マンガでよめる痔のこと・薬のこと

この世から石油がなくなったらどのような生活になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

No。

1です。荒れてきちゃいましたね~再び私の意見を・・・

このまま石油を使い続ければ石油が枯渇することは目に見えた事実です。

しかし、現在も世界中で研究所や企業が石油に代わる新しい原料や技術を開発すべく研究しています。
原子力発電や、エタノール燃料、燃料電池、とうもろこしからプラスチック etc・・・これらはすでに実現している技術です。

問題はコストです。ご存知のように燃料電池は技術としては可能でも、コスト等の面で現時点ではとても普及できるレベルにはありません。
ここをどうやって石油並に安価で利用できるかが問題になってきますが、不可能な話ではないと思います。
もっとも燃料電池がどうやってもコスト低減できない・・・ということも考えられますが、それであればほかの方法を考えれば良い話ですし、事実その研究も進められているでしょう。

石油は石油を使うことが目的ではなくエネルギーであり原材料であることを認識すれば別に石油にこだわる必要は無いと思います。

蛇足ですが
地球上に存在する生物はすべてといって良いほど太陽の恩恵を受けています。石油や石炭もかつては木や微生物でした。つまり石油を使うということは当時の太陽のエネルギーが石油という形で保存されていたに過ぎず、現在人間が当時のエネルギーを「引き出し」して使っていることになります。
膨大なエネルギーを発している太陽はもうしばらく元気でいられると言うことですし、上手に利用すれば人間ももうすこし豊かな生活でいられるのではないでしょうか?

大きな原子炉である太陽と同じ原理の「原子力」という力を手に入れた人類は「火」を手に入れた原始人と同じように、飛躍的に進化する・・・かも???知れませんね。何って言ったって原子力を利用できるようになってからたった100年も経っていないことですし
    • good
    • 1

6番です。


>石炭天然ガスなどを利用して再現できるでしょう。
過去に日本でやっていました。零戦用燃料としてしょうこんゆを作って....。

燃料としてのガソリンに求められているのは.オクタン(ターシャルブチルきのにりょうたいだったはず)です。
石炭はそくさつきベンゼンの重合体でそくさに適当に置換されていて.適当にふくそかんが混ざっているものです。
たから石炭を切っても.ベンゼン化合物が出るか.そくさが切れたn-炭化水素で.オクタンかが低すぎて燃料として使えないのです。

ここで考えられたのが.石炭をメタンにして.メタンを重合して燃料に使用するという考え方です。ガソリン者ではなく.プロパンガス車に置き換えようという考え方です。

このベンゼン系化合物重合体からメタンを作ることは簡単です。しかし.問題なのが.メタンにするには「水素原子」が必要です。
この水素原子をどこから供給するか.昔の人は「水」から供給しました。エネルギー保存の法則を思い出していただければわかりますが.「酸素」も供給されて.大量に有る石炭中の「炭素」と結合し.「一酸化炭素」になってしまいます。
ここまで書けばわかるでしょう。一酸化炭素は金属と結合して猛毒の金属錯体を作ります。ベンゼン系化合物からメタンを作るには金属触媒が必要です。金属触媒中の金属と一酸化炭素が反応して.気体状の金属錯体になり製品に混ざる。表面だけしか反応に関係しない金属触媒が瞬時にだめになってしまうのです。金属触媒は.白金のような貴金属が主成分ですので.このような「製品に混ざってしまう」ような使い方ができません。

水を原子力発電電力で電気分解して水素ガスを使う....。水素を直接燃やす.いや.電気をそのまま使ったほうが効率が良いです。
石炭にしても天然ガスにしても.製品として出てくるエネルギー以上のエネルギーを原料に使ってはならないのです。

石炭から石油1リットルを作りました。その代わり.石炭10トンを燃料として使いました。
では.話にならないでしょう。石炭液化・石炭ガス化で問題になっているのは.原料の水素をどこから供給するかというう子とです。
    • good
    • 0

参考までに、江戸時代を考えてみてはいかがでしょうか。



江戸時代に「油」といえば、魚(鯨も含む)や植物(菜種など)からとるものでした。だから、バケネコは行灯の油をお好みなわけです。
当時のエネルギー源は、基本的に薪などです。今で言えば、バイオマスということになります。

化学繊維やプラスチック等は、石油がなければ作れません。江戸時代は当然、植物繊維や陶器です。使い捨てなど、思いもよりません。それでも、生きてゆけなかったわけでは無いのです。もっとも、今のように億を越える人間が、生きてゆけるかどうかといえば、むずかしいでしょうけれど。

