
でも、ロ長調のI(シレ(シャープ)ファ(シャープ))の
和音では調律の関係でひずみが生じてしまうため、
もう聞くに堪えない響きが聞こえてくるんです。

ロマン派の作曲家たち、例えばショパンやリストたちも
平均律は使ってなかったので、
調性には今の人たちよりももっと
敏感に対応していたと思います。
悲しい曲には悲しい響きの調を、
底抜けに明るい曲に明るい調を…
といった風に。

ピアノの人は調律を変えられないんで、
どうしようもないですけど、
弦楽器の人たちは、決して平均律では
チューニングをしてないですよ。

オーケストラで調性の響きの違いは感じ取れると思います。

結構、専門的で難しい話なんで…。。。。
しかも平均律で調性の違いを感じろというのも
難しい話ですよね。

でも結局は、調によって、全然雰囲気も違えば響きも
違うということで納得頂けますでしょうか?
    • good
    • 1

4番さんの回答と同じような内容ですが・・


現在主に使われている12平均律の場合1オクターブの間に12の音があって、それぞれの音を主音として長調、短調を合計24存在できるようになります。これに教会旋法とかハンガリアン音階とかも加えた場合かなりな数に・・・・

それぞれの調性でやはり色彩といいますか、違うと感じます。
歌う人や演奏する人の都合で移調したりする場合が特に多いですが、
作曲している立場(本職じゃなくて趣味ですが)から言うと、調性が違うだけで別のイメージの作品になってしまいます(汗)

これは色に例えるとわかり易いと思います。
「ブログやHPで文字の色を何色にしようかな?」というのと「この曲はこの調にしよう」というのと共通する部分があると思います。

読み手(聴き手)にとってはどうでもいいことかもしれませんが、イメージの違いはあると思います。
私の場合は移調された曲はやはり別の曲に聴こえてしまいます。

日常会話でも同じ人が同じ言葉を低い声、高い声で言った時、少し印象が変わりますよね♪
    • good
    • 0

追加で.音域の制限。



たとえば.
1点ハ(名称疑問, 間違えているかもしれません)から2点ハの間の音が出せる楽器だけだったらば問題はないのですが.1点ホまでしか出せない楽器(歌手を含めて)があるとか。1点イの音を大体の楽器で出せるので調律に使われていますが他の音が出せない場合があります。

沖縄音階などの場合に.特定の音を使わないという規則がある場合とか

太鼓のような打楽器の場合には.単音又は半音違いの2音しかだせないので打楽器に合わせた音階を使うとか。
の関係
    • good
    • 0

こんにちは。



ハ長調以外の調を使うことで,実際に,聴いた感じはかなり変わると思います。
私は大きくふたつの理由があると思っています。

【理由その1】響きが違うため
現在は,すべての半音の間隔が同じである「等分平均律」という音律が広く知られているため,音階はどこからはじめても同じ,と一般的にはとらえられてる場合が多いようですが,アコースティックな楽器や人の声の演奏の場合は,半音の間隔が音によって違ったり,よく響く音とそうでない音があったり,と,どこからはじめても同じにはならないケースがたくさんあります。

そのため,例えば,ニ長調の曲は自然な感じで明るく広がりのある響き,とか,ヘ長調は穏やかで優しい響き,といった違いが生じます。クラシック音楽の作曲家たちは,これらの特徴を活かしながら調性を使い分けていたようです。

また,絶対音感の強い人は,音の高さそのものが違っただけでも,かなりの雰囲気の違いを感じるようです。(私は,普段聴きなれた曲が転調されたら違和感に気づく程度ですが・・・)


【理由その2】音楽表現の機能的な拡大のため
ハ長調の音階から作られる和音(ドミソ,レファラ,ミソシ,ファラド,ソシレ,ラドミ,シレファ)には,それぞれ,機能・役割があり,一般的な西洋音楽は,これを組み合わせることで曲が成り立っています。例えば,ソシレの和音には,ドミソに移ることで曲を解決させる役割があります。
この考え方を発展させると,例えば,曲の一部分をソシレの和音が中心になる調(ト長調)にすることで,その部分全体に「ソシレの役割」を持たせることができます。これは,いわゆる「転調」というものです。

