桐蔭学園や智弁和歌山高校などは勉強とスポーツで分けているので分かるのですが、その都道府県でトップの公立進学校で甲子園常連校の高校がいくつか存在しますが、それらの高校はなぜ勉強のできる生徒を集めていながら野球も強いのでしょうか?県立の進学校なのでおそらくスポーツ推薦を行っていないと思うのですが。

具体的には、以下に掲げる高校です

札幌南高校(常連ではありませんが平成12年に出場しています)
秋田高校
磐城高校(福島)
静岡高校
鳥取西高校
済々黌高校(熊本)

各校の実情を知る方から回答を頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

公立高校のスポーツ推薦の要綱を張っておきます。



「静岡高校」
http://www.shizuoka-h.ed.jp/
>1 前期選抜について(2月7日実施、15日合格発表)

「秋田高校」
http://asg-semi.ftw.jp/nyuusijouhou.html
>学習塾の資料ですけど、推薦の状況が判るかと

「済々黌高校」
これは不明ですが、熊本県の公立高校は下記のように推薦基準を設けているので、他の公立高校と同じかと
http://www.man-abi.com/chukou/highschool/school/ …

札幌南、鳥取西高校は現在推薦はないようだが、福島県は学習塾の資料では推薦があるもよう。

実は公立高校で推薦がないというのがちょっと不思議な気がしており、調べてみますと、ここ数年、推薦から高校の独自テストで特色を出しているようです。

私の地元でも当然推薦入試はあり、

>一般入試に先立って実施します。学力検査は行わず、提出された書類の内容と面接

で決めているようです。
それと、私の地元の場合、進学校でも普通科以外の学科を併設しており、入試も別枠で授業も別枠でした。
以前は秋田高校の理数科がこれにあたるようで、強かった頃の野球部員は大抵理数科の生徒だったようです。
    • good
    • 1

私の地元は最近は私立か、公立でも工業かスポーツ推薦のある高校しか甲子園に出てませんので、他県を見てみます。



やはり近年では岩国(山口)ではないでしょうか。
県内有数の進学校との評判だとお聞きしています。
あと、常連とまでは行きませんが新湊(富山)や戸畑(福岡)も甲子園で見る機会が増えました。
この2校も進学率が100%に近いのでかなりの進学校だと思います。


公立校や勉強に力を入れている私立校では、「いち部活動」とみなされ練習開始時刻が限られていたり下校時刻が決められていたりするので、
満足な練習時間が取れない分集中して練習に取り組むことが出来るのではないかと思います。

今夏も、グラウンドが共用のためにライト方向にしか打球が飛ばせなかったおかげで右打ちが身についたなんて話も聞きました。

3年の夏までそうやって培った集中力を、受験勉強にちゃんと生かすことが出来るのが進学校の強みだと思います。
これこそが、部活動の「人間形成」のうちの一つだと思います。


現在ヤクルトの監督でもある古田選手は
高校時代、とても早い強制下校時刻(5時半か6時半だったかと)が定められていて、
それに1分でも遅れようものなら1週間の部活動禁止という校則があったらしいです。
卒業後ですが、そんな環境の母校も甲子園の土を踏むことが出来ました。


野球環境に恵まれてる高校もレギュラー争いが激しいですが、そうでない高校も力をつけるためにいろいろ工夫を凝らしてるのです。
    • good
    • 0

私の友人は甲子園には出られませんでしたが、ここ十年で何回か出場している公立進学校の出身です。

部員は一浪覚悟で入部してくるそうです。理由はブランドといったら大げさですが、公立の強豪高の部員は地元でも校内でも一目置かれた存在だそうです。年によってバラつきは多いけど、揃った年代は私学を凌ぐようですね。あとは卒業後の進路ですかね。実際に六大学を中心に浪人して入部しても活躍している先輩が多いですから。同じことは高校ラグビーにも言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 1

まず、野球など基礎が重要なスポーツをしっかりこなすことの出来る人は勉強も集中してやれます。


甲子園出場した高校の選手が東大などに実力で入ったりするのは有名な話です。

地元から挙げるとすると、
岡山城東高校
    • good
    • 1

>「都道府県でトップの公立進学校で甲子園常連校の高校がいくつか存在します」



→北海道以外の5県について調査しました。
 ここ20年に限れば、質問文に記載されている札幌南以外の5校は、とても常連校とは言えないと思います。
 常連校とは、少なくとも2~3年に一度は甲子園に行っているような高校ではないでしょうか?

