星とか好きで調べたいなーなんて思ってますが、天文学を学ぶ事ができる大学ってどこですか??また天文学ってどんな事を学ぶのですか??あんまり大学の学部学科では聞かないので、数少ないとは思いますが・・・。

あと物理学ってやっぱ物理が得意な人が多いですよね・・。物理は好きなのですが理解しがたい・・・。どんな感じの学部でしょうか・・。

上記の2つについて特に関東近辺の私立大学があったら教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

天文学は金がかかる上に金にならないということで、


研究環境は国立が圧倒的に有利だと思います。

天文学の研究には大きく分けて3つあって、ひとつは観測、
ひとつは理論、そしてもうひとつ、観測機器の開発です。
それぞれ専門家がいて、また、上記2つ以上の領域を
かけもちする人もいます。

日本には唯一、東京大学理学部に天文学科があります。
3領域全てに関して圧倒的に優れています。
また、東北大学と京都大学理学部には天文学科と
同等のものが物理学科内に設置されています。
前者は全てやっています。後者は開発はそれほどやっていません。
名古屋大学の理学部も活発に天文の領域を研究しています。
なんでもやっていますが、特に観測と開発が強いです。
以上では、体系的な天文学が学べます。
大阪大学と東京工業大学はほとんど理論です。
体系づいた天文は出来ませんが、電波天文学の研究室があります。
国立ではここら辺が主流です。

私立で体系づいた天文が出来るのは
おそらく東京理科大学の理学部くらいでしょう。
京都産業大学の理学部にも天文の研究室があると聞きましたが、
関東圏じゃないですしね…。
理論なら早稲田理工の物理または応用物理も良いと思います。
慶応理工にも天文の二人ほど研究者がおられたような気がします。
上智理工物理にも天文分野の教授が一人おられます。
でも、もし研究者を目指すなら国立にしたほうが後々いいかなとも思います。

関東で穴場は東京学芸大学でしょうか。
実は私は数学が死ぬほど苦手なくせに天文をあきらめきれなくて、
高専を中退し、独学で勉強して京大に何度も落ちて、
結局学芸大へ…という寒い経歴の持ち主です。
結局独学では数学よりも物理のほうが苦労しました…。

私のことはいいとして、
この大学はマイナーなのでかなり楽に入れる割には資金も待遇も
そこそこ良く、修士課程ですばる望遠鏡を使った研究を
している人もいました。
すばる望遠鏡は観測をする人たちにとって憧れなんですよね。
学芸大は偏差値は55あれば十分なので、もし「天文をやりたい!」
ということになったら、検討されてはどうでしょう。

"「すばる」が捉えた脅威の大宇宙"(NHK出版)
という本を読んでみるといいかもしれません。お勧めです。
    • good
    • 4

おはようございます。


星は星でも流星を大学でやってる者です。学部4年です。

ちなみに物理は要ります。苦労してます。。。。
でも私は観測屋さんの類なので物理学+統計学が毎日襲ってきます。(笑)
天文学は受けたこと無いです。
というか天文学の講座があるとこはNO.1の方が書かれているようなところしかやって無いんじゃないかな。

とりあえず天文学会とか行ってみるのはどうでしょうか?おもしろいよ。
どこの大学の先生がどんなことをやっているかわかりますし。
アマチュアもばしばしば発表してます。

 天文学会のHP: http://www.asj.or.jp/
春は茨城大でやるはずです。

以下、純粋な天文学とは少し違うけど星・宇宙関係の学問を紹介します。

1、ダークマター、宇宙暗黒物質と呼ばれています。
宇宙に存在する物質のうち光を出すことも反射することもしない物質のことです。
ダークマター探索をやっている大学の先生のHP:http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/physics/nucl/fu …

2、地球惑星科学なんてのもあります。流星、太陽風、太陽系、地球の超高層大気、はては地震予測まで。
ちょっと幅広いですけど、きっと興味ある分野があると思います。
ぜひとも地球電磁気・地球惑星圏学会のHPを見て下さい。

