あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

大手銀行6グループは、平成18年3月期決算で過去最高利益を記録しましたが、その収益に対しての要因を3つ程教えていただきたいのですが。
出来れば初心者でも分かれば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

第1に貸出金が返済されない場合に備えて積み上げた貸倒引当金が、景気回復に伴う貸出先企業の業績改善によって必要なくなり、「戻り益」として利益に入れることができたからです。

第2に株価の上昇で投資信託や個人年金保険販売が好調で、その手数料収入が大幅に伸びました。

参考URL:http://www.alles.or.jp/~ishii229/060605keizaikyo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答有難うございました。
ちなみに、1番目の「戻り益」は貸倒引当金の様ですが、「含み益」という言葉と意味合いは違うのでしょうか? もし違うのであれば、「含み益」も好収益の要因となるのでしょうか?

お礼日時:2006/07/01 22:39

> 3番目の要因といえば何があるのでしょうか?



なぜ「3番目」なのでしょう。
誰かがそう言っているのでしょうか?
その人にお聞きになっては?

実際には3番目でも30番目でも、各グループの決算資料を分析すればわかる事ですが。
    • good
    • 0

「含み損益」という言葉は有価証券について使われる事が多いようですが、不動産にも使われますし、本来何に使われるかが決まっているわけではありません。



時価評価されないか、されても評価差額が損益計算書に現れないものはすべて「含み損益」になり得ます。

含み益は実現していないわけですから、増益の要因ではあり得ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すると、増益の要因としては、
1、貸倒引当金の戻り益
2、投資信託等の手数料収入
がありますが、3番目の要因といえば何があるのでしょうか?

お礼日時:2006/07/02 11:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング