植物体(できれば樹木の樹皮や根皮)中のフェノール類について知りたいのです。具体的にいうと、1)どのような種類のものがあるのか? 2)それらはどのような部分に分布しているのか?(細胞レベルでも組織レベルでも。) 3)それらはどのような性質か?(特に水に対して易溶性か難溶性か?)
 というようなことです。なかなかこれといった文献に行き着きません。情報お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

木材化学や樹木生理学は専門じゃないので、以下の解答はあまりお役に立てないかもしれません。



リグニンについては、樹幹を横断面で見る時に周辺部の淡色の層にあたる辺材(sap wood)よりも、中心部の着色している層にあたる心材(heart wood)に多く含まれています。リグニンは水に対して難溶性(不溶性?)なので、木材からセルロース(正確にはホロセルロース)を取り出すときには、リグニンを塩素化(確か亜塩素酸塩法を用いる)して、リグニンをバラバラにしてセルロースを取り出します。
リグニンを植物体にあるがままの状態(プロトリグニン:protolignin)で単離するのは不可能と言われています。リグニンの抽出には、セルロース分解酵素リグニン(CEL:cellulotic enzyme lignin)や磨砕リグニン(MWL:milled wood lignin)が用いられているようです。

なおリグニンは一部のヘミセルロースと結合(LCC:lignin carbohydrate complexes→リグニン炭水化物複合体)していて、以上の方法での抽出にも限界があるみたいです。

針葉樹材の仮道管の細胞壁は、I,P,S1,S2,S3の各層で構成されていて、この内のI層とP層(複合細胞間層:compound middle lamella)は二次壁に比べて2.5~3.5倍のリグニンを含んでいます。

リグニンはグアイアシルリグニン・シリンギルリグニン・p-ヒドロキシフェニルリグニンの3種から成り立っていると言われています。グアイアシルリグニンはコニフェリルアルコールの脱水素重合体、シリンギルリグニンはシナピルアルコールの脱水素重合体、p-ヒドロキシフェニルリグニンはp-クマールアルコールの脱水素重合体です。

【以下は、私の勝手な考えです。】
樹皮におけるリグニンの存在の有無は分りませんが、樹皮も心材と同じで死細胞であるから、木化(lignification)してリグニンが多量に存在しているとも考えられます。
    • good
    • 0

MiJunです。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「森林総研:樹皮タンニンの多彩な機能と用途開発」

補足お願いします。

参考URL:http://ss.ffpri.affrc.go.jp/labs/kouho/FFPRI-sym …
    • good
    • 0

MiJunです。


何か特殊な樹木なのでしょうか?
以下の成書には記載があるでしょうか・・・(内容未確認!)?
==============================
Flavonoids and other polyphenols/Academic Press/2001 
Plant polyphenols :/Plenum Press/1992 
==============================
木材学会誌等のバックナンバーは調べられたのでしょうか・・・?

特定の樹木であれば、文献検索された方が速いいのではないでしょうか・・・?

樹木等を明らかに出来るのであれば、補足お願いします。
    • good
    • 0

MiJun さんもお書きですが,目的は何でしょうか?



 ご質問内容にまともに答えると,ここには書ききれません(多分)。取り敢えず図書館に行って,「天然物化学」,「植物化学」,「植物生理学」,「植物病理学」等の成書をご覧になって下さい。一通りの事はのっていると思います。
    • good
    • 0

どのような観点からの質問でしょうか・・・?


ポリフェノール・リグニン・生薬・・・・?
それともレポートでしょうか・・・???

補足お願いします。

この回答への補足

主にポリフェノールの観点からです。植物体から何種類かの溶媒(水やアルカリ)で抽出を行い、スペクトルを測定しているところなのですが、スペクトルがそれぞれ異なるのには、どんな物質が関与しているのかを検討しているところです。これで、補足になっていますでしょうか?

補足日時:2002/02/22 13:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大きな画像で見れる植物図鑑はありませんか?

