銀行や保険会社って潰れそうな所多いのに、
給料は普通の会社よりいいって聞きます。
これってどういう事なんですかね?
自分の会社の経営はやばいのに給料は多く払う。
で、潰れそうになったら国から公的資金の導入。
今経営がまずいのは社員の責任でもあるわけなのに、
なんで私達の税金を彼らの尻拭いに使われなくてはならないのでしょうか?
社員の給料を下げて、会社の再建に取り組めばいい話のように思いますが。
私の会社も最近は不況のため苦しいようなので、
助けてもらいたいくらいです。(苦笑)

A 回答 (4件)

基本的に「公的資金」に対して誤解があるようです。

「公的資金」は国が銀行にあげた金ではありません。貸した金です。ですから将来返してもらう金です。形としては、国が銀行の発行する優先株を引き受けています。優先株は株主総会で議決権がない代わりに、配当を優先して受けられるものです。
利回りで考えると1.5%程度だと思います。
現在、優良企業であれば銀行からもっと低い金利で借りられること、日銀が市中銀行に貸す金利である公定歩合が0.5%であることを考えると、銀行にとっては「高利」です。しかも、その高利で借りた金はゼネコンや流通の失格会社に「債権放棄」という形で「あげている」のです。
銀行も一般企業に金を貸しています。貴方の論理でいくと、一般企業の社員の給与は銀行が面倒をみているということになります。
それと、貴方の会社は「不況で厳しい」と言われていますが、赤字企業であれば、延滞はしていなくても「要注意債権」として不良債権になっている可能性もあります。銀行が苦しんでいるのは、不良債権があるからで、その原因の一端が貴方の会社ということにもなりかねません。加害者である張本人が威張っているというような滑稽なことは、まさか、ありませんよねえ。
追伸:少し言い方が厳しかったかもしれませんが、世の中には「銀行だけが悪い」というような「イメージ」が「なんとなく」蔓延しているような気がします。世論は政策をも狂わせ、ひいては世の中全体の大きな不利益になります。本質を見極める目が私たち一人一人に今ほど求められている時はないでしょう。
    • good
    • 0

だいぶ時間が過ぎていますが、私の意見を聞いて欲しいと思います。


日本の景気がここまで落ち込んでしまったのは、
政府の政策の誤りもありますが、一方で銀行の責任が大きいと思います。
おっしゃる通りいまだにすごい給料を取っています。
公的資金を導入しすぐやるべき不良債権を今になって処理し始めた。
遅すぎます。守りすぎています。
守らなければならない者を守らず、守らなくてもいい者ばかり守っています。
今はこんな状況だからいろいろな策を講じていますが、
数年前は政府がもっと不良債権の処理を速めてくれ、そして給料を下げろ
といっているのにがんとして言うことを聴かなかった
私にはそう見えました。銀行が本腰を入れて日本を再建していくという
考えがあればもっと早く日本は再生できていたと思います。
先日週刊誌を読んでいると今銀行は貸し渋りだけではなく
貯金もいやがっているみたいですね。
それでは銀行の仕事を放棄しているのと同じじゃないですか。
この先どうなるのでしょうね日本は。
    • good
    • 0

ご質問なされてから時間が経過していますが、私見を投稿させていただきます



>銀行や保険会社って潰れそうな所多いのに、
>給料は普通の会社よりいいって聞きます。
>これってどういう事なんですかね?

1.金融危機を招く可能性があるので、国も当該金融機関が危ないことをなかなか開示しない(潰した後の目鼻が立ってから開示が過去のパターン)
2.国が指摘しないことを良いことに経営者も責任を取らない
3.経営者が責任を取らないから従業員も責任を取らない

結局、全員が持たれあい、責任を取らないことで全体的に無責任な体制が構築されました。


>なんで私達の税金を彼らの尻拭いに使われなくてはならないのでしょうか?

おっしゃる通りだとおもいます。私たちが、危ない銀行や保険会社を早く潰す為にそのような所とはドンドン縁を切るように心掛ければ自然とそうなると思いますが、格付機関から大幅に引き下げられても預金や保険を解約しない方が結局、彼らを支えてしまっている構図になっていることが悲しいと思います。

>社員の給料を下げて、会社の再建に取り組めばいい話のように思いますが。

意気込みとしてこういう事は必要なのですが、残念ながら社員の給与を多少下げたくらいでは追いつかないくらい巨額損失を毎年出しています。やはり、銀行については、次回資本注入の条件として、経営責任とリストラをセットで導入することが最低限の条件となります。生命保険会社は相互形式ですので破綻しても殆ど責任追及がありません。こちらに関してアイデアが湧きません。
    • good
    • 0