地球電磁気・地球惑星圏学会のHP:http://www.epsu.jp/
春は東京・代々木国立オリンピック記念青少年総合センターです。

高校生も発表してたよ。

あっ参加は発表しない限り無料です。会員も別にならなくても良いよ。

ぜひ参加して大学の先生とお知り合いになりましょう。(笑)
ほんと堅苦しくないよ。

では
    • good
    • 2

「宇宙物理学科」ってのがありますね。


ただし、私は関西人で、関東の私立は疎いです。天文関係は、金がかかるので私学ではあまりやりませんね。O槻さんの早稲田とかは・・?
    • good
    • 0

この辺のリンクはどうですか?


僕も大学院の進学でどこで宇宙論関係の研究がされているか調べてます。
それから物理が得意でなくても、好きでやる気があるなら粘り強くやっていけば何とかなると思います。
大学に入ってから悩むのは、数学的な式や記号や表記の難しさであったりします。そういうのに目慣れていけば大丈夫でしょう。
あと、物理系の学科は女の子少ないかも。

参考URL:http://phyas.aichi-edu.ac.jp/~sawa/2001_1.html
    • good
    • 1

私立はわからないですね・・・


だいたい天文ですか・・・宇宙論でなく。
純粋に天文学科を持っているような大学は先の方がおっしゃっていたような大学しかないです。
宇宙論でもよければ、筑波大や東北大にもいい先生はたくさんいますよ。
    • good
    • 1

天文学部って本当に少ないですよね。

。。
超一流大学で、国立大学では、
東京大学、京都大学、北海道大学くらいしか思いつきません。

東京で、天文というか宇宙物理学をやっていて
一番成果をあげている私立大学は、
立教大学の物理学科だと思います。(下記URL参照)
http://www.se.rikkyo.ac.jp/index-j.html
これもかなり難関ですが。。。
東京理科大学
http://www.sut.ac.jp/edu/gakubu/index/index.htm
(私立にしては学費が安い)
日本大学
http://www.phys.cst.nihon-u.ac.jp/labo/r04.html
東海大学物理学科
http://www.sp.u-tokai.ac.jp/
などなどが有名校。

本当に天文学の研究者になろうとしたら、物理は絶対に必要ですね。
日本には、有名なアマチュア天文家がいっぱいいて、沢山の
新しい星を発見しています。星の観測が好きなら、そういう道も
ありますよね。
むしろ、極端な話をすれば、アマとプロの違いは、物理の
ムズカシイ計算ができるかどうか。。だったりします。

参考URL:http://www.se.rikkyo.ac.jp/index-j.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙の誕生は水素とヘリウムと暗黒物質らしいですけど、暗黒物質ってなんで

宇宙の誕生は水素とヘリウムと暗黒物質らしいですけど、暗黒物質ってなんですか? わからない物質ってことですか? 暗黒物質がなにかわからないのに、なぜ天文学者は宇宙の誕生がわかったなんてせこいことを言っているのですか?

Aベストアンサー

宇宙の総質量は、地球から見える範囲の天体の動きなどから推測をすることができます。
近くは、銀河系の総質量は、太陽系の近くの恒星の動きなどからだいたいの計算はできるんですね。
また、実際に地球から見えているモノの重さからも、どのくらいの重さがそこにあるかが分かります。
この2つから計算した総質量で、大きな差があることが近年分かり、謎だったんですね。
その謎を説明できる宇宙論を考えた、というのが現状で、その宇宙論が正しいことを証明することができるから、ダークマターに注目が集まっているんです。
見えているモノだけしか考えることができないというほうが、今ではせこい学問なんですよ。

宇宙はインフレーションを起こす前、1つの素粒子程度の大きさしか無かったとされています。そこから一気に爆発的に大きくなるわけです。
素粒子程度の大きさのモノには、不確定性原理が働きます。1つの粒子は、存在確率で実在を定義されていて、ココにある、とは言えない、という原理原則のことです。存在確率を雲に例えて確率の雲ということもあります。
インフレーション初期にできた素粒子は、その後のインフレーションのために一気に宇宙サイズにまで「確率の雲」が引き延ばされます。宇宙サイズに大きくなった確率の雲の中から実在する素粒子を観測する難しさは分かるでしょうか。
今のところ、ダークマターの正体のひとつの可能性と考えられていて、観測の試みが行われています。

