In(インジウム)などの金属資源があと何年かで枯渇すると聞いたことがあるのですが、一般金属(特にInを知りたいのですが)の可採年数を扱った解説、HPなどがありましたら教えてください。

A 回答 (2件)

http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/A_Japan_Sea/Tex …
の表5では1995年ベースで11年となっています。
http://mineco2.kumst.kyoto-u.ac.jp/ksdb/in/in.htm
にも資料がありますが、少し古いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報の提供ありがとうございました。
まさに知りたかった表を見ることが出来ました。

お礼日時:2002/02/28 13:46

稀少金属の可採年数は難しいんです.



一応、インジウムは15年ぐらいとされていますが、
値段が上がれば今まで採掘不可能だったところからも
取れるようになります。
また、値段が上がれば代替が進みます。
インジウムのように絶対に無ければ困るのではないものは
たぶん、値段が上がれば使われなくなり、
可採年数は延びます.

参考URL:http://130.158.145.176/lab/Beta-FeSi2/kankyo.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/06 09:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉱物から金属を取り出す方法

鉱物から金属を取り出す方法を教えてください。

ある鉱物にさまざまな金属が含まれている場合、それぞれの金属を取り出す方法には
どのようなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

鉱石は多くの場合酸化された金属ですが、鉱石を還元することによって金属を取り出す過程が製錬です。

多くの場合、高温な炉で鉱石を溶融し還元により金属を取り出すのですが、その他にも電解液中に電気を通し負電極に金属を取り出す電解製錬などもあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%A7%A3%E7%B2%BE%E9%8C%AC


これらは、工業的には大規模な設備で行われますが、実験室で鉱石から金属を取り出す方法に「吹管分析」というものがあります。

三省堂の「大辞林」によりますと、
吹管分析とは「鉱物の化学成分の簡易分析法。試料粉末と無水炭酸ナトリウムとの混合物を木炭表面に埋め込み、吹管を用いて炎を吹きつけ出来た金属球や酸化物の皮膜の形や色により試料の化学成分を分析する。現在ではほとんど用いられない。」
とあります。

学生の頃、実験でこの方法により鉱石から金属を還元して取り出したことがあります。

吹管とは真鍮で出来たL字形の細い管です。一端がラッパ状になっており、もう一方の端には白金の尖った口(先口)がついています。
ガスバーナーなどの火炎に先口を近づけ、ラッパ状の口当てから息を吹き込んでやると、炎が強まって高熱を生じます。この炎に試料の鉱石を入れて反応を見るのが吹管分析です。酸化物の鉱石の場合、炭素によって還元され金属粒が生成されることになります。

鉱石は多くの場合酸化された金属ですが、鉱石を還元することによって金属を取り出す過程が製錬です。

多くの場合、高温な炉で鉱石を溶融し還元により金属を取り出すのですが、その他にも電解液中に電気を通し負電極に金属を取り出す電解製錬などもあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%A7%A3%E7%B2%BE%E9%8C%AC


これらは、工業的には大規模な設備で行われますが、実験室で鉱石から金属を取り出す方法に「吹管分析」というものがあります。

三省堂の「大辞林」によりますと、
吹管分析とは「...続きを読む

Q資源の枯渇が航空産業にどういう影響を及ぼすのか?

天然資源が枯渇したら航空産業は存続できるのでしょうか?何か新しい燃料の開発を試みたりするのでしょうか?存続しないなら会社は倒産以外道はないのでしょうか?

Aベストアンサー

天然資源が枯渇したら石油から作られているプラスチック製品も出来なくなるので飛行機(部品の多くは樹脂で出来ている)が出来なくなり、、公共交通機関も動かないから誰も飛行機に乗れなくなるので倒産するでしょうね。 でもその前に社会が破綻するので、代替燃料がその前に開発されるでしょうね。

Qオオツノヒツジのツノについて

きょう動物園に行ってオオツノヒツジというのを見たのですが、そのツノに関して質問です。
アメリカバイソンを思わせるような、根元の太いツノです。それが頭の両側でくるんと巻いています。先ッポが少し上を向いているので、あれは戦いには使えないと思いました。根っこの方で頭突きしてごんごんやるのならいいと思います。

ネットで調べてみたところ、
「ツノのサイズで地位が決まる」
「敵が来たら岩場を身軽に逃げ回る」
らしいとわかりました。
それでは、あのツノというのは大きさを競うだけの、見せ物なのですか?
外敵とは戦わずに逃げるだけ(ツノは実戦では使わない)のでしょうか?
ヒツジだから凶暴ではないのかなと思いますが。

