時価会計のご時世とは知りながら、質問させていただきます。

クロス取引に変わる益出し手法はないでしょうか?

含み益のある資産や、競争力のある事業について
その支配権を失うこと無く(もしくは将来取り返すことを前提に)
足下、益を実現させる・・・

そんなニーズに応えるうまい方法があれば教えてください。

A 回答 (2件)

面白い質問ですね。

企業の方ではないようですね。
学生さんですか?

金融資産なんかですと、証券会社あるいは銀行相手の
クロス取引ではなく、知人の会社あるいは実質的に支配
しているような関係会社とクロス取引すれば良いかと
思います。ただ、この場合は、できるものとできないもの
があるかもしれません。
実物資産なんかですと、リース会社と相談してリースバックすれば完璧でしょう。時価でリース会社にいったん売却し、その資産をリースしてもらえば良いのです。手数料や税金その他がかかりますが、それでもなお益だし効果があるのであれば大丈夫だと思います。
    • good
    • 0

 益出しをしたうえで、その資産・事業の支配権を実質保有するためですので、貴社が実質支配できる関係会社に売却する方法しかない、と思います。

大手上場企業のように
既に連結決算を行っているところだと関係会社間の売買では結局、通算されるので無意味だとは思いますが、そうでないのであれば有効に思われます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のリースについて

リースは解約不能とフルペイアウトの2要件をともに満たすものはファイナンスリースとなり、
これ以外はオペレーションリースとなります。

フルペイアウトの要件ですが、現在価値基準と経済的耐用年数基準のいずれかを満たせば
フルペイアウトと判断されます。

ここで車のリースですが、たいていが解約不能です。車のリースはたいていがオペレーションリースになります。
ということはフルペイアウトの2要件を両方とも満たしていないということになるのですが、
現在価値基準は満たしていないとしても、経済的耐用年数基準までも満たしていないということは
めったにないと思います。
経済的耐用年数基準は解約不能のリース期間が経済的耐用年数の75%以上の場合は
満たしていることになるのですが、車を5年リースした場合はこの基準を満たしているように
思えます。
しかし5年リースでもオペレーションリースとなります。
なぜこのような場合でもオペレーションリースとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.jala.or.jp/qa/lease_account01.html
こちらのURLに以下のような解説があります。

自動車リース取引は、中古車市場が発達しているため、残存価額を反映したリース料が算出されます。残存価額を考慮した判定の結果、大半がノンフルペイアウトのリース取引(オペレーティング・リース取引)となります。

なお、自動車リースは中古車市場の存在等により、借手がリース物件に係る殆どすべてのコストを負担することとならない場合が多く、原則的基準である現在価値基準により判定を行うのが一般的です。

Q株式の含み益と含み損について、教えて下さい

最近新聞を見ていると、「不良債権処理」と「株式の含み益」がセットになって
よく出ています。株式の「含み益」ってなんなんでしょう。どうしてそれが、不良債権処理と関係が有って、3月末に銀行の経営破綻につながるのでしょう?。どなたか教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「含み益」の定義については、すでに回答されている方のおっしゃる通り、銀行の保有する株式の記帳価額(簿価)と実際の市場価額(時価)の差です。銀行がその株を買ったときより値上がりしていれば「含み益」、値下がりすれば「含み損」となります。

これがなぜ不良債権処理や銀行破綻に関係するかというと。
銀行は不良債権、つまり焦げ付いて回収し損ねた借金の損を、何年もかけて事業の利益と保有資産の売却で埋めようとしてきました。その財源のひとつが「株の含み益」。株価が回復したところで保有株を売り、出た売却益で損を埋めるのです。
概ねの銀行は、この3月末の株価がある程度は回復するとみて不良債権処理計画をたてていました。多分日経平均で16,000円から18,000円くらいを目してたんではないでしょうか。
ところが最近の株価低迷で含み益は激減。保有株を売っても考えていたほどの益は出ません。それどころか売れば損になることも・・・。この状態で会計基準が時価評価になり、保有株が3月末の時価で評価されるとバランスシート上も債務超過になってしまう恐れがあるのです。
銀行の経営者や当局が、3月末の株価に異常なまでに神経を尖らせているわけがお分かりになりましたでしょうか?

