このカテゴリへの質問でいいのかどうか分かりませんが質問させてください。
以前、ロシアに聖書で有名なノアの箱舟があった(ある)と聞きました。
このことを詳しくご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


  間違っているかも知れませんが、それは、旧ソ連内ではなく、トルコにあるアララット山に、ノアの箱船が漂着したという伝説ではありませんか。
 
  アララット山は4000メートルぐらいの高さがあるかなり高い山です。こんな山の頂上にノアの箱船が漂着したとするとよほど洪水の規模が大きかったのでしょう(洪水というより、大陸大沈没です)。
 
  伝説でそういう話があり、また、麓から非常によく晴れた日に山頂を望むと、なにやら箱船の残骸のようにも見える建造物の遺跡のようなものが微かに見えるという話もあり、実際にアララット山の頂上に登頂を試み、何かの遺跡の遺物らしい木材を持ち帰ったという話もあります。
 
  伝説があることは間違いありません。次に、山頂に何か古い(船の遺物にも見える、また木造にも見える)遺跡か、または遺跡に見えるような地形があるらしいということも、間違いではないと云えます。
 
  しかし、それが「ノアの箱船」の遺跡だとか、アララット山の山頂が、ノアの箱船の漂着地点だというのは、どう考えても無理です。
 
  「ノアの箱船 アララット山」などで、検索すると、色々出てきます。
 

参考URL:http://www.tabuchi.com/ishiyam/turkey.htm
    • good
    • 0

トルコの5200メートルあるアララット山のことだと聞いております。


ロシアというのは聞いたことがありませんが…。
昔々、世界で洪水があって、そのノアの箱舟に乗れた動物たち、人間な
どがアララット山頂に漂着し、助かった。そしてそれらが現在の生物の
元であるみたいな話でした。
    • good
    • 0

ロシアに箱舟があったなんて始めて聞きました。


聖書に出てくる箱舟はアメリカがランドサットを打ち上げたあとに、トルコのアララット山の山頂付近にかなり大きな船のようなものを発見したと発表したことがありました。(記憶違いかもしれませんが)
ときを前後して、アララト山に登山した人達が古い木片を持ち帰ったという話などもありました。
今現在これらの話が立ち消えになっているのはトルコ政府がこれらへの登山を禁止しているからだと言われています。
もしよければ、ロシアにあるという話の出所を教えてください。調べてみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
いろいろ調べまして、トルコとロシアにまたがるアララット山ということでした。
ロシアだけがなぜが印象に残っていたようです。

お礼日時:2002/03/04 23:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qノアの箱舟のことですか?

この画像に書いてあることって、
ノアの箱舟に関係していますか?

Aベストアンサー

この画像に書いてあることって、ノアの箱舟に関係していますか?
→あります。

まず、ノア宛ての手紙です。

箱船は5時までは出発しないと言って誓っていたはずじゃなかったのですか?
こころをこめて
ユニコーンより
という意味です。
これは、ジョークですね。
Unicornsと複数形になっているところを注意してください。
ノアの方舟には動物が一つがいずつ入った(ただし、羊など、生贄に使う動物は7つがいずつ)のですが、ユニコーンが入っていなかった。それは、ユニコーンが5時までは出発しないと思っていたのに、早く出発したからだーーというわけです。ちょっと、くすっと笑えるジョークです。今ユニコーンが実在していないというか、生存していない理由は、ノアの方舟に乗っていなかったからだという理屈です。

以上、ご参考になればと思います。

Q聖書は古文書?

1)聖書は古文書の類に入るのでしょうか?

2)死海文書というのは、今の聖書とどこがちがうのでしょうか?

3)聖書は、全部で66巻あるって聞いたんですけど、いつごろから66巻になったのでしょうか?

4)キリスト教の教徒は、どの宗派も同じ聖書を読んでるのでしょうか?

