日本における少子化の状況・原因・社会に及ぼす影響・対策について。レポートの参考にしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

かなり全体的な話で、お答えしにくいところがあるのですが、散漫ですけど、私の意見を書かせてもらいます。

これが正論!というわけではないので、参考にしてもらえれば幸いです。
裏づけのデータは、政府関連のホームページを見てください。私の意見は主に政府発表を元にした報道関連から作っています。

1.少子化の状況について
年々少子化が進行していることは事実です。ただ経年的に見るとその伸びが飛躍的であるかというとそうでもないようです。
これは、子どもを産める世代の人口変化との絡みがあるためで、しかしながら少子化が依然として解消される方向には動いていない社会状況であるのは事実です。

2.原因について
まず、出産可能年齢帯の女性人口が減りつつあること、男女共働社会の進行にそれを支える法的整備(働いている女性が産休をとりづらい、もしくはとれない)や社会意識が浸透していないこと(男性が育休をとりにくいなど)、ライフスタイルの変化(少し古いですがDINKS)、教育費の上昇(一方で平均賃金の低下とベア率の低下)などがあげられるでしょう。
この他にも、核家族化などの社会的要因や子育てに自信がないなどの心理的要因も、あると思います。
ただこれらの要因が、複雑に絡み合っているのが、この問題を解決しにくくしている最大の問題です。

3.社会に及ぼす影響について
少子化とセットで語られるのが老年人口の増加です。まもなく国勢調査の速報値が総理府から発表されますので、(されたかな?)そこに出てるでしょうが、日本の人口の中で老人の比率は確実に上昇しており、老人大国になっています。
そうすると、老人の福祉ひいてはやがて老人になる世代の福祉にかかる経費を税金として納めるのは、今の子どもおよび生まれてくる子どもの世代です。この負担が最大の問題です。
また、視点を変えると、労働力不足が深刻化します。現に60歳定年制は崩壊し(年金の60歳支給が5歳先送りになったから)、65歳定年制が見えていますが、若い働き手がいないということが、昔は老人であった人を現役に戻しています。しかし無理があるのは自明ですよね。
学校教育においても、学校の統廃合が進展し、さらなお1クラスの学級定員の減少にとどまらず、数校合同での行事実施など集団行動を学ぶ場が減り、特に過疎地域での対応はきわめて困難になると思われます。
そして、子どもが少ないゆえにさらなる少子化へと進行する恐れがあります。

4.対策について
まずは、子どもを産んでも安心な環境整備が必要です。
第一に、児童手当や出産経費の補助、産休・育休中の収入源に対する補助等の、金銭面での直接対策。
次に、出産・育児に際しての職場の環境整備と制度化を進めるための法整備。
さらに、保育所の延長保育や学童保育制度の充実のための公的支援。
教育経費に対する奨学金や補助ないしは低利貸付制度の充実。
あとは、社会が少子化に対して問題意識を持ち、地域社会が子どものセーフティーネットとなれるような意識啓発の展開。
これらを軸に、単発的孤立的にではなく、それぞれ連携した総合的運用が必要となります。
全く別の視点になりますが、不妊治療や未熟児高度医療など産科・小児科の医療技術の向上と、医療倫理の検討も当然対策の中に含まれねばならない問題でしょう。


いかがでしょうか? 全く私の個人的な意見です。 参考になれば幸いです。
レポートがんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました!ありがとうございます!