「含み益」の定義については、すでに回答されている方のおっしゃる通り、銀行の保有する株式の記帳価額(簿価)と実際の市場価額(時価)の差です。銀行がその株を買ったときより値上がりしていれば「含み益」、値下がりすれば「含み損」となります。

これがなぜ不良債権処理や銀行破綻に関係するかというと。
銀行は不良債権、つまり焦げ付いて回収し損ねた借金の損を、何年もかけて事業の利益と保有資産の売却で埋めようとしてきました。その財源のひとつが「株の含み益」。株価が回復したところで保有株を...続きを読む

Qリース車の保険等級引継ぎ

近々に、会社でリースしている車がリースアップとなり、その車はリース会社へ返却します。
次の車は別のリース会社から車種を変えてリースする予定なのですが、返却するリース車の任意保険がリースアップ日の3日後となっております。
車を変えるにあたり、任意保険のほうも見直しをかけているのですが、新車が納品される日がリースアップの3日前となっており、日にちが色々とオーバーラップして難しい話となっております。
このような場合、スムーズに保険等級の引継ぎを行うことはできるのでしょうか。
整理しますと、下記のような状態です。

(1)新車(リース)の納車
(2)現行車のリースアップ((1)の3日後)
(3)現行車の任意保険満了((1)の6日後)
・現行車と新車のリース会社は別
・現行車と新車の保険会社は別

現行車がリースアップしても任意保険を満了日まで継続させられるとした場合、新車に保険が掛っていない状態になると思います。

やはり、スムーズに等級の引き継ぎを行うためには、現行車の保険をお願いしている保険会社に車輌変更手続きをしてもらうことになるのでしょうか。

お知恵をお貸し頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

近々に、会社でリースしている車がリースアップとなり、その車はリース会社へ返却します。
次の車は別のリース会社から車種を変えてリースする予定なのですが、返却するリース車の任意保険がリースアップ日の3日後となっております。
車を変えるにあたり、任意保険のほうも見直しをかけているのですが、新車が納品される日がリースアップの3日前となっており、日にちが色々とオーバーラップして難しい話となっております。
このような場合、スムーズに保険等級の引継ぎを行うことはできるのでしょうか。
整理し...続きを読む

Aベストアンサー

まず代理店か保険会社に電話して書かれてる内容を伝えれば特別な手続きは、必要なかったはずです。
以前、リースで乗っていて、買い換えた時は、代理店に電話一本で済みましたよ。
差額や内容変更があれば代理店から言って来ます。

Q連結会計で部分時価評価法の場合は段階法、全面時価評価法の場合は一括法?

こんばんは。お世話になります。

子会社株式取得時に連結貸借対照表を作る際、子会社株式の段階取得をしている場合、子会社資産、負債の時価評価で部分時価評価法を採用しているときは段階法、前面時価評価法を採用している場合は一括法をとるらしいのですが、なぜでしょうか?

分る方は教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと質問が良くわからないのですが…

部分時価評価法=段階的に時価評価、全面(前面ではありません)の場合は支配取得時に一括評価=一括法が、定義ですよね。 よって何々法は部分でやるか全部でやるかによってそういったやり方があるよというだけです。
 
むしろなぜ許されるのか?という問いであれば、連結財務諸表原則注解8の例外のことですか?

あるいは資産計上による総資産純利益率に対する影響の話ですか?

Q家の奥さんが、今度車を買う時リースで乗ろうかなぁーって言っています。リースにすると月々のリース代だけ

家の奥さんが、今度車を買う時リースで乗ろうかなぁーって言っています。リースにすると月々のリース代だけで、車検代と税金を払わなくていいとのことですが、リースで車を乗ってる方詳しく方メリット・デメリット
教え下さい。

Aベストアンサー

まず、リースって奴が曲者です、払い終わる前に本体自体が
駄目になりやすい、それを我慢して使うストレス、そして期限がくる年度前くらいに次のリースの話が持ち上がり、
支払合計はならす感じで倍払いにはならないという風に組まれるのかもしれません。
これはコピー機の話です。コピー機をまともに買うと3-400万円くらいです。
コピー機はだましだまし使えてもイライラしますね、車は、その気になれば自分で修理もできるものです。しかし、借りものですから
勝手に手を加えたりとか修理したりしたものに対し、不具合が起きたなどでの
保証がゼロです。これについてはパソコンも同じです。

言える事は
スマホの2年拘束とはわけが違います。途中で調子悪い、故障したといっても
交換は絶対にしてくれません。

個人的な考えでは、購入して早い時点(価値がある)で買い替えるようにして
新車を乗り換えていく方が、いいと思いますけどね。

Q仕訳の益とPLの益

各々の仕訳では、
現金100/固定資産80
売却益 20
のように益が貸方にくるのに、
pl上は
費用80売上100
利益20
のように利益が借方側にくるのはなぜですか?