5)福音書とはそもそもどういう意味があるのでしょうか?また、福音書も聖書にはいるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 死海文書は、古文書だと思うんですけど、その古代の言葉を解読できるんですね
言語はヘブル語で、当時のユダヤ人の書物としては一般的な言語だったそうです
また、旧約部分については、死海文書よりはるか以前から変化していないものですので、文章の解読というより、物理的な損傷や文字のかすれなんかを補って繋ぎ合わせる作業の方が面倒だったかもしれませんね

> 新約でないのにキリストのことが書いてあるというのは、どういうことなんでしょうか?
死海文書は、キリスト教の出身母体、もしくは極めて近い団体(おそらくは洗礼者ヨハネの宗団)の文書と見られています

> カトリックのひとは、外典も含めて膨大の量を読まなければなれないのでしょうか?
聖書に収録されている書の数を数えてみればわかると思いますが、66以上あります
カトリックが教典とする外典はこの余分な分のものだけです

> ぺシェルの意味が分かりません
わたしも詳しくはありませんが、暗号と『見立て』の交じり合ったようなもののようです
隠された意味を忍ばせるという点では、隠喩とも似ていますが、ああも解釈できるがこうも解釈できるといった曖昧なものではなく、例えば、わざと文法的に間違った記述や、普段使わない表現をあえて使ったりして、こういう間違いのときはこう解釈する、といった風に細かいルールが定められていて、ルールを分かっている者にとっては隠された意味を一意的に解釈できるのだそうです

> 死海文書は、古文書だと思うんですけど、その古代の言葉を解読できるんですね
言語はヘブル語で、当時のユダヤ人の書物としては一般的な言語だったそうです
また、旧約部分については、死海文書よりはるか以前から変化していないものですので、文章の解読というより、物理的な損傷や文字のかすれなんかを補って繋ぎ合わせる作業の方が面倒だったかもしれませんね

> 新約でないのにキリストのことが書いてあるというのは、どういうことなんでしょうか?
死海文書は、キリスト教の出身母体、もしくは極めて...続きを読む

Qロシアにノアの箱舟?

このカテゴリへの質問でいいのかどうか分かりませんが質問させてください。
以前、ロシアに聖書で有名なノアの箱舟があった(ある)と聞きました。
このことを詳しくご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

 
  間違っているかも知れませんが、それは、旧ソ連内ではなく、トルコにあるアララット山に、ノアの箱船が漂着したという伝説ではありませんか。
 
  アララット山は4000メートルぐらいの高さがあるかなり高い山です。こんな山の頂上にノアの箱船が漂着したとするとよほど洪水の規模が大きかったのでしょう(洪水というより、大陸大沈没です)。
 
  伝説でそういう話があり、また、麓から非常によく晴れた日に山頂を望むと、なにやら箱船の残骸のようにも見える建造物の遺跡のようなものが微かに見えるという話もあり、実際にアララット山の頂上に登頂を試み、何かの遺跡の遺物らしい木材を持ち帰ったという話もあります。
 
  伝説があることは間違いありません。次に、山頂に何か古い(船の遺物にも見える、また木造にも見える)遺跡か、または遺跡に見えるような地形があるらしいということも、間違いではないと云えます。
 
  しかし、それが「ノアの箱船」の遺跡だとか、アララット山の山頂が、ノアの箱船の漂着地点だというのは、どう考えても無理です。
 
  「ノアの箱船 アララット山」などで、検索すると、色々出てきます。
 

参考URL:http://www.tabuchi.com/ishiyam/turkey.htm

 
  間違っているかも知れませんが、それは、旧ソ連内ではなく、トルコにあるアララット山に、ノアの箱船が漂着したという伝説ではありませんか。
 
  アララット山は4000メートルぐらいの高さがあるかなり高い山です。こんな山の頂上にノアの箱船が漂着したとするとよほど洪水の規模が大きかったのでしょう(洪水というより、大陸大沈没です)。
 
  伝説でそういう話があり、また、麓から非常によく晴れた日に山頂を望むと、なにやら箱船の残骸のようにも見える建造物の遺跡のようなものが微...続きを読む

Q創世記(旧約聖書)の解釈

創世記(旧約聖書)の解釈

出エジプト記なんかでは神をヤハウェという唯一神で表現しています
創世記ではエロヒムと複数形のニュアンスで表現し、他の宗教色(多神教)が若干出てます
しかし、創世記も出エジプト記も含めて一神教であるユダヤ教のモーセ五書です
おかしくないですか?
当時のユダヤ教徒は創世記の表現、複数形になったことに何の違和感も感じなかったのでしょうか

自分は創世記の1章と2章では作者が違う、創世記はバビロン捕囚のときに編集されたものである、と考えてます

Aベストアンサー

聖書学者のジョセフ・ベンソンは1800年代の初めに、聖書中のミカエルに関する記述が「メシア(=ギリシャ語キリスト)を指していることは明白である」と述べました。同様に、神学者のJ・P・ランゲは「ミカエルとは…サタンに対する戦闘の準備を整えたキリストであると、我々は初めから考えている」と書きました。

以上の点から、ユダヤ教の方が聖書の記述からユダヤ人を導き出したミカエルの存在を信じていらっしゃるのであれば、神エホバがイエスつまりミカエルに「われわれ」と語られていることに疑問の余地はないはずです。

Qノアの箱舟?!