お礼日時:2000/12/27 18:42

やはり、公的な機関の数字が信頼できると思いますので、厚生省の試算を基に書きます。


 まず人口における問題ですが、このまま少子化が進めば、50年後には3割減、100年後には5割減となります。冗談をこめて言えば、数百年後には日本人は世界にとって貴重な人種になっているかもしれません。
 現実的な視点から捉えると、私は30代で娘が一人いますが、娘の将来、また孫ができたらその将来に危惧を抱かずにはいられません。50年後には労働力人口も減少し超高齢化社会になるといわれています。実際、試算によると、国民所得に係る社会保障費の割合は現在の18%から35%に増加するといわれています。つまり働く人たちの収入は大きく減るということです。そうなれば経済に与える影響は少なくないでしょう。増加した高齢者の面倒を誰が見るのかという問題も生じてきます。
 これだけでも、自分たちの子孫に引き継いでいく日本社会は深刻な問題を抱えるといえるのではないでしょうか。
 少子化対策は数多くあると思います。働く女性が子供を生みやすい環境づくり(育児休暇が支障なくとれ、職場復帰もスムーズにできること)、保育所の増設、それとマスコミからばらまきと批判されていますが、児童手当の拡充(実際育児にはお金がかかります。もっと思い切って拡充すべきだと思います。)などです。
 整備新幹線の予算を増額するのなら少子化対策に回すべきです。政治家は将来の世代のことを真剣に考えて税金の使い道を決めるべきです。
 まとまりがなくなって申し訳ありませんが、少子化問題は早急に取り組むことが必要だと思います。

参考に厚生省のホームページを載せておきます。少子化問題で検索すればいろいろな情報が得られると思います。

参考URL:http//www.mhw.go.jp/
    • good
    • 0

参考URLは、人口問題ではなかなか分かりやすい解説をされている古田という方のホームページです。


厚生省の天下り団体、国立社会保障・人口問題研究所
http://www.ipss.go.jp/
が、数字的には最も公的なモノとしてよいでしょう。

この問題に関連して、日本でまだ誰も言及していないのが、男女比率です。私、興味があって数字をいじってみたのですが、これから日本はどんどん高齢のバァちゃんばかりの国になります。
今、総人口の10%、1千数百万人が65歳以上の高齢女性です。総人口はどんどん減っていきますが、2030年ですと、高齢助成者の数は増えていきます。総人口の16%、また絶対数でも、2千万人くらいになっています。
男性は早く死ぬけど、女性は生き残るのです。

どんな社会問題があるでしょうか。
公共施設に女性のトイレが足りなくなると言う程度ではないと思います。
文化、社会インフラ、国民ニーズ・・・、どれをとっても今とはバランスの違った国家になっていくと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/gsk/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLも内容がとても参考になりました!ありがとうございます。

お礼日時:2000/12/27 18:40

特殊出生率1.36人、つまり世代が進むたびに、乱暴な言い方をすればニッポンジンは、三割ずつ減少していくということですな。

人類全体からみれば、緩やかな滅亡への道を早めに選びし人々ということにでもなりますか。もっとも、このペースで減少すれば、人口の目減りを待たずして、ニッポンという社会は早晩崩壊するでしょうけど。
 さてご存知のようにどんな生物でも、生存環境と個体数が飽和すれば、自ずからいろんな方法でバランスをとろうとする本能があります。二十世紀に於ける人口爆発を経験した人類は、戦争・疫病なんのそので増加し60億にならんとしており、地球規模の食料不安が叫ばれています。そんな中、賢明なるニッポンジンは、はからずも人口抑制モードに、国をあげて取り組んじゃっているようです。本来世代の連続の単位である家庭というものの形成のしかた、出産や育児を達成するということの人間的社会的重要性つまり世代の再生産を、国家が国家としてあり続けたければ、宗教・教育・法律等々いかなる方便を駆使しようと国民に刷り込まなければならなかったにもかかわらずこの50年来ニッポンはまさにそれをしてこなかったということです。因果応報というやつですな。
 一方で中国人の凄いところは、このチャンスに間髪をいれず、ザクザク移民をニッポンに送り込んでること。流石子孫のことを考えてるよね。うまくいきゃ数世代後この島乗っ取れるもんね。まあ近い将来ニッポン政府が若年労働力不足から、苦し紛れに移民の合法化するのは自明の理ですからな。100年後は日本特別行政区かもね。 
 さて対策ですか。滅びるのも一興とも思うのですが。
独身者対策・・結婚奨励金・課税強化等々
家庭対策・・出産奨励金(不妊治療人工授精コストまで担保)・子育て費用助成(教育・医療費15歳まで無料以降22歳まで無利子貸し付け等)
...源資は、厚生国民両年金の支払い停止若しくは、支給年齢80歳スタートでいけるはず。足りなきゃ海外に対するODAを一部カットすりゃいいんじゃ?
援助を減らすとぶつぶつ云う国もあろうけど、ニッポンがなくなったらそれっきりなんだから、理解を得られない事はないと思う。
 一番大切なのは、子供を産み、育て、巣立たせるというサイクルを個々人が、いかに自分の人生に組み込み取り組んでいけるかという事につきます。そのための個々人のインフラとして、学校教育・会社組織・マスコミ・行政がトレンドを力強くサポートすべきでしょうなあ。ひたすら長寿社会を目指してきたニッポンの行政は、とっとと誤りを認めて、安楽死を合法化し、安楽死推奨年齢を決め、世界規模の食料難に対応できる人口台形分布を確立しない限り、ニッポン国は保たんでしょうなあ。まあいずれにしても数世紀中に人類は、滅ぶでしょうけれど。映画のダイナ
ソーじゃないけど、恐竜の絶滅はいい暗示だよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