宇宙の総質量は、地球から見える範囲の天体の動きなどから推測をすることができます。
近くは、銀河系の総質量は、太陽系の近くの恒星の動きなどからだいたいの計算はできるんですね。
また、実際に地球から見えているモノの重さからも、どのくらいの重さがそこにあるかが分かります。
この2つから計算した総質量で、大きな差があることが近年分かり、謎だったんですね。
その謎を説明できる宇宙論を考えた、というのが現状で、その宇宙論が正しいことを証明することができるから、ダークマターに注目が集まって...続きを読む

Q人類学でサルを学ぶ理由 

タイトルどおり人類学でサルを学ぶ理由について教えてください
何かとサルのことを学んでいますが理由はありますか?
なんとなく人間に関連させて考えるときが私にとって学んでて楽しい時です

Aベストアンサー

進化論から来ているのでしょう

人類に姿形に最も近く 先祖と考えられていますので サルを知る事は人類を知る事になり進化の過程を知る手がかりになるのでしょう

でも進化論は未だ証明されてはいないのですが 証明されたも同然と推測されているのです

でも今後は どう展開するか解りません 覆されるかも知れません 未だ証明されていないのですから。 

Q宇宙の誕生の仕方はわかりましたが(水素とヘリウムと暗黒物質)、人間の誕

宇宙の誕生の仕方はわかりましたが(水素とヘリウムと暗黒物質)、人間の誕生の仕方がわかりません。 人間はどうやって誕生しましたか?

生物学の人に聞いても魚が進化したとか頭が悪い解答が多いので、
宇宙の誕生がわかった天文学の人に人間の誕生をおしえてもらいたいと思いました。

Aベストアンサー

最近買った本がこれです。

http://www.newtonsanseido.com/cart/book_view.php?book_code=0000000000063195

物質が現在生命と呼ばれるているものになる過程についての解説ですよね?
上のリンクの本に載ってます。

実際実験してみて、DNAを構成する物質ができたそうです。

Q大学の経済・経営学を自宅で学ぶ・・・

私は高校の時国立の大学を希望していましたが、病気と金銭的な事情により大学に行くことができなくなってしまいました。
しかし今でも大学で教わる経済・経営学を学びたいのです。
通信教育や専門学校などではなく、大学レベルのことを1から学びたいのですが、それにあたって良い方法はありますでしょうか?
国立の経済関係の大学を出た人と同じくらいの学力を身につけたいのです。
大学にもう一度挑戦することは仕事や家庭の事情などからかなり難しいです。
現在自分は20歳です。

何か良い方法ありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

国立と私立で卒業生のレベルが違うかどうかは疑問ですが・・。(国立だと経済大学はないから、経済学部ですね。)

とりあえず、大学卒と同等を、ということであれば、やはり大学でしょうね。
「放送大学」は無試験で入れます。(参考URL)
ケーブルテレビがあるところでは、スカパーなしでも聴講できます。

通信制の大学もあります。
(佛教大学  http://www.bukkyo-u.ac.jp/BUCD/ )
「スクーリング」は京都ですが、東京その他でも開催されています。

年齢も職業もさまざまな人たちが入学されていますので、無理なことではないと思います。

参考URL:http://www.u-air.ac.jp/hp/

Q暗黒物質(Dark Matter)は透明ですか?

暗黒物質(Dark Matter)は透明ですか?

天体の運動量と軌跡を考えると観測できる天体以外に質量がないと辻褄が合わないことから、現生人類では観測できない暗黒物質なるものを仮説し、その質量が影響していると解釈するのが現在の標準的宇宙論とのことです。

暗黒物質それ自体がいかなる波長の電磁波も自らは発していないのは良しとして、他から発信された電磁波を妨げることも無いのでしょうか?
つまり、深部の銀河を観測する時、観測者と観測対象の間に暗黒物質があると考えざるを得ないのですが、この中間にある暗黒物質が電磁波を衰弱させるとか、偏光させるとかの影響があると思うのですが。

もし「暗黒物質自体が何も発していない」のみならず「暗黒物質はいかなる影響も及ぼさない」というのではれば、そのような”物質”を仮定するのことに無理があるのではないでしょうか?

