ドライアイスから出る白い煙はなんですか。高校の化学の先生は水だといっていました。(空気だったかな)。二酸化炭素ではないといっていました。理由は目に見えるから。もし煙がCO2だったとしたら固体か気体のはずです。二酸化炭素は1気圧の下では液体にはなれません。その時先生が空気の液体と言ったのか水だと言ったのかどっちだったか悩んでいます。どっちでしょう。教えてください。専門家の方に答えていただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

空気中に溶けている水蒸気が、極度に冷たいドライアイス本体若しくは付近の冷やされた空気や冷たい二酸化炭素ガス(ドライアイスは固体ですが常温で昇華して冷たい炭酸ガスになる。

)に触れて、瞬間的に微細な水滴に凝結した時の現象です。
それが、炭酸ガスや空気の流れに乗って漂うものですが、そのうちに周辺の多量の空気の熱によって、再び水蒸気の状態になって目には見えなくなる。ということです。
水の中へ入れてやると、もっとよく白い煙になりますが、これは空気より水の比熱が大きいために、より早くドライアイスが昇華(短時間に大量の冷熱を出す)するためです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

とてもよく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 21:05

ドライアイスそのものが解けて出される煙もありますよ。


これは、二酸化炭素そのものなので、吸い込むと危険です
(吸い込むと瞬間的に窒息状態となり死亡することもあります。)
ただ、冷凍庫から出してきたばかりのドライアイスから出る煙は表面の極低温部分
に空気中の水分が触れたとき、急激に冷やされることによる微細水滴の振動現象
で、それが霧状に変化したものが煙となって見えているのです。
 
前者、後者は見た目には判別がつきにくいので鼻や口を近づけて煙を吸ったりしな
いように気をつけましょう。
当然ですが、気密性の高い部屋での取扱も注意してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ドライアイスそのものが解けて出される煙もありますよ。
これは、二酸化炭素そのものなので、吸い込むと危険です
(吸い込むと瞬間的に窒息状態となり死亡することもあります。)
>それは知りませんでした。ありがとうございました。気をつけたいと思います。

お礼日時:2002/02/17 21:01

ドライアイスは低温なものでしょ!


これを室内に放置すると空気の中にある水分が凝固して白い煙状になるわけ
です。先生が言っているのは正しい!
夏の暑い日に冷房の入っていない部屋にある冷蔵庫の冷凍室を開けると
白い煙が流れ出したのを見た経験はありませんか?あれと同じです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。よくわかりました。

お礼日時:2002/02/17 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドライアイスを融けにくくしたい。

私のお店では、夏にアイスクリームを販売するためドライアイスが必要です。(お店は秋にオープンしましたので、夏を体験するのは初めてです)
先日、すこし気候が暑くなってきましたので、初めてドライアイスを購入しました。
ある方からいただいた発泡スチロールをプラスチックで囲んだBOXに入れておいたのですが、一晩で5分の1くらいになってしまいました。入れておいたドライアイスの量は2kgくらいです。
もっと保存の利く保冷性の高いBOXはあるのでしょうか?
それとも2~3kgくらいのドライアイスの量でしたら、その日の使い切りと考えたほうが良いのでしょうか?
すみませんが、お教えくださいますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

ドライアイスはマイナス78.9度の極低温物質のようです。
家庭用の冷蔵庫は、マイナス18度ほどですので解けてしまいます。
ドライアイス用等にマイナス80度の特殊な冷凍庫もあるようですが、アイスクリームを販売するためなら通常の冷凍庫で保存することはできないのでしょうか。

参考URLにドライアイスの保存方法なども紹介されていました。
http://www.hokuriku-reizo.co.jp/e-dryice-ans.htm#A

Q【化学】炭酸飲料の二酸化炭素が簡単に気(二酸化炭素)が抜けない理由を教えてください。 水は酸素16:

【化学】炭酸飲料の二酸化炭素が簡単に気(二酸化炭素)が抜けない理由を教えてください。


水は酸素16:水素2という割合で一定する性質を持つ。

そこに二酸化炭素を注入しても化学反応における化学の理屈ならすぐに二酸化炭素は電離するはずなのに以外にそう簡単には二酸化炭素は無くならない。

これはどういう仕組みなのでしょうか?

その割に水素水ともなると水素はすぐに水から電離するのですぐにタダの水になる。と言う。

そのタダの水ですら酸素と水素の割合は8:1で以外にタダの水でも水素は結構含まれているじゃんって感じですが炭酸飲料の二酸化炭素はなかなか水から抜けないのに水素水の水素は開封した瞬間に水素は8:1の普通の水の割合に戻るという主張は正しいのか知りたいです。

すぐに抜けていない可能性もあるのでは?