対策がとても参考になりました!ありがとうございます!

お礼日時:2000/12/27 18:51

あなたの希望にそった回答はできないかもしれませんが、その点はご容赦を。


 これは今出ている授業の受け売りなんですが、まず少子化の根本的な問題から攻めなくてはいけません。
 基本的に、少子化という現象は存在しないのです。ここはポイントですよ。ただ単に第二次世界大戦後、ベビーブームにより、今で言う団塊の世代が爆発的に生まれただけなのです。
 団塊の世代のみが爆発的に生まれたのだから、当然その後の出生率は戦前に戻りますよね?実は、出生率は戦前と現在では大して変わってません。ただ、団塊の世代と言われているような世代があまりにも生まれすぎたので、少子化と騒がれてしまうようになったのです。
 少子化少子化と言うような人は、あまり社会現象に精通していない人のほうが多いと習いました。もう20年前にはわかっていたことなんです。こんな現象におちいるということは。
 まあでも、出生率という点では、少し問題があるというのも確かなんですけどね。晩婚化、未結婚の問題をどうにかしなくてはいけないのですが。
 スペインだったと思うのですが、ここはとても進んでいます。結婚は一つの人生経験と位置づけていて、(日本なら離婚するとなったら大変でしょ?しかも自分が嫌になったからって勝手に離婚できないし)離婚を簡単にできるよう、法律で色々と保障されています。だから向こうでは、結婚してない二人に普通に子供がいたり、シングルパパ、ママ、ざららしいです。そういうところから改善しないといけませんね。
 ・・・・なんかワケわからなくなってゴメンナサイ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少子化という現象は基本的に存在しない。戦前の出生率と現在の出生率にあまり変化がないなんて・・・。かなり納得させられました!ご意見ありがとうございます!

お礼日時:2000/12/27 18:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子育てをする熱帯魚

子育てをする熱帯魚

【質問(1)】
チョコレートグラミーが口の中で子魚を育てるように、子育てをする熱帯魚の種類を教えてください。もっとも、口の中で育てるものに限らず、子育てをする熱帯魚を教えてください。

【質問(2)】
上記の質問にあてはまる魚(子育てをする魚)は、自らの子供を捕食することはあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 【質問(1)】
=アナバスの仲間=
・グラミー全般
・ベタ

=シクリッドの仲間=
・エンゼルフィッシュ
・ディスカス
・パロット
・ジャーマン・ラミレジィ

=カダヤシの仲間=
グッピー
カダヤシ
ソードテール
モーリー
カダヤシの仲間(卵胎生魚)は、尤も弱い卵と仔魚時代を親のお腹の中で保護する繁殖形態ですから、究極の子育てと言えない事もない。

蛇足ながら、、、
=日本の温帯魚=
・オヤニラミ
・ドンコ
ヨシなど抽水植物に雌が産卵。
雄は、生み付けられた卵が孵化後、数日間ほど子煩悩に世話をします。

・イトヨ
砂と粘度の中間の低床に、水草と自分の魚体の粘液でトンネル状の巣穴を作ります。
巣穴で雌が産卵し、産卵後は雄が卵や仔魚を保護します。
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/iso/itoyo/ethol/momo051103ga04b.html

