MT車で走行していてシフトアップをした時に、速度が足りなかったり、坂道で思ったより急勾配だった場合、エンジンかミッションのあたりから異音がして、同時に車自体が振動して速度が上がらなくなり、あわてて一段低いギアにいれなおすことになってしまう、という経験は恐らく(けっしてわたしだけがへぼなのではないはず)マニュアル車に載ったことがある方ならどなたも覚えがあると思うのですが、この音と振動の原因についてお尋ねします。車によって音の大きさや種類などは変ってくると思うのですが、具体的にどこの部品がどのように動いて(または動かないために)このような現象が生じるのかを教えていただきたいのです。いちおう自分の少ない知識と経験なりに考えてみますと、たとえば自転車の場合なら、平地から坂道になるとそれまでのギアの段数では徐々にペダルを回転させることが苦しくなり自分の足の動きはとまりますよね。これが車だと足をピストンやクランクシャフトの動きと考えると燃焼が・・・(~ヘ~;)ウーン わからないです
どなたか御回答をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

細かいことは割愛させて頂きますが。



エンジンのシリンダー内の爆発は、ピストンが上死点で爆発
しているのではなく、ちょっと手前で爆発を開始しています。
その理由は、点火プラグでガスに点火して爆発膨張するまでに
少しの時間があるからです。
要はガスが爆発して、膨張し始める時にピストンが上死点に
来るようにしているのです。

しかし、低い回転数では上死点より少し手前で爆発していることが
災いして、クランクシャフトを一瞬逆に回そうと、ピストンが
してしまう訳です。それでノッキング現象を起こし振動が
発生します。

現在の車はノッキングセンサーが付いていて、
こういう事は起こりにくくなっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

plussunさんはじめまして
自分で質問しておきながら、恥ずかしくなってしまうような初歩的な質問でしたが、やはり聞くは一時の何とやら、聞いてみてよかったです。
plussunさんの御回答は、クランクシャフト以降の軸を回転させるためには、
ピストンの上下運動に最低限必要な速度があり、それ以下の速度ではエンジン全体の運動がなりたたなくなってしまう、ということを仰っておられ、私が質問で表現しようとした音はその時の異常な燃焼のものであり、振動はピストンの異常な動きが原因であると理解してよろしいのでしょうか?
ひとまず、早々の御回答にお礼申し上げます。

お礼日時:2002/03/05 22:38

>実は最近購入した中古車からする異音についてなのです。


ん~実際に乗って音を聞いてみれば判断付きそうなんですけどね(^_^;)
ノッキングは、たいていブレ-キング時には発生しません。
アクセルを踏んでいるときにでやすいです。
もしノッキングだとして、たまにならともかくショッチュウ起こしていると
シリンダ内の温度が急上昇するためかなり良くないです。
現在、レギュラ-ガソリンをご使用ならハイオクを入れて緩和されるようなら
ノッキングの可能性有りですね。
一応専門家に見せたほうがよいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ノッキングは、たいていブレ-キング時には発生しません
私の表現が足りませんでした、ブレーキング後にアクセルを踏んだ際に音が出ます。
今日ハイオクをいれてみたのですが、少しよくなったかなくらいにしか感じませんでした。
購入した整備工場でも聞いてみたのですが、どの車でもする音だと言われました。
実際出る音もあからさまに異常という程ではないので、
まあ中古車だし、多少の不具合はしかたないかなと思う反面、
でもなんかちょっとおかしいなと思う気持ちも半分あるので悩んでいます。
とりあえず、このまましばらく乗ってみて症状が進むようであれば、
メーカーか専門のショップにでも聞いてみることにします。
大変参考になるご意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/06 20:18

No.1の物ですが、お礼にある考え方で正しいです。


言い方を変えれば、クランクシャフトが遅い回転では、
ピストンの圧縮行程でスパークプラグがガスに点火し、
ピストンが上死点前で爆発膨張の最大値を向かえてしまい
クランクシャフトを逆に回そうとする現象が一瞬起こりますので
ガスの爆発エネルギーに無駄が出てしまい、加速しにくい
現象が起こります。

