マンガでよめる痔のこと・薬のこと

前に質問したのですが不安になったので。。
PPのバンパーに発泡ウレタン→パテ→塗装と言う感じではすぐ剥がれ落ちてしまうのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

もうそこまで行ったら素人仕事ではないですね。


作業の性質上、ガラスマットの方が向いているでしょう。ウレタンフォームで整形した所より大き目に切ったガラスマットを、整形したい所にあてがって、硬化剤を混ぜた樹脂母液をマットに含ませます。ローラーでコロコロやって、エアを抜きながら、樹脂母液をマットに均一に染み込ませます。御質問の作業用途であれば、2~3回この工程を繰り返す程度で、下地面は出来上がるでしょう。
注意は、1工程1工程を趣旨が完全硬化する前に進めていくことと、FRPの樹脂を他の所に絶対付けない事です。硬化後キレイに取り除くのは至難の業です。
下地が出来たら周辺とのつじつまが合うように板金パテなどで「面」をつくり、ポリパテなどで傷等を埋めてサフェーサを吹いて塗装下地を作り塗装をして出来上がりです。
ちなみに、パテ類は出来るだけ薄く張る(塗る)のが耐久性をあげるコツです。厚ければ厚いだけ、ひび割れなどのリスクが上がりますのでご注意。
つまり、FRPでの成形が非常に重要です。
がんばってください。

この回答への補足

何度もすいません、今日少しやってみたんですが発泡ウレタンの上からパテ盛れました。
これならFRPを使わなくてもいいんでしょうか?

補足日時:2006/06/04 02:33
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかり易かったです。頑張ります。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/02 14:17

1つ書き忘れました。


バンパーのウレタンフォームを充填する際
バンパーの足付け/脱脂の後、PPプライマー(密着剤)を塗布して下さい。
この方がより密着が良くなりますので。

では頑張って下さい。

この回答への補足

何度もすいません、今日少しやってみたんですが発泡ウレタンの上からパテ盛れました。
これならFRPを使わなくてもいいんでしょうか?

補足日時:2006/06/04 02:32
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
言われたように発泡ウレタンの上からFRPを貼ってみようと思います。
そこで新たら質問なんですがFRPと言うのはガラスマットとポリエステル樹脂を買ってくればいいんでしょうか?
あと、FRPの貼り方を教えてください。
ローラーでゴロゴロやるのはわかったんですが。。。

お礼日時:2006/06/02 05:33

穴埋め(スムージング)とと言う感じですね。



行程としては、埋める部分の足付け(#80位が良い)
清掃/脱脂の後ウレタンフォーム充填
硬化したら少し凹んだ程度の高さに整形した後FRPを貼り
表面を整え塗装。

こんな感じになります。

ウレタンフォームはPPにも密着しますが
露出される表面は月面の様になりますので
そのままでは汚いですから塗装等しますよね

ウレタンフォームは溶剤に弱いので塗装どころか
パテも盛れません。
ですからウレタンフォームは穴を埋めるだけで
表面はFRPで作ってやる感じですね。
    • good
    • 2

バンパー修理大好きの自動車屋です。



PPバンパーに発砲ウレタンで何するんですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

300cのグリルを付けたところです。
これだと純正バンパーを切って付けただけ感が強過ぎるので赤い長丸の部分と矢印の段差を埋めようと思います。
何かいい案があれば教えてもらいたいです。
それとPPに発泡ウレタンはどうなんでしょうか?
よろしくお願いします。

お礼日時:2006/06/01 13:39

発泡ウレタンは柔らかい材質ですから、強度のないパテを盛っても振動でひびが入りはがれてきます。


発泡ウレタン→FRP→パテ→塗装がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
わかりました。
で、PPに発泡ウレタンを直接吹いても大丈夫なんでしょうか?