・ツチフキ
雄が泥底にボール状の巣穴を堀り、雌を誘い産卵。
雄は卵が孵化するまで守ります。

> 【質問(2)】
・あります。
一例としてピグミーグラミーの子育て。
雌は産卵するだけで業務終了。
雌のお腹から飛び出した卵を、雄が大切に泡巣に生み付けます。
泡巣で卵が孵化し、誕生した仔魚が自分で泳げるようになるまで雄はチビ達を守ります。
偶に、泡巣から脱落した仔魚を雄は口でくわえて泡巣へ戻します。
子育ては100%雄の仕事。
産卵後の雌は、孵化した我が子を食べようと、一生懸命泡巣に近づくのですが、雄にオリャ~と蹴散らされます。
ですが、偶に、泡巣から脱落した我が子を補食できることも多々あります。

それとは別に、産卵、孵化後に大きな環境変化が起こると、親は自分が守る仔魚を躊躇無く補食することも普通にあります。
例えば、泡巣で大切に子供を守っているからと気を利かせて、泡巣とグラミーの父親を隔離水槽へ一緒に移動させると、父親は今まで守っていた仔魚達を一気に食べてしまうような事は普通に起こります。います。

=おまけ=質問とは180度反対の魚。
・ムギツク
ムギツクは託卵する魚。
オニヤラミ、ドンコなどの卵を守る肉食魚に託卵し、自分の卵を守って貰うチャカリ者です。
http://www.cgr.mlit.go.jp/ootagawa/Bio/fishes/index226.htm

> 【質問(1)】
=アナバスの仲間=
・グラミー全般
・ベタ

=シクリッドの仲間=
・エンゼルフィッシュ
・ディスカス
・パロット
・ジャーマン・ラミレジィ

=カダヤシの仲間=
グッピー
カダヤシ
ソードテール
モーリー
カダヤシの仲間(卵胎生魚)は、尤も弱い卵と仔魚時代を親のお腹の中で保護する繁殖形態ですから、究極の子育てと言えない事もない。

蛇足ながら、、、
=日本の温帯魚=
・オヤニラミ
・ドンコ
ヨシなど抽水植物に雌が産卵。
雄は、生み付けられた卵が孵化後、数日間ほど子煩悩に世話をし...続きを読む

Q少子化の原因

少子化の原因は何だと思いますか?
どうしたら(どういう制度法律ができたら)昔のように子供が増えると思いますか?

Aベストアンサー

少子化の原因は、(1)夫婦の出産数が2未満と(2)結婚年齢と未婚率の上昇ということで間違いないでしょう♪♪♪

対応策として

(1)夫婦の出産数が2未満

二人目以降の教育費の無償化、一人っ子世帯の課税強化により、子供を二人以上生み育てることはヒトという生物の種としての義務であることを理解させる。


(2)結婚年齢と未婚率の上昇

自分の子供を自分で育てることはヒトという生物の種としての義務であることを理解させ、子供が出来たら、子育てに専念することが社会の常識とする。
そのために、寿退社制度を法制定し、産休制度を即刻廃止、保育所の廃止。

これにより、会社内に若い未婚女性が安定供給され、社内結婚が活発化し、結構年齢、未婚率も適正数値に。

あわせて、独身世帯、ダブルインカムノーキッズ世帯への最低50%程度の所得税課税による社会奉仕の強制。


子供を二人以上生み育てることは、ヒトという生物の種としての義務から逃れようとする卑怯者が多い世の中と言うことですね^^♪♪♪

もちろん、欲しくても子供が出来ない方もいらっしゃるわけですが、その方々は税金を支払うことにより、他の子供の教育費を払っているという充実感を味わうことが出来ます♪♪♪

少子化の原因は、(1)夫婦の出産数が2未満と(2)結婚年齢と未婚率の上昇ということで間違いないでしょう♪♪♪

対応策として

(1)夫婦の出産数が2未満

二人目以降の教育費の無償化、一人っ子世帯の課税強化により、子供を二人以上生み育てることはヒトという生物の種としての義務であることを理解させる。


(2)結婚年齢と未婚率の上昇

自分の子供を自分で育てることはヒトという生物の種としての義務であることを理解させ、子供が出来たら、子育てに専念することが社会の常識とする。
そのために、寿退社制度を法...続きを読む