余談ですが、エンジンは回転数が早くなるほど、燃料を
食うと思って、低い回転数でアクセルを踏み込んで
走っている人が居ますが、これは間違いです。
また、エンジンにもよくありません。

低い回転数でアクセルを踏み込むより、ひとつ下のギアで
走った方が燃費は良くなります。
試されるとわかると思いますが、一つ下のギアの方が
アクセルの踏み込みは少なくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく詳しいご説明でよく理解することができました。
今まであまり気にしてはいなかったのですが、
くるまには結構悪そうな影響を与えてしまうようですね。
今後は注意するようにします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/06 19:50

用語についてちょっと気になったので、かかせていただきます。


一般的には知りませんが、整備用語でノッキングというのはエンジンが
異常燃焼により「カリカリ」というような金属音を発する事を言います。
点火時期の早すぎ、ガソリンのオクタン価が低い等によって起こります。
koo8さんの言われる異音とはこの音のことでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ウィンダムさんはじめまして
>koo8さんの言われる異音とはこの音のことでしょうか?
私が質問で表現しようとした音はこういう音です。
ただ私が本当に知りたいのは、
実は最近購入した中古車からする異音についてなのです。
音自体は「カリカリ」ではないのですが、感覚的にシフトを失敗したときのような音に近かったので原因について詳しく知りたくて、このような質問をさせていただきました。
車は軽のターボで(平成5年式のジムニーです)、症状はシフトアップやブレーキングなどでクランクシャフトの回転が遅くなったときに異音がでます。ターボがきいてくるまでに特にはっきり音がします。どんな車でもおこる現象だとは思いますが、私の車では特別遅くないスピードでスムーズに走らない感じがしています。
とりあえず、皆様の御回答から今後燃焼の関係に注意してみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/05 23:42

坂道で苦しくなると、足が痙攣してきますよね・・・


エンジンのノッキングと呼ばれるものは、それに似たような状態?です・・・
(ちょっと極端かな・・・)

ようはエンジンが必要以上の仕事をさせられると、その様な現象が起きますね。
ちゃんとシフトダウンしてあげましょう。
機械も人間も無理強いは禁物です。

専門的には、駆動トルク(軸出力)の不足です。
その為に、ギアが付いています。
まめにシフトダウンして、大事に使用してやって下さい。

PS.エンジンの傷みも早いし、ミッションやデフにも負担はかかります。
   燃費も悪くなる・・・
   やっぱり、まめにシフトチェンジ!
   昔は意味もなくシフトダウンばかりしてました・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の御回答ありがとうございます。
やっぱり、足の痙攣に似てまよね。
ただ人間だと、多少無理させて力を入れたほうが鍛えるには丁度いいですが、
機械には多少の無理もさせないほうがいいのですね。
σ(^_^;は自分の車を単なる機械以上のものと思いこんでおりましたので、
今までは、鍛えさせすぎだったです。反省します。

お礼日時:2002/03/05 23:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMT車を坂道にてギアを入れて駐車

MT車を中古で購入しました。
先日、坂道にて、お尻を下にして駐車する際に、1速に入れて駐車すると「カツカツカツ...」という音とともに下がってしまいました。1速だけではなく2速3速でも同様です。

今まで別のMT車を運転してきましたが、こんな事はありませんでした。
最近のMT車はこういう物なのでしょうか?