そのような無茶な仮説よりも、重力以外で天体の運行に影響を与える力を仮説するのが自然と思うのですが。

質問を整理します。
質問1:暗黒物質は電磁波的に透明ですか?
質問2:天体の運行に重力以外の力(引力か斥力)が影響を与えていると仮説することは無意味でしょうか?

なにか、考えるヒントをいただければ有り難いです。

暗黒物質(Dark Matter)は透明ですか?

天体の運動量と軌跡を考えると観測できる天体以外に質量がないと辻褄が合わないことから、現生人類では観測できない暗黒物質なるものを仮説し、その質量が影響していると解釈するのが現在の標準的宇宙論とのことです。

暗黒物質それ自体がいかなる波長の電磁波も自らは発していないのは良しとして、他から発信された電磁波を妨げることも無いのでしょうか?
つまり、深部の銀河を観測する時、観測者と観測対象の間に暗黒物質があると考えざるを得ないのですが、この中間...続きを読む

Aベストアンサー

質問1:
今のところ電磁波に対しては「重力」としての作用しか確認できていません。(一般相対性理論では電磁波は重力で曲がります。)一般的には透明だと考えていいでしょう。

質問2:
今まで多くの学者がそのような考えで研究を進めてきていますが・・。

ある高名な学者とその点で討論しましたが、「アインシュタインの式より綺麗な方程式が書けないのです。それで皆あきらめているのです。」という話がありました。つまり光の速度を他の要因の関数にしたり、斥力の伝達も光速と違いものにしたりこれだけでも現在解っている全ての現象を解くには今までの物理常識では出来ないということのようでした。

まあ自然が綺麗な方程式だけで解ける物ではないということかもしれませんが、今の物理屋さん、数学屋さんには耐えられないのでしょうね・・・。

Q文化人類学を自分で学ぶ場合に参考になる本

現在、大学で文化人類学を専攻しています。 ですが、文化人類学が専門の教授が少ないこともあり、開設科目が少なく、現段階では社会学専攻の人と一緒にゼミもやっています。  
 もちろん近接する学問で、手法など共通する部分が多いことも分かっていますが、文化人類学を専攻できるコースがあると聞いて今の大学に入ったこともあり、不満があります。
 
そのため自分で勉強しようと考え、『文化人類学20の理論』 綾部恒雄 、『よくわかる文化人類学』 ミネルヴァ書房、『文化人類学を学ぶ人のために』 米山俊直 など入門書の範疇に含まれるであろう本はある程度読み、学説史的な流れ、各理論の特徴はあくまで大雑把で初心者レベルですが、なんとなくは理解した気になっています。 そのため、そろそろ『西太平洋の遠洋航海者』や『ヌアー族』、『悲しき熱帯』、『野生の思考』を読んでみようか? と思っているところです。

以上のような現状ですが、文化人類学を学ぶにあたってこれを読むといいというおすすめの本または勉強法などありましたら教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