お礼日時:2006/06/01 13:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発泡ウレタンを使ってバンパーを作りたい

 友人が、発泡ウレタンという素材を使ってバンパーを作ってみたいと行って来ました。
 今までパテ程度の物を使って簡素な補修をしたことのある私を頼ってくれたはいいものの、私自身発泡ウレタンがどんな素材なのかサッパリわからず、いろいろと検索した結果、2液混合させるとカップケーキのようにブワーと膨らむ物だと言うことがわかりました。
 そこで質問なのですが、発泡ウレタンを使ってバンパーや自動車の部品を製作、補修しているホームページ(ゼロからのスタートなので、出来れば細かく手順を紹介しているサイトであるとありがたいです)をご存じないでしょうか?
 知人はやり方さえわかれば、どこまでものめり込んでしまうタイプの人間なので、飽きるまで挫折はしないと思います。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の勤務する工場でも旧車でどうしても入手できない部品や、
あまりに高価な部品などを樹脂整形することがあります。
どんな材料を使おうと樹脂整形でコピーを作る時の型取り作業は
基本的には同じです。

樹脂を注入する場合は表裏の両面での型が必要になりますが、
FRPの場合は通常、片面の型です。
参考URLはシリコンゴムを使った小物ですが、
発泡ウレタンを使ったバンパーなどの大物も
手順や考え方は同じです。
大きくなるとそれなりに作業も大変ですが、、、。

車体に取り付けたままでの型取りならば、
粘土などで固定することも必要ありませんね。
発泡ウレタンは膨張する時の圧力が大きいので
型枠はダンボールではなくベニヤ板などが良いと思います。
スプレー式のウレタンなどでは型枠が必要無い場合もありますが、、、。

中古バンパーなど原型を別に用意できるのでしたら必要ありませんが、
完全オリジナルを作るのであれば、バンパーをコピーして原型を作ります。
取りつけ部分の寸法を合わせておいてパテなどで整形し
再度、型取りから始めることになります。
ノーマルバンパーを必要としない、作業中は車を使わないのであれば、
実際に付いているバンパーを原型にすることもできますが、、、。

実際の手順は場合によって千差万別です。
現場の判断というか発想というかで最適な方法を考えることになります。
樹脂を扱う場合、ガスによる中毒事故も多いので
必ずマスクなどで防備し安全に気を付けてくださいね。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/b-soft/hardware/placast/placast1.html

私の勤務する工場でも旧車でどうしても入手できない部品や、
あまりに高価な部品などを樹脂整形することがあります。
どんな材料を使おうと樹脂整形でコピーを作る時の型取り作業は
基本的には同じです。

樹脂を注入する場合は表裏の両面での型が必要になりますが、
FRPの場合は通常、片面の型です。
参考URLはシリコンゴムを使った小物ですが、
発泡ウレタンを使ったバンパーなどの大物も
手順や考え方は同じです。
大きくなるとそれなりに作業も大変ですが、、、。

車体に取り付けたままで...続きを読む

Q発砲スチロールにFRP!

発砲スチロールで原型を作りそれにFRP(リゴラック)を塗りたいのですが・・・・当然、溶けますよね^^;
で、それを防ぐために何か良い方法はないのでしょうか?
発砲スチロールに何かペンキの様なものを塗って直接FRPの液がスチロールに触れないようにするとか・・・
最終的に中の発砲スチロールは取っちゃうので切っても割ってもおk^^
良い知恵をお貸しくださいm(_ _"m)ペコリ

Aベストアンサー

#1です。

先の回答はちょっと安直に書いてしまいましたm(_"_)m
さて、ポリエステル樹脂が硬化するときは結構な発熱がありますからね。
本来の原型制作方法から言うと、

1. ブロック化した発泡"ウレタン"を削り、大まかな形をつくる。
2. 成型した発泡ウレタンの表面にポリパテを塗り最終形状と
  表面の平滑性をだす。
3. 完成した原型に離形材としてゲルコート樹脂を吹き付ける。
4. ゲルコートを吹き付けた原型にグラスクロス、グラスマットを
  ポリエステル樹脂で貼り付けていく。

とまぁこんな感じで雌型を作って、この雌型から完成品を取り出す訳ですが、
今回はここまでやらなくても良いとのことなので、上記過程のうち1と2をやれば良いんじゃないですか?
3の離経材に関しては別にゲルコートでなくても良いんだし。
ただし原型製作につかう材料は発泡スチロールではなく、発泡ウレタンになりますが。