どなたかご教示お願いします。

Aベストアンサー

雄同士ではときどき戦いますよ。
百聞は一見にしかず。↓

http://www.desertusa.com/bighorn/bighorn1.html

http://www.happano.org/pages/indian_tales/reference_bighorn.html
(上の日本語訳ページ)

ツノがカツーンっていってますね。

Q石油の可採年数

空前の原油価格高騰で日本経済は逼迫していますが、石油の可採年数について少し引っかかることがあります。

Wikipediaによる定義では、「可採年数(R/P)とは、ある年度において埋蔵が確認されている石油のうち、その時点での技術で採掘可能な埋蔵量(R)を、その年度の実際の生産量(P)で割った値」と書かれているのですが、さらに読むと「ある油田は1バレルあたり採掘コストが30ドルかかるとする。このとき、もし原油価格が1バレルあたり10ドルならば、この油田は採算に合わないため『採掘可能な埋蔵量』には含まれない。」とあります。

Rはずっと物理的に実際ある量と思い込んでいたのですが、どうして生産性の低い油田はカウントされないのでしょうか?それでは現在のように原油価格が高騰すれば必然的にRの値も大きくなってしまうし、その変動もより大きくなってしまうのではないでしょうか?


ご回答お待ちしています。

Aベストアンサー

追記になりますが、そもそも「埋蔵量」と言う言葉は鉱物資源に使われますが、地球のコアまでを含めて考えたモノではない事は明らかで、可採というのが現実的数量になります。

Qエアコンの選定について(”冷房能力”及び”熱量計算”)

機械室にパッケージエアコンを設置しようと思うのですが、選定方法が分かりません。
業者さんに選定して貰っても良いのですが、
機械が増えるかもしれないので、自分で熱量計算等を知っておきたいのです。
ただあんまり細かな難しい式ではなく、略式があればうれしいです。

以下の項目だけで計算出来ないでしょうか?
機器熱量、建物侵入熱、外部温度、内部設定温度

あと冷房能力というのは、建物侵入熱+機器熱量よりも大きくする必要があるのでしょうか?それとも大きくするなら何パーセントくらいのマージンを持つものなのでしょうか?

Aベストアンサー

#2の追記
● 目的、内容が理解できました。

● この部屋は通常密閉で空気の流通が無しと考えられ、湿度負荷は無視しても良いでしょう。 換気扇は室内への防塵対策も含め自動シャッター付きにしましょう、ファンの力で開くタイプ。建物侵入熱+機器発熱量 でOK

Q将来、資源は枯渇しないのだろうか?

楽器・建築に使用する木材、貴金属に使用するような金属は産出量が少ないと聞きます。

これらの資源が50年以内に枯渇する恐れはあるのでしょうか?

特に、
木材:
アルダー、アッシュ、マホガニー(南米、本デュラス産)、メイプル、ハカランダ、チーク、黒檀

金属:
チタン、プラチナ、パラジウム、ニッケル、クローム、金

その他:
ダイヤモンド、水晶

エネルギー:
石油、ウラン

Aベストアンサー

チタンなどは地球上で4番目に埋蔵量が多いといわれており、当分は大丈夫そうです。
最近は金属精錬技術も進み、同等の性能で使用量が半分で済む特殊鉄などもあります。
金属資源については、再利用が効きやすいので当分は平気かと。

ダイヤや水晶は埋蔵量も豊富ですし、合成技術が確立していますので、低コストで量産できれば問題ないです。

石油は埋蔵量自体はまだあるそうです。
掘ってもペイしない、技術的に無理とかで手付かずの鉱脈も多いとか。

問題は木材などです。
紫檀、黒檀などは世界的に欠乏しており、5年や10年でどうにかできるものではありません。
今植林しても、違法伐採や異常気象などでダメになっちゃうかもしれませんしね。

Q比抵抗について

以前こちらで比抵抗の測定方法について質問させていただき、常温から1000℃までの比抵抗測定を開始しました。
そこで質問なのですが、純Niのような不純物の少ないものは低温では非常に低く高温になると5倍以上になるのに、Ni合金でNi含有量が低いものでは低温でも比抵抗が高く、高温でもあまり高くなりませんでした。
この比抵抗の上昇の仕方の違いの原因を教えてください