車種はアレックス RS180(ZZE123) です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>車種はアレックス RS180(ZZE123) です。

とても良いお車をお持ちですね。市販のままで6速ミッション付き、190ps、ハイオクガソリンのみ使用可の、夢のような車ですよね。

ボディーは、ラリー車そのもの。
(http://www.cartorque.co.za/0209.htm)
(http://www.trd.com.au/TRD/#main/motorsport/rally)

私もこの車、欲しかったのですよね。



坂道駐車の件ですが、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1991419.html)の ANo.9 [3]をお読み下さい。

言葉のあやで、「“1速に入れておく” は必要ないですね。」といった書き方から始めてしまうほど、

実は、坂道でギアーを入れておくなどということは、やってもほとんど意味がない(まったく安心できない)のです。

{すぐのちで、「(おまじないのギアですが、社会的責任のために、意味が無くても おまじないは坂ではやっておいて下さい。 おまじないの掛け方は、「下り坂ではバックギアに。」 「上り坂では1速に。」 だそうです。  当方、おまじないを否定しているわけではなく、マニュアル車の特性とサイドブレーキの重要さをお話させて頂いているわけですので、宜しくお願い致します。)」と記載の通り、それでも坂道では(たとえ緩やか坂道でも)必ずギアーを入れておいて下さい。 そして、マニュアル車は、強い坂道では駐車は出来ない。ということです。}

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2235808.html)の ANo.6


私の経験からのことを例に、2つほど例をお見せしますと、


(当方以前は海外に住んでいたのですが)、海外(当方が住んでいた国)では、道から家のビルトインガレージまでに、たいていドライブウェイというものがあるのですね。道から家のビルトインガレージ入り口までは20m近くはあるのでしょうか、ドライブウェイ上にも車が縦に3台ほど置ける長さがあります(+歩道)。アメリカ映画などで見る郊外のビルトインガレージ付きの戸建ての家を連想すると同じものですね。家やビルトインガレージは公道よりも高い位置にあり、たいていはビルトインガレージに通じるドライブウェイはビルトインガレージに向かって上り坂になっています。家に帰ってくる時は車を頭から敷地に突っ込み、出かける時はバックで道に出るという、海外映画のまさにそのままのスタイルの使い方ですね。つまり、車の先頭を上にして坂に止めることが一般的です。(ビルトインガレージの中は、普段は使わない車が入っているといった感じです。ビルトインガレージ内は平ら。)

当方も、ビルトインガレージ内はラリー車など普段使わない2台が入っていましたので、その他の2台を その 上り坂のドライブウェイ上に止めていました。ドライブウェイ上の奥(ビルトインガレージ寄り)の1台は、普段から車止めをタイヤに敷き、毎日使う車はその後ろに止めていました。

ある時、(その時の普段用車は、R30のスカイライン直6の2000ccターボのマニュアル車でしたが、)、午前中のフライト(飛行訓練)が終わり、一旦家に帰ってきて、午後もまたフライトがあるので、それまでにちょっと数十分休んで(昼寝して)から復習&予習してまた出かけようと考え、我が家のドライブウェイ上にスカイラインを止めて、強めにしっかりハンドブレーキをかけてギアーを1速に入れ、車止めはせずに家に入ったのです。数十分後、起きて予習でもするかとキッチンに行って水でも飲みながらふと外を見ると、我がスカイラインがドライブウェイからすり落ちて、ほとんど道の真ん中に止まっているではないですか!!
あせりましたね。ほとんど青ざめました。急いで外に出てみると、近所のかた誰にも気づかれていない様子、だれも外に出ていません。また、車自体もどこにもぶつかってなく、我が家のドライブウェイからさがって平らな道に出たところで止まったようです。
これがもし、ご近所の家や塀にでも当たっていたら、とんでもないことになっていたところでした。

我が家は、丁度道の行き止まりの所の立地でして、我が家よりも奥は3軒しかありません。(海外の郊外の住宅地は、道が木の枝の様に分岐して行き止まりになるような街づくりが、よくあります。)
どうやら、我がスカイラインが道を塞いだ間には、奥の3軒のかたは道を通らなかったようです。
不幸中の幸いとでも言いましょうか、一歩間違えば大変なことになっていました。私の人生の、恥ずべき経験です。