Q子育て中嫁との衝突

2歳と4カ月の子がいます。
子育ての夫婦仲について難しいです、アドバイス下さい。
わたしは会社員で夕方くらいまで仕事です。妻は専業主婦です。
わたしは仕事から帰ると風呂洗い、皿洗い、洗濯干し、子供の風呂入れや、下の子のあやしなど自分なりに子育てに頑張っていると思っています。しかし、嫁は子育てがきついと、きつい嫁の気持ちをわたしが分かってないと文句を度々言ってきます、しかも仕事中にメールなどでです。
嫁は何でも自分で全部しないと気がすまないタイプで、わたしのする子育てにいちいち文句を言ってきます。ねちねちと。
わたしは、子育ての大変さは想像以上に大変だと感じますし、嫁は凄いと感謝はしてます。
しかし、嫁も子育ての大変さで、いっぱいいっぱいとはいえ、仕事で頑張って家事や子育てもしている、わたしにもう少し配慮してほしいと感じます。
だんなとは我慢するものですか?
世の中子育て中の夫婦はこんなものですか?アドバイス下さい。

Aベストアンサー

アドバイスも何も…なんで 黙っているのですか?
お父さんが仕事に穴開けたり ミスったら 職を失うことだってあるんですよ。まず 仕事中はメールを断るくらいしないと…。
いちいち かまってちゃだめですよ。

それにしても よく 我慢してますね。
わたしなら 暴発してるかなぁ…。
うちも 入浴は主人の担当でしたねぇ…。
彼の方が手が大きいので 耳をふさぐのには適してましたし…仕事があるので普段子供と接する機会も少ない…スキンシップにちょうどいいというのもありました。
たまに 子守を頼んで美容院に行ったり、買い物をしたりもしましたが 感謝こそすれ 文句はなかったですね。
 
思うのに 奥様あなたに甘えてません???
いつも ハイハイと言う通りにすることないように思いますよ。
自分にそんなに甘いと 子供との関係も 将来的に心配だなぁ…。

自分でやらないと気が済まないなら 手を出さない方がいいんじゃないでしょうか?全部やってもらいましょうよ。
手伝ってもらって 口出すのって 男女ともに いやらしい性格に思えます。ダメ出しばかりして…あらばかり探してるように思えますもの。

我慢は お互いの為になりませんよ。
怒る時は怒らないと…あなたの意思が伝わらないのはこれからもっと辛くなるような気がします。
腹を割って話しませんかね…。
夫婦って お互いをいたわりあわないと 長続きしないと思えますよ。
お互いを思いやれるから 長く一緒にいられるし 大切にも出来るのでは?
たしかに 精神的に難しい時期って子育て中はあるけれど これはひどいかなぁ???
将来の為に 今 伝えないと…って思います。
あなたの思いを…。

アドバイスも何も…なんで 黙っているのですか?
お父さんが仕事に穴開けたり ミスったら 職を失うことだってあるんですよ。まず 仕事中はメールを断るくらいしないと…。
いちいち かまってちゃだめですよ。

それにしても よく 我慢してますね。
わたしなら 暴発してるかなぁ…。
うちも 入浴は主人の担当でしたねぇ…。
彼の方が手が大きいので 耳をふさぐのには適してましたし…仕事があるので普段子供と接する機会も少ない…スキンシップにちょうどいいというのもありました。
たまに 子守を頼んで美容...続きを読む

Q少子高齢化と人事管理への影響

少子高齢化がもたらす日本企業の人事管理への影響はどんなことがあるのでしょうか?
労働力が足りなくなることなどを予想しましたが、他には何も思いつきません::

Aベストアンサー

 こんにちは。

 そのとおりで,まずは労働力の不足が考えられますよね。他に考えられることと言いますと…

◇労働力の流動化と

 技術者などを中心に,職種によっては不足が著しくなれば,引抜などもあるでしょうから,労働力の流動化が進むと思います。

◇採用の通年化

 新規学卒採用だけでは十分な採用ができなくなり,通年採用が進むと思います。

◇賃金体系の見直し

 技術者などを引抜く場合は,賃金面での待遇が良くないと無理でしょうから,そうした相対的に高い賃金の技術者が入社してきますと,従来の人達の賃金との矛盾が表面化することとなりますから,全社的に賃金体系を見直す必要が出てくると思います。

