すいませんが、変な質問をします。
(1)化学反応式を作る問題があったのですが答えが、AgCl +2NH3→[Ag(NH3)2]-(この線はマイナスと言う意味の右上につくやつです)+Cl-だったのですが、化学反応式って(ー)とか(+)ってつくんですか?それってイオンの反応式じゃないのですか?答えを見て?と思い周りに理科系がいなく初歩的な質問で恥ずかしいのですがここで質問したいと思います。また[ ]ってなんですか?Ag(NH3)2の分子がマイナスイオンになっているということですか?また、化学式をこたえよ!という問題の答えも[Cu(NH3)4]2-となっていて、?です。これもイオンじゃないんですか?なんで化学式なのか分かりません。
本当に変な質問ですみませんがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 お二人の回答で充分なんですが,少し補足させて下さい。



 「化学反応式」は「化学反応」を示す式です。つまり,何と何が反応して何ができる(どうなる)という事を示すわけです。ですので,「何」がイオンの場合は反応式中にイオンが出てきます。

 お書きの『AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^-』の場合,hk29 さんがお書きの様に『難溶性物質の代表である塩化銀がアンモニアに溶ける』という反応を示すには,この形でなければいけません。反応するのが「塩化銀(AgCl)」と「アンモニア(NH3)」で,今の場合「溶ける」とは「イオンになる」という事ですから。

 しかし,もし『塩化銀とアンモニアを反応させると何ができるか?』であれば,『AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]Cl』でも正解になるかも知れません。


 次に[]に付いてですが,これは[]の中のものが一纏まりの単位である事を示しています。お書きの [Ag(NH3)2]^+ の場合,chukan さんがお書きの様に,Ag+ とも NH3 とも異なった性質を示します。では何故 Ag(NH3)2^+ とか Ag^+(NH3)2 とかで示さないかですが,[Ag(NH3)2]^+ で+になっているのは Ag だけや NH3 だけではなく,Ag(NH3)2 全体です。そのため,Ag(NH3)2 全体に+電荷が分布している事を示す意味で全体を[]で括っているわけです。


 お解りいただけたでしょうか。簡単ですが,参考になりそうなページ(高等学校_化学_テキスト)を下に紹介しておきます。「化学 Ib」の「第4章 化学変化とエネルギー」の「4.1 化学変化の表現方法」に簡単な記述があります。

参考URL:http://www.ed.kanazawa-u.ac.jp/~kashida/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなったことをお詫びします。
とても細かい回答をありがとうございます。なんとなくですが理解できました。再度学習しなおして身に付けたいと思います。

お礼日時:2002/03/30 14:02

3の回答のご説明がわかりやすいと思いますが、さらに細かいことをいうと、


「生成物」のなかには、溶けずに固体になったり、気体になって液中から出て行くものがあります。
例えばよくある「石灰水に二酸化炭素を通して白くにごる」反応。生成物は「炭酸カルシウム」ですが、溶解度が低いので沈殿物としてCaCO3↓などというふううに書きます。
二酸化炭素は水にとけて「炭酸」になるものもありますが、電離度は低いので多くは二酸化炭素分子で存在します。塩化水素は「塩酸」としてイオンで存在します。塩酸が電離している状態を示すにはイオンで表す方が正確だといえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事がかなり遅くなったことをお詫び申し上げます。
化学は難しいなぁと感じた今日この頃です?!
もっと勉強し直します。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/27 22:30

 回答者No.1のchukanshiさんの答えですべてであると思いますが、あえて言わせていただくと、塩化銀をどのように捉えるかの問題です。

塩化銀をイオン結合物質と捉えると、AgClをAg++Cl-と表現し、
AgCl+2NH3→[Ag(NH3)2]^+Cl-のイオン反応式において、Cl-が消えてしまい、反応式がAg++2NH3→[Ag(NH3)2]+となってしまいます。そうすると、難溶性物質の代表である塩化銀がアンモニアに溶けるという、反応の本質が見えなくなってしまうからです。
 要するに、難溶性の物質はイオン結合であっても、変化を重視するため、イオン反応式上において、イオン式では表示しないことが多く存在するからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなったことをお詫びします。
イオンの反応式の意味がよくわかりました。
ありがとうございます