こんばんは。


hamaama77さんの御意見、本当に心苦しいです。僕も去年の2月まではある破綻した銀行に勤務していました。その銀行は本当に再生させるだけの意義があるのか、という根本的な疑問もあります。経済全体に与える影響が大きいからとか言いますけど破綻するにはそれだけの理由があるはずで、そうした責任とかを明確にすることなく税金をジャブジャブつぎ込んで銀行を再生させている今のやり方は絶対におかしいと思います。特に今の日本は多くの企業が厳しい経済環境の中、懸命に運営しているのですから銀行だけに公的資金を投入しているのは矛盾のように感じます。更に許せないのは再生された新銀行は公的資金のおかげで何の努力もしないで利益があがっているということです。
と、まぁ何を言いたいのか混乱してしまいましたが、アナタの言う通り銀行員の給料を下げて更に経営者の私財を没収してそれでも足りない部分を公的資金で補うのがあるべき姿のように思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さな小売商店を有限会社で経営しております。ですが、この不況で毎年赤字

小さな小売商店を有限会社で経営しております。ですが、この不況で毎年赤字です。毎月20万円とるのに精一杯で、ぎゃいくに年末の仕入れのときには個人の貯金を取り崩して100万近いお金を投入するため、貯金は減っていくばかりです。子供も二人いますし、このままでは貯金が減っていくばかりです。税理士が親戚のためまともなアドバイスがもらえません。夫と私で早朝のアルバイト(病院の介護助手、夫は宅急便の仕分け)をしようと思います。この場合の収入は会社携帯にしている商売の売り上げに計上し、今までつぎ込んだ貯金を会社からの返済として返してもらうということは可能でしょうか?20万の収入で商売につぎ込むお金を考えると無収入に近いのに税金を払うのは辛いです。せめてアルバイトのお金を今後商売につぎ込む資金にしたいのですが・・・。お知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

すぐにでも法人を閉業して個人事業の開業をしたほうがよいです。法人ですと赤字なのに給与にはそれぞれの税金がかかりますし法人税も最低額かかるでしょう。個人事業であれば、事業利益=個人の所得ですので、赤字の場合、翌年から所得税0・個人事業税0・住民税少々・所得から算出する健康保険もかなり安くなります。
アルバイト源泉徴収されていては売り上げに計上できません。

Q女性経営者(社員は0人)です。妊娠が解った事により今後の会社をどうする

女性経営者(社員は0人)です。妊娠が解った事により今後の会社をどうするか悩んでいます。

はじめまして。

社員はおらず、これまで一人でやってきました。
よって、私の働き=会社の収入となります。

予定外の妊娠でしたが、
高齢で授かった子なので、あまり無理はしたくないというのが本音です。
妊娠・出産・育児に備えるため、
収入が0になってしまう事も見越しています。

まず、今借りている事務所のお家賃が
結構高いので、それを解約する事になると、
会社の登記をどこに移したらいいのか?
という事に直面しました。

現在、主人と社宅に住んでいるので
社宅に登記をする訳にはいかないようです。

私の実家に登記を移すことも考えましたが、
はじめての出産・育児のため、
いつ仕事を復帰できるのかも解りません。
また、主人が転勤族のため、
住所を変えるたびに登記変更代がかかってしまいますよね。。

そうなると、「会社の閉鎖」または、
「会社の休止」という選択肢も出てきました。


5年という短い時間ですが、
私なりに頑張ってきたので、簡単に閉鎖してしまうのは、
あまりにも悲しく感じました。

「会社の休止」に詳しい方がおられましたら、
アドバイスいただけますでしょうか?

また、その他の選択肢が考えられる場合、
ご教示いただければ幸いです。

よろしくお願いします。

女性経営者(社員は0人)です。妊娠が解った事により今後の会社をどうするか悩んでいます。

はじめまして。

社員はおらず、これまで一人でやってきました。
よって、私の働き=会社の収入となります。

予定外の妊娠でしたが、
高齢で授かった子なので、あまり無理はしたくないというのが本音です。
妊娠・出産・育児に備えるため、
収入が0になってしまう事も見越しています。

まず、今借りている事務所のお家賃が
結構高いので、それを解約する事になると、
会社の登記をどこに移したらいいのか?
という事に...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんは会社を残しておきたいのですね
それならば一番いい方法は『会社を休眠状態にする』です

1.本店所在地
 事務所を解約したとしても本店の登記はそのままでも何ら問題ありません
 心情的にそこにいないのに嫌だなと思うくらいで、それが気にならないなら移転させる必要はないです
 但し、税務署、府県民事務所、市役所からの申告書等の送付先を変更しておけばいいです
 