 ジェームズ・フレイザーの『金枝篇』、クロード・レヴィ=ストロースの『親族の基本構造』『悲しき熱帯』『構造人類学』は古典的な著作ですので 、一番最初に読むべき書物であって是非一読をお勧めします。
 そして文化人類学と一口にいっても間口はいささか広く、古くは柳田国男と折口信夫の成果(それぞれに著作集がある)もあれば宮田登や山口昌男の仕事もあります(山口には著作集があります)。
 柳田・折口・宮田の仕事はそれぞれ民俗学的な視点からの考察が中心ですが、それでも他の領域からの評価にも高いモノがあります。他にもマードックの家族論やらヴェーバーの『経済と社会』大塚久雄の『共同体の基礎理論』『有賀喜左衛門著作集』などは基本文献ともいえます。
 また近年では歴史学の世界でも社会学や文化人類学との接点を求めての行き来も盛んで、網野善彦氏と赤坂憲雄そしてアラン・コルバンの三者の仕事に基づいた『民俗学と歴史学 網野善彦、アラン・コルバンとの対話』もあります。他には中沢新一氏などの多領域との接点を積極的に求める研究者もいます
 「文化人類学」と一つの世界に限定して考えるのではなく、それが「どの様な領域と接しているのか」などを視野に入れませんと、単なるオタクや頑固な年寄りになってしまうかの危惧もあります(丸山眞男が表現するタコツボ型文化)。
 文化人類学や民俗学は戦後歴史学にも多大な影響を及ぼし、従来では宗教史の一部で扱われていた「アジールとしての閉鎖空間の意味」などを日本の中世社会が持つ史的特性の分析視角にまで止揚させているとの経緯もあります。
 民俗学系の学問領域を仕事とお考えであるならば、学問としてノ成立が他の領域に比べてまだ年浅いこともあり理論よりもむしろフィールドワークがしめるウェイトの方が大きいでしょう。でしたら東京近郊なら佐倉にある歴博と大阪にある民博をはじめ全国各地にある博物館や資料館を訪ね歩くことも必要です。その場合には先に示した方々とアポイントメントをお取りになってから出掛けた方が収穫も大きいでしょうね。

 ジェームズ・フレイザーの『金枝篇』、クロード・レヴィ=ストロースの『親族の基本構造』『悲しき熱帯』『構造人類学』は古典的な著作ですので 、一番最初に読むべき書物であって是非一読をお勧めします。
 そして文化人類学と一口にいっても間口はいささか広く、古くは柳田国男と折口信夫の成果(それぞれに著作集がある)もあれば宮田登や山口昌男の仕事もあります(山口には著作集があります)。
 柳田・折口・宮田の仕事はそれぞれ民俗学的な視点からの考察が中心ですが、それでも他の領域からの評価にも高い...続きを読む

Q暗黒物質は、ゆっくり動いて、周りの物質を集めている

ある新聞の科学蘭で、暗黒物質について、興味ある記事を読みました。
村山斉氏が、子供の質問に次のように答えていました。
子供の質問
  「暗黒物質は、重い性質があるという。その理由は」
村山斉氏の回答
  「速く動くと、周りの物質があつまりにくい。このため、暗黒物質はゆっくり動く重い物だと考えられている」
暗黒部質は、難しい問題で、今でも明快な解明がないらしいですね。
質問は、暗黒物質は、ゆっくり動いて、周りの物質を集めているのですか? 易しく教えて下さい。
 

Aベストアンサー

まず, 現在主流となっている理論では, ダークマターが存在してくれないと困ります. もちろん「ダークマター」という名称そのものはどうでもよくって
全く観測されていないけど周囲に重力を及ぼす「何か」
が存在してくれないと矛盾しちゃうというだけですが.

でもって理論上ダークマターにもいろいろな種類があるわけですが, ダークマターを使って構造を作るためには高速で運動する「ホットダークマター」ではまずくって速度の遅い「コールドダークマター」である必要がある, というわけです.

Q「愚者はおのれの経験に学び、賢者は他人の経験に学ぶ」という言葉

「愚者はおのれの経験に学び、
賢者は他人の経験に学ぶ」という言葉は、
どういう意味で、誰の言葉でしょうか?
これは、聖書の一節の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

ビスマルク(1815-1898)、プロイセン(今のドイツ)首相です

Q天文学の種類

○○天文学というような天文学の種類を教えてください。
ニュートリノ天文学やX線天文学などがあったと思うのですが。。

Aベストアンサー

margaret7さんがどこまでを天文学であると捉えるかによって答えは変わってくるかと思いますが、ここに書いてある内容が参考になると思います。

下のほうにある「天文学の各種分野」というところを見てください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%96%87%E5%AD%A6