お礼日時:2002/03/30 14:05

AgCl+2NH3→[Ag(NH3)2]^++Cl^-


は、確かにイオンの式ですが、化学反応式です。
イオン反応式も化学反応式に含めることもあります。
[Ag(NH3)2]^+(マイナスではなくプラスのはずです。)や[Cu(NH3)4]^2-
のようなイオンを「錯イオン」といいます。
イオンの性質をもつ「錯体」という意味です。
(「錯体」の意味はわかりますか?教科書に出ていますよね(たぶん))
[Ag(NH3)2]^+の場合、Agを「中心原子」、NH3を「配位子」と呼びます。
AgのまわりにNH3が2個くっついているイメージですが、これは、銀(Ag)
ともアンモニア(NH3)とも全く異なる性質をもつイオンです。
こういうのを、錯イオンといいます。
価数は、Agが+、NH3が0なので、+となり、価数については、その
錯イオンを構成する、中心原子と、配位子の価数の和になります。

[Cu(NH3)4]2-では、Cuが中心原子、NH3が配位子です。
Cuが2-、NH3が0の価数をもつので、全体では、2-となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございます。にもかかわらず返事が遅れたことをお詫びします。イオン反応式も化学反応式の一部である、ということははじめて知りました。いわれてみればそうですよね。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/30 14:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩化銀と塩化ナトリウムの溶解度

銀イオンもナトリウムイオンも共に1価の陽イオンであり、イオン半径も比較的近い(と思う)ですが、
塩化銀と塩化ナトリウムの水に対する溶解性の違いはなぜ生ずるのでしょうか。
大学は卒業しています。宿題ではありません。

Aベストアンサー

この二つは混晶を作れるくらいに似ているようで,しかし溶解度差は歴然としてるのは,たしかに不思議ですね.
あまり明確な答とはいいがたいですが,銀イオンと塩化物イオンの間の結合はかなり共有結合性が高くなっています.なぜそうなるのかは,電子構造上の問題で,量子論的に考えるしかないんでしょうが.
溶解度積的には塩化銀より臭化銀,ヨウ化銀と小さくなり,共有結合性がより増える方向になっているといえます.逆にフッ化銀はイオン性が増す方向で,実際,水溶性といえるくらいの溶解度が出てきます.

Q化学反応式ってイオン反応式を含む???

銅イオンを含む溶液にアンモニア水を加えると、最初青白色沈殿を生じ、さらにアンモニア水を加えていくと深青色の溶液となる。これらの反応について『化学反応式』を書け。

この問題で解答は、『イオン反応式』で書いてありました。これってOKなのですか???おしえてください。。。

Aベストアンサー

化学変化を化学式を用いて表した式が「化学反応式」で、反応しないイオンは省略し,反応に直接かかわっているイオンだけを示した反応式を「イオン反応式」といます。
ですから、「イオン反応式」も「化学反応式」の一部です。
問題に「銅イオン」とあるので、「イオン反応式」で書くしかないですからね。

参考URL:http://www.mef.or.jp/bnm/harayama/kagaku6/ionrcfrm.htm

Q塩化ナトリウムと硝酸銀

塩化ナトリウムに硝酸銀を混ぜたときに、白色沈殿を生じることを詳しく教えていただけませんか?

Aベストアンサー

塩化ナトリウムを水に溶かすと、塩化物イオンとナトリウムイオンに分かれます。
硝酸銀を水に溶かすと、硝酸イオンと銀イオンに分かれます。
これらを混ぜると、その水溶液中には上記の4種類のイオンが存在することになります。
そのなかで、銀イオンと塩化物イオンの組み合わせによって生じる塩化銀は極めて溶解度が低いために、溶けきらずに沈澱が生じます。

水溶液中に銀イオンと塩化物イオンが残っている限りは上述の反応が進みます。
NaCl → Na+ + Cl-
AgNO3 → Ag+ + NO3-
Ag+ + Cl- → AgCl

QAg+イオン I-イオン Br-イオン Cl-イオンの光反応

イオンの光反応について二個質問があります。
1)Ag+イオン I-イオンは光(日光)と反応するらしいのですがどんな反応が起こるのですか?