Q車の全塗装したいのですが、プロの方、おしえてください

愛車(平成2年、マツダ、ロードスター、モスグリーン)を全塗装したいんですが!!黄色に塗り替えたいんです。当方、電装屋で多少は車の知識もあるのですが、塗装となるとちんぷんかんぷんで。コンプレッサーはあります。こんな状況で、まずは、色を落とさなくてはならないとは思うんですけど、やすりをかければいいんですよね?何番でかけるんですか?何が必用なんですか?ポリッシャーみたいなのもいりますよね?ガンはどんなのがいいんですか?塗ったあと、クリアも塗るんですよね?と、とにかく必用なもの、どのようにやるのか。詳しく教えてください。かなり、気合入れたいんです。プロの方の厳しいご意見も覚悟です。

Aベストアンサー

一応、業界の者です。まず設備のほうは大丈夫でしょうか?塗装ミストは、かなりすごいですよ。(板金屋では塗装ブースで塗りますので)ある程度のブツ、埃は覚悟しなければいけません。それと、かなりいろいろと道具、材料がいります。
かなり気合が入っているようですので・・
それでは、順に説明いたしましょう。
まずは、部品外しです。(ドアノブ、ライト、ウインカー、モール等)*ちなみにドアの内側やフード、トランクの裏等はどうされるのでしょう?塗るのであれば、外さなくてはいけませんし周りについている部品も外さなければいけません。できればバンパー(前後)も外したほうがいいです。
そして下地処理です。(質問にありましたやすりで色を落とすといったことは不要です)足付け(汚れ落とし&塗料の密着)と言ってやり方はいろいろあるのですが、足付け剤という専用の液体をタオル等に付けて塗装面をこすっていきます。その後1000~2000番の耐水ペーパーをかけます。この時キズがあればペーパーで(600~800番)消すとよいでしょう。(凹みは板金+パテを)最後にエアーガンでボディの隙間の水、ゴミを吹き飛ばし綺麗にふき取ります。
それからマスキングです。マスキングにはマスキングテープ(いろんな幅のテープ)、ビニールシート、新聞紙等が必要です。この作業は文章で説明するのが難しいのですが、色の直接かからないところは新聞紙で、かかりそうなとこはビニール(業界ではブロックマスカーという専用の紙を使う)を貼ります。ふち、際はしっかりテープで。
さていよいよ上塗り作業ですが、その前に(この前に下塗り*サフェーサーを塗布すると上塗りの、のりがよくなるが別に省いてもよい)塗装前にもう一度エアーガンでエアーブローします。そしてシリコンオフというもので脱脂します。できればペーパータオルを2枚使用し1枚にシリコンオフを浸しボディを拭いてもう1枚で拭きとります。それからタッククロス(にちゃにちゃしたガーゼのようなもの)で埃等を拭きとります。
さあ、やっと本番です。が、塗料のほうは大丈夫でしょうか?色は黄色とのことですが配合などはどうなのでしょうか?ちなみに黄色は隠ぺい性(染まり)が悪いです。その為あらかじめ白を塗ります。それでも濃紺色と違い何回も塗り重ねないと染まりません。塗料もけっこう必要だと思います。ここで難しいのは色を均一の濃さにしなければいけません。(メタリックやパールみたいにムラにはならないにしろ)
最後にクリアーを塗ります。
と、言葉で説明すれば上記のとうりですが実際塗るとなると、スプレーガンの調整(噴出量、エア圧)、シンナーの種類(速度)&量、気温、ガンの吹きつけ速度&距離&重ね等さまざまな条件によって仕上がりが決まります。(たれ、ざらざら)
塗り終えたら塗面際のマスキングテープを剥がします。
乾燥が終わったら仕上げの磨きをします。表面がざらざらだったり、ぶつやたれ(あんまりひどいと塗りなおしたほうがいいかも)を1000~2000番の耐水ペーパーで磨きコンパウンドで仕上げます。確かにポリッシャーを使うのですが磨き作業も難しいです。コンパウンドにも荒い、細かいがあります。バフも使い分けたほうがいいでしょう。パネルの角などは塗膜を削れやすいです。
ざっと、こんな作業の流れを説明しましたがいかがでしょうか?けっこう揃えるものがあると思います。いきなり塗るんじゃなくいらないパネル等で練習してからやったほうがいいと思います。
参考になれば幸いです。