 この5校はいずれも歴史が古く、通算の出場回数はかなり多いのもたしかです。しかし、近年は私立校に押されて、なかなか甲子園へは行けていないようですね。

 質問者さんのご指摘のとおり、公立校ですのでスポーツ選抜は行っていないでしょう。ただ、その分、
創意工夫をして、短時間で密度の濃い練習を実施しているそうです。

 この6校の他にも、学業と野球を両立させている立派な高校はありますよ。下記サイトで各県の歴史をのぞいてみてください。

http://www2.asahi.com/koshien/88/stats/akita.html

http://www2.asahi.com/koshien/88/stats/fukushima …

http://www2.asahi.com/koshien/88/stats/shizuoka. …

http://www2.asahi.com/koshien/88/stats/tottori.h …

http://www2.asahi.com/koshien/88/stats/kumamoto. …
    • good
    • 1

どこでこれらの高校がスポーツ推薦をしていないと判断したのでしょうか?



例えば「静岡高校」では前期選抜の5%の生徒を

>野球等の体育的活動において顕著な実績をあげ、入学後も一層の伸長を目指して努力を継続しようとし、かつ、本校における学習活動に継続的に努力しようとする意志のある者

として、スポーツ選抜を行っていますし、秋田高校も以前は野球部は「理数科」の生徒で、現在は20人ほどが自己推薦で入学しているから、実質的なスポーツ推薦では。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛知県の進学校であり有名なM高校の推薦を受けることになりました。

愛知県の進学校であり有名なM高校の推薦を受けることになりました。
そこで質問なんですが以下の条件で合格することは可能でしょうか?

内申点44点
・室長3年間
・部活動キャプテン
・少林寺拳法二段
・硬筆、毛筆三段
その他の実行委員

特に表彰されるような実績がありませんがこれで受かるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地元出身者です。
学校は違いますが。

ちょうど受かるかどうかの境目といった感じですかね…

室長・実行委員・部長ってのは実際あんまり関係ないです。部活は大会で好成績残していれば見られます。でも全国大会レベルの中学生が使う手段なので、そこまでいっていないとM高校では難しいなー

なのでその少林寺拳法と硬筆・毛筆の段位を見られるかなー
これが微妙なんですよね。自己推薦内容にもよりますが、面接で触れられるかもしれないから、その場合にどれだけしっかりと答えられるか。それが鍵になると思います。

頑張ってください。

Q智弁和歌山、智弁学園出身のプロ野球選手

智弁和歌山、智弁学園出身の選手は
プロ野球ではほとんど成功していない気がします。
何故でしょうか?
智弁和歌山出身はヤクルトの武内がいますが、イマイチですし。

Aベストアンサー

これについては、私も研究した事があります。
もちろん、完全な答えが見つかったわけではない(そんな事が出来るわけがない)
のですが、自分なりの見解を申し上げます。

智弁学園(以後、奈良)の方はともかく、智弁和歌山(以後、和歌山)は
打つには打つがエースがいない、というチーム作りに走る傾向があります。
従って、まず和歌山卒→即プロの投手は出ていません。例外として高塚(元近鉄)がいますが、
ドラフト前から肩を故障しており、結局は鳴かず飛ばずで終わりました。