大きな画像で見れる植物図鑑はありませんか?
ネット上で見られる植物図鑑はたくさんあるのですが、高解像度の画像で、植物の細部まで鮮明に見られるようなネット上の植物図鑑をどなたかご存知ないですか。

Aベストアンサー

こんなウェブサイトがありました。

知多半島植物図鑑
http://chitanavi.co.jp/picturebook/

ブラウザいっぱいに高解像度の植物の写真を表示します。
植物図鑑と言うには、掲載されている植物の数が少ない気もしますが、見た目は非常にきれいです。
あと、ズームレンズ機能みたいのも付いていますので、写真を部分的に拡大して見ることも可能です。

Q樹皮による木の見分け方

シイタケのホダ木に使いたいのですが、コナラとクリの見分け方を教えて下さい。現在(厳冬期)は落葉している為、樹皮又は樹形等で見分けたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

樹皮の裂け方でも判るけどねぇ。まぁ決定的な違いは切断面で、栗には樹皮がほとんど無い。逆にコナラの樹皮は極めて厚い。
樹形はコナラの方が枝が細く短い。栗の方は長く真っ直ぐでやや太い。

断面の比較
http://0847254400.blog134.fc2.com/blog-entry-123.html
▼コナラの断面
http://www.greencollege-iwaizumi.or.jp/iwaizumi-akka/tree/tree_konara.html
▼栗の断面
http://ameblo.jp/karuizawataliesin/entry-11186168726.html

樹皮の違いは、クリは縦線状
http://blogs.yahoo.co.jp/natty_nanoda/55188403.html
http://dongurikorokoro.fc2web.com/miwakekata_m4.html

Qインターネット上で閲覧できる植物図鑑のサイトを教えて下さい。

名前がうろ覚えで申し訳ないのですが、枝も葉も食べることのできる食用植物「シズ」が写真入りで掲載されている、インターネット上で閲覧できる植物図鑑をご存知の方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

できれば、公式サイトを教えていただけると嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「シズ」という和名や科名で調べてみたのですが見つかりませんでした。
インターネット上の植物図鑑を紹介します。

ハイパー植物図鑑
 http://www.fb.u-tokai.ac.jp/WWW/hoshi/plant/plant.html

デジタル植物図鑑
 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/96plant/new.plant.html

ガーデンエクステリア植物図鑑
 http://www.shinnikkei.co.jp/exterior/zukan/

Q農地からの窒素溶脱

農地からの窒素溶脱というものがあります。
その内容というものは、細かく言うとどういったものなのでしょうか?
硝酸態窒素溶脱量のみで考えてよいのでしょうか。

Aベストアンサー

#1です。
 家で探しましたが、肝心なときにどっかいってしまった‥

 アマゾンで調べたら、確か、↓だったと思います。

地下水の硝酸汚染と農法転換―流出機構の解析と窒素循環の再生 自然と科学技術シリーズ
小川 吉雄 (著) 農文協

 細かい分析方法などが載ってるわけではありませんが、畑での大づかみな状況が書かれていたと思います。検索のきっかけになればと思います。

Q熱帯植物図鑑

日本語で書かれた熱帯植物図鑑(書籍)にはどんなものがありますか。できれば新しいのを紹介してください。

Aベストアンサー

「花図鑑観葉植物・熱帯花木・サボテン・果樹
(草土出版)2000.9」ISBN:4-7952-9570-0
などはいかがでしょう。

現実には、ほとんど刊行が無いですね。

国立国会図書館「NDL-OPAC」で
「件名」の欄に『熱帯植物』と入れてサーチしてみて
ください。
東京都立図書館も同様です。詳細検索にして「件名」から検索します。

 「件名」は図書館の図書分類で共通用語になっていますから、タイトルor書名で見つけられないときに使うテクニックです。

参考URL:http://opac.ndl.go.jp/Process

Qく溶性リン酸単肥

 北海道で農業をしています。
今回、単肥配合に挑戦することにしたのですが、安価なく溶性のリン酸単肥がなくて困っています。所属のJAで調べても、さほど安いモノはなく、配合肥料よりもコスト高になってしまいました。
 そこで、おすすめのリン酸単肥があれば教えて欲しいのですが、できればく溶性リン酸の含有量の多いもの(40%以上)が好ましいです。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リン酸単肥は過りん酸石灰 よう成りん肥 重焼りん肥 の3種類くらいしかありません。
うち過りん酸石灰 を除く2種類がく溶性です。

そして、リン酸は全て輸入に頼っているため値段は安くありません。
ほぼ、成分量に比例して高くなります。

複合肥料でもリン酸の割合によって値段が変わったりします。(多ければ高い)
また、流通量の少ない銘柄はりん酸の含有量以上に流通コストがかかり高くなる
傾向があります。
有機質リン酸肥料として使われる骨粉にいたっては・・・です。

よって、最初にあげた2種類のどちらかということになるでしょう。
成分量は一般に流通しているのは35%が上限です。

参考資料
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/nogyosinko/sehi12/h12mokuji.htm
から、「Ⅲ 資料編」 →「1 肥料成分表 」のpdfファイル「(3) 化成肥料」参照

参考URL:http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/nogyosinko/sehi12/h12mokuji.htm

