企業や団体ではなく一個人が、
大学に研究実験や分析などを依頼することができるのでしょうか?

もちろん民間の研究所であれば研究結果に対する報酬等を、
依頼先に請求するのでしょうが、
大学の各研究室の場合どうなんでしょう?

A 回答 (3件)

薬学系の大学研究所にいます。



> 企業や団体ではなく一個人が、大学に研究実験や分析などを
> 依頼することができるのでしょうか?

 この様な場合,依頼する先は大学ではなく,各先生になります。ですので,その先生が依頼を受けるかどうかが問題で,企業や団体か個人かは無関係です。

 ただし,各先生はそれぞれ自分のテーマで研究を行なっていますので,何かメリットがない限り引き受けない事の方が多いかと思います。メリットとしては,その人と面識があって断りづらい,お金を貰える,依頼の内容が研究テーマにとって有益,個人的に興味がある,・・・ですかね。


> もちろん民間の研究所であれば研究結果に対する報酬等を、
> 依頼先に請求するのでしょうが、> 大学の各研究室の場合
> どうなんでしょう?

 基本的には,この場合は「受託研究」という扱いになり,必要経費程度が請求されます。ただし,上にも書いた様に,その内容が自分の研究テーマに合っていたりすると,無償で行なって下さるかも知れません。この辺はケースバイケースです。


 私自身は受託研究を依頼された事がありませんので「一般人」の「自信なし」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

無償がほとんどだという回答を期待していた私ですが、
予想していた通りです。
失礼しました。
大学教授でも研究者でもそれを仕事としているのですから
報酬を得て当然ですよね。
自分も「タダで売ってくれ」と言われてるのと同じです。
最近、企業の特許に対する扱いなど話題に上がってますが、
難しい問題ですね。
しかし、より良い物を生み出そうとする行為はすばらしい事です。
みんなそうして頑張っているんですよね。

rei00さんは薬学系の方だそうで。
私の業界では最近までホルムアルデヒドの問題がすごかったです。
だいぶ改善されて、各建材メーカーでもFCOを唱った商品が、
当たり前のようになりました。
JASのほうで数値を規定し、ランク付けされてます。
しかし、どうも私は信用できないでいるんです。
ホルムアルデヒド以外にも発散しているものが
たくさんあるんじゃないかと。
自分で売っている資材を見ていると、
「健康住宅」という言葉が綺麗事を言っているような感じがするんです。

そこで自分でも他の人の力を借りて何か調べることができないかと
考えた訳なのです。
長々と書いてしまい申し訳ありません。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/08 21:55

化学分析の会社でアルバイトをしていたものですが一般でも依頼があれば受け付けます。

営業の担当者と話をして分析項目・納期などにより金額が変わりますので見積り依頼して下さい。大学の研究機関はわかりません。

私が居た会社はダイオキシン・環境ホルモン・電子顕微鏡などかなり対応できました。
    • good
    • 0

> 企業や団体ではなく一個人が、


> 大学に研究実験や分析などを依頼することができるのでしょうか?

受託分析を受け付けている企業はいろいろあると思います。
日本電子とか、島津製作所とか、東レとかよく耳にします。
ただ、値段は個人で依頼するにはちょっと厳しいくらい高いです。

国立機関(最近では独立行政法人化が進んでいますが)でも受託はしているようです。

http://www.aist.go.jp/aist_j/inquiry/inquiry.html

よくはわかりませんが、
実験や機械にもいろいろあるので、
たとえば吸光度計を使う、というくらいなら
どこでもそう問題ないとおもいますが、
NMR とか電子顕微鏡とかになると、すぐに論文が書ける
とかいう立派な理由がないと難しいように思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自由研究で水をきれいにする実験をしたいんですが…

今年の自由研究のレポートで、水を綺麗にする
(水質浄化と言うんでしょうか?)実験をしたいんですが、
ネットで検索してみても、何だか難しい話や
手軽にできるようなものがでてきません(´・ω・`;)
何かいい方法はないでしょうか?
できれば、家でも結構簡単にできる方法がいいのですが…><
よろしくお願いします(_ _*)