その時は、すぐにエンジンをかけて、車を家のドライブウェイに戻し、
後日だれからも何も言われませんでしたので、たぶん誰にも気付かれずに(迷惑をかけずに)済んだのでしょう。
当方、そこでの近所付き合いは良好でしたし、近所のかたも皆さん、何か気付くことがあれば何でも言ってくるかたたちでしたので(良好な 遠慮のない 正常な関係)、この「スカイラインずり落ち事件」は、誰にも見られなかったのでしょう。

この事件以降、このスカイラインを坂に止める時は、どんなに短時間でも必ず車止めを使用したことは言うまでもありません。


この事件後すぐに、このスカイラインのハンドブレーキのワイヤーやら細かい部品類全てをばらして、全部キレイにして組み直して動きをスムースにし、その上で、車止めを必ず使用するように改善しました。

さて、ここで、ここをお読みの皆様にご理解頂いておきたい重要な点は、


私は、この事件以前からも、このスカイラインのハンドブレーキが弱いことは知っていまして、ドラムインディスクではないディスクのみを使ったハンドブレーキである点や、また、実感としても「この車のハンドブレーキは気を付けないと」と気付いていました。よって、普段から、かなりしっかりハンドブレーキを引いて駐車していました。(引き過ぎてワイヤーを伸ばしたりはしていません。)
この事件の日も、しっかりハンドブレーキをかけ、ギアーを1速に入れておきました。そしてその後、ものの数十分後に、ずり落ちて行ったのです。
2リッターエンジンですが、直6というのが回転しやすかったのかもしれません。
しかし、最大の原因は、
「ドラムインディスク」と言われるタイプではない、単にディスクブレーキでハンドブレーキも兼ねるタイプのものであったことが大きいです。
このタイプは、走行中のフットブレーキ使用時にディスクとブレーキパットそれぞれが熱膨張して熱く(厚く)なり、その状態でハンドブレーキをかける訳ですので、厚くなった3枚を束ねた状態でワイヤーロックさせるのですね。その後ブレーキが冷めますと、両側のブレーキパッドと真ん中のディスクがそれぞれ冷めて薄くなりますので、自然とハンドブレーキは甘くなってしまうのです。


ということです。
車の前方を上にしての坂道駐車でしたので、ギアーを1速に入れることがセオリー通りですが、実はこれも、あまり意味がない、というか、エンジンなんて逆回転だって簡単に回ってしまうのです。

それと、例えば、直4の2リッターよりも、直6の2リッターのほうが、回りやすいでしょうね。きっと。



マニュアル車は、坂道では、ハンドブレーキもあてになりませんし、ギアーなんて入れておいてもおまじないにしかなりませんので、やはり、なるべく坂には止めない。坂に止める場合は、車止めを一応付けておく。といったことが安心というか、さらに安全ですね。特に、ドラムインディスクではないディスクブレーキ車で、ブレーキが熱くなるような、強いフットブレーキを使用した運転の直後の駐車には、要注意です。



では、なぜ、ドラムブレーキは比べて多少安心かといいますと、

ドラムブレーキも同じく熱膨張はあるのですが、熱膨張するとドラム自体が大きく広がる訳です。これが走行時の時はドラムが広がってシュー(ブレーキパッド)から離れる方向になりますので、フットブレーキが抜けるような感覚になりこれがウィークポイントになるのですが、
これがかえってハンドブレーキをかける場合には、ハンドブレーキをかけたあとにドラムが冷めて縮んでシュー(ブレーキパッド)に寄ってきて締め上げますので、シュー自体が冷めて薄くなる分を差し引いても、ハンドブレーキの効きは弱まることなく済む場合が多いのです。


ただし、ドラムブレーキのハンドブレーキも、完全なものではないですね。

私の経験では、(別のもう一つの例)、E12AのエテルナΣ マニュアル車の1800ccを持っていましたが、ドライブウェイに駐車することができずに、その家に引っ越すことをあきらめたことがあります。