また、和歌山は学年間での規律が温いのだそうです。一見すれば
良い事のように聞こえなくもないですが、やはり最低限の規律を
高校3年間で叩き込まれる事は絶対に必要です。
特に和歌山の場合は1年生が3年生にタメ語を使う事すら日常茶飯事のようで
(どこかの専門誌に掲載。ソース失念)、さすがにそれはダメでしょう。
その結果、良くも悪くも体育会系の空気が強い大学やプロのチームに行くと、
そこでの空気についていけず脱落、という傾向があるように思われます。

奈良の方ですが、今まではともかく最近では和歌山のチーム作りを
トレースする傾向があります。
従って、今まではそこそこプロ選手を出してきましたが、今後は
どうなるか、私は不安視しています。

これについては、私も研究した事があります。
もちろん、完全な答えが見つかったわけではない(そんな事が出来るわけがない)
のですが、自分なりの見解を申し上げます。

智弁学園(以後、奈良)の方はともかく、智弁和歌山(以後、和歌山)は
打つには打つがエースがいない、というチーム作りに走る傾向があります。
従って、まず和歌山卒→即プロの投手は出ていません。例外として高塚(元近鉄)がいますが、
ドラフト前から肩を故障しており、結局は鳴かず飛ばずで終わりました。

また、和歌山は学年...続きを読む

Q進学校で甲子園常連校

桐蔭学園や智弁和歌山高校などは勉強とスポーツで分けているので分かるのですが、その都道府県でトップの公立進学校で甲子園常連校の高校がいくつか存在しますが、それらの高校はなぜ勉強のできる生徒を集めていながら野球も強いのでしょうか?県立の進学校なのでおそらくスポーツ推薦を行っていないと思うのですが。

具体的には、以下に掲げる高校です

札幌南高校(常連ではありませんが平成12年に出場しています)
秋田高校
磐城高校(福島)
静岡高校
鳥取西高校
済々黌高校(熊本)

各校の実情を知る方から回答を頂きたいです。

Aベストアンサー

公立高校のスポーツ推薦の要綱を張っておきます。

「静岡高校」
http://www.shizuoka-h.ed.jp/
>1 前期選抜について(2月7日実施、15日合格発表)

「秋田高校」
http://asg-semi.ftw.jp/nyuusijouhou.html
>学習塾の資料ですけど、推薦の状況が判るかと

「済々黌高校」
これは不明ですが、熊本県の公立高校は下記のように推薦基準を設けているので、他の公立高校と同じかと
http://www.man-abi.com/chukou/highschool/school/kumamoto_02.html#suisen

札幌南、鳥取西高校は現在推薦はないようだが、福島県は学習塾の資料では推薦があるもよう。

実は公立高校で推薦がないというのがちょっと不思議な気がしており、調べてみますと、ここ数年、推薦から高校の独自テストで特色を出しているようです。

私の地元でも当然推薦入試はあり、

>一般入試に先立って実施します。学力検査は行わず、提出された書類の内容と面接

で決めているようです。
それと、私の地元の場合、進学校でも普通科以外の学科を併設しており、入試も別枠で授業も別枠でした。
以前は秋田高校の理数科がこれにあたるようで、強かった頃の野球部員は大抵理数科の生徒だったようです。

公立高校のスポーツ推薦の要綱を張っておきます。

「静岡高校」
http://www.shizuoka-h.ed.jp/
>1 前期選抜について(2月7日実施、15日合格発表)

「秋田高校」
http://asg-semi.ftw.jp/nyuusijouhou.html
>学習塾の資料ですけど、推薦の状況が判るかと

「済々黌高校」
これは不明ですが、熊本県の公立高校は下記のように推薦基準を設けているので、他の公立高校と同じかと
http://www.man-abi.com/chukou/highschool/school/kumamoto_02.html#suisen

札幌南、鳥取西高校は現在推薦はない...続きを読む

Q智弁学園(奈良)対智弁和歌山の対戦は・・・?