Aベストアンサー

電気抵抗は、系が乱れていれば乱れているほど大きくなります。金属の場合、乱れの原因は主に二つあって、1つは不純物の存在、2つめは熱による結晶格子の振動です。このうち不純物による効果はほとんど温度変化しませんが、格子の振動は温度とともに大きくなります。つまり、温度とともに抵抗が大きくなるわけです。

純粋なものでは不純物の影響が小さいので、ある温度とある温度の比抵抗の比が大きくなりますが、不純なものでは、不純物の影響分だけ「下駄」をはきますので、比抵抗の比は小さくなります。このような比抵抗の比は金属の純度の指標として用いられることがあります。

極端に不純な場合を除けば、比抵抗の「比」ではなく「差」はあまり変わらないはずです。

Q碍子の一般的な耐用年数

屋内用のケーブル支持碍子の一般的な物の耐用年数が知りたいです。
3相一体型の物のページなどがあれば教えてください。

Aベストアンサー

概ね20~30年では?三相一体型とは何を指しているのか不明だが
一括クリートの事でしたら、使用禁止ですよ、耐用年数は参考URL参照

参考URL:http://www.sakon-net.info/kiki_siyonensu.htm

Q奥歯に金属土台は無理ですか?

40代男です。

このところ右奥歯(親知らずの隣)とその斜め上の歯の治療をしています。
どちらも昔神経を抜いて銀歯をかぶせていたのですが、中で虫歯になっているということで根の消毒をし直しました。

土台を作る段階に来たのですが、奥歯は噛む力が強いため、弾力性のない金属の土台だと根を割ってしまう恐れがあると言われファイバーコアを勧められました。

保険適用の金属土台にした場合、上の銀までかぶせて1本5000円くらい、適用外のファイバーコアにした場合は土台が1万円、上にかぶせるのは3万~10万までいろいろなレベルがあるそうです。

質問したいのは、本当に奥歯に金属土台は無理なのか、という点です。
中年男ですし、奥歯のそれほど目立つところでもないので、見た目は全く気にしません。

正直上下2本で10万前後の出費は無理なので保険の歯にしたいのですが、本当に割れる危険があるのでしょうか?
歯医者さんの説明によると昔は金属しかなかったそうで、私の口の中の数本も奥歯含め金属土台の歯が入ってるらしいのですが、これまで10数年問題はありません。
実際に金属土台を奥歯に入れて問題なく過ごしている方、または割れてしまった方がいらしたら体験談を教えていただきたいのですが。

どうぞよろしくお願いいたします。

40代男です。

このところ右奥歯(親知らずの隣)とその斜め上の歯の治療をしています。
どちらも昔神経を抜いて銀歯をかぶせていたのですが、中で虫歯になっているということで根の消毒をし直しました。

土台を作る段階に来たのですが、奥歯は噛む力が強いため、弾力性のない金属の土台だと根を割ってしまう恐れがあると言われファイバーコアを勧められました。

保険適用の金属土台にした場合、上の銀までかぶせて1本5000円くらい、適用外のファイバーコアにした場合は土台が1万円、上にかぶせるのは3...続きを読む

Aベストアンサー

土台の素材としてどんな素材が最適なのか、というのは数十年前から議論されている問題です。近年は「ファイバーコアが良い」という意見が大勢を占めていますが、一方で「18Kのゴールドが良い」と言っている歯科医師も少なからずおり、歯科界の重鎮と目される人の中にも金属を推奨する人が一部にいます。


まず、ファイバー派、金属派の双方が一致しているのは、
「歯質が一定以上残っていれば、どんな素材でも大丈夫だ」ということ、
「歯質が一定以上残っていなければ、どんな素材でもダメだ」ということです。

問題は残っている歯質の量なのですが、どんな素材でも大丈夫な量と、どんな素材でもダメな量との中間のグレーなときにどうするか、が問題になります。

ファイバー派は「金属で土台を作ると強い力が加わった時に根が折れてしまい、抜くしかなくなる。ファイバーコアだと歯を沢山削らなくてすむし、過剰な力が加わった時にはコアが折れてくれて根は無事なので、またその歯を使うことができる。だからファイバーコアがいいのだ」
と主張します。

一方金属派は「ファイバーコアは金属よりも弱い力で折れてしまい、被せなおさなければならなくなる。金属土台だと根が折れて抜歯になる危険性はあるが、ファイバーコアのように折れて作り直すようなことはないので、丈夫で長持ちがする」
と主張します。