一応、業界の者です。まず設備のほうは大丈夫でしょうか?塗装ミストは、かなりすごいですよ。(板金屋では塗装ブースで塗りますので)ある程度のブツ、埃は覚悟しなければいけません。それと、かなりいろいろと道具、材料がいります。
かなり気合が入っているようですので・・
それでは、順に説明いたしましょう。
まずは、部品外しです。(ドアノブ、ライト、ウインカー、モール等)*ちなみにドアの内側やフード、トランクの裏等はどうされるのでしょう?塗るのであれば、外さなくてはいけませんし周りについ...続きを読む

Q純正バンパーをスムージング

純正バンパーをスムージングしたいと思っています。PPにFRPやパテは合わ
ないと言う事をどこがで聞いた事がありますが実際どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

#1の回答にもありますが、パテは最後の仕上げに使うだけです。

まずは、PP用の接着剤などを用いて土台を作り、その上に板等を貼った上で、細い隙間や小さな起伏をパテで埋めます。
でもPPバンパーは柔らかいので、土台がしっかり作られていないと直ぐにヒビが入りますよ。

Qスタイロフォームと発泡スチロールの違い

スタイロフォームと発泡スチロールで温・冷室を作ろうと思っています。ステンレスラックの外側にスタイロフォームと発泡スチロールを囲う構造です。スタイロフォームと発泡スチロールではどちらが保温・保冷性能が高いですか。厚さは4cmだとします。

Aベストアンサー

スタイロフォームはダウの押出発泡ポリスチレンの商品名です。
欧州ではXPSと表記されます。

これに対し、発泡ポリスチレンはEPSと表記されます。

どちらも、原料は発泡剤を含むポリスチレン樹脂のビーズから作られます。

XPSは押出機内で発泡ビーズを加熱し発泡させながら板状に成形した物です。
EPSは型に発泡ビーズを充填し加熱蒸気を型に導入し軟化発泡させ成形した物です。

XPSは泡が細く、互いに独立していて、全体に渡る微細構造をしているために、
断熱性が高く強度がより高いという特徴が有ります。EPSに較べて吸湿性も低いのが
特長です。
燃えにくくする難燃剤を入れた物は、建築用の断熱材として使われます。

EPSは発泡したビーズ同士が表面で溶着し合っているだけなので、ビーズ中の泡も
XPSに較べ粗いため断熱性も低く、強度も落ちます。

価格は、一般的にXPS>EPSです。XPSは着色品(青)が多く、選択は
用途と値段の兼ね合いでしょう。


ポリスチレンと発泡ポリスチレンはドイツの会社の発明です。ダウではありません。

Qクリアがはげてきたので、クリア層だけ修復したいのですが…

プジョー205(赤:ソリッド)に乗っています。
最近ルーフのクリア層が急速にはげてきました。
最初は塗料とクリアの間に気泡が入り、点々としていたのですが、最近になって急激にめくれ始めてしまいました。
今のところルーフの1/5程度ですが、日に日に拡がっています。
(ボンネットや側面は問題無さそうなのですが・・・)

もう8年落ちの古い車ですし、板金塗装屋さんに持っていって修復する程の物ではないので、自分で処置しようと思っています。
とはいうものの、どのように直していいか分かりません。
単純にクリアスプレーみたいの買ってきて吹いても駄目なものでしょうか?
外車というのは影響しますでしょうか?
(ちなみに板金屋さんに持ってたら費用はどのくらいかかるんでしょう?)
これ以上剥離が拡がらないようにするのが目的なので、仕上がりの綺麗さなどは気にしないつもりです。
自分でやる時のコツや、道具など、またお奨めのサイト等ありましたら教えて下さい!
車好きの皆さん、よろしくー!

