ドライアイスから出る白い煙はなんですか。高校の化学の先生は水だといっていました。(空気だったかな)。二酸化炭素ではないといっていました。理由は目に見えるから。もし煙がCO2だったとしたら固体か気体のはずです。二酸化炭素は1気圧の下では液体にはなれません。その時先生が空気の液体と言ったのか水だと言ったのかどっちだったか悩んでいます。どっちでしょう。教えてください。専門家の方に答えていただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

空気中に溶けている水蒸気が、極度に冷たいドライアイス本体若しくは付近の冷やされた空気や冷たい二酸化炭素ガス(ドライアイスは固体ですが常温で昇華して冷たい炭酸ガスになる。

)に触れて、瞬間的に微細な水滴に凝結した時の現象です。
それが、炭酸ガスや空気の流れに乗って漂うものですが、そのうちに周辺の多量の空気の熱によって、再び水蒸気の状態になって目には見えなくなる。ということです。
水の中へ入れてやると、もっとよく白い煙になりますが、これは空気より水の比熱が大きいために、より早くドライアイスが昇華(短時間に大量の冷熱を出す)するためです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

とてもよく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 21:05

ドライアイスそのものが解けて出される煙もありますよ。


これは、二酸化炭素そのものなので、吸い込むと危険です
(吸い込むと瞬間的に窒息状態となり死亡することもあります。)
ただ、冷凍庫から出してきたばかりのドライアイスから出る煙は表面の極低温部分
に空気中の水分が触れたとき、急激に冷やされることによる微細水滴の振動現象
で、それが霧状に変化したものが煙となって見えているのです。
 
前者、後者は見た目には判別がつきにくいので鼻や口を近づけて煙を吸ったりしな
いように気をつけましょう。
当然ですが、気密性の高い部屋での取扱も注意してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ドライアイスそのものが解けて出される煙もありますよ。
これは、二酸化炭素そのものなので、吸い込むと危険です
(吸い込むと瞬間的に窒息状態となり死亡することもあります。)
>それは知りませんでした。ありがとうございました。気をつけたいと思います。

お礼日時:2002/02/17 21:01

ドライアイスは低温なものでしょ!


これを室内に放置すると空気の中にある水分が凝固して白い煙状になるわけ
です。先生が言っているのは正しい!
夏の暑い日に冷房の入っていない部屋にある冷蔵庫の冷凍室を開けると
白い煙が流れ出したのを見た経験はありませんか?あれと同じです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。よくわかりました。

お礼日時:2002/02/17 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドライアイスの煙が白いのはなぜ?

ドライアイスを水に入れると白い煙が出ますが、あの正体は何なのでしょうか?良く見ると 水中の泡の中でも 白いので不思議です。

Aベストアンサー

こんにちは。

 ほぼ、回答は出ていると思いますので、私は補足させていただきます。(ここでは、『霧』を気象学的な『霧』のことではなく、『雲』や『湯気』を含めて『霧』と呼ぶことにします。)
 まず、『霧』の生成のメカニズムですが、『霧』は、空気の温度が露点以下に低下することによって、空気中の水蒸気が水蒸気でいられなくなり、その分が液体の水の小さな粒子となって空気中に浮遊しているものです。
 しかし、水蒸気(水に限りませんが)が、凝縮して液体の水になるためには、『きっかけ』が必要です。具体的には、どういうことかと申しますと、『核』になるものが必要となります。自然の状態では、通常は『塵』が『核』となって空気中の水蒸気が凝縮して液体の水となり、『霧』が生成されます。ですから、空気中に塵がほとんど存在しない場合は、空気の温度が露点以下に低下しても、『霧』が生成されないことがあります。
 ドライアイスや液体窒素から、もあもあと出てくる『霧』は、みなさんの仰るように、通常の大気に比べてはるかに低温の気体の二酸化炭素や窒素によって、空気が冷やされることによって、空気中の水蒸気が、空気中の『塵』を『核』にして凝縮し、小さな液体の水の粒子となって浮遊しているものです。冷凍庫を開けたときに発生する『霧』も同じ理屈です。
 水中の泡の中に関しても同じことです。水中の泡の正体はもちろん、二酸化炭素ですが、周囲が液体の水なので、当然、気化した水(水蒸気)を若干含んでいます。二酸化炭素の昇華点は-79℃で、-79℃での飽和水蒸気量はほとんど0g/m3なので、わずかに蒸発した水はすぐに冷やされて、『霧』になります。
 冬の寒い朝に川の水面から、まるでお湯なのではないかと思うくらい『湯気』が立ち上がることがあります。これは、水温は0℃以上あり、空気が氷点下だと、水面から蒸発した水蒸気が、空気によって急激に冷やされ、凝縮し小さな液体の水の粒子=『霧』となったものです。
 ちなみに、凝縮の『きっかけ』になるものは、『塵』だけではありません。例えば、アルコールの霧の発生の場合、放射線がきっかけとなってアルコールの凝縮が、起こることがあります。この現象を利用したのが、霧箱とよばれる、放射線検出器です。

こんにちは。

 ほぼ、回答は出ていると思いますので、私は補足させていただきます。(ここでは、『霧』を気象学的な『霧』のことではなく、『雲』や『湯気』を含めて『霧』と呼ぶことにします。)
 まず、『霧』の生成のメカニズムですが、『霧』は、空気の温度が露点以下に低下することによって、空気中の水蒸気が水蒸気でいられなくなり、その分が液体の水の小さな粒子となって空気中に浮遊しているものです。
 しかし、水蒸気(水に限りませんが)が、凝縮して液体の水になるためには、『きっかけ』が...続きを読む


人気Q&Aランキング