どちらの言い分も一理あります。

10-changさんの歯の状態を私は見ていないのでなんとも言えないのですが、グレーな領域かどんな素材でもダメな領域に近いように思われます。
予算の問題であるなら、数年以内に折れて抜歯になるのを覚悟の上で金属にするか、もたせるために予算を上乗せするか、という選択になると思います。

あまり参考にはならなかったかもしれませんが、金属にした場合に根が折れてしまい抜歯になる危険性があるのは間違いありません。

土台の素材としてどんな素材が最適なのか、というのは数十年前から議論されている問題です。近年は「ファイバーコアが良い」という意見が大勢を占めていますが、一方で「18Kのゴールドが良い」と言っている歯科医師も少なからずおり、歯科界の重鎮と目される人の中にも金属を推奨する人が一部にいます。


まず、ファイバー派、金属派の双方が一致しているのは、
「歯質が一定以上残っていれば、どんな素材でも大丈夫だ」ということ、
「歯質が一定以上残っていなければ、どんな素材でもダメだ」ということ...続きを読む

Q現在の北極の氷。あと何年でなくなってしまうの??

以前は、頻繁に報道されていた環境番組ですが、最近は、すっかり放送されなくなったような気がします。番組を作ることは、結局は、番組局が視聴者が観たいか、観たくないかで、決まってしまうものなのでしょうか?


今現在、世界はこの北極の問題に対して、危機感はもっているのでしょうか?アメリカや、中国は危機感をもっていないような気がいたしますが。
日本はこの問題に危機感は抱いているのでしょうか?
動物達の棲み家が奪われてしまうのも大きな課題です。
北極熊が住めるところがなくなってきています。エスキモーも猟ができなく、食料(食糧?)に困っているのでしょうか?氷がなく、あるいは、突然、氷が割れて、熊が溺れているシーンを見たことがあります。言葉になりませんでした。番組のナレーションの声も今もわたしの耳に突き刺さります。


皆様がお考えになる、地球温暖化の解決策をお聞きいただけないでしょうか?いろいろ質問でご無理を言ってしまい
ごめんなさい!!

Aベストアンサー

>あと何年でなくなってしまうの??
 最新の予想では氷は増え、カナダロシアと陸続きになるといわれてます

>番組を作ることは、結局は、番組局が視聴者が観たいか、観たくないかで、決まってしまうものなのでしょうか?

・嘘を報道すると後々問題になるからです。最新の学説では地球温暖化といっているのはごく少数で、割合としては地球寒冷化に向かうという学者の方が多いですね。
 気象学者はまだ一部で温暖化という人がいますが、宇宙物理学、天文学の分野では寒冷化の意見が大半を占めています

>今現在、世界はこの北極の問題に対して、危機感はもっているのでしょうか?
・もってません。環境に厳しいドイツ、いいだしっぺの日本は温暖化対策をしています。しかし中国は後進国という名義でがんがん排出量を増やしてます。

>北極熊が住めるところがなくなってきています。
 大丈夫これから熊とペンギンは天下です。
 その代わり 大勢の人間が寒冷化で餓死します。


>皆様がお考えになる、地球温暖化の解決策をお聞きいただけないでしょうか?
 ほかっておいても地球は寒冷化します
http://www.asahi.com/science/update/0601/TKY200906010159.html
 おそらくは西暦1800年ごろの気候になります。おそらくそれが100年ほど続くでしょう
 江戸大飢饉のはこの近辺に集中してます。これも寒冷化の影響ですね。天保の大飢饉もちょうどそのころです。
 江戸では9月ごろに雪がふったという記録があります

 人間がいくら努力しても太陽には逆らえません
 人間が温暖化と騒いでいる中、地球がどんどん寒くなる・・・こっけいですねw

>あと何年でなくなってしまうの??
 最新の予想では氷は増え、カナダロシアと陸続きになるといわれてます

>番組を作ることは、結局は、番組局が視聴者が観たいか、観たくないかで、決まってしまうものなのでしょうか?

・嘘を報道すると後々問題になるからです。最新の学説では地球温暖化といっているのはごく少数で、割合としては地球寒冷化に向かうという学者の方が多いですね。
 気象学者はまだ一部で温暖化という人がいますが、宇宙物理学、天文学の分野では寒冷化の意見が大半を占めています

>...続きを読む


人気Q&Aランキング