オークション等に多数出品されている「88」のキャンピングカーの車検についてお尋ねいたします。この手の車はお断りしますという車検業者が多いのですが、この種の車は車検を通すのにかなりの費用がかかるのでしょうか。かなりリーズナブルな価格で買えそうなので迷っているのでどなたかアドバイスいただけないでしょうか。宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

車検は普通に通せると思いますよ!


しかも、普通乗用車や、小型乗用よりも諸費用は安く上がります・・。
ただ、車検業者がいやがるのは消耗部品等が88ナンバーにする前の車両が判らないと取り寄せできないため。
面倒がって引き受けないのです・・・。
この辺は怒りを覚えるところですが、おいといて。
改造前の車両の車検証のコピー又は写しがあれば最高の状態といえます。
車検証の右の方に「型式指定番号」「類別区分番号」という欄がありこの数字が判れば改造前の車種グレードが特定できるのです。(要するにメーカーが国土交通省に届けた設計図の番号です)
88ナンバーにすればその車は新しい諸元に変更になるのでこの2つの番号欄が空白になります。
そのため、部品を素早く取り寄せることが出来なくなるため、業者はいやがっているのです。
でも、ご心配なく、車台番号が判ればメーカーに問い合わせれば元の「型式指定番号」「類別区分番号」は調べてもらえますので、部品がないといった状態にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。購入する際の参考点がよくわかりました。

お礼日時:2002/03/04 06:00

 他の方の回答されているように、純正部品の入手等の問題もあると思いますが、その他にも、法定備品の欠品の問題があると思います。

これまで全盛だった車体形状がキャンピング車・事務室車などの登録車の多くは、メーカー製作車ではなく自作系ものが大半で、継続検査用のキットを積んでいないことが多いため、代行業者でこれを用意して受検することは割があわないことになることが理由ではないかと思います。また、キャンピング車の場合、記憶の限り幾度か改正が行われており、それに合わせた受検準備をすることも困難であることが相まっていると思います。
 キャンピング車をご購入の場合、極力不足備品を自作なり代用品などで装備され、装備不足がない状態にしておけばよろしいかと思います。このための規準については、車検場に行くと「キャンピング車の構造要件規準」などというビラが用意してあると思いますので(ネットでもよく出している方がいるので探せると思います)、それを参考にするといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。購入の際の注意点がよくわかり参考になりました。「キャンピング車の構造要件規準」を手に入れて検討いたします。

お礼日時:2002/03/04 05:57

そーなんですか?僕は88のアストロに乗ってますが、車検のときも気にすることなくOKもらえます。


しかも諸費用が88だから少なくてすみます。
保険料が安いと思いましたけれど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。88の諸費用は安いのが魅力ですよね。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/04 05:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法改正後の8ナンバーの継続車検について。

法改正後の8ナンバーの継続車検について。

H14にハイエースを新車購入し、その際にディーラー(トヨタ)で改造を行い、8ナンバー(キャンピング)登録いたしました。

数回はそのディーラーにて車検を受けたのですが、
その後の引っ越しも有り、前回の車検(H20)は、別のディーラー(トヨタ)での車検になりました。

その際の事件です。

きちん公認を受けたはずの8ナンバーの車体と設備だったにもかかわらず、ディーラーでは
「法律が変わったから・・云々」ということで、勝手にガスコンロの周りに風防を付け(しかも汚く適当に)られ、しかも私は「困ります」と言うような事を言われた。

※もちろん、「前回まではディーラーでこのまま車検を受けている」事を伝えてあります。

私の受け止めではそういった法律改正(8ナンバー取得に関する)は新たに車検を受ける人に適合するのであって、継続車検の場合は「前回と同じ」で有れば問題ないと思うのですが、いかがでしょう?

もし私の考えが正しいのであればそれをディーラーに伝え、今回の車検では余分な工作をしないように証明資料を見せたいのですが、何かありますか?


よろしくお願いいたします。

法改正後の8ナンバーの継続車検について。

H14にハイエースを新車購入し、その際にディーラー(トヨタ)で改造を行い、8ナンバー(キャンピング)登録いたしました。

数回はそのディーラーにて車検を受けたのですが、
その後の引っ越しも有り、前回の車検(H20)は、別のディーラー(トヨタ)での車検になりました。

その際の事件です。

きちん公認を受けたはずの8ナンバーの車体と設備だったにもかかわらず、ディーラーでは
「法律が変わったから・・云々」ということで、勝手にガスコンロの周りに風防を...続きを読む

Aベストアンサー

 djebel125 さんの認識どおりで問題ありません。8ナンバーの
継続検査で却下されるケースとしては、アストロなどを改造した
なんちゃってキャンピングカーや、セダン車に机を取り付けただ
けの事務室車など、法改正前でもグレーゾーンだった車です。

 いっぽう、djebel125 さんはもとがハイエースなわけですから、
新車登録時にはなんら問題ないキャンピングカーだったはずです。
この場合には、法改正後の新基準は適用されません。

 なので今回のディーラーによる措置は、8ナンバーの法改正に
無知なスタッフが勝手にやったことですね。コンロ周りの作業は
当然、無償で現状復帰させるべきです。ただし、ディーラーでは
8ナンバー関係の知識を期待できないので、相手を説得して車検を
通らせるよりは、車検だけ別の業者を使ったほうがラクでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報