◇女性や高齢者の採用

 全体的な労働力不足の中では,子育て期の女性も積極的に採用していかないと労働力不足は解消できないと思います。そのためには,そういった女性が働きやすい環境を作ることが企業に求められると思います。
 また,高齢者についても同じことが言えると思います。

などでしょうか。

Q『子育て』成功しましたか?

『子育て』成功しましたか?
貴方の『子育て』は間違っていませんでしたか?

私は2歳と生後3ヶ月の2児の母親です。
上の子(2歳児)が、随分落ち着いてきたようですが、最初の反抗期だと思います。(魔の2歳児)
時々、私の子育ては間違っているのかな?と思ぅことがあります。
子供に『ダメなものはダメ!』と怒るのですが、2歳児に対して、厳しく怒りすぎる事があります。
あれもダメ!これもダメ!は子供が可哀想ですよね。
子供の興味心・好奇心等を閉ざしてしまいますよね?

子育てが終わった20代30代の子供さんが居る方にお聞きしたいです。
『私の子育ては間違っていなかった』と、思いますか?
『私の子育ては間違っていなかった』と、思う時はどんな時ですか?
また、教育方針等ありましたか?どういう方針でしたか?

もちろん、1人1人の性格も個性もありますので、ココでお聞きすることが、どの子にも適するとは思っておりません。
参考までに子育ての先輩方にお聞きしたいだけですので、宜しく御願いします。

Aベストアンサー

>『子育て』成功しましたか?
はい かなり昔の話になりますが大成功したと思います。

怒る・と叱るは似て非なるものです。明確に区分して使うことが肝要です。

怒るとは、自分の大事大切にしているもの・こと
を破壊されたときに感情優先でヒステリー的に起きます。
つまり怒りは子どものためというより、自分のため・・なんです。

一方叱るとは相手のためを思っての理性によることであります。
その叱り方をキチンとして相手が納得するようであれば、
怒りにまで発展することは普通ありません。

その基本の辺りをもう少し押さえておけば
だいぶ違ったカタチになろうかと思います。

子どもは育てたように育つもの・・と言われて
おります。がんばってください。

ですので今回のご質問に対する回答は
怒る前にキチンと叱れる親になろう・・です。では

Q少子化の影響が労働力不足をもたらす時

少子化の影響が労働力不足を顕在化させるようになるのは、
いつごろの話なんでしょうか?
10年以内にはそういう状況になるのでしょうか?
そうなると、就職難という言葉は死後になるのでしょうか?

Aベストアンサー

私見ですが。

2000年の60歳以下の労働人口は約5860万人と推計されますが、2010年には約5420万人、2025年には約4930万人と推計されています。少子化の問題は60歳以上の人口比率が高まる問題もあります。大雑把に、上記と同じ年代で辿ると、労働力のうち2000年の60歳以上人口は約14%、2010年は約20%、2025年には約21%と推計されます。

もし現状の賃金制度が温存されると、社会保険負担の増加と相俟って、企業の労務費負担は急激に重くなります。収益面を別にしてコスト面で考えると、これを回避するためには、労働力の数を減らす、賃金を切り下げるのいずれかを選択することになります。

賃金を切り下げるというのは、現状の労働法体系では思っているほど容易ではなく、現実に経営悪化の状況が見えてこないとできないものですから、賃金を切り下げるような場合は事業の廃止・統合・譲渡などで要員数を絞り込むことと無縁ではありません。

つまり、直接であれ間接であれ、労働力の数を減らす方向で作用するということです。

一方、海外に生産拠点を移している企業は別として、本当に人手不足の国内企業は、労働力不足を予測して技術の導入・プロセスの見直し・システムの組み換えなどで、生産効率を高めるようにします。