すぐに抜けるのすぐとは数秒の話でなく數十分は持つのでは?と思ったり。

水素は軽く。二酸化炭素は重いので本当に一瞬で1:8のオーバー分は抜けるのか教えてください。

Aベストアンサー

水溶液中で二酸化炭素は電離しないです。
CO2+H2O⇔H2CO3
の平衡が成り立って、炭酸H2CO3ができますがこの平衡は左側に偏っているので、ほとんどの二酸化炭素が水溶液中では二酸化炭素分子として存在しています。

水の性質として二酸化炭素をよく溶かし、25℃1000hPa(およそ1気圧)の水溶液中で0.145g/cm^3も溶かします。
放っておけば気が抜けるのは確かなのですが、よく溶けるので抜けにくいので衝撃を与える・熱を加える等をしないと一気に抜けることはないです。

それでも水に溶けた二酸化炭素のうち、ごく一部は炭酸となり電離して弱酸性を示します。
H2CO3 ⇔ 2H+ + CO3-
ですね。

それに対して水素水はよく判りませんね。
↓国民生活センターのレポートです。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20161215_2.pdf

レポートの実験データを見ると分かるのですが、溶けている水素の量が全然少ないですね。

Qパウダードライアイスの作り方

職場で、使用するドライアイスについて。

現在皮膚科に勤めているのですが、にきび治療に使うために
毎日固形のドライアイスをかなづちで叩いて、パウダー状に
しています。かなりの時間と労力がかかっています。
最初からパウダー状のドライアイスを購入すればいいのでしょうが、
それはできません。

また、パウダー状にしたドライアイスを、保冷剤を入れた
クーラーボックスに入れて保存しているのですが、すぐに
気化してしまいます。そこで、

(1)固形ドライアイスをカンタンにパウダー状にできる方法
(2)パウダードライアイスをできるだけ長く、気化させないで
 保存できる方法を、教えてください。

Aベストアンサー

カキ氷機で削っても大丈夫ですよ。
実際結構古めの電動のペンギンのカキ氷機で削っても大丈夫でした。
カルピスか蹴れば食べれるって言うのを科学会館みたいな所で実験していて家で試した事があるので恐らく大丈夫ですよ。
カキ氷木の刃は毀れないと思います。

Q炭酸についての質問です。炭酸は空気中では非常に不安定で、水に二酸化炭素を通して、水の中で存在させるこ

炭酸についての質問です。炭酸は空気中では非常に不安定で、水に二酸化炭素を通して、水の中で存在させることが出来るようですが、水の中では、H2CO3として存在しているのでしょうか?それともHCO3マイナスとして存在しているのでしょうか?

炭酸水中の、二酸化炭素と炭酸の平衡定数は、25℃で1.7×10^-3で、
炭酸とHCO3^マイナスの一段階目の酸解離定数3.6とありました。

ということは、二酸化炭素の500分の1程度が炭酸になっていて、その中の70%程度が炭酸水素イオンとなっているのでしょうか?


また、市販されている炭酸水などから出てくる、あの炭酸だと思っていた泡は、炭酸ではなく、二酸化炭素ということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

>炭酸は空気中では非常に不安定で
というか、ないはず。水分子が一つでもあるとCO₂とH₂Oに戻る。
 水分子が、CO₂に配位しているH₂Oを引っぺがす。

 なお、炭酸と二酸化炭素は別物です。(^^)。

二酸化炭素は水に溶けてあくまで
CO₂の状態で存在する。
 その一部が水と結合して、炭酸を作ります。
CO₂ + H₂O ⇄ H₂CO₃  kn = 1.7 × 10⁻³
 とほとんどはCO₂のまま。0.0017 約 1/590 ですね。

二段階解離して
H₂CO₃ ⇄ H⁺ + HCO₃⁻   2.5×10⁻⁴
 0.00025 ・・1/4000ですね。

>500分の1程度が炭酸になっていて、その中の70%程度が炭酸水素イオンとなっているのでしょうか?
 1/600 が炭酸になり、さらにそのうちの 1/4000が炭酸水素イオン・・

ちなみに
HCO₃⁻ ⇄ H⁺ + CO₃⁻   kn = 4.7×10⁻¹¹
ですから、220億分の一がCO₃⁻

>市販されている炭酸水などから出てくる、あの炭酸だと思っていた泡は、
 もちろん二酸化炭素です。

 二酸化炭素を溶かした水が炭酸水、あるいは、ソーダ水といいますが、ソーダ(ナトリウムのこと)と言われるゆえんは、炭酸ナトリウム鉱泉に由来する。二酸化炭素を溶かした水にカルシウムやマグネシウム、あるいはアルカリ金属があると炭酸塩を作る。そのために、水溶液が炭酸水、あるいは炭酸と呼ばれることがある。