Aベストアンサー

現在損益計算書を勘定式で表示することはありません。
あくまで簿記の学習上の表示です。
さて、この勘定式で表示した時なぜ当期利益が借り方になるかですが。
    損益
-----------
費用 80|収益100

総勘定元帳からは、この2種類が決算振替仕訳で総勘定元帳を締め切るために、損益勘定に集約されてきます。この差額が当期利益(または当期損失)になります。
そこで貸借を合わせて表示するために逆の位置に表示することになります。これは、収益の内訳だと考えれば理解しやすいと思います。

費用80+当期利益20=収益100

というふうにするのが、簿記の貸借一致の原則にかなうからです。(当期利益は、簿記上の資本への振替です。)

簿記のP/L、B/Sの作成について
http://boki.info/HPboki/6f-1-P039.htm

Qリースでも『車を買った』って言う表現は

この度、リースで車の乗り換えします。

ふと思いました。
今まではローンで車に乗っていました。
その時、他人には『車を買った』『車を買い換えた』っていう言い方をしていました。

今回のリースはどうなんでしょうか?
『車を借りたよ』って言うんでしょうか?

リースでも今まで通り、『車を買った』『車を買い換えた』で良いですよね。

Aベストアンサー

「買う」とは、 代金を払って自分の所有とする。となりますので、
ローンでも所有権は別人(ローン会社)ですので、使わせて頂いている。というのが正式では・・・となります。
このことを踏まえて、
現在では車を購入するのに、現金(小切手等含む)・ローン・リース等の方法がいろいろあるので、「買った」「買い換えた」で問題ないと思います。

Q商品販売益と売買益の違い

タイトルの通りですが、私は最近までずっと売買益と教わってきており、日商簿記検定なども売買益で通していましたが、最近になり、商品販売益勘定も存在することを知り、そのほかにも商品販売損益や、商品売上損益なども存在することがわかりました。おそらくいずれも同じ勘定だとおもいますが、同じということは当然許容勘定に含まれるのでしょうか?

また、どれが一番一般的(企業で最もよく使われる)な勘定なのでしょうか?

誰か、ご存知の方、お願いいたします。

Aベストアンサー

簿記で売買益とは、分記法で商品の売買取引を商品と商品売買益の2つに分けて記入する場合に使います。

損益計算書では次のように使います。
売上高-売上原価=売上総利益
売上総利益-販売費-一般管理費=営業利益
営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.cyber-licence.com/clsboki2melma.html

Qリースの車

今、個人で仕事をしています。
現在所有している車は独立前に購入した車で、古くなったので買い替えようと思っているのですが、経理関係に詳しい方から減価償却して経費で落とすよりも 会社契約のリースにして、リース契約の終わる5年後に数万だして自分の物にすれば良いとの事でした。
私はリースの仕組みがよく理解できません。やはりこれが一番良い方法なのでしょうか?
リースのあいだは自分の車ではないのでしょうか?
また、リース以外に良い購入方法があれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

私も以前リースで車を購入しました。
私の頃は3年でしたが、
仕組みは3年後、その車がいくらで売れるか、例えば50万で売れる
として、120万の車なら120-50の70万、分割払いの
形で支払いつつ借ります。
なのでリースの間は自分の車ではありません。
3年後、そのまま返すか、50万払って買うか、
返した時に査定が60万ついたら10万返ってくるし、
査定が40万なら10万払って返します。

私はリース中、当て逃げされ、事故車になってしまったので
3年後残りを支払い購入しました。

求めている回答と違ったらごめんなさい。

Q時価会計と時価主義会計の違いは?

時価会計と時価主義会計の違いを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

14億円横領の事件の解説で聞いた言葉のような・・・。以下参考になれば・・・。
http://www.nouzeikyokai.or.jp/yomimono/taxview/0101.html

参考URL:http://www.nouzeikyokai.or.jp/yomimono/taxview/0101.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報