アメリカ人でキリスト教徒の知り合いが、ノアの箱舟の発掘をテレビで見たといっていました。
なんでも山の中に箱舟が丸ごと埋まっていて、携わっていたキリスト教徒ではなかった学者たちがそれを見て悔い改めたとか。
私は別にそんなものは本物だとは思っていませんが、その時に掘り出されたものは一体なんだったのでしょうか?

Aベストアンサー

おそらくそれは、80年代に行われた調査の記録映像か、想像論者によるドキュメンタリー風フィクションでしょう。少なくとも、いままでに、明確にノアの方舟の残骸とされるものが見つかったことはありません。
80年代の調査では、ダウジングで船の痕跡を見つけたことになっていますが、実際には証拠は見つからなかったようですから、フィクションの方かもしれないですね。

衛星写真に写ったとされる、ノアの方舟の残骸とされた地形もトルコ軍の調査で泥の流れた痕跡だったか、氷河堆石だと判明していたはずです。

なお、歴史年代で、目に見えるほど隆起した山というのは火山以外にはありませんが、火山の場合、方舟など破壊されてしまうでしょうね。

Qアララット山にノアの方舟は?

アララット山にノアの方舟が残っていると話に聞きました。(そっくりそのまま雪の中に)
どうしてもあんな大きいものがあるなんて~と信じられません。
本当にあるんですか?
またなぜトルコがアララット山の登山を禁止しているのですか?それは方舟を隠すためなのですか?おしえてください。

Aベストアンサー

どうなんでしょうね。本当にあったんでしょうか。
以下のページに「ノアの箱舟を発見したと語る人たちについて」ということで、様々な目撃証言としてあげられているものが、記載されています。
http://pweb.sophia.ac.jp/~k-risa/noahdiscovery.htm

>なぜトルコがアララット山の登山を禁止しているのですか?それは方舟を隠すためなのですか?

なぜなんでしょうね。隠すためかもしれないですが、そんなことトルコ政府は認めないでしょうし、仮にそうだとしても「なぜ隠すのか?」が気になりますね。「アララトの聖母」という映画で、映画監督の役の人が「Why have we been hated so much (どうして我々はこれほどまでに嫌われてきたのか)・・・」というようなセリフを言っていたのが印象に残っていますが、どうしてこんなふうに、宗教その他が異なる人たちに接してしまうのか、トルコのアルメニア系の人たちに対してだけでなく、イラクで今も続く戦闘を考えると人間の罪深さを感じてしまいます。

あんまり回答になっていませんね。失礼しました。

どうなんでしょうね。本当にあったんでしょうか。
以下のページに「ノアの箱舟を発見したと語る人たちについて」ということで、様々な目撃証言としてあげられているものが、記載されています。
http://pweb.sophia.ac.jp/~k-risa/noahdiscovery.htm

>なぜトルコがアララット山の登山を禁止しているのですか?それは方舟を隠すためなのですか?

なぜなんでしょうね。隠すためかもしれないですが、そんなことトルコ政府は認めないでしょうし、仮にそうだとしても「なぜ隠すのか?」が気になりますね。「ア...続きを読む

Qノアの箱舟に乗れるか乗れないか

新型インフルエンザのパンデミック(爆発流行)の予兆が現れた時、ワクチン在庫には限りがあるため、下記のような職業による優先順位(案)が発表されています。

*****以下抜粋******
新型インフルエンザワクチン接種の進め方について(第1次案) (2008.09.18)
新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議

カテゴリー1:新型インフルエンザ発生時に即時に第一線で対応する業種・職種
(1) 感染拡大防止・被害の最小化に資する業種・職種
・医療従事者(感染症指定医療機関の職員、発熱外来等の職員) ・保健所職員 ・救急隊員、消防職員(新型インフルエンザ対策に携わる者) ・在外公館職員 ・CIQ関係職員(検疫所職員、入国管理局職員、税関職員) ・警察職員(新型インフルエンザ対策に携わる者) ・停留施設従事者 ・自衛隊員、海上保安庁職員(新型インフルエンザ対策に携わる者) ・航空事業者(国際線関係) ・空港管理者及び空港機能維持者(検疫集約実施空港) ・水運業者(水運業(外航海運業)、海運代理店業(外航海運)、水先業)
(注)対象となる業種・職種の機能を維持するために必要な運送事業、警備業、情報システム関連事業等に従事する者を含む。