弟84回大会に兄弟校の智弁学園と智弁和歌山が出場するのですが過去に公式戦で(テレビ放送された)対戦したことがあるのでしょうか?
私の記憶の中に同じユニホームで試合をしているのを見たような気がするのですが・・・。思い違いかもしれません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら回答をおねがいします。

Aベストアンサー

ちょっと調べてみましたが、公式戦での直接対決は一度もなさそうです。甲子園大会の他、テレビに映る可能性がありそうな大会は国体と近畿秋季大会ですが、近年だけ調べました結果、見事に対戦は避けられてきたようですね。

甲子園大会は智弁学園と智弁和歌山が同時出場した大会、平成元年(1989)夏、平成9年(1997)夏、平成10年(1998)夏、平成11年(1999)夏、の4回ありました。しかし、いずれも対戦のないままに終わっています。ちなみに和歌山県代表と奈良県代表の直接対決自体1度しかないようで、仕方ないところでしょう。

智弁学園は県内の強豪から抜け出せずに近畿や全国の大会などでは早くに姿を消すような傾向で、智弁和歌山は優勝経験もある強豪ですが、力を発揮し出したのがここ数年、という状況を考えると、もし古い昔に対戦があったとしても、その試合がテレビに映ったとは考えにくいと思います。なので、公式戦での対戦はなかった、と思われます。

実際にあった兄弟校対決は校数の多い「日大」同士の対戦が何度かあったみたいですね。

Q進学校とは?

進学校の定義って何でしょう?
私のイメージでは
卒業生の進路として国公立、有名私学が多い。
そのくらいで卒業生の何割がそうであったら進学校と呼べるのかは分かりません。

最近、猫も杓子も自称進学校が多いし名ばかりの特進コースがあったりすると思います。

ご意見ください。

Aベストアンサー

私もどういった学校が進学校なのかはよく分かりませんが、明日から私が通う高校も進学校だと思います。
私はZ会をやっているのですが、そこの会員専用の掲示板で進学校=進度が速いみたいなことが書いてありました。普通は1年生で1年生の教科書を終えるのですが(このような高校は一般校と言うそうです)、進学校は1年生の時に2年生の分もやり始めるらしいです。そして、早いうちに高校で習う範囲を終えてセンター試験の演習などをするらしいです。だから、このような高校=進学校だと思います。
あと私は、進学率からいえば進学校よりもそうでない高校のほうが高いと思います。受験の時期にいろんな資料を見ましたが、進学校のほうが浪人の割合も高かったです。それはやっぱり、行く大学のレベルも全然違うからだと思いますが・・・。進学校でない学校の進学先は、聞いた事もない私立ばっかりでした。そうやって考えると、名の通った大学に多数進学するのが進学校という気もします。
なんだかよく分からない回答ですいません。結局私は、進度が速い=受験の対策が充分にできる=国公立、もしくは有名私立に多数合格する=進学校だと思います。

私もどういった学校が進学校なのかはよく分かりませんが、明日から私が通う高校も進学校だと思います。
私はZ会をやっているのですが、そこの会員専用の掲示板で進学校=進度が速いみたいなことが書いてありました。普通は1年生で1年生の教科書を終えるのですが(このような高校は一般校と言うそうです)、進学校は1年生の時に2年生の分もやり始めるらしいです。そして、早いうちに高校で習う範囲を終えてセンター試験の演習などをするらしいです。だから、このような高校=進学校だと思います。
あと私は、...続きを読む

Q今回が智弁学園と智弁和歌山の初対戦?そんなバカな・・・。

今年の夏の甲子園で、奈良の智弁学園と和歌山の智弁和歌山とが対決する事になりましたが、メディアは「公式戦、兄弟校の初対決」と報じています。
しかし私は何年か前に両校が対決した気がするんです!決して練習試合とかではありません、春だったか夏の大会だったか忘れましたが、両校は一度対戦しているはず!(結果は智弁和歌山が大勝ちしていた記憶があります。(例えばですが「6ー1」とかいうようなスコアでした。)何方か知らないでしょうか?
何か納得いかないのです・・・。