Aベストアンサー

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一応、技術を売っているわけですから。
修理にかかる材料を買ってきて自分でやってみてもいいでしょうが、その材料費ちょっとでプロにやってもらう値段と変わらなくなってくると思いますが。
缶スプレーではとても屋根の面積を吹き切れないでしょう。エアー圧も必要になりますし、上の面というのはとてもごみがつきやすいのでその処理も大変です。
今時期でもまだ虫もいますしね。(塗ってる最中に飛び込まれるのです)
下の方も答えてますが、費用としては、屋根のみなら処理と塗装で5万弱ってところでしょうか。

近所の鈑金屋さんにでも一度相談するとよいですよ。
近くにないならディーラーで聞くか、タウンページなど使ってもいいかと。
友達などで鈑金したことある人とかに上手いとかここは安いよとかいう情報も聞いてみては?

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一...続きを読む

QPPのエアロの修理方法を教えてください。

最近自分でエアロを修理しようと思っていろいろ検索して調べているのですが、FRPの補修の方法ばかり出てきてPPの補修の方法が見つかりません。
そこで思ったのですが、FRPとPPは同じ方法で大丈夫なのでしょうか?
また、いいサイトやいい方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

#2です
PP用の接着剤はホームセンターなどでも
入手できます。
パッケージの裏表の適用をよく注意して
探してみて下さい。
PPと無ければ、”ポリプロピレン”=PP
のことです。

ひび割れ部分だけの接着だと、いくら
PP対応の接着剤とは言え接着面積が少ないので
弱いです。
裏面スペースは十分にありそうですね。、
ひび割れ接着と一緒に裏面に樹脂部材や金属プレート
でも良いので一緒に貼り付ければ
強度増します。

また、
接着剤が硬化するまでの間
ずれないようにクランプも一緒に
使用した方が良いでしょう

Q発泡スチロールに盛るパテの種類は何がいいのでしょうか。

発泡スチロールに盛るパテの種類は何がいいのでしょうか。
デザイン制作で模型を作ります。
発泡スチロールの表面に平らにパテを持ってヤスリでつるつるにしたいのですが、
どのようなパテが向いているでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水性のパテはあります。
例えば、アサヒペンの速乾 スーパーパテなどがあります。

他にも リキテックスのフレキシブルモデリングペーストなども使えると思います。
また、表面を滑らかにするのであればアクリルジェッソなども使えると思います。
(塗布回数は必要ですが)

大きな凸凹を水性パテで埋めて、アクリルジェッソを乾いたらサンドペーパーで磨くを行程を数度繰り返せば滑らかな表面は得られると思います。

水性パテの場合は、耐水ペーパーを使った水研ぎで再溶解する場合があるので、乾いた紙ヤスリで磨いて形を整えた後、ジェッソなど乾燥後は耐水性になるもので充分な厚さで覆った後に水研ぎする必要がありますね。

ツルツルにするということは、やや荒めのサンドペーパーで大まかな凸凹を取り除いた後、細か目のサンドペーパーでその磨き傷を取るという事が必要です。
更に目の細かいコンパウンドなどを使う方法もありますが、最後に薄めの塗料でその磨き傷を消すのが楽かな。

P.S.
「とのこ」は粘土の粉末なので単独では接着しません。スチロールを溶かさない塗料に混ぜて塗る必要がありますね。

水性のパテはあります。
例えば、アサヒペンの速乾 スーパーパテなどがあります。

他にも リキテックスのフレキシブルモデリングペーストなども使えると思います。
また、表面を滑らかにするのであればアクリルジェッソなども使えると思います。
(塗布回数は必要ですが)

大きな凸凹を水性パテで埋めて、アクリルジェッソを乾いたらサンドペーパーで磨くを行程を数度繰り返せば滑らかな表面は得られると思います。

水性パテの場合は、耐水ペーパーを使った水研ぎで再溶解する場合があるので、乾いた紙ヤスリで...続きを読む

Qエアロを両面テープで取り付けって普通ですか?