カテゴリー2:国民の生命・健康・安全・安心に関わる業種・職種
(2) 新型インフルエンザ対策に関する意思決定に関わる者
・国・地方自治体の意思決定に関わる者(首相・閣僚等、関係省庁の対策本部要員、自治体の長その他危機管理上の意思決定に関わる者)
(注)対象となる業種・職種の機能を維持するために必要な運送事業、警備業、情報システム関連事業等に従事する者を含む。
(3) 国民の生命・健康の維持に関わる業種・職種
・医療従事者(カテゴリーI以外の医療機関の職員) ・福祉・介護従事者(入所施設職員、在宅介護サービス従事者)
・医薬品関連業者、医療機器関連業者
(注)対象となる業種・職種の機能を維持するために必要な運送事業、警備業、情報システム関連事業等に従事する者を含む。
(4) 国民の安全・安心の確保に関わる業種・職種
・消防職員(新型インフルエンザ対策に携わる者以外) ・警察職員(新型インフルエンザ対策に携わる者以外) ・自衛隊員(新型インフルエンザ対策に携わる者以外) ・海上保安庁職員(新型インフルエンザ対策に携わる者以外) ・海事関係職員 ・港湾管理者(検疫集約実施港) ・国会議員、地方議会議員 ・報道機関職員 ・通信事業者 ・矯正職員 ・更生保護官署職員 ・法曹関係者
(注)対象となる業種・職種の機能を維持するために必要な運送事業、警備業、情報システム関連事業等に従事する者を含む。

カテゴリー3:国民の最低限の生活の維持に関わる業種・職種
(5) ライフラインの維持に関わる業種・職種
・電気事業者 ・原子力事業者 ・水道関連事業者 ・ガス事業者 ・熱供給事業者 ・石油事業者 ・航空事業者(国内線関係) ・空港管理者(検疫集約実施空港以外) ・港湾管理者(検疫集約実施港以外) ・鉄道事業者 ・道路旅客・貨物運送業者 ・運輸に附帯するサービス業(港湾運送業等) ・道路管理者 ・倉庫業者 ・水運業者(水運業(内航海運業)、海運代理店業(内航海運)) ・食料品・生活必需品の販売・流通関係者 ・食料品製造業者 ・生活必需品・衛生用品関連業者 ・金融事業者 ・情報システム関連事業者 ・郵便事業者 ・火葬・埋葬業者 ・廃棄物処理業者 ・国家公務員・地方公務員(最低限の国民生活維持に携わる者)
(注1)対象となる業種・職種の機能を維持するために必要な運送事業、警備業、情報システム関連事業等に従事する者を含む。
(注2)食料品・生活必需品等の製造事業者については、国民の生命や健康を維持するため、パンデミック時であっても最低限確保すべきと考えられる次の品目の製造を行っている者に限る。
【食料品】
・米(玄米、精米) ・小麦製品(小麦粉、乾パン、パン、乾めん(うどん、パスタ等)、即席めん) ・育児用調整粉乳 ・缶詰 ・レトルト食品 ・冷凍食品
【生活必需品等】
・石けん ・洗剤(衣類用、食器用) ・トイレットペーパー ・ごみ用ビニール袋 ・紙おむつ ・マスク

***抜粋終わり***

恐らく、カテゴリ3の途中あたりでワクチンは底をつき、その他の方々は新型インフルエンザのパンデミックにより大量にお亡くなりになるのではないかと思います。
私は、お亡くなりになるカテゴリでした。。。ノアの箱舟に乗れないということです。
ワクチンに限りがあるのでしょうがないとは思いますが、「お前は不要だ」と言われているようで何だかやるせない気分です。