リン酸単肥は過りん酸石灰 よう成りん肥 重焼りん肥 の3種類くらいしかありません。
うち過りん酸石灰 を除く2種類がく溶性です。

そして、リン酸は全て輸入に頼っているため値段は安くありません。
ほぼ、成分量に比例して高くなります。

複合肥料でもリン酸の割合によって値段が変わったりします。(多ければ高い)
また、流通量の少ない銘柄はりん酸の含有量以上に流通コストがかかり高くなる
傾向があります。
有機質リン酸肥料として使われる骨粉にいたっては・・・です。

よって、最初にあ...続きを読む

Q植物の図鑑

植物の図鑑で、いいものはないでしょうか?
子供向けというよりは、本格的なものです。

図は、写真のものでも、絵のものでもいいものがあれば教えてください!

Aベストアンサー

植物の図鑑といえば牧野先生でしょう。

北隆館という出版社から復刻も含めて出版されています。プロ使用に十分耐えます。

参考URL:http://www.hokuryukan-ns.co.jp/books/zukan.html

Q植物、主に樹木に関して

植物、中でも主に樹木に関しての質問です。
まず始めに、私自身は植物に関してまるで素人だと考えてお答え下さるとありがたいです。
2つ質問がありますが、どちらかのみの回答でも構いません。
お分かりになるのならば出来ればどちらもお願いします。

1.世間一般の樹木中の水分の割合
(人間の一般的な成人の身体は60%水分で出来ている、といったような意味です)

2.樹木中の水分は何日間かけて樹木の中を一周するのか
(人間では取り入れた水分が長くて30日で下から出てくる、といった意味合いです)

うろ覚えの知識よりも、出来れば参考にした本やサイトなども教えていただけると助かります。
学校で習ったという場合は、どのような教科であったかなどもお願いします。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木屋の爺様に聞いた事があるだけの素人です

伐採されてない状態の樹木の含水率は100%以上です
繊維分よりも多く水分を含んでるからです
だから樹木は伐採された後,すぐに木材に加工せずに乾燥させます
ちなみに100%真水ではなくてタンパクや糖分を含んだ天然の不凍液のような水分です
 *不凍液じゃないと真冬の寒い時期に凍裂してしまう


樹木は人間と違い心臓(ポンプ)がないのですが
毛細管現象で数十メートルの高さにまで吸い上げます
 *凝集力説というもののようです
樹木が地中の水分を吸収するのは夜,一時間に数cm
日中は吸収した水分を葉で光合成(代謝&呼吸)して蒸散します
人間の血液のような循環とは違うようですが
水分を取り込むcm×樹木の高さ×水分消費量=循環日数になるんじゃないかな?

2の凝集力説は「光合成の世界(ブルーバックス)」という本で読みました

Q植物図鑑を眺めたりする人と出かける場所について

友人で植物図鑑を眺めたり、釣をしたりするのが好き人がいます。
どういうとこに行ったりすると相手は喜ぶのでしょうか?
水族館とか博物館でも相手は喜ぶのでしょうか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

友人の方とは少し違いますが、私も釣りや昆虫が大好きです。

植物なら博物館か植物園で、個人的には都内なら夢の島熱帯植物園などがお勧めです。
遠出してもいいんだったら、近場の山や湿地などで珍しい植物を見るというのも面白いです。
釣りなら水族館でOKですが、海釣りをするのであれば地元の魚の展示が充実している江ノ島水族館などがお勧めです。
あと、食事などのついでに一緒に釣具店に行っても喜ぶと思いますよ。

こういう趣味を持つ人は、もちろん個人的に近場の博物館や植物園にすでに行っていると思いますが、何度行っても面白いと思いますし、結構いつでも期間特別展示なんかがやっていますので、それに同行しても喜んでもらえると思います。

面白い話が聞けるかと思いますので、是非楽しんでください!

Q樹木の名称を教えてください

3月中旬、長野県松本市で撮影した樹木の芽吹きです。
樹木の名称を教えてください。

Aベストアンサー

ハクモクレンではないのかと思います。(古木か?)
所謂、木蓮とは樹形が異なります。
コブシとは枝の分岐が違います。
下記サイトの写真と比較してみて下さい。
花の着き方と枝の分岐がよく似ています。


ハクモクレンン(白木蓮)、紫木蓮に対し白い木蓮
www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-hakumokuren_large.html

白木蓮(ハクモクレン) - 花図鑑 - 龍
kyonohana.sakura.ne.jp/blogs/kyohana/2012/03/post-3387.html


人気Q&Aランキング