Aベストアンサー

私も前に同じ疑問で質問をしたのですが、先日から大学野球をしている息子のところに行ってまして(個人的なことですみません。)息子と智弁対決について話していたらやっぱり以前にあった(兄弟対決をテレビで見た)っていうんです。私も見た記憶があるのですが・・・
息子は大の智弁和歌山ファン。高校の時に対戦したこともあるし、なっとくいかないですよね。ホンとにどなたか教えてください。

Qいわゆる進学校で

 今年もあとわずかになりました。年末年始は(もう終わったけど)高校バスケのウィンターカップや駅伝(いわゆる都大路),高校ラグビー(高校の風物詩・花園ですね。),そして高校サッカー(正月の風物詩・選手権ですね。)などなど寒さも吹っ飛ばす熱い高校スポーツの大会がめじろ押しです。

 さて,そういう大会の参加校・エントリー選手を見てみると結構進学校といわれる学校で,3年生でメンバーに入っている選手も見受けられますが,そういういわゆる進学校で3年の冬まで部活を続けているような人は進学・就職とかはどのくらいのトコにいくものなんでしょうか?やはり何らかの推薦での大学進学が多いのでしょうか?昨年は駅伝で1区を走り,そこからの猛烈なスパートで東京大学に合格した強者もいたようですが,やはりそういう人はまれ(何年に一人くらい?)なんでしょうか?わかる範囲で回答がいただければ幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私はバスケットボールの世界しか知らないのでそのことについてのみ書かせていただきます。

バスケの世界で進学校で全国的な強豪校といえば京都の洛南高校と福岡の福岡大附属大濠高校なのですが、両校とも通常の進学コースのような子とはまったく異なってバスケのために集まっている生徒です。
なので進学と言うのはバスケットボールでリクルートされていく事がほとんどです。
中には今年のインカレを制覇した慶応大学に洛南から進学した辻内選手のように高校も一般クラスで大学にも高校の指定校推薦で入ると言う、まさに文武両道の選手もいます。

前述の二校は進学校であるがバスケ部は強化されて別物というパターンですが、なかには進学校でリクルートも出来ずに地道に強化して全国の舞台に上がってくる高校もいます。その例として挙げられるのが現大学4年の代の桐朋高校です。正確な時間は忘れてしまいましたが非常に少ない練習時間で工夫して12月の末のウインターカップではベスト16まで進出しました。そこから東大に合格した選手もいます。スタメンとしてその時期までバスケをして現役で東大合格ですからその裏には並外れた努力があったに違いありません。

バスケ界で言えば、全国的な強豪では学校が進学校でもバスケ部は別物。そうでないところではその学校の他の生徒と同じと考えていいと思います。

私はバスケットボールの世界しか知らないのでそのことについてのみ書かせていただきます。

バスケの世界で進学校で全国的な強豪校といえば京都の洛南高校と福岡の福岡大附属大濠高校なのですが、両校とも通常の進学コースのような子とはまったく異なってバスケのために集まっている生徒です。
なので進学と言うのはバスケットボールでリクルートされていく事がほとんどです。
中には今年のインカレを制覇した慶応大学に洛南から進学した辻内選手のように高校も一般クラスで大学にも高校の指定校推薦で入ると...続きを読む

Q今甲子園が盛り上がっていますが負けた学校で智弁和歌山の選手は砂を持ち帰

今甲子園が盛り上がっていますが負けた学校で智弁和歌山の選手は砂を持ち帰らなかった気がします。負けても砂を持ち帰らない学校はありますか?