Q文学・栄養学・住居学・歴史学・環境学を学ばれている方、お願いします。

現在高校生なのですが、大学に進学をするのかまだ決めかねています。自分なりに調べて興味を感じる分野は、文学(小説を読むことが好きなので)、栄養学(料理をするにあたって栄養学には前々から興味があったので)、住居学(建築学ではなく、女性視点の住居の見方というのに興味を感じたので)、歴史学(昔から歴史が好きなので)、環境学(環境問題に関心があるので)があります。
もしも、大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。在学中に何か他のものが見つかるということもあるかと思いますが、入学時に明確な目標をもっていたいんです。なんとなく・・・という気持ちであれば進学しようとは思っていません。
今のところ、上で挙げた分野に「これが一番・・・」という順位はありません。私はまだ受験生ではないので決断までに時間はあるのですが、時間いっぱい悩んで決めたいです。
上で挙げた学問を実際に学ばれている方に、質問したいのです。その分野に興味をもったきっかけ、実際に大学で学んでみて想像と違ったこと、卒業後どうしようと考えているか、等なんでも良いので可能な範囲で聞かせて下さい。ぜひ、参考にさせて頂きたいと思います。

現在高校生なのですが、大学に進学をするのかまだ決めかねています。自分なりに調べて興味を感じる分野は、文学(小説を読むことが好きなので)、栄養学(料理をするにあたって栄養学には前々から興味があったので)、住居学(建築学ではなく、女性視点の住居の見方というのに興味を感じたので)、歴史学(昔から歴史が好きなので)、環境学(環境問題に関心があるので)があります。
もしも、大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。在学中に何か他のものが見つかるという...続きを読む

Aベストアンサー

文学を専攻していました。現在も研究中です。
高校三年まではまったく勉強せず、大学もお金の無駄だと思って行くつもりがなかったのですが、行きたい大学があり受験を決めました。ただしその際に親から私立ならここらへん、あと国公立も必ず受けるように、と指示されしぶしぶ従い、予備校に1年通ったもののまともな勉強は2ヶ月程度しかせず最悪なことに志望校以外も全部受かってしまい、親から「頼むから、●●大に行ってくれ」と言われ、がーん…と思いつつも学費を出すのは親なので…泣く泣く第一志望をあきらめ文学部に進学しました。本当は密教学科に行きたかった…。

そんな感じで進学しました。なので興味もへったくれもありません。ただ、はいるからには勉強に心身捧げるつもりでした。それは今も変わっていません。
今は文学をやっていますが、大学に入って一番驚いたのは、(どの学部も同じだと思いますが)最先端の研究に触れられます。特に文学は、今まで国語として習ってきたものが如何に古くさい知識だったかを痛感します。歴史もそうですよ。全然やることが違うんです。そして、その道の専門の先生が(私の大学は、教員に関しては文句の付け所のそれほどない学校でした)、教えてくれる最先端の研究はどれもあまりに真新しく、斬新で、一年生の時は毎日が驚きと感動であふれていたように思います。
これは決して高校時代には味わえない経験です。ただ、それなりの教授がいなければならないですが…。

卒業後は修士に進学しました。私は家も裕福で、親も就職して欲しいとは思っていないので、お言葉に甘えて博士まで進学するつもりです。

ですが、「大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。」ということならば、文学・歴史はおすすめしません。就活に何ら有利になる学部ではないからです。
でも、好きなことをするには、これ以上の学部はないと私は思っています。
あなたが知らなかったことがどんどんどんどん判りますよ。その興奮は、筆舌に尽くしがたいものがあります!

文学を専攻していました。現在も研究中です。
高校三年まではまったく勉強せず、大学もお金の無駄だと思って行くつもりがなかったのですが、行きたい大学があり受験を決めました。ただしその際に親から私立ならここらへん、あと国公立も必ず受けるように、と指示されしぶしぶ従い、予備校に1年通ったもののまともな勉強は2ヶ月程度しかせず最悪なことに志望校以外も全部受かってしまい、親から「頼むから、●●大に行ってくれ」と言われ、がーん…と思いつつも学費を出すのは親なので…泣く泣く第一志望をあきらめ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報