いずれにせよ、生産性を高めようというプレッシャーが働くことになりますから、生産システムをハイテク化・高度化して必要な要員数を減らすようにするでしょう。そうなれば、今までほど人手は要らなくなります。となると、採用人数もかなり絞り込まれるかもしれませんから、就職難が恒常化する可能性もあります。

あまりにその状況が当たり前になると、そのことを表す言葉の価値が薄れてきますから、その意味では「死語」になる可能性も否定できません。

私見ですが。

2000年の60歳以下の労働人口は約5860万人と推計されますが、2010年には約5420万人、2025年には約4930万人と推計されています。少子化の問題は60歳以上の人口比率が高まる問題もあります。大雑把に、上記と同じ年代で辿ると、労働力のうち2000年の60歳以上人口は約14%、2010年は約20%、2025年には約21%と推計されます。

もし現状の賃金制度が温存されると、社会保険負担の増加と相俟って、企業の労務費負担は急激に重くなります。収益面を別にしてコスト面で考えると、これを回避するために...続きを読む

Q子育て楽し~い!?

 先日テレビで千秋が、子育てをとっても楽しんでいるという話しをしていました。

 「子育てが大変と思うのも楽しいと思うのも気の持ちよう!」と、とってもポジティブに、子育ても自分の生活も楽しんでいるようでした。

 私も今のところ、とっても子育てを楽しんでいる方だと思っています。今は育休中なので、仕事に復帰したらそうはいかないのかな・・・と思いつつ。

 それと、まだ子どもが1人(現在8ヶ月 男の子)だということもあると思います。

 そこで子育てを楽しんでいるママさんにお聞きしたいのですが。

 子どもが2人、3人・・・となってくるとやはり大変さの方が大きくなってしまうのでしょうか?1人だった時と同じく2人、3人目の子育ても楽しんでいらっしゃる方、どんな感じがお聞かせ下さい。

 それと、やはり仕事に復帰したら、大変さが増しますよね。それでも子育てを楽しいと思っていける秘訣なんかがあったら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

上が女の子、下が男の子のママです。正直楽しいです。
2人目が生まれてすぐは上の子の赤ちゃんがえりで大変でしたが「内緒だけどあなたが一番かわいい」とこっそり耳うちして最初に抱っこしてあげることで、赤ちゃんの面倒をよく見てくれるようになりました。私も一度経験しているという余裕と、手の抜きどころがわかる事で、むしろ楽していると思います。

私は自営業なので産後2ケ月ほどで仕事に戻りました。子育てしたり仕事をしたりの中途半端な働き方ですが、何時間もおんぶをして接客をするのは大変。
たまにおばあちゃんが子供を連れ出してくれて、仕事に専念できた時は「1人の時間っていいなあ」とリフレッシュし、夕方子供達が帰ってくると気持ちに余裕がある分かわいさもひとしおです。

専業主婦で子供の成長を見るのも楽しい、1日仕事をして離れている分一緒にいられる少ない時間を有意義に使うのも楽しい。両方実感しました。

千秋ちゃんのTVは私も見ました。私もやはり自分の気持ち次第だと思います。
「大変」が口ぐせのママ友達は、専業主婦時代も仕事を始めても、常に大変そうです。「1日中子供と2人きりだから」「仕事をしながらだから」と理由は次々出て来るみたいです。

totizouさんは今現在子育てを楽しめているので、千秋ちゃん的な要素を持っているのでは?
やはり一番大変なのは帰ってくるなり家事が待っていることだと思うので、上手に手を抜いてがんばり過ぎないことでしょう。
私は母としても妻としても完璧ではないのがイイ所よ、と開き直っているのがポジティブにいられる秘訣だと思っています。

上が女の子、下が男の子のママです。正直楽しいです。
2人目が生まれてすぐは上の子の赤ちゃんがえりで大変でしたが「内緒だけどあなたが一番かわいい」とこっそり耳うちして最初に抱っこしてあげることで、赤ちゃんの面倒をよく見てくれるようになりました。私も一度経験しているという余裕と、手の抜きどころがわかる事で、むしろ楽していると思います。