今の社会と江戸時代の日本を、想像の中で行き来すると、どんな社会なのかは見えてくるかもしれません。
    • good
    • 0

世の中電気自動車もあるし、石油が無いとなれば水素自動車も開発されるかもしれません。

    • good
    • 0

トラクターなど農耕のための燃料が無くなり収穫量が激減します。


農耕用の家畜が必要になります。
    • good
    • 0

日本は農産物のほとんどが輸入ですから.大都市への食料輸送が困難になります。


1年生きていられれば農地に試験所から種を配って一気に生産するという計画がありますが.農地から年への輸送手段がありませんから.大部分の農作物は農村で出荷されずに腐り.都市部では農村からの農作物の輸送がなくて大部分の人々が餓死する

という将来が予想されます。
    • good
    • 0

 とりあえずはエタノールがあります。

サトウキビとかとうもろこしとかの野菜から作るアルコールです。実際、南米ではかなりの車がこれで走っています。
 
 ガソリンが1リットルあたり200円ぐらいになれば、そろそろ世界的にエタノールが普及するでしょう。
    • good
    • 0

#2の回答ですが、石油がないと原発は建設できません。


石油がないと、ウランを掘り出したり運んだり精製することも出来ません。

江戸時代のような暮らしになるか、映画「マッドマックス」のような弱肉強食の世界になるか?
でしょう。
    • good
    • 0

原発が多量に作られるでしょう。

経済的には苦しくなると思います。問題は薬品や化学繊維などが作れなくなることでしょうね。
    • good
    • 0

いきなり無くなれば困るでしょうね。

燃料から化学繊維、プラスチック・・・世界中がパニックになるでしょう。
徐々に無くなって行くのであれば代替品でいくらでもまかなえるので、価格や生産性などで不便になる部分があるかもしれませんが、基本的な生活は変わらないのではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもし石油がなくなったらどうなるんでしょう?

例えば、将来石油をとり続けて石油が残りわずかになり、ほんの少ししか石油がとれない状況になったら世の中はどうなってしまうんでしょうか?もしそれまでに石油に代わる(原子力のようなデメリットの大きいものではないもの)エネルギー源を見つけないと、車のガソリンもなくなるし、アスファルトや化学繊維、プラスチック、その他多数の物の物価があがる、最悪入手できなくなって、人間は何もできなくなっちゃうんですかね?!

Aベストアンサー

太陽光発電にしても、太陽光発電システムの開発、製造、維持に莫大なエネルギーを必要とします。
当然石油がなくなれば、太陽光発電によって得られた電力を動力源として、太陽光発電システムの製造を行う必要があります。
その上であまった電力を各家庭(消費者)へ…という形になりますが、太陽光発電システム運用に必要なエネルギーを太陽光発電によって得るのは非常に難しいです。それは太陽光発電の効率が悪いからです。
それが出来たとしても、あまる電力は極々わずか。
現状ですら電力不足が叫ばれる中、確実にそのエネルギーでは足りません。

ならば太陽光発電システム運用を他のエネルギーで、となりますが、その他のエネルギーも当然石油を使って運用されてるので、その部分のエネルギーをどこから頂いてくるかが問題。このループです。
原子力にしても、原料の採掘・精錬・運搬、すべて石油。

つまり、石油を採掘・加工・運搬するにも石油を使ってるわけですが、石油のエネルギー効率は凄まじくよく、1の石油で100の石油を採掘・加工・運搬できるわけです。そのあまった石油を売買して今の社会が成り立ちます。
このエネルギー効率は他の追随を許さないのが現状。
つまり今発表されてる代替候補のエネルギーは現状の石油文明を支えるのは到底不可能。
確実に今の豊かな文明は終わりを告げるでしょう。
もちろん規模が大幅に縮小するだけで人類の滅亡という意味ではありませんが、少なくとも人間の生活に必要な水・食料の生産効率が限りなく落ちるので、人口の激減は予想されます。

太陽光発電にしても、太陽光発電システムの開発、製造、維持に莫大なエネルギーを必要とします。
当然石油がなくなれば、太陽光発電によって得られた電力を動力源として、太陽光発電システムの製造を行う必要があります。
その上であまった電力を各家庭(消費者)へ…という形になりますが、太陽光発電システム運用に必要なエネルギーを太陽光発電によって得るのは非常に難しいです。それは太陽光発電の効率が悪いからです。
それが出来たとしても、あまる電力は極々わずか。
現状ですら電力不足が叫ばれる中、確...続きを読む

Q化石燃料、完全枯渇、人類は生存出来ますか?