上記スカイラインの時よりも以前の話(スカイラインよりも数年前)になりますが、家を探していまして、real estate(不動産業者)に行きまして、そこで紹介された条件の良さそうな家に、不動産業者から「鍵渡すから見てきなよ~。」って言われて、自分のE12AのエテルナΣ で見に行ったのです。
その家は、ドライブウェイが結構キツイ坂になっていて、見るからに「キツイ坂だな~」とも思いましたが、車を止めてみて案の定、いくらハンドブレーキを引いても歯が立ちません。全く止めることができませんでした。
エンジンかけた状態で、しっかりフットブレーキを踏んでからハンドブレーキを引いても、フットブレーキを離してみようとすると、ギギギギといってさがる始末です。
こういった状態で、エンジンを止めてギアーを1速に入れてみても、何の意味もありません。やはり、ギギギギといってさがる始末です。
つまり、車を止めることができないのです。
仕方ないので、連れ合いに、「ちょっと降りてビルトインガレージのガレージドアを開けて」と頼んで、車をガレージの中に止めました。
家の中を見てまわり、条件としては良い家でしたが、そのドライブウェイの坂のキツさのためにそこをあきらめました。

キツイ坂といっても、オートマチック車なら[P]で難なく止められる程度の坂でしたね。その家は、オートマチック車でしたら何の問題もないことでしょう。



何が言いたいかといいますと、

マニュアル車の場合、もしハンドブレーキが効かない坂道の場合、ギアーを1速やバックに入れようが、何の意味もなさないという訳です。

なぜなら、マニュアル車の1速やバックギアーは、そもそもハンドブレーキよりも効きは弱いのです。はるかに弱いのです。オートマチック車の[P]のように、車輪を完全ロックしたりなど、決してできません。


よって、マニュアル車のギアー入れ駐車は、まったく過信できませんし、おまじないと考えたほうが良い程度の代物です。


(E12AのエテルナΣ の名誉のために記載しておきますが、家を見に行ったこの日は雨でした。)といっても、車の整備状態は完全にまともで、良く整備された状態のものです。

さてさて、私はマニュアル車の方が好きですので、マニュアル車の悪口を書いている訳ではありません。オートマチック車の[P]は非常に強力で優れているということを記したまでです。坂ばかりの街では、オートマチック車のほうがはるかに安全に使えるというわけです。
に対してマニュアル車は、“普通の程度” という訳ですね。
マニュアル車をお使いの場合、坂道駐車能力は従来の普通程度の能力しかありませんので、きちんとした知識で、なるべく平らなところに止めるようにして、
坂しかない、いたしかたない場合には、車止めを使うということをしませんと、私のスカイラインの事のように、大変な事態になる可能性が充分にあるということです。



はっきり言って、今の日本車でしたら、私の1987年式E12AエテルナΣ や1983年式R30スカイラインよりも良く効くハンドブレーキが付いていることでしょう。

しかし、エンジンやギアーの、坂道で止まれる能力は全く変わらないでしょうね。

よって、ギアーを入れておくということは、おまじない程度にしかなっていない点は今でも変わりありません。

(駐車時にギアーを入れることは意味が無いとは、決して言っていません。坂では、ルール&責任ですし、必ず行なわなければなりません。しかし、過信はできない、「とても弱い停止能力だ」ということを知識として知っていませんと、非常に危険なことになります。)




>MT車を中古で購入しました。先日、坂道にて、お尻を下にして駐車する際に、1速に入れて駐車すると「カツカツカツ...」という音とともに下がってしまいました。

中古車ということも考え、場合によっては整備が必要なお車であることも考えられます。(ハンドブレーキのほうです)

エンジンやトランスミッションは、正常でしょうね。

カツカツカツ...の音は気になりますが(そのような音するかな?みたいな)、鋭い音ではないのでしたら、まあ普通でしょう。

ただし、せっかくの非常に価値のあるお車ですし、これから大切に乗っていくための事前の整備のためにも、一通りディーラーで見てもらったほうが気持ちが良いのではないでしょうか?