また,上に挙げた7種類の和音を中心としない調(シレファは調が構成できませんが)から和音を借りてくることもできて,そうすることで,曲に意外性,立体感,微妙な色彩感などを与えることもできます。

*転調や他の調からの和音の借用は,調を変える,というのとは厳密には違いますが,その効果を間接的に利用している,と言ってよいものだと思いますし,違いを実感しやすいところでもあると思いますので,一応挙げさせていただきました。
    • good
    • 0

どの調で気持ちがよくなるかというのは曲ごとに違うでしょうし、曲をどの調で弾かせるかは作曲家のセンス、趣味にかかっているのではないかと思います。



簡単な曲を別の調で弾いてみてはいかがですか?ご自分の耳で聞かれたら「ああ、やっぱり違うな」と感じられると思いますよ。
    • good
    • 0

実はそういうピアノも存在します。



http://www.microscope-net.com/product/sinhakken/ …

ただ、私は黒鍵があるピアノの方が好きです。
調が増える事で聴き心地が変わります。

NHKのクラシック番組「N響アワーの解説者」、池辺晋一郎さんは各調はそれぞれ独自のイメージだったり色を持っているといっていましたね。

もしパソコンがお得意なら有名なクラシック曲のmidiをハ長調に直してみると、如何に調により曲のイメージが変わるか体感できると思います。
    • good
    • 0

大分イメージが違うと思います。


何長調でも結局全てハ長調で弾けるというのは正しいのですが、ハ長調というのは基本的なもので、それだけでは物足りないと感じるときが確かにあります。聞き心地も違います。

また、例えば歌唱の伴奏をするとき、声が出る範囲には限界があります。そこで、その伴奏に使われる長調というのも限られてくると思うのです。歌唱の伴奏の場合はハ長調以外の長調を使うというより、それ以外を使わなければならないという制限のようなものもあるのではないかと思います。

考えたことを書かせていただきましたが、自分は専門家とかではありませんので、記述に間違った点もあるかと思います。どちらかというと他の専門家の方の意見を参考にしたほうが良いかと思います。

この回答への補足

ありがとうございます。わからないんですが、五感を刺激する長調なんて存在するんでしょうか?気持ちよくなる効果とか^^。

補足日時:2006/05/28 17:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアノ初心者がピアノを何とか弾けるようになるまでの期間は?

初めまして。
私は全くのピアノ初心者、というよりも音楽初心者です。
楽譜もろくに読めないような状態です。
が、とにかくピアノの演奏に憧れがあり是非趣味として始めたいと思っています。

そこで質問なのですが、
・私のような楽譜も読めない初心者はどのあたりのピアノ(住環境からして電子ピアノ)を購入するのがいいのでしょうか?
・全くの素人ですが独学で始められるものなのでしょうか?

最後に余談ですが、私の憧れの曲というのが
・黄昏のワルツ (加古隆)
・パリは燃えているか (加古隆)
・戦場のメリークリスマス(坂本龍一)
・EnergyFlow(坂本龍一)等々
なのですが、上記の曲などはどのくらいのレベルの曲なのでしょうか?
毎日練習したとして、なんとか弾けるようになるまで
大人だとどのくらいかかるものでしょうか?

一概に言えるものではないとは重々承知していますが、経験者の方々のご意見をお聞かせ下さい。
ちなみに、年齢は20代中盤です。。。

Aベストアンサー

事情で、独学ということもあると思います。でも、すぐには弾けるようにはならないと思います。なぜって、わざと遠回りをするからです。

私は、昔習っていて再開組みですが、ロックをやってます。大人がピアノを弾くとき、子供に比べて練習時間がとれないし、弾けない(上達しない)と100%辞めます。特に短気な私は。
理想ではありませんが、毎日でなくとも気が向いたときでいいです。上達具合は遅いですが、気が楽になります。毎日弾く事(気が進まないときはピアノの前に座って寝ててもいい)を習慣化するのか、どっちか自分の性格で決めてください。

まず、基本的なコードを覚えてください。ジャズピアノの本が参考になります。
お勧めは、『ジャズの練習 ジャズ・ピアノ・テクニカル・メソッド ビギナー編』です。
この一冊でかなり遊べます。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4285105152/sr=11-1/qid=1165284303/ref=sr_11_1/250-1069341-8253822
もう一冊
『はじめよう!ピアノでコード弾き』
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/keyboard_data/05217201.htm
この本は、私が言いたかったことが全部書いてあります。

次に、メトロノームを買ってリズム感を永遠に鍛えまくりましょう。テクニック的には簡単なことしかやってないのにうまく聞こえるのはリズム感のせいです。
振り子アナログメトロノームはわかりやすいですが、音がうるさいのでヘッドホン越しにピアノの音を聞きながらも聞けますが、夜は控えたほうがいいので電子メトロノームがいいでしょう。そのときに、LED点滅や、液晶画面で振り子が左右に揺れるものがいいでしょう。目でリズムを確認できます。
私が使ってるのは、BOSSのドクタービートです。
http://www.roland.co.jp/products/boss/DB-60.html

ピアノ選びについては、毎日弾こうとするから三日坊主になるわけで、気が向いたときに弾けば長く続けられるわけです。
長く使うならいいものを買いましょう。5万円なら、ヤマハのP-70でしょう。
http://www.yamaha.co.jp/product/epiano-keyboard/p-70/index.html
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=814^P70^^
http://item.rakuten.co.jp/chuya-online/7569/

事情で、独学ということもあると思います。でも、すぐには弾けるようにはならないと思います。なぜって、わざと遠回りをするからです。

私は、昔習っていて再開組みですが、ロックをやってます。大人がピアノを弾くとき、子供に比べて練習時間がとれないし、弾けない(上達しない)と100%辞めます。特に短気な私は。
理想ではありませんが、毎日でなくとも気が向いたときでいいです。上達具合は遅いですが、気が楽になります。毎日弾く事(気が進まないときはピアノの前に座って寝ててもいい)を習慣化するの...続きを読む

Q移動ドとは何でしょうか??(ピアノ習ってます)

ピアノを11年間やっています。聴力の訓練みたいなのを、幼少時代は行っていたのですがあまりにも出来ないため1年くらいやって聴力を養うものはやらなくなりました。そして今に至るのですが・・・昨夜のピアノのレッスンで先生が(先生は3回ほど替わっています)
「MIZUKIちゃんは聴力のレッスンしたことある??」
と言う会話から始まり、テストみたいなのをやってみることになりました。すると・・・「移動ド!?」っとかなりビックリしていたようです。ピアノを習っているうえで移動ドとはかなり珍しいようなのです。・・・っと言っても移動ドとは何か全く分からず・・・質問させて頂きました。
いろいろ調べてみたのですが・・・難しすぎて何が何だか・・・・。
回答よろしくお願します。

Aベストアンサー

素人の戯言です(^_^;


移動ド、というか、普通に階名を使う場合は、トニック(主音)がなんであれ、メジャースケール(長音階)は「ドレミファソラシド」ですし、ナチュラルマイナー(自然的短音階)は「ラシドレミファソラ」です。単に、調号によって、ドやラの音名が変わるだけです。これはインターバルの推移の仕方が同じだからです(メジャーなら、どの音から始まっても全全半全全全半というインターバルの推移の仕方は変わらない)。よって、階名を使うと和声の勉強もしやすくなりまして、トニックが何であっても同じ理屈が通用するってことが理解しやすくなります。