2)Cl-イオンは光と反応しませんが、Br-イオンはどうなのですか?

お願いします。

Aベストアンサー

> このような反応はAg+とI-イオン(またはBr-Cl-)が共存する時にのみおこるのですか?例えば他のカチオンイオンがI-とかと共存してたら起こらないのですか?

共存というより,AgI なり AgBr の結晶を作っていないとおこりません.
そもそも,AgI や AgBr,AgCl の水に対する溶解度は大変に低いので,水溶液状態でこれらが単独のイオンとして存在するという状況は現実的にほとんど意味がありません.
この反応は,たとえば NaI や NaCl ではおこりません.Ag 化合物ならではでしょう.
とはいえ,Ag 以外ではおこらないのかといえば,おこるものもあります.たとえば FeCl3 の固体などは光分解して FeCl2 と Cl2 を生じることがおこります.ただしその感度は AgCl の比ではなく小さく,通常検出するのは大変に困難でしょう.
このような反応は,光に対する感度の点では陽イオン側が,実際に反応するときには陰イオン側が何であるかがかなり重要な要素になります.ハロゲン化物イオンは,酸化されて遊離ハロゲンを生じやすいというところがひとつのポイントでしょう.

> このような反応はAg+とI-イオン(またはBr-Cl-)が共存する時にのみおこるのですか?例えば他のカチオンイオンがI-とかと共存してたら起こらないのですか?

共存というより,AgI なり AgBr の結晶を作っていないとおこりません.
そもそも,AgI や AgBr,AgCl の水に対する溶解度は大変に低いので,水溶液状態でこれらが単独のイオンとして存在するという状況は現実的にほとんど意味がありません.
この反応は,たとえば NaI や NaCl ではおこりません.Ag 化合物ならではでしょう.
とはいえ,Ag 以外では...続きを読む

Q塩化ナトリウムに硝酸銀溶液を加える

塩化ナトリウム水溶液(NaCl)に硝酸銀溶液(AgNO₃)を数滴加えると白くにごりますよね。この変化を化学式で表すとどういう感じになるのでしょうか?
分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

下記のようですね。
NaCl + AgNO3―→
AgCl + NaNO3
塩化銀と硝酸ナトリウムが出来ますね。

参考URL:http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/yakuhin/yak/141.htm,http://www.istone.org/element/na.html

Qイオン反応式と半反応式の違いについて教えてくれませんか?

イオン反応式と半反応式の違いについて教えてくれませんか?

問題文中で「イオン反応式を書け」
となっていて答えが 「Cu→Cu2+ + 2e-」
となっていました。これはe-が含まれているので半反応式ではないのでしょうか?

お手数ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「イオン反応式を書け」という問題でしたら元になる反応、または反応式が示されているはずです。その場合、反応式と半反応式の混同が起こることはありません。問題文はどうなっていますか。
例えば「銅が濃硝酸に溶ける」反応です。
反応式は
Cu+4HNO3→Cu(NO3)2+2NO2+2H2O
イオン反応式は
Cu+2HNO3+2H+→Cu2++2NO2+2H2O
(またはCu+2NO3-+4H+→Cu2++2NO2+2H2O)

半反応式は
Cu→Cu2++2e-
2NO3-+4H++2e-→2NO2+2H2O

半反応式もイオンで表現されていますのでイオン反応式の内に含まれていると解釈したのではないですか。

Q混合物との反応に生じた塩化銀の沈殿を表す式

塩化ナトリウムと塩化カリウムの混合物4.15gを溶かした溶液に硝酸銀水溶液を十分に加えると、塩化銀の沈殿が8.61g生じた。

塩化ナトリウムをXmol、塩化カリウムをYmolとすると、
塩化銀の沈殿8.61gを表す式を示せ。


という問題で、
塩化銀AgCLは108+35.5=143.5(式量)というのはわかり、この式量143.5*塩化銀のmol=8.61gだと理解したのですが、
その塩化銀のモルがなぜX+Yなのかわかりません。