私は自営業なので産後2ケ月ほどで仕事に戻りました。子育てしたり仕事をしたりの中途半端な働き方ですが、何時間もおんぶをして接客をするのは大変。
...続きを読む

Q「少子化」が進む原因は何だと思いますか?。

「少子化」が進む原因は何だと思いますか?。

Aベストアンサー

増えすぎた時代の子供が年を取った。
出産時期の高齢化。

Qパニック障害、不安障害で子育て

昨年出産しました。
パニック障害です。
ひとりで子育てできずに夫が育児休暇をとり、なんとか子育てしてきました。
こんなわたしですが二人目もいたらいいな、なんて夢をみます。
パニック障害や不安障害があるけど子育てされているかたいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

あなたの年齢がわかりませんが、お子様はまだ出産したばかりじゃないですか。
今考えることではないと思います。
子どもが2歳3歳になると手がかかります。
幼稚園になると行事がたくさんあります。役員もあったりPTAがあったりね?

パニックの程度がわかりません。
不安障害は分かります。私もそうですから。
私は双子を出産しました。無理でもなんでも産めば育てなければならないし
甘えてもいられないこともあります。育休をとってくださった旦那様に感謝ですね。
うちは旦那は仕事しましません。でもそれでいいと思っています。
完ぺき主義で掃除も家事もサボる事なく子供がいないような綺麗な家です。7人家族でも
その代り私はすっごくしんどいです。そのしんどさのしわ寄せは?子供です。

時間を割いて子供を抱いてやる時間、かまってあげる時間じっくりと向き合って
相手をする時間が苦手です。自分のストレスにならないように家事をこなし
子どもに当たらぬように努めたのは自分の性格が忍耐がないからです。

あなたの性格は?お子様はまだ小さいです。
お子様が手を離れるくらいになってそれから考えてもいいんじゃないですか?
子育ては誰でもできます。おっぱいあげてオムツ替えてりゃ大きくなりますから。
産むななんて私は思いません。この世に出てあなたの子になったという事は
そういう運命だったのでしょうから。欲しくても できない人はたくさんいるんですから
でも今のその状態で生む産まないを考えなくてもいいんじゃないかなぁと思いました。

まずは二人目欲しいなと思ったら障がいがあっても育てられるか?ではなくて
どうやったら今の病気と立ち向かい治すことが出来るか
今のお子様としっかりと向き合って子育てできてからだと思います。

あなたの年齢がわかりませんが、お子様はまだ出産したばかりじゃないですか。
今考えることではないと思います。
子どもが2歳3歳になると手がかかります。
幼稚園になると行事がたくさんあります。役員もあったりPTAがあったりね?

パニックの程度がわかりません。
不安障害は分かります。私もそうですから。
私は双子を出産しました。無理でもなんでも産めば育てなければならないし
甘えてもいられないこともあります。育休をとってくださった旦那様に感謝ですね。
うちは旦那は仕事しましません。でもそれで...続きを読む

Q現在の少子化対策の問題点とその対策

今、少子化対策として「子ども・子育て応援プラン」(少子化社会対策大綱に基づく重点施策の具体的実施計画)
が策定され、さまざまな対策が行われています。

(以下「子ども・子育て応援プラン」の内容です。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1224-4c.html  )

しかし、どうして一向に少子化は治まらないのでしょう。
私は、財政的な裏付けがはっきりしていないというのが一つの原因だと思うのですが、
その他にどのような問題点があって、どのような対策がとられるべきだと思いますか?

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現在の少子化対策では、少子化はとまらないでしょう。

本来結婚して子供を産むべき20代は、バブル崩壊時に定職に就けませんでした。労働組合が団塊をリストラしない代わりに、団塊二世の新卒者に職を与えなかったのです。
また、団塊二世はゆとり教育がはじまった世代です。
無気力、無関心、努力しない、他人に迷惑をかけなければ何をやってもいい、等々というキャラクターです。

結婚も子育てもできない境遇の世代です。

それを公務員が待遇改善できるとは思えません。

今できる事といえば、、、
今の子供をきちんと教育し、無能な中高年をきちんとリストラし、確実に新卒者に定職を与えるということを行う必要があるでしょう。

定職に就いていれば、先が読めるので、子供も産めるし、住宅ローンも組めます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報