皆さんはどうでしたか。箱舟に乗れますか、乗れませんか?
乗れない方は、愚痴ってください。

新型インフルエンザのパンデミック(爆発流行)の予兆が現れた時、ワクチン在庫には限りがあるため、下記のような職業による優先順位(案)が発表されています。

*****以下抜粋******
新型インフルエンザワクチン接種の進め方について(第1次案) (2008.09.18)
新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議

カテゴリー1:新型インフルエンザ発生時に即時に第一線で対応する業種・職種
(1) 感染拡大防止・被害の最小化に資する業種・職種
・医療従事者(感染症指定医療機関の職員...続きを読む

Aベストアンサー

こんな優先順位(案)があるのは知りませんでした!
ない方が不思議と言えばそうかもしれませんが。

そして、探すまでもなく、私は方舟には乗れない職業です。

でも、カテゴリ3まで見て、
これらのご職業の方々を差し置いて私が生き残るのは流石にないな、と思いました。
どれも、私には到底役目を果たしえないご職業です。

また、私のまわりにいる人たちも、方舟には乗れない運命の人たちです。
確かに「お前は不要だ」と言われているようで、虚しさはあります。
でも、仲間と共に乗れないのが私の運命であるならば、
自分だけ乗ることに価値はない、そう思います。

「みんなに平等にチャンスがあるように、抽選にします」
などと言われるよりは、納得して仲間と共にありたいと思います。

と、こんなことを言っていますが、
これまで予防注射を受けたこともインフルエンザになったこともありません。
無知ゆえインフルエンザの人に付きっきりで看病したこともありますが、
うつる気配すらありませんでした。。

もし私の中にすごい抗体があるならば、カテゴリー1の人よりも重宝されるべきですね(笑)

こんな優先順位(案)があるのは知りませんでした!
ない方が不思議と言えばそうかもしれませんが。

そして、探すまでもなく、私は方舟には乗れない職業です。

でも、カテゴリ3まで見て、
これらのご職業の方々を差し置いて私が生き残るのは流石にないな、と思いました。
どれも、私には到底役目を果たしえないご職業です。

また、私のまわりにいる人たちも、方舟には乗れない運命の人たちです。
確かに「お前は不要だ」と言われているようで、虚しさはあります。
でも、仲間と共に乗れないのが私の...続きを読む

Q聖書にある、テレビントの木 とはどんな木でしょう?

テレビントの木 とは、どのような木でしょうか。
旧約聖書のエゼキエル書6-13(岩波文庫関根正雄訳)に記述があります。
英語のスペルでも結構ですので、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

カナン地方の生える松科の植物(木)です。

一般にテレビンの木・・と言います。

古くは創世記12:6,7に出ていますが・・・。

「アブラムはその地を通って行き、シェケムの場、モレの樫の木のところまで来た。…アブラ
ムは…そこに祭壇を築いた。」(創世記12:6~7)
 「主はマムレの樫の木のそばで、アブラハムに現れた。」(創世記18:1)

モレの樫の木のことです。

「彼らは手にしていたすべての異国の神々…を…ヤコブに渡した。ヤコブはそれらをシェケムの近くにある樫の木下に隠し(文語訳は埋め)た。」(創世記35:4)
「リベカのうばデボラは…ベテルの下手にある樫の木の下に葬られた。」(創世記35:8)
「アブシャロムは騾馬に乗っていたが、騾馬が大きな樫の木茂った枝の下を通ったとき、アブシャロムの頭が樫の木に引っ掛かり、彼は宙づりになった。」(サムエルII18:9)
「…サウルのなきがら…を…ヤベシュにある樫の木の下に葬り」(歴代誌10:12)


  (英) telebinth ウルシ科  (英) common oak ブナ科

の2つが考えられます。

実際にはどちらかは答えが出ていません。

紀元330年頃にテレビンの木が絶滅し、その後に樫の木が植えられたので、それ以降は樫をテレビンと呼んでいる・・・と言われてますが(ヨセフス)、確かではありません。

カナン地方の生える松科の植物(木)です。

一般にテレビンの木・・と言います。

古くは創世記12:6,7に出ていますが・・・。

「アブラムはその地を通って行き、シェケムの場、モレの樫の木のところまで来た。…アブラ
ムは…そこに祭壇を築いた。」(創世記12:6~7)
 「主はマムレの樫の木のそばで、アブラハムに現れた。」(創世記18:1)

モレの樫の木のことです。

「彼らは手にしていたすべての異国の神々…を…ヤコブに渡した。ヤコブはそれらをシェケムの近くにある樫の木下に隠し(文語訳...続きを読む

Q神様はなぜノアの箱舟を作ったの?