>1速だけではなく2速3速でも同様です。

お尻を下にして駐車する際は、1速に入れることが正しいセオリーです。

逆に、2速3速では意味がないです。4速5速と、ギアーが上がるほど車は簡単に動きやすくなります。

これは、ギアー比の問題なのですが、2速3速と上になるほど、エンジンがタイヤを回し難くなる反面、タイヤはエンジンを回しやすくなっていくのです。



>今まで別のMT車を運転してきましたが、こんな事はありませんでした。

たまたまラッキーだったのですよね。

1速のギアー比の問題もあるでしょう。スーパーロー的なギアー比の車でしたら、それなりに車を止めておく能力も多少は高くなりますし、エンジンの大きさ(排気量に対する気筒数など)や相対的な車重なども影響してくることでしょう。



>最近のMT車はこういう物なのでしょうか?

今とか昔とかは、あまり関係ないかと思います。

ところで、気になっているのですが、ハンドブレーキは引いているのですよね?

マニュアル車は、ハンドブレーキのほうを確実にかけておきませんと、車は動いてしまいます。



最後に、車止めについてですが、これは、もし車がさがって車止めにて止まりますと、その車止めは手で外すことはできません。車止めを外す場合は、一旦車をエンジンの力で少し元に戻しませんと、車止めは取れません。
よって、例えば、壁などにギリギリに車を止めてしまい、車止めをかけておいた場合などは、車止めを外すために車をさらに壁に向かって走らせる必要が出てきます。
坂が緩ければそのまま数センチ走らせば良い訳ですが、
坂が急で、ブレーキを外したらタイヤが車止めを乗り越えてさがってしまいそうなほどに強い坂の場合ですと、ハンドブレーキを使って上手に発進させようとしても勢いあまって壁にぶつかるかもしれません。
このような時のために、車止めは余分に持っていたほうが良いでしょうね。
つまり取れなくなった車止めの反対向きに車止めを1~2cm空けて置き、そこに向かって走らせれば、壁にぶつかるリスクも減らせることでしょう。
 
 

>車種はアレックス RS180(ZZE123) です。

とても良いお車をお持ちですね。市販のままで6速ミッション付き、190ps、ハイオクガソリンのみ使用可の、夢のような車ですよね。

ボディーは、ラリー車そのもの。
(http://www.cartorque.co.za/0209.htm)
(http://www.trd.com.au/TRD/#main/motorsport/rally)

私もこの車、欲しかったのですよね。



坂道駐車の件ですが、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1991419.html)の ANo.9 [3]をお読み下さい。

言葉のあやで、「“1速に入れておく” ...続きを読む

QMT車でバックでの坂道発進+車庫入れ

免許を取ってまだ2ヶ月の初心者です。

先日、家の車が古いこともあり小型のMT車に買い換えたのですが、車庫入れが難しく困っています。
というのも、自宅の駐車場が若干斜めになっており、また駐車場の入り口付近は結構な傾斜になっているので、バックでの坂道発進と車庫入れを同時に行わなくてはなりません。
以前の車はAT車だったためそれほど苦労せずに駐車することができたのですが、それでも駐車場の入り口のきつい傾斜は回転数を高めにして越え、前輪が傾斜を越えたら速度が上がるのですぐブレーキを踏む、という作業で駐車を行っていました。
MT車にはまだ慣れていないため駐車の際頻繁にエンストしてしまいます。結構エンジンを吹かさないとエンストしてしまうし、吹かしすぎると速度が速くなってうまく車庫入れができない、という状況です。。
車庫入れ自体は半クラッチで行っています。

私の運転技術自体が未熟ということもあると思いますが、坂道での微速後退がうまくできるコツなどありましたらアドバイスいただきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前から突っ込んで、バックで出る。
一番良くない車庫入れ方法です。
現在の方法で練習されてください。

前から突っ込むと、出る時バックになります。
前進よりも注意するものが多くなり、更に進行方向が見え難い状態で道路に出るわけですから、事故の確率も増えますからね。

坂道での微速走行方法ですが、なれれば半クラッチで坂道を停止する事ができます。(クラッチには悪いですけどね。)