ところがピアノの場合、半音毎に鍵盤が区切られているので、譜面と鍵盤の対応が(異名同音などの例外はあっても)だいたいは一対一対応します。このため、トニックが変わると、同じメジャースケールでもフィンガリングが変わってしまいます(弦楽器であれば、押さえる場所が変わるだけでフィンガリングは基本的に同じです)。こうした事情で、とりあえず譜面通りに鍵盤を弾くなら、階名を使うよりは音名を使った方が早いってことになるようです。だったら最初から音名を使えばよいだけの話なのですが、どういう訳かそこに階名の語法を取り入れたものだから、「階名なのに階名じゃない」、摩訶不思議な語法「固定ド」唱法なんてのが出てきたようです。

なので、固定ドは、ハ長調の音名を階名で呼ぶ唱法を文字通り「固定」して、他の調の時にも崩さない(ニ長調のトニックは、よって「ニ」ではなく「レ」)わけです。すると、誰かが「ドレミ」を言っているとき、それが階名なのか、固定ドなのかによって、意味が違ってきます。こういう混乱は、本来音名を使えば良いところに、ドレミを強引に導入したことで生じています。恐らく、子どもに教える場合は「ドレミの歌」辺りの影響で、語法としてはドレミが手っ取り早いことと、和声がどーたらって話よりも、とりあえず譜面通りにプレイするってのが優先されてしまうことから、こういうへんてこな語法がまかり通ってしまったんでしょうねぇ。

クラシック出身のピアノの人はこの辺の概念や語法が混乱しているので、オイラのように子どもの頃音楽を習わず、年を取ってからポピュラー系の語法に馴染んだ者は、クラシック出身の鍵盤奏者相手に譜面やなんかでやりとりするにも一苦労です(実際苦労したのでこう言う話を書けるわけです)。

ちなみに、音名でメジヤースケールを言うと、

英米式: CDEFGABC
ドイツ語式: CDEFGAHC

で、ドイツ語式ではHのフラットがB、だったかな?

そんなわけで、アマチュアのポピュラー系(クラシック以外の西洋系音楽)では、シングル・ノートを呼び表す場合は、階名は使わず、英米式音名のみを使う(日本式のハニホはまず全く使わない)のが慣例です。また、調号からスケールを意識することはまずなく、コード・ネームを見て、コード進行を意識する場合がほとんどです。

ただ、ドイツ語式音名を拡張(?)した「アー・ベー・ツェー・ディーレン」は、ポピュラー系でもまれに使うことがあるらしい??

こうした違いから、ある程度大人になってから楽典やなんかを勉強する場合は、クラシック系か、ポピュラー系かによって、基本的な「語法」が異なることに留意した方がよいでしょう。


とりあえずピアノで譜面通りに弾ければいい、という場合は、(ピアノの先生も使うでしょうから)固定ドに馴染んだ方がよいかもしれません。

和声についてしっかり勉強したいのであれば、階名に馴染んだ方が便利だと思います。

ポピュラー系なら、英米式音名表記とコードネームに慣れればたいていどうにかなります。


ピアノを11年習っているそうですが、今の(3度目の)先生に習うことで、初めて自分が「移動ド」(つまり階名)を使っていたことに気づいたようですが、これは、素晴らしいことです。過去の先生が概念の区別をしっかりされていたのでしょう。

今の先生から習う上で固定ドに馴染む必要も出てしまうとは思いますが、是非移動ドも忘れずに覚えていてください。上でも述べましたが、和声の勉強をするときに、絶対に移動ドが役立ちますから。

素人の戯言です(^_^;


移動ド、というか、普通に階名を使う場合は、トニック(主音)がなんであれ、メジャースケール(長音階)は「ドレミファソラシド」ですし、ナチュラルマイナー(自然的短音階)は「ラシドレミファソラ」です。単に、調号によって、ドやラの音名が変わるだけです。これはインターバルの推移の仕方が同じだからです(メジャーなら、どの音から始まっても全全半全全全半というインターバルの推移の仕方は変わらない)。よって、階名を使うと和声の勉強もしやすくなりまして、トニックが何で...続きを読む


人気Q&Aランキング