Aベストアンサー

逆に持って帰る人たちは相当持って帰るようです・・・

何年か前に新聞で読んだんですが、持って帰る人たちは
あらゆるところから袋をかき集めていっぱいにもって帰るらしいです
(なんか帰って友人たちに分けるという理由だったと思うんですが・・・)。
砂がだいぶ減るようです・・・


甲子園の砂って相当人気があるみたいで
甲子園のグラウンド整備を請け負ってる会社が先日、甲子園で使用されてる
ものとほぼ同じ配合の砂を販売したところ、本来は地方の球場とか
野球の施設向けに売る目的だったのが、一般の方からの注文が殺到したため
急きょ販売を中止にせざるをえなかったとか・・・

Q進学校

「進学校」って、よく言いますが、基本的にどういう学校を指すのでしょうか。厳密に言うと、どこからどこまでが進学校に相当するのでしょうか。

Aベストアンサー

管理職や進路指導担当者の「自己満足」の世界かも(^^)

一般には「進路希望が進学が主体」とみる。けど、この「主体」というのが曲者。何%以上で進学校と見るかだ。
また「進学」の内容にもよる。
大半が書類選考の専門学校に行くのに「進学校」と名乗っているところもあれば、「今年は3桁行かなかった」と東大の進学者数に一喜一憂する学校もある。

進学実績は地域の実情により様々。国公立大学進学数やセンター試験受検数で見る人もいる。けれど首都圏は「早慶智」の実績が目安の地域もある。
よって「形」で見極めるなら、文・理クラスの比率。理系比率が多いか、文・理の数が拮抗しているなら進学クラス。理系クラスが1~2クラスしか開設してなければ「なんちゃって進学校」と言えよう。
理系が多いと言うことは、難関の医学部・薬学部に多く合格者を出しているところが多いからだ。

私の目安としては、進学者が
1 旧帝大に1割以上
2 国公立大医学部・薬学部に1割以上
が、一つの目安ですな。

Q2008年秋の国体2回戦で、同年夏の甲子園優勝校の大阪桐蔭が横浜にボロ負けしたのは何故ですか?

2008年秋の国体2回戦で、同年夏の甲子園優勝校の大阪桐蔭が横浜にボロ負けしたのは何故ですか?
理由を御存知の方は御回答を宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

関係者から直接聞いたわけではないので高校野球ファンの私見ということになるのですが・・・

まず10-3なので「ボロ負け」というほどではないと思います。ランニングスコアも中盤に横浜が6点とったビッグイニングで点差は広がりました。実際この年の夏の選手権で両者が準決勝で対戦したときは9-4で大阪桐蔭が勝ちましたが、それと似たようなスコアかと。

こう書くと質問者さんは「甲子園で優勝した最強のはずのチームがなぜ負けたのか」と思われるかもしれませんが、実際甲子園の後半や国体にでるチームは純粋な戦力差はそれほどないとおもいます。とくに夏は連戦なのでコンディションや投手の疲労などで戦力以上に点差が開くことが多々あります。だからその日の調子次第で勝敗や点差が左右されます。

あと、このカードに関していえることは横浜・大阪桐蔭ともに個々の選手のポテンシャルの高さでは現在の高校野球の最高峰であるということです。これは選手のスカウティングの熱心さによるもので、実際「東の横浜、西の桐蔭」という声も聞きます。また両校が互いに意識してもいるようです。

また、国体という大会の特徴も要因です。春夏の甲子園大会が真剣勝負なのに対して、国体は各校の意識に差があります。今でも「国体はあくまでお祭り」と考える節もあります。このときの大阪桐蔭がどのくらいの意識で臨んでたかは分かりませんが、手を抜いていたという可能性も考慮すべきかと思います。

関係者から直接聞いたわけではないので高校野球ファンの私見ということになるのですが・・・

まず10-3なので「ボロ負け」というほどではないと思います。ランニングスコアも中盤に横浜が6点とったビッグイニングで点差は広がりました。実際この年の夏の選手権で両者が準決勝で対戦したときは9-4で大阪桐蔭が勝ちましたが、それと似たようなスコアかと。

こう書くと質問者さんは「甲子園で優勝した最強のはずのチームがなぜ負けたのか」と思われるかもしれませんが、実際甲子園の後半や国体にでるチ...続きを読む


人気Q&Aランキング