いくら 世の中が悪くなったからと言って、悪者を簡単に
排除するような事をなさったのでしょう?
昔 学校で悪さをして授業中にもかかわらず、その子の
授業を受ける権利を無視し、゛廊下に立ってなさい゛
と 同じかな~なんて。
今だから 人間として生きる権利 は?
と 思うのかしら。
 
 クリスマスが近いので ふと 思っちゃいました。

Aベストアンサー

ノアの箱舟(方舟とも書きます)について、おもしろいご質問ですね。天罰のイメージが先行していますが、物語の意図はむしろ後述するように歴史観であって、単なる勧善懲悪ではなさそうです。

◆旧約聖書『創世記』にみられるこの物語を、これだけ取り出して単独で考えるわけにはいきません。
 『創世記』にはいろーんなことが書かれていますが、ノアの方舟で関係してくるのは、
・天地創造の問題:世界の主宰者は神であること
   (進化論は科学的説明で、
      自然淘汰・適者生存が自然界の原理とした
    創世記は宗教的説明で、
      すべてに神の意志が働くとした)
・悪の問題、人間の罪の問題
   (罪の本質は、神に対する背反である)
という世界観です。
ノアの方舟の直接の原因は、人間が神を忘れて自己本位に生きたことであり、その罪がいかに大きかったかを示す物語なのです。神の罰を描くことが直接の目的ではないと思われます。
 昔起きた大洪水の言い伝えが、宗教的に昇華されたものかも知れませんね。

◆洪水のあと、虹が出るのを知っていますか?
 これは、天と地をむすぶもので、神と人との契約のしるしです。神は、もう二度とこのような形で人類を滅ぼさないと約束し、そのしるしとして虹を置いた、と書かれています。
 人間が神に背いたあと、再び契約を結びなおして、人類と神とは、もとの関係に戻ったわけです。

◆(旧約)聖書はユダヤ教の伝統で受け継がれてきたものです。キリスト教徒も、これを大切に受け継いでいます。
 キリスト教徒は、大洪水とノアの方舟を、「洗礼」の予型と考えています。
 初期のキリスト教会では、洗礼式といえば、水にざぶんと全身を浸すことでした。(現在でもやっている教派はありますが、現在の主流は額に水をちょっとずつ三度に分けて注ぐという形式です)
 洗礼によって、全ての罪が清められ、神と人との関係が新しく生まれると考えられ、ノアの洪水の直後のように、ゼロからのスタートを切るという意味がこめられています。(※洗礼は消えない契約のようなものなので、キリスト教徒がたとえキリスト教徒を辞めたとして、そのあと復帰するときも、前の洗礼が有効なので、洗礼を受けなおすことはありません)

◆……というわけで、
 ノアの方舟の物語、洪水はなぜあったのかを簡潔に言えば、
(1)神から離れていった人間の世界を、罪の世界と考える
(2)神はその関係を元に戻し、罪の意味をはっきり示すために、洪水を起こした
(3)神と人との関係が再び結びなおされたしるしとして虹を置いた
という歴史観だといえます。
 神が救いを目的としてこの世に介入しているという歴史観を、「救済史」(salvation history)または「救いの歴史」といいます。

ノアの箱舟(方舟とも書きます)について、おもしろいご質問ですね。天罰のイメージが先行していますが、物語の意図はむしろ後述するように歴史観であって、単なる勧善懲悪ではなさそうです。

◆旧約聖書『創世記』にみられるこの物語を、これだけ取り出して単独で考えるわけにはいきません。
 『創世記』にはいろーんなことが書かれていますが、ノアの方舟で関係してくるのは、
・天地創造の問題:世界の主宰者は神であること
   (進化論は科学的説明で、
      自然淘汰・適者生存が自然界の原...続きを読む

Q聖書について

最近、漫画やアニメで「アダム」や「ノア」のような言葉の存在を知り、調べているうちに聖書への興味が沸いてきました。
そこでですが、聖書について詳しく紹介しているサイトを知りませんか?ウィキペディアなどで調べてみたのですが、文章が中学生の僕には難しかったりして詳しいことが分かりませんでした。なるべく分かりやすいサイトがいいんですが、どなたか知りませんですか?

Aベストアンサー

サイトではないですが阿刀田高氏の

旧約聖書を知っていますか (新潮文庫) (文庫)

が最適だと思われます。

 聖書もSF小説だと割り切って読めばおもしろいものですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報