なぜ塩化ナトリウムと塩化カリウムのmolを足すと塩化銀のmolになるのですか?
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

blv89さん、はじめまして。

まずどのような反応が起きたのか、化学式を書いてみる事が基本です。

塩化ナトリウムと塩化カリウムの混合物を溶かした溶液に
硝酸銀水溶液を十分に加えた時に塩化銀が沈殿する反応は
NaCl、KCl別々に考えると、

XNaCl+ZAgNO3→XAgCl+XNaNO3+(Z-X)AgNO3
YKCl+ZAgNO3→YAgCl+YKNO3+(Z-Y)AgNO3

よって、混合物全体と見ると下記の化学反応式で表せます。

XNaCl+YKCl+ZAgNO3→(X+Y)AgCl+XNaNO3+YKNO3+(Z-Y-X)AgNO3

(Zは十分にある硝酸銀のmol数)

化学反応の前後で原子のモル数は変化しません。
AgClのClに由来するのは、NaClとKClそれぞれのClですが、
塩化ナトリウム分子のmol数がXということは、
それに含まれるナトリウム原子も塩素原子もそれぞれXmol存在します。
塩化カリウムも同様に、塩素原子はYmol存在します。
(ここで、もしこれが2価の塩、例えばMgCl2などだと、
マグネシウム原子はXmolに対し、塩素原子は2Xmolということになります。)

以上で塩化銀のモルがX+Yということはお判り頂けましたか?

ここからは余談となりますが、実際にXとYを求めてみましょう。
塩化銀の式量(分子量)は、ご存知の通り143.5ですよね。
塩化銀の沈殿が何mol出たかというのは、反応により生じた
塩化銀の質量を、塩化銀の質量で割れば求められますので、

8.61/143.5=0.06

となり、0.06mol塩化銀が生じた事になります。
このことより、塩化カリウムを(0.06-X)molと置けますね。

ここで塩化ナトリウムと塩化カリウムの混合物が4.15gですので、
塩化ナトリウムの分子量=23+35.5=58.5
塩化カリウムの分子量=39+35.5=74.5
より、

58.5X+74.5(0.06-X)=4.15

となり、これを計算するとX=0.02となり、
Y=0.06-X=0.04 となり、
塩化ナトリウムが0.02mol、塩化カリウムが0.04mol存在した事がわかります。

blv89さん、はじめまして。

まずどのような反応が起きたのか、化学式を書いてみる事が基本です。

塩化ナトリウムと塩化カリウムの混合物を溶かした溶液に
硝酸銀水溶液を十分に加えた時に塩化銀が沈殿する反応は
NaCl、KCl別々に考えると、

XNaCl+ZAgNO3→XAgCl+XNaNO3+(Z-X)AgNO3
YKCl+ZAgNO3→YAgCl+YKNO3+(Z-Y)AgNO3

よって、混合物全体と見ると下記の化学反応式で表せます。

XNaCl+YKCl+ZAgNO3→(X+Y)AgCl+XNaNO3+YKNO3+(Z-Y-X)AgNO3

...続きを読む

Q[高校化学]希硫酸と金属との反応

希硫酸と金属の反応では、水素よりもイオン化傾向の大きい金属は水素を発生して溶けるようですが、参考書に「Pbは塩酸や硫酸とはほとんど溶けない。これは難溶のPbCl2やPbSO4が表面に生じて、反応が進まなくなるからである。」とあります。

それならば、Baと希硫酸の反応ではBaSO4が生じて、これも反応が進まなくなるのでしょうか?
それと、Caと希硫酸の反応はどうなのでしょうか?
Srと希硫酸ではどうでしょうか?