この度、はじめて社外エアロ(フロント、サイド、リア)を取り付けました。

取り付けるときに驚いたのですが、
取り付け方法が一部にビスとほとんどは付属の両面テープでの取り付けだったのです。
今まで社外エアロは装着したことがなかったのですが、社外エアロはこれが普通なのでしょうか?
(純正のエアロはは何センチかおきにビスで留められていました)

また、私は雪国在住のため、冬期間はエアロを取り外さなければなりません。
取り外したあと、春になって再度取り付けることになったときに、
カーショップなどにエアロ用の両面テープなど売っているものでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。
ちょっと拝見させて頂きました。

結論から申しますと、両面テープは普通です。
ちなみに純正エアロ(某○デリスタ)なんかのエアロは取り付け面の80%を両面テープで固定するように出来ています。

FRPでも両面テープは当たり前です。
少し前はFRPに両面テープは相性が悪かったのですが、現在は各メーカーもいろいろ工夫されております。
きちんと脱脂処理をすれば問題ないでしょう。

ケンスタイルは日本でも屈指のメーカーです。ケンスタイルのエアロもよく扱いますが全く問題ありません。
そもそもケンスタイルは「走り系」ではありませんから、空力等関係ありませんしね。

もし、取り付けが不安なのであれば業者に依頼されるのも手ですよ。

QFRPと金属の接着

FRPと金属(厚さ1.5mくらいの鉄板)を接着したいと思っています。
ひっつけるだけならFRPクロスで巻き込んでベースのFRPと一体化させる方法があると思いますが、どうしても金属部分をFRPの表に出しておかないとならないのです。

一度、車の社外グリル(FRP製)に裏からステンレスメッシュを止めるのに、ナットをFRPに黄土色の接着剤?で接着しているのを見ました。
何の接着剤なのでしょうか?・・・

ご存じの方、また別のいい方法をアドバイスいただける方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 御質問の文章だけでは、ちょっと状況が判らないのですが・・・フツーに考えますとエポキシ接着剤ですね。
 他の方法としては・・・

>ナットをFRPに黄土色の接着剤?で・・・

 その黄土色ってのは、半透明でした?それとも黄土色で濁ってました?
 もし透明でなかったとすると、パテと思われます。その中でも、色から思い当たるのはワーカブルレジンというヤツです。
 コイツは比較的比重が軽めのプラスチックで、硬化すると木材によく似た硬さや特性となり、切削が容易です。
 ワーカブルでナットを留めるなどという使い方はやったことはありませんし、そもそも何故ワーカブル?とちょっと疑問でもありますが、色から考えるとコイツしか思いつきませんでした。

>また別のいい方法をアドバイスいただける方・・・

 何かを留める接着剤で困っている場合、最後の手段はデブコンです。
 コイツはアルミ粉が大量に入ったパテで、硬化すると金属(アルミ)に近い物性となります。(オイルパンやカムカバー、ラジエタ等が割れた時、クラックをふさぐ充填材にも使えるほどです。)
 大体のモノには強力にくっつきますし、硬化したらヤワいアルミ程度の硬さとなるので切削も可能です。(更に・・・ナットを埋め込まなくても、ボルトを刺してデブコンを盛り、硬化後にボルトを抜けばナットが不要になります。ま、この話はボルトの締め付けトルクがどのくらいか?でデブコンがナットの代わりになるかどうか決まりますが。)

 御質問の文章だけでは、ちょっと状況が判らないのですが・・・フツーに考えますとエポキシ接着剤ですね。
 他の方法としては・・・

>ナットをFRPに黄土色の接着剤?で・・・

 その黄土色ってのは、半透明でした?それとも黄土色で濁ってました?
 もし透明でなかったとすると、パテと思われます。その中でも、色から思い当たるのはワーカブルレジンというヤツです。
 コイツは比較的比重が軽めのプラスチックで、硬化すると木材によく似た硬さや特性となり、切削が容易です。
 ワーカブルでナッ...続きを読む


人気Q&Aランキング