 各役所に『書類送付先』を現在住んでいる社宅にすれば、あらゆる書類が自宅に届きます
 引越しの都度、書類送付先を変えるだけで問題ないです

2.役所への申告
 (1)法人税
  異動届に休業と書類送付先を届け出ればOKです
  毎年申告義務は本店所在地の税務署にありますので最低限、別表1、5、7とBSを付けておけば青色  欠損金も繰り越せます
  赤字な限り法人税はゼロ円です

 (2)地方税(道府県、市町村)
  異動届に休業と書類送付先を届け出ればOKです
  自治体によって異なりますが均等割(7万くらいが多いですが)は休眠中は支払う必要はありません
  そもそも地方税は事業所等がある場合に納税義務が発生します
  事業所の定義は、
  事務所等に該当するには人的設備、物的設備、事業の継続性の三要件を備えている必要があります。  人的設備とは事業活動に従事する自然人をいいます。物的設備とは事業が行なわれるのに必要な土   地、建物、機械設備、事務設備などをいいます。事業の継続性については、2、3ヶ月程度の一時的な  事業の現場事務所・仮小屋等は該当しません。また、そこで事業が行われていれば、直接、収益や所  得が発生していなくても事務所に該当します。 
  
  なので休業した段階で人はいない、質問者さんの場合、物的設備もない、事業活動している人もいない、なので事業所等に該当しないため納税義務などありません

  私の経験上、休業会社の税務申告もたくさん行っていますが、上記事業所等に該当しない旨を伝えると均等割りを払うように言われたケースなどありません。
  よって赤字な限り納税額はゼロです

  県民税は繰越欠損金の繰越がありますので申告書提出した方がいいです
  市民税は休眠届を出すと申告書すら送ってこない方が断然多いです

3.役員登記
  株式会社である以上は役員の変更登記は必要です
  これは現在の会社法では最長10年の任期に出来ます(取締役会議事録で定めればOKです)ので最低でも10年に1回は役員の改選登記が必要です。
  でも10年に1回でいいので大した費用負担にもならないでしょう

私の結論としては各役所に『休眠』『書類送付先』を書いた異動届を提出し、本店はそのまま放置、役員の任期は10年にして10年ごとに登記、税務署と県民税事務所だけは申告書を毎年提出。
均等割りは払う必要がない(役所の担当者に事前に事情説明することをお勧めします)

以上です

質問者さんは会社を残しておきたいのですね
それならば一番いい方法は『会社を休眠状態にする』です

1.本店所在地
 事務所を解約したとしても本店の登記はそのままでも何ら問題ありません
 心情的にそこにいないのに嫌だなと思うくらいで、それが気にならないなら移転させる必要はないです
 但し、税務署、府県民事務所、市役所からの申告書等の送付先を変更しておけばいいです
 
 各役所に『書類送付先』を現在住んでいる社宅にすれば、あらゆる書類が自宅に届きます
 引越しの都度、書類送付先を変える...続きを読む

Q社員の給料から徴収した社会保険料(預り金)と会社負担分の法定福利費がよ

社員の給料から徴収した社会保険料(預り金)と会社負担分の法定福利費がよくわかりません。

例えば、11月分の社会保険料として給与から335,289円を預り金として徴収したとします。
そして、11月分の社会保険事務所からの請求額が674,103円だとした場合、674,103-335,289=338,814円が法定福利費と考えればよろしいですか?

ただ、社員の退職などがあり、月によっては、社員から預り金として82,744円を徴収したにもかかわらず、社会保険事務所からの請求が0円であったり、賞与の預り金として、820,068円なのに、
社会保険事務所からの請求額が825,682円だったりする月もあります。

預り金と会社負担分の金額は何を基準に算定したらよろしいのですか?

Aベストアンサー

基本的なことを書きます。
A給料計算例
(1)給料ー(2)社会保険料ー(3)住民税(県民税・市民税)ー(4)所得税=(5)給与
B仕訳例
(借方)             (貸方)
給料手当0,000,000 /   社会保険料預り金     000,000・・・・期日に納付
                     住民税  預り金   00,000・・・・期日に納付
                     所得税  預り金   00,000・・・・期日に納付
                     現預金     0,000,000・・・・当月支給
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー-------        合  計0,000,000         合   計  0,000,000