>炭酸は空気中では非常に不安定で
というか、ないはず。水分子が一つでもあるとCO₂とH₂Oに戻る。
 水分子が、CO₂に配位しているH₂Oを引っぺがす。

 なお、炭酸と二酸化炭素は別物です。(^^)。

二酸化炭素は水に溶けてあくまで
CO₂の状態で存在する。
 その一部が水と結合して、炭酸を作ります。
CO₂ + H₂O ⇄ H₂CO₃  kn = 1.7 × 10⁻³
 とほとんどはCO₂のまま。0.0017 約 1/590 ですね。

二段階解離して
H₂CO₃ ⇄ H⁺ + HCO₃⁻   2.5×10⁻⁴
 0.00025 ・・1/4000ですね。

>500分の1程度が炭酸になって...続きを読む

Q自宅でドライアイスを作ることが出来ますか?

自宅でドライアイスを作ることが出来ますか?
よくお店で「ケーキ」や「アイス」を買って持ち帰る時、自宅までの帰る時間を聞かれドライアイスを入れてくれます。
このドライアイスを自宅でも使いたいのですが、作ることが出来ますか?
例えば常温で保管している「コーヒー」や「ビール」に入れて直ぐに冷やしたい場合などに使いたいと思います。
通常「氷」を使いますが、「氷」場合「コーヒー」や「ビール」に入れると薄くなってしまいます。
更に、直ぐ冷やしたい場合、氷よりドライアイスの方が早く冷えます。
冷蔵庫売り場で、ドライアイスを作る機械を聞いたのですが、「そのような機械は無い」とのことでした。
自宅でドライアイスを作るのは、ムリでしょか?

Aベストアンサー

炭酸ガスをボンベで数10kg買ってきて、
ボンベをひっくり返して、発泡スチロールの箱に
綿の手ぬぐいなどを敷きそこにぶち込めば、
できないことはないけど。
きわめて、危険です。いろんな方法で、簡単に死ねますし。
液化炭酸ガスなら簡単にできますが、家庭なら、
ほとんど使わないうちに空になりそう。
これも、怖い話になります。
それだけの手間と時間をかけるぐらいなら、
「こおりやさん」にいけば、すぐ分けてもらえます。

Q【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれている

【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれているのに有機物ではありません」


どういう理屈で一酸化炭素と二酸化炭素は有機物から除外されてるんですか?

数学だと何の法則性もないので数学者ならブチ切れてるレベルでは?

規則性がないのになんで一括りに纏めちゃったの?

纏めた人は馬鹿なの?

Aベストアンサー

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物については、「生命力によってのみ作られ、人工的に合成することのできない特別な物質」と考えられていたのです。

ところがこの頃、COやCO2などの一部の炭素を含む物質、つまり現在で言うところの「有機化合物」が、すでに人工的に合成することが可能になっていたのです。
しかし、上に書いたような当時の基準に基づいて、当時、人工的に合成可能だったCOやCO2は「無機化合物」に分類されてしまったのです。

この概念に変化をもたらしたのが、ドイツの化学者ウェーラーです。ウェーラーは、無機物であるシアン酸アンモニウムNH4OCNを加熱して、有機物である尿素CO(NH2)2の
合成に成功したのです。この成功がもとで、多くの有機化合物が、人工的に合成されていき、現代の「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」とする
基準が完成されました。


従って、現代の基準によれば、COもCO2も「有機化合物」となるはずです。しかし、COやCO2に関しては「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、
現在も「無機化合物」とされているのです。


COやCO2のように、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、炭素を含むにも関わらず、無機化合物とされている物質は結構あります。
CO、CO2を筆頭に、CaCO3のような炭酸塩、シアン化水素HCN(いわゆる青酸です)やシアン化カリウムKCN(青酸カリ)などのシアン化合物がこれにあたります。

なお、昔は四塩化炭素CCl4(テトラクロロメタン)も、この慣例上の理由で無機化合物とされていました。しかし、四塩化炭素に関しては、メタンCH4の誘導体として考えるようになったために、有機化合物とされるようになりました。

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物につい...続きを読む

Qドライアイスを使った実験

中学生です。自由研究でドライアイスについて調べようと思っているのですが、良い実験がありません。
検索するとフィルムケースにドライアイスを入れて飛ばすなど、面白実験のようなものは沢山あるのですが、レポートにまとめられるようなものがいまいちありません。一応自分で考えたのは

・石灰水の中にドライアイスを入れ、本当に二酸化炭素が出ているのか調べる
・ドライアイスの量(重さ)と溶けきるまでの時間時間を記録し、関係を調べる
・ビニール袋にドライアイスを入れて重さを量り、溶けきる前と溶け切った後の重さの違いを調べる

くらいしか思いつきません。何か良い実験はないでしょうか?