Aベストアンサー

図書館で「子供の科学」という雑誌をよんでみてください。雑誌のなかに、いろんな実験キットを販売している会社の広告もでています。
http://ecole.ocnk.net/product/1043
http://ecole.ocnk.net/product/886
http://ecole.ocnk.net/product/857
http://ecole.ocnk.net/product/856
水道局の浄水装置を見学したり、昔からの浄水方法を使っている
浄水場を検索してみてください。
http://www.drico.co.jp/makuroka.htm
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/jigyo/syokai/03.htm
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kigyosomu/koutei.htm
http://www.nhk.or.jp/archives/kankyo/library/detail05_02.html
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2007/tv/chiri/archive/resume034.html
http://www.nhk.or.jp/school/junior/yougo33.html

図書館で「子供の科学」という雑誌をよんでみてください。雑誌のなかに、いろんな実験キットを販売している会社の広告もでています。
http://ecole.ocnk.net/product/1043
http://ecole.ocnk.net/product/886
http://ecole.ocnk.net/product/857
http://ecole.ocnk.net/product/856
水道局の浄水装置を見学したり、昔からの浄水方法を使っている
浄水場を検索してみてください。
http://www.drico.co.jp/makuroka.htm
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/jigyo/syokai/03.htm
http://www.pref.kanagaw...続きを読む

Q大学院の研究分野について

現在大学で環境系、特に大気放射について学んでいる者です。
大学院進学を希望しており、自然エネルギーの利用法について勉強したいと思っております。
私としては理学、地理学系から自然エネルギーにアプローチしたいのですが、調べても工学系の研究室しか見つかりませんでした。
私の研究室の教授にも、その様な大学院の研究室は無いから純粋に理学にしたほうがいい、と言われました。
しかしここで妥協しては大学院に行く意義を感じられなくなってしまいます。

そこで理学系からアプローチできる自然エネルギーを研究している大学院研究室をご存知の方がいらっしゃればお教えください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

理学系の地理学教室で博士号をとったあと工学系の研究室にもぐりこんだ者です.私個人としては理学工学両方の視点を持っているということは大いなる強みだと思っております.

さて,「自然エネルギーの利用法」というタームの意味が明確でないので,ちょいとお答えしにくくなっております.

自然エネルギーを「社会」の中で実装しようとする方法論を模索しているのか(経済学・社会科学・行政など),何か具体的な自然エネルギーに特化して装置の開発に従事しようとするのか(これこそ工学)・自然エネルギーを支える自然の仕組みについてより深く理解しようとするのか(理学)・・・質問を読む限りでは最後のものかなとも思いますが,それだと「利用法」という言葉と矛盾しますね.かなり考え込んでしまいました.

まぁ一応,上記の最後のものだとしますと,風・地熱・波・太陽放射etc,etc...なら地球物理関係(つまり理学部)の研究室で山のように研究事例があるわけですね.この種の研究室は,研究室総出で教授の手足となって動くということはあまりないようです(個別に在学生に確かめる必要はありますが)

だから,どうしても「理学系」にこだわるならば,そういう研究室において,個人の意思を明らかにしながら大学院生活を送る,つまり「私はこの研究室や自分の成果を通して,自然の特質を理解した自然エネルギーの活用法を模索したい」という意思表明をつねにはっきりさせて進学・研究するというというのがいいんじゃないでしょうか.

ただし,いずれにしてもエネルギー利用の話は工学系・経済学系などの話とつながりがでてきますので,この道を究めようとするならどうしてもその種の素養は必要となります.心しておいてください.

なお,私は理学系にいたときにはほかの人からのFAQ で「それって何か役に立つの?」となんべんも聞かれ,それに対しては「今はそう思うかもしれないが,この研究をオレすらまさかと思うような形で社会に活かしてくれる人が出てくるのさ,たぶん工学系にね」と答えていたものです. でもそれは,自然エネルギーほど社会的ニーズが(現在は)高くない研究だったためにそういう余裕かましていることができたのだと思います.自然エネルギーのように社会的要請が現段階ですでにかなり高い分野である場合,研究はつねに社会還元(つまり「本当に社会に実装できるの?できなかったら意味ないじゃん」という思考法)という枠組みから自由になることはできません.そういう覚悟も必要です.