その参考書は別の項で、難溶性硫酸塩としてBaSO4、CaSO4、SrSO4、PbSO4を挙げていますが、希硫酸と金属の反応の項ではPbSO4以外は言及されていません。
溶解度を調べてもPbSO4がこれら4つの塩のうち最小ではないようですので、水素よりイオン化傾向が大きい金属の中で希硫酸との反応が進まなくなる金属として、なぜPbだけが挙げられているのか疑問に思った次第です。

教えて頂ければ有難いです、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

周期表の位置を調べてみてください。
Ca,Sr、Baは左から2列目、アルカリ土類金属と呼ばれているグループにある元素です。左の端にあるアルカリ金属元素と合わせて水酸化物は全て強塩基です。単体は金属ですが水と直接反応します。
希硫酸に入れればまず水と反応します。
硫酸バリウムの溶解度は非常に小さいです。硫酸イオンの検出に使われるほどです。金属バリウムを希硫酸に入れると水素を出して反応すると同時に溶液が硫酸バリウムの沈殿で白く濁るでしょう。量が多いと爆発の可能性がありますので注意が必要です。
鉛のように金属として利用するような元素ではないのです。
金属カルシウムは学校にもあるかもしれませんが金属バリウム、金属ストロンチウムを持っている高等学校はないだろうと思います。
Na,Caと水の反応を参考にしてください。

Q高校化学の質問です。 問題演習で次のような問題に出会いました。 「塩化銀の溶解度積=1.8×10^-

高校化学の質問です。

問題演習で次のような問題に出会いました。
「塩化銀の溶解度積=1.8×10^-10
クロム酸銀の溶解度積=3.6×10^-12

25℃において、クロム酸カリウムと塩化ナトリウムを両方溶解させた水溶液(それぞれの濃度は1.0×10^-2mol/Lである)50.0mLに硝酸銀水溶液(濃度1.0×10^-2)を少しずつ滴下した。硝酸銀水溶液の滴下量が0~70mLの範囲で観察される結果としてもっとも適切なものを(あ)~(く)からひとつ選べ」

「答え(え)」
*****
(え)の内容は以下の通りです。

「はじめに白色沈殿が生じ、次に赤褐色沈殿が生じる」

*****

ここで質問なのですが、解答には、計算結果から、硝酸銀水溶液を滴下していないとき、塩化銀の溶解度積から算出される銀イオン濃度の方がクロム酸銀の溶解度積から算出される銀イオンの濃度より小さいので、塩化銀から先に沈殿し始め、さらに、塩化銀が沈殿し終えるまでクロム酸イオンが減っていない、すなわち、クロム酸銀が沈殿しないというのですが、これはどうしてなのでしょう??
途中で銀イオン濃度がクロム酸銀が沈殿する濃度に達してしまうことはないのでしょうか??

高校化学の質問です。

問題演習で次のような問題に出会いました。
「塩化銀の溶解度積=1.8×10^-10
クロム酸銀の溶解度積=3.6×10^-12

25℃において、クロム酸カリウムと塩化ナトリウムを両方溶解させた水溶液(それぞれの濃度は1.0×10^-2mol/Lである)50.0mLに硝酸銀水溶液(濃度1.0×10^-2)を少しずつ滴下した。硝酸銀水溶液の滴下量が0~70mLの範囲で観察される結果としてもっとも適切なものを(あ)~(く)からひとつ選べ」

「答え(え)」
*****
(え)の内容は以下の通りです。

「はじめに白色沈殿が生じ、...続きを読む

Aベストアンサー

まず問題はおかしいね. 「濃度1.0×10^-2」ってなんだよ.

厳密にいえばもちろん「塩化銀が沈殿し終えるまでクロム酸イオンが減っていない」ということはありません. つまり「途中で銀イオン濃度がクロム酸銀が沈殿する濃度に達してしまう」は正しい考えです.

Q高校化学[多価の酸塩基混合物の中和反応]

中和反応についての疑問[1]~[3]にお答えしていただけるとうれしいです。