現代社会において、車、飛行機、船と言う移動手段の道具は、無くてはならないものですし、私は、もしかすると、それらが無ければ、現代人は生存できないのでは?と思ってます。

しかも、これらは、全て、化石燃料エネルギーによって、動いています。

現在、代替エネルギーと呼ばれる、太陽光、原子力、風などなど、、発電所としては、多少の差こそあれ、実用化されています。

しかし、代替エネルギー単独で使用の移動手段道具としては、極端な例外を除いて、実用化されていないようです。

もっと言えば、その発電所を建設するのに、かなりの化石燃料を使用していますね。

もっとも原子力旅客飛行機など、私は、実用化されても、乗りたくないですが。。。

化石燃料が枯渇すれば、温暖化問題は、解決しそうですが、現代人は、生存できないのでは?と思うのですが、どうでしょうか?

それとも、人類は、化石エネルギー発見以前の暮らしに戻るのでしょうか?

化石燃料は、さすがに私の寿命中では、枯渇しない気がしますが、遠くない将来、枯渇するのは確実ですし、子孫の事を考えるのも必要かと思いまして、質問してみました。

現代社会において、車、飛行機、船と言う移動手段の道具は、無くてはならないものですし、私は、もしかすると、それらが無ければ、現代人は生存できないのでは?と思ってます。

しかも、これらは、全て、化石燃料エネルギーによって、動いています。

現在、代替エネルギーと呼ばれる、太陽光、原子力、風などなど、、発電所としては、多少の差こそあれ、実用化されています。

しかし、代替エネルギー単独で使用の移動手段道具としては、極端な例外を除いて、実用化されていないようです。

もっと言えば、その...続きを読む

Aベストアンサー

 化石燃料は燃料としてだけではなく、材料資源としても重要です。例えば、プラスティックが作れないとしたら、現在の産業は成り立たず、文明も保てません。そして、天然資源としても化石燃料は必ず枯渇します。たとえ、石油や石炭が生物由来でないとしても枯渇します。原子力や再生可能エネルギーがあっても無理です。

 可採年数はずっと伸びて来てはいました。それは、採掘技術や資源探査技術が向上したからです。シェールによっても大きく伸びました。しかし、仮に今も石油や石炭ができつつあるとしても、毎年の消費量は莫大ですから、とうてい間に合いません。

 では、いつかは昔々のレベルに戻らざるを得ないかどうかということですね。そういう道を選ぶこともできます。しかし、まず選ばないでしょうね。では、どうなるのか、いや、どうするかですね。いくつも可能な選択肢があります。

1.石油や石炭を作る
 これはできます。石炭は作る魅力にちょっと欠ける面があり、あまり盛んではないですが、石油はいろいろ研究されています。古くからは石炭から石油を作ってみたり、その後は藻などの生物で、石油と似た物を産出するものを見つけ出したりしてきました。メタンを発生する微生物も知られています(太古の地球の環境を激変させたこともあるらしい)。

 生物由来で作れるとなれば、さらに大きく進められる余地がありますね。遺伝子です。もう我々は遺伝子を工学的にいろいろ改変することができつつあります(遺伝子の構造は解析できたが、各遺伝子の機能でまだ分かっていないものがあり、近い将来、解明される見込み)。

 次の代替品とも関連しますが、もっと石油に近いものを作るように、大量に作るように、生物を改造してしまえばいいのです。一種類の生物で作れないなら、この植物にこの細菌を作用させて、みたいな感じの事も容易にできます。将来、『石油工場』なんてものもできてくるでしょうね。

2.代替品の開発
 科学技術は代替品をどんどん作り出して来ました。目的とするものと似た物を作るだけでなく、目的達成の手段自体を代替するようにしたりもしてきました。そもそも、地上を速く移動するのに強力な脚ではなく車輪を利用し、飛ぶためにははばたかずにプロペラやジェットです。

 燃料なら水素も使えるし、1で述べたようにメタンを作ってもいいです。プラスティックの代りになるものもでてくるでしょう。例えば最近になって、割と木材が見直されたりしていますし、セラミックも長足の進歩があるし、カーボンナノチューブなんてものは伸びに対する強度があり、宇宙へ行けるエレベータにまで使われようとしています。プラスティックが無くなったらアウト、なんてことは起こりそうにありません。

 自動車や飛行機に代わるの交通システムを作り出す可能性も、大いにあります。既に実現されたものとしては、『移動せずに済ませる』というものがあります。ネット以前に、既に遠隔地を結ぶTV会議システムはありましたし、ネットによって人間が遠くに行かずにかなりのことをやれるようになっています。

 こうした話はいくらでも続けれらますが、何を話してもシナリオの一つでしかなく、キリがありません。

 現状の文明レベルを落とさず、むしろ発展させる方法はいくらでもあります。それが盛んでないように見えるのは、まだまだ化石燃料があるからにすぎません。

 足りなくなってきたものは人工的に補充するか、代りの手段を選ぶだけのことです。化石燃料だけでなく、天然資源全てについて、心配する必要は特にないのです。

 化石燃料は燃料としてだけではなく、材料資源としても重要です。例えば、プラスティックが作れないとしたら、現在の産業は成り立たず、文明も保てません。そして、天然資源としても化石燃料は必ず枯渇します。たとえ、石油や石炭が生物由来でないとしても枯渇します。原子力や再生可能エネルギーがあっても無理です。