理学系の地理学教室で博士号をとったあと工学系の研究室にもぐりこんだ者です.私個人としては理学工学両方の視点を持っているということは大いなる強みだと思っております.

さて,「自然エネルギーの利用法」というタームの意味が明確でないので,ちょいとお答えしにくくなっております.

自然エネルギーを「社会」の中で実装しようとする方法論を模索しているのか(経済学・社会科学・行政など),何か具体的な自然エネルギーに特化して装置の開発に従事しようとするのか(これこそ工学)・自然エネルギ...続きを読む

Q環境問題関連を研究している大学

今、高校3年なのですが、環境問題、特に環境ホルモンについて特に研究している大学に進学したいので、国公立、私立は特に問いませんので教えて下さい。
また、環境問題を取り扱うのは、何学部に入れば良いのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

あまり回答がついていないようですので、参考までに書かせてもらいます。

まず環境についての研究を行っている大学は非常に沢山あり、普通規模の総合大学で環境に関する研究を全く行っていない大学は無いといえるくらいです。

つまりそれだけ”環境研究”のカバーする分野は広いといえます。

環境ホルモンに関してもたぶんその化学的性質や、生物学的な作用、分析方法、拡散モデル、法的規制の側面などさまざまな側面から研究がなされていると思われます。

現時点としてのアドバイスは、まずどの側面から環境ホルモンを研究したいのかということを見つけ出すことでしょう。環境ホルモン をキーワードにウエッブ検索するといろいろ情報があると思いますから、いろいろ調べてどれが自分に向いて良そうか探してみてください。研究分野によっては実験室に閉じこもって一日中フラスコを揺さぶっていたり、野外に出て各地の湖や川からサンプルを集めてまわったりと研究段階で行うこともさまざまです。

多分環境ホルモンの化学構造などの研究なら化学系、化学工学系、生物に及ぼす影響なら生物学専攻・生物化学専攻などとなってくると思います。専攻がある程度しぼれて、更にアドバイスが必要ならまたこちらで質問してください。

大学については このカテで 大学と環境をキーワードに検索すると過去の質問がいくつもありますので参考にしてください。

あまり回答がついていないようですので、参考までに書かせてもらいます。

まず環境についての研究を行っている大学は非常に沢山あり、普通規模の総合大学で環境に関する研究を全く行っていない大学は無いといえるくらいです。

つまりそれだけ”環境研究”のカバーする分野は広いといえます。

環境ホルモンに関してもたぶんその化学的性質や、生物学的な作用、分析方法、拡散モデル、法的規制の側面などさまざまな側面から研究がなされていると思われます。

現時点としてのアドバイスは、まずどの側面か...続きを読む

Q捕鯨問題を研究し鯨文化を再興するになどの大学がよいか?

 大学受験生の父親です。
 本日、国際教養大学(秋田)の合格通知が届きました。娘は他に国際基督教大学(ICU)、早稲田大学国際教養学部、首都大学東京都市教養学部を受験し、受験の予定です。この中で、学問の垣根を超えた学問がしたいと申して、教養学部と称する大学を受験してきました。
 高2のときには、1年間オーストラリア留学経験もあって、英語は得意です。
 センター試験の
英語は185/200、
国語は158/200
世界史は88/100
でした。

 本人は捕鯨は日本の文化であって、この食文化は他国から批判されて、消滅すべき筋合いのものではないと考えています。地球環境問題とも関連した研究をするにはいずれの大学で研究するのが最善の選択なのかご教授願いたい。

Aベストアンサー

前回、私は鯨にかかわる研究には幅広い分野に対する知見が必要と申しましたが、すべてを専攻して極めることは不可能です。そのため、いろいろな分野の専門家が集まり、話し合い、捕鯨の問題に対してがんばっていらっしゃるわけですから。つまり、自分の力になれる分野を見つけそれを専攻しながら、ほかの分野にも独学などで顔を突っ込むというやり方が正しいのです。補足を見た限りでは自分のやりたい道の糸口をつかんでいらっしゃるようですので後はその分野で共感を持てる教授を探すことが一番です。教授探しのコツは大学のホームページを見ることも大事ですけど、鯨関係、食文化関係の本の著者から逆引きで教授を探し、それからその教授が所属している大学を探すのがいいですよ。

Qこれらの研究が活発に行なわれている大学はどこでしょうか?