Aベストアンサー

2番目の
・ドライアイスの量(重さ)と溶けきるまでの時間時間を記録し、関係を調べる

ですが、ドライアイスは外気温はもとより
形状(砕いているとか大きな固形かとか)や
風にあたっているか否かでも昇華時間が大幅に異なるので

それを調べるだけでも面白い実験だと思いますよ。

Q二酸化炭素を加えると白く濁り、さらに加え続けると透明に戻る液体は石灰水以外に何が。。。?

初めて『教えてgoo』を利用します。

この質問を見てくださってありがとうございます。

今回質問したいことは『二酸化炭素を加えると白く濁り、さらに加え続けると透明に戻る液体は石灰水以外に何かあるか』です。

今チョークの主成分が炭酸カルシウムでできていることをある一連の実験の結果を元に証明する、というレポート課題をやっていて、『チョークを加熱後、精製水に入れた後p.pを加える(液の色が紫色に変化する)。それを透明になるまでろ過した液体にストローで吐息を吹きかけると沈殿物で白く濁り、さらに吹きかけ続けると色も沈殿物も消えて無色透明になった。』という結果を使って、
『二酸化炭素を加えると白くにごり、加え続けると透明に戻る液体は石灰水なので、』という形で証明を進めていこうと思うのですが、『二酸化炭素を加えると・・・・・透明に戻る液体』という条件で、本当に石灰水と断定できるのだろうかと思い調べたのですが見つかりません。

どなたかわかる方いたら教えてください!!
お願いします。

Aベストアンサー

もし#1で書かれているように水酸化バリウムでも起こるのであれば水酸化ストロンチウムでも起こるでしょう。もし水酸化ストロンチウムで起こらないのであれば水酸化バリウムでは起こらないでしょう。

東京化学同人の化学辞典で調べると炭酸ストロンチウムは二酸化炭素を含む水に難溶とあります。炭酸バリウムの項には記述がないのですが上の周期表の位置関係からの推測では二酸化炭素を含む水に溶けないということになります。
炭酸マグネシウムで調べると二酸化炭素水溶液に可溶とあります。
Mg,Ca,Sr,Baの炭酸塩の中ではCaCO3の溶解度が一番大きいようです。これはちょっと不思議です。周期表の位置関係からの推測と合いません。

元に戻ります。
この反応だけで石灰水と断定する事が出来るでしょうか。
炭酸マグネシウムだとすると加熱後生じた酸化マグネシウムの溶解度が小さくてフェノールフタレインは僅かに着色するだけです。酸化カルシウムを水に入れたときのように濃い赤に発色はしません。(水酸化物の溶解度は下に行くほど大きくなります。)

でも同族の元素を区別するときこそ炎色反応が有効ではないでしょうか。
チョークは硫酸カルシウムの場合もありますから炭酸塩の確認をはじめにやっておく必要があると思います。

もし#1で書かれているように水酸化バリウムでも起こるのであれば水酸化ストロンチウムでも起こるでしょう。もし水酸化ストロンチウムで起こらないのであれば水酸化バリウムでは起こらないでしょう。

東京化学同人の化学辞典で調べると炭酸ストロンチウムは二酸化炭素を含む水に難溶とあります。炭酸バリウムの項には記述がないのですが上の周期表の位置関係からの推測では二酸化炭素を含む水に溶けないということになります。
炭酸マグネシウムで調べると二酸化炭素水溶液に可溶とあります。
Mg,Ca,...続きを読む

Qドライアイスは二酸化炭素ですね。作り方、

不純物を無視したら二酸化炭素ですね。工場で作る場合、二酸化炭素をどのようにして入手しますか。ドライアイスの工場の中で作ってますか。よその工場から運んできますか。工業地帯でパイプで引っ張って入手してますか。ひとつの機械の隣で二酸化炭素を作りながらすぐドライアイスにするのですか、ドライアイスは隣でガスを作っているとしても、ドライアイスにしようする二酸化炭素は国内生産高のどれぐらいの割合ですか。

Aベストアンサー

高圧の二酸化炭素ガス(炭酸ガス)を常圧の中に開放
(ブシューっと吐き出す)すると、出来上がります。
http://www.showa-tansan.co.jp/html/dryice/seizou.htm

Q液体二酸化炭素ボンベについて

液体二酸化炭素ボンベの内部は、どのくらいの温度・気圧なのでしょうか?液体であるためにはかなり高圧、もしくは低温でなければならないと思うのですが、どちらなのか分からず困っています。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

思ったより圧力は低いようです。
理科年表によれば、二酸化炭素の蒸気圧は20℃で56.5気圧(1気圧=0.1013MPa)。
臨界点31.9℃で72.8気圧です。これ以上温度を上げると全体が「超臨界」流体になってしまい、ガスでも液体でもない状態になります。
一般に液状二酸化炭素を取り出すには、ボンベを逆立ちさせます。以前流行の頃「超臨界流体」の研究室へ行くとこんな光景がたくさん見られました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報