 可採年数はずっと伸びて来てはいました。それは、採掘技術や資源探査技術が向上したからです。シェールによっても大きく伸びました。しかし、仮に今も石油や石炭ができつつあるとしても、毎...続きを読む

Q石油でできている製品

今、学校で「石油がなにに利用されているか」を
調べています。
口紅などは聞いたことがるのですが、
ほかに、石油が利用されている製品は
なにがありますか。
教えてください

Aベストアンサー

ほんとうにさまざまなものに石油(せきゆ)は使(つか)われているので、以下(いか)のホームページとかを熟読(じゅくどく)してください。

JPCA(じぇいぴーしーえー)・石油化学工業会(せきゆかがくこうぎょうかい)
Let's Study 石油化学(れっつすたでぃ せきゆかがく)
http://www.jpca.or.jp/junior/index.htm


あと、OKWeb(おーけーうぇぶ)は便利(べんり)だけど、分(わ)からない事(こと)をすぐに人(ひと)に聞(き)くんじゃなくて、自分(じぶん)で調(しら)べることも大切(たいせつ)だよ。図書館(としょかん)や図書室(としょしつ)にいっぱい昔(むかし)の良(よ)い本(ほん)があるから、それを調(しら)べる事(こと)も面倒(めんどう)がらずにやろうね!

Q石油から作られるものって・・・

石油から出来ているものいろいろありますよね?ありすぎてわからないくらいあって、結局石油ってエネルギー源以外何に役に立っているのかイマイチ理解できていないんです。

噂によると、コーヒーのミルクやガムも石油から出来ていると聞いたのですが、果たして本当なのでしょうか?

洗剤や衣服ではない、口に入れるものだからなおさら、理解しておかなければいけないことだと思うのですが・・・。検索してみても中々明確な答えが見つからないのです。

どなたか教えてくださーい!

Aベストアンサー

石油は生活のほとんど全てに役立っています。

車や自転車のタイヤや、プラスチック製品、服に使われている合成繊維も全て石油から作られています。

噂の真相は、私が思うには、
コーヒーのミルクが石油でできていると言う事はありますが、本当に石油で出来ている訳ではなく、ミルクの原料の牛乳を出してくれる牛に与える飼料は、アメリカからの輸入品で、石油で動く船で運ばれてきたりと、また店までトラックで運ばれたりと、ミルクがあなたの所に来るまでの間に、多くの石油が使われるために、石油でできていると言っているだけで、本当に石油でできている訳ではありません。

ただし、ガムが石油でできているというのは本当です。
元々はサボティラという木からとった樹液に含まれるチクルというものがガムの材料で、今でもこの天然の材料だけを使ったガムも売っています。ただし、ほとんどのガムは、このチクルに酢酸ビニル樹脂などの石油から作った樹脂を混ぜて作られています。
たぶんチューイングガムは、全部石油から作った樹脂が入っているでしょう。

ガムは噛んでも、飲み込まないようにしましょう!

石油は生活のほとんど全てに役立っています。

車や自転車のタイヤや、プラスチック製品、服に使われている合成繊維も全て石油から作られています。

噂の真相は、私が思うには、
コーヒーのミルクが石油でできていると言う事はありますが、本当に石油で出来ている訳ではなく、ミルクの原料の牛乳を出してくれる牛に与える飼料は、アメリカからの輸入品で、石油で動く船で運ばれてきたりと、また店までトラックで運ばれたりと、ミルクがあなたの所に来るまでの間に、多くの石油が使われるために、石油ででき...続きを読む

Qもしも、電気が使えなくなったら、どういうことに?

日本だけでもいいですが、世界中で電気使用不可になったらどうなるでしょうか?

日本なら、江戸時代のようになる?

海外は?

また、紛争・戦争起こるのでしょうか?起きないと思いますが。

それとも、ハッピーエンドでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

都市はあっという間に廃墟になります。マンションはエレベータが停まり給水が止まるので真っ先に住めなくなります。上水処理・下水処理も止まるので都市で生活するのは不可能になります。スーパー・コンビニは暴徒に襲撃されて空っぽになります。冷蔵庫が止まるので食品は腐敗し悪臭を放ちます。信号が止まり交通事故が頻発します。食べ物と水を求める暴徒はどこに向かうでしょうか。都市から彷徨い出した窮民集団と近郊農村の自警団の熾烈な戦争が起きるかもしれません。まさに地獄絵図です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報