ここのカテゴリーで良いのか迷いましたが、環境に関わることなので質問させていただきました。
大学の授業でバイオレメディエーション、ファイトレメディエーションを知り、
もっと専門的に学びたいと考えるようになりました。
残念ながら私の大学ではこのような研究は行なっていないので、
3年次編入学試験を今年受けようと思い、
北海道から沖縄まで全ての国公立大学を自分なりに探しました。

しかしまだ微生物によるものか、植物によるものか・・・どちらによる環境修復を学ぼうか決めれないでいます。
そこで、どちらでも構いません。このような研究に力を入れている大学、(ここは凄い業績を出している!設備、研究費が充実している!)など知っていましたら教えていただきたいのです。

私が今のところ調べた大学の中では、岐阜大・三重大・大阪市立大・神戸大・兵庫県立大がバイオレメディエーションを。
滋賀県立大がファイトレメディエーションを研究しています。

調べていくうちに、農薬を使用せず微生物によって害虫を駆除する研究や(静岡大・岡山大)、生分解プラスチック(静岡大・京都工芸繊維大・大阪市立大)
の研究もあることを知りました。
すみませんが、これらの研究についても大学のことを教えていただきたいです。

ここのカテゴリーで良いのか迷いましたが、環境に関わることなので質問させていただきました。
大学の授業でバイオレメディエーション、ファイトレメディエーションを知り、
もっと専門的に学びたいと考えるようになりました。
残念ながら私の大学ではこのような研究は行なっていないので、
3年次編入学試験を今年受けようと思い、
北海道から沖縄まで全ての国公立大学を自分なりに探しました。

しかしまだ微生物によるものか、植物によるものか・・・どちらによる環境修復を学ぼうか決めれないでいます...続きを読む

Aベストアンサー

自分は経済学部修了者です。
特に専門的な知識は持ち合わせておりません。
ですが環境修復、改善に関する仕事に従事しております。
現在、各大学に出入りしておりますが、バイオレメディエーションやファイトレメディエーション等についてアドバイスや講義を行なう事があります。この場合は研究室を受け持っている教授が中心となり、大学院生に実験のサポートをさせながら学ばせております。こういった環境修復事業に関する技術はまだ完成されたものが無い様です。研究により日々進歩している状態です。ですから、通常の講義では参考例でしか紹介されていないと思います。
本格的な研究は院生になってからでないとできないのが現状だと思います。この分野は基礎知識は勿論必要ですが実験や実施による経験値が無ければ理論だけでは理解できません。この為、微生物の特性や働き、植物の光合成の仕組み等の基礎知識の応用となります。研究室ではこれらについては常識の範囲とされており特に説明がありません。
極端な例で言うと研究室では今までに学んだ理論や説を覆す様な事を行ないます。(新しい理論の発見方法)
NO.1さんがおっしゃる様に編入せず、先ずは修了する事が先決です。大学院からは選択枠ができます。経済的に厳しい場合は、夜間部(存在するか?)に編入するか休学中にアルバイト等で稼ぐしかないかと!
後、国立大学は地方でも首都圏でも独立法人となったので国からの助成金等が激減します。私立大学は企業から補助を受けている所は研究費や設備が充実しております。(就職先も決定済み?)
追伸
現在、バイオレメディエーションやファイトレメディエーション等と化学、物理処理方法を組み合わせた方法が最先端の様です。(セラミックや金属類等)

自分は経済学部修了者です。
特に専門的な知識は持ち合わせておりません。
ですが環境修復、改善に関する仕事に従事しております。
現在、各大学に出入りしておりますが、バイオレメディエーションやファイトレメディエーション等についてアドバイスや講義を行なう事があります。この場合は研究室を受け持っている教授が中心となり、大学院生に実験のサポートをさせながら学ばせております。こういった環境修復事業に関する技術はまだ完成されたものが無い様です。研究により日々進歩している状態です。ですか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報