上記のように毎月従業員給料から控除した社会保険料は預り金勘定科目へ計上します。

C社会保険料会社負担分(従業員と会社折半と言うけれど料率折半額)料額表に基いて計上します。
(借方)法定福利費 /(貸方)現預金

〇社員の退職と書いてありますが,その場合に給料計算して控除できるなら預り金へ計上します。金額的に小額で控除できないなら納付はしません。

◎賞与での控除は料額表に基づいて控除すればよいのです。

△社会保険事務所からの通達ウンヌンじゃなくその場合は即TELして相談してください。プロも間違いはあります。

☆最後の預り金と会社負担の金額は料額表がありますからこれを社会保険事務所から頂いてください。

基本的なことを書きます。
A給料計算例
(1)給料ー(2)社会保険料ー(3)住民税(県民税・市民税)ー(4)所得税=(5)給与
B仕訳例
(借方)             (貸方)
給料手当0,000,000 /   社会保険料預り金     000,000・・・・期日に納付
                     住民税  預り金   00,000・・・・期日に納付
                     所得税  預り金   00,000・・・・期日に納付
               ...続きを読む

Q夫婦で会社経営の際の給料

夫婦で小さな会社を経営することになりました。
二人とも役員でわたし(夫)が代表取締役です。

たとえば、毎月の給料(役員報酬)が自分と妻それぞれ30万づつだとした場合、それぞれの所得税や住民税の節税対策として、自分の給料を多くし、妻の給料をその分減らして自分の扶養に入れた方が良いのでしょうか?
それともあまり変わりませんか?
それぞれのケースのよって違うかもしれませんが、、ご夫婦で会社経営されている方の給料ってふつうどのように夫婦で振り分けしているのでしょうか? 

Aベストアンサー

所得税や住民税だけを考えると、二人ともそれぞれ給料を取ったほうが良いように思います。役員報酬は給与所得ですから、給与所得控除が認められます。給与所得控除は基本的に分散させた方が多くなると思います。そして、扶養控除、奥様の場合には配偶者控除ですね。配偶者控除や配偶者特別控除は重複適用できず最大38万円です。やるのであれば、一方の役員報酬を、給与所得控除の最低額である65万円と住民税の基礎控除である33万円を合わせた98万円程度に落とし、所得税や住民税を0円(均等割は別途)にして配偶者控除または配偶者特別控除を受けましょう。

金額的には今の方が税金が少ないように思います。

健康保険料や年金保険料はどうされていますか?社会保険へ加入しているのであれば、奥様を扶養の範囲(税金とは違い年130万円)にすることで、健康保険料や年金保険料をあなた一人の役員報酬で算出し、奥様の健康保険は家族用とし、国民年金3号被保険者とすることで保険料負担0で納付扱いとすることも可能でしょう。

単純比較は出来ません。顧問税理士などがいるのであれば、いくつかのパターンの試算をしてもらった方が良いかもしれませんね。役員報酬は簡単に変更すると法人税の負担が変わり、税務署からも問題視される可能性もありますからね。

所得税や住民税だけを考えると、二人ともそれぞれ給料を取ったほうが良いように思います。役員報酬は給与所得ですから、給与所得控除が認められます。給与所得控除は基本的に分散させた方が多くなると思います。そして、扶養控除、奥様の場合には配偶者控除ですね。配偶者控除や配偶者特別控除は重複適用できず最大38万円です。やるのであれば、一方の役員報酬を、給与所得控除の最低額である65万円と住民税の基礎控除である33万円を合わせた98万円程度に落とし、所得税や住民税を0円(均等割は別途)に...続きを読む

Q有限会社経営と会社員。二足のわらじを履くひとのための確定申告

現在は、会社員をしていますが、
さいきん個人名義の仕事が来るようになりました。
いまのところ会社名義で請求書を発行していますが、
ボーナスにちょっとイロがついてる程度なので、
いっそのこと個人請けの仕事にしてしまったほうがいいのかなとも思っています。

その場合、有限化したほうがいいのか。
それとも、バイトで受けたほうがいいのか。
現在のところ、個人請けの仕事で食べていけるほどではないので、
当面は会社員として給与をもらいながら。。。と、考えています。

文筆業を仕事にしているので、
バイト扱いだと請求明細では源泉徴収10%を差し引かれるようです。
(現在は会社請けのため、消費税込みで請求してます)

遠い将来ではありますが起業を考えているので
有限にしたほうがいいのかな とも思います。
いまのところ個人請けの仕事の収入は年間100万程度なのですが、
有限化/バイト扱い 確定申告で給料に加えて申請する場合、どちらが少ない税金で済むのでしょうか。
どなたかお詳しい方、教えてください!!!

Aベストアンサー

100万くらいでしたら、法人化するのは登記など色々手続きがあり面倒で費用が結構かかるし、とりあえず個人事業主として開業されては如何ですか?
(法人化して節税になるのは収入が1000万超えてからくらいと聞きました)
個人事業主でも経費が認められ、青色で確定申告すれば、源泉分の税金が結構返ってきますし。

私も個人事業主と会社員の2足のわらじで、今年の確定申告を終えたところです。
結構税金が返ってくるようで楽しみです。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2070.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報