なれるまでの方法ですが、簡単な方法です。
(1)坂道を下りない位の力でサイドブレーキを掛けます。
(2)そのままサイドブレーキの事は忘れてバックして下さい。

サイドブレーキよりエンジンの力の方が上です。
ですので、サイドブレーキを掛けて居たとしても車は前でも後ろでも走る事ができます。
あなたの場合、坂道発進のブレーキ停止と、クラッチの半クラ、アクセル操作。更にハンドルでの自動車誘導と安全確認のほかに4つの物を同時に制御しなければならないので大変なわけですから、一つだけでも外せれば、かなり楽になると思います。

まぁ、なれるまでの間ですけど、かなり楽になると思いますよ。

前から突っ込んで、バックで出る。
一番良くない車庫入れ方法です。
現在の方法で練習されてください。

前から突っ込むと、出る時バックになります。
前進よりも注意するものが多くなり、更に進行方向が見え難い状態で道路に出るわけですから、事故の確率も増えますからね。

坂道での微速走行方法ですが、なれれば半クラッチで坂道を停止する事ができます。(クラッチには悪いですけどね。)

なれるまでの方法ですが、簡単な方法です。
(1)坂道を下りない位の力でサイドブレーキを掛けます。
(2)その...続きを読む

Qマニュアル車、坂道発進のコツは何ですか?

どうしてもバックしてしまいます。
助けてください。

私は極度に緊張してしまう、精神障害者手帳2級の交付を受けている者です。
通っている自動車学校の先生から、「そんなに緊張するなら、ウチでは面倒見切れない」と言われ、乗れないままに辞めさせられてしまいました。
職場でどうしてもマニュアル車に乗らなくてはなりません。

どうかご教授のほど、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お車の免許はまだお持ちではないのでしょうか?
それともAT免許をお持ちでMT免許(限定解除)をされようとしているのでしょうか?

もし、免許をお持ちでないのであれば、先にAT限定の免許をとられてはいかがかと思います。
まずは、車になれることです。

車自体になれたら、次にMTへ挑戦されればよいと思います。
そうすることで緊張もしにくくなるのではないでしょうか。

さて、サイドブレーキを使ってもバックしてしまうのでしょうか?サイドブレーキを使わないのであれば、誰でもバックはしますよ。
教習所の坂道って結構急(ATでも下がりそう)ですよね。
あんなに急な坂道は街中では殆ど存在しませんからご安心を。
ゆるい坂道も用意してくれたらもう少し練習しやすいと私も教習生時代に思っていました。

坂道発進の難しいところ、一度に起きること(やること)が多すぎるんですよね。
まずは、根気良く丁寧に教えてもらえる教習所を探さないといけませんね。

コツというか練習法としては、1つずつの操作を完全にすることです。
1.アクセルを一定に保つ
2.半クラを一定に保つ
3.サイドブレーキをゆっくり解除する。
この3つが出来ないと坂道発進は出来ません。
どうするか…。まずはサイドブレーキを教官にやってもらい、坂道でアクセルと半クラの練習をしましょう。
それが出来たら、サイドブレーキも自分でやればよいのではないでしょうか。
(たしか、教習所でもそうやって教えてくれたような気がします。)

誰でも、坂道発進は緊張します。
悩んでいるのはあなただけではありません。
あせりは禁物です、時間がかかってもよいではないですか、一歩ずつ出来ることからこなしていくとよいと思いますよ。

お車の免許はまだお持ちではないのでしょうか?
それともAT免許をお持ちでMT免許(限定解除)をされようとしているのでしょうか?

もし、免許をお持ちでないのであれば、先にAT限定の免許をとられてはいかがかと思います。
まずは、車になれることです。

車自体になれたら、次にMTへ挑戦されればよいと思います。
そうすることで緊張もしにくくなるのではないでしょうか。

さて、サイドブレーキを使ってもバックしてしまうのでしょうか?サイドブレーキを使わないのであれば、誰でもバックはしますよ...続きを読む

QMT車 坂道発進の恐怖・・・

昨年12月にMT免許を取りました。
一応全ての項目を一発合格で取れました。
3ヶ月ブランクがありましたが、今自宅の車(レガシィB4、MT)で練習をしています。

が、実際の道路の坂道発進でまごついてしまい、落ち込んでいます。
今日は車で15分くらいの私の実家へ行ってみたのですが、実家まで結構な坂道がわんさかあります。信号で止まった時は準備時間があるので、ハンドブレーキ+ローギヤで半クラにし、アクセルを軽く踏み、ハンドブレーキをゆっくり解除しながら発進しました。それでもテキパキ操作できないので後ろからクラクションの嵐でした・・。二度目の信号待ちでは、クラクションとエンストや後退が怖くて、感覚のみで少し早めに操作すると一応うまくいったのですが、かなり緊張していたので自分がどういう操作をしたのかさえよく解らなかったような状態でした。
更に最悪なのは坂道の片側一車線Y字路(左が優先道路)で右に入らなければならないスポットがあり、不運に下りの車が来たら一旦停止してから発進しなければいけません。今日は運良く対向車が来なかったのであっさり右折できましたが、今後ここでもし対向車がきたら・・こんな所でまごまごしてしまったらクラクションの嵐に違いない・・・と思うと、恐怖で泣きそうです・・・。
ほんのちょっと待つだけなのでハンドブレーキを使った操作を1からやるような時間の余裕がありません。本当はそうした方がいいのかもしれませんが、今日のあのクラクションの嵐を思い出すだけで、恐ろしくて出来ません。

急な坂道でのハンドブレーキを使わない発進のコツをどうか教えてください。

昨年12月にMT免許を取りました。
一応全ての項目を一発合格で取れました。
3ヶ月ブランクがありましたが、今自宅の車(レガシィB4、MT)で練習をしています。

が、実際の道路の坂道発進でまごついてしまい、落ち込んでいます。
今日は車で15分くらいの私の実家へ行ってみたのですが、実家まで結構な坂道がわんさかあります。信号で止まった時は準備時間があるので、ハンドブレーキ+ローギヤで半クラにし、アクセルを軽く踏み、ハンドブレーキをゆっくり解除しながら発進しました。それでもテキ...続きを読む

Aベストアンサー

急な坂道ではとりあえずハンドブレーキを使ったほうがよいでしょう。緩やかな坂で経験を積んでいけばそのうちうまく出来る様になります。文章ではうまく説明できないです・・・。

私の場合、教習中にハンドブレーキ使わなければ、緩やかな坂でさえ坂道発進できなかったのですが、首都高速や陸橋の多い幹線道路の上り坂で大渋滞にはまり、いちいちブレーキを手で引くのが面倒になり知らぬ間にできるようになりました。そのうちどんな急坂でもハンドブレーキ使わなくても出来るようになりました。今では、むしろハンドブレーキで坂道発進しようとすると、かえってうまくいきません。

クラクション鳴らした連中は、どうせ子供でも動かせるオートマ車でしょ。見下しといてください。

あと、急な坂道(スーパーの駐車場の出入り口など)で車間つめてくる車がいたら、あえて運転が下手なふりをすると(必要以上の空ふかしとか)危険を察して車間あけてくれることあります。クラクション鳴らされたら、クラッチ切ってブレーキを一瞬離してちょっとだけ後退させるとか・・(危険ですけど)よくやります。

Qマニュアル車の坂道発進

免許あるのになんで?と思われるかも知れませんが、坂道発進がかなりギコチないです どなたかド素人に言うようにポイントを教えてくれませんか?

Aベストアンサー

サイドブレーキを引きます
その状態でローギヤーに入れます
アクセルを少し踏んでクラッチを少しずつ
はなします、そうするとコツンとクラッチに
「アクセルの踏み込みが浅いとエンストする」
力が伝わってきます
(その時にサイドブレーキを緩めアクセルを踏み込みクラッチを放します、)
( )の部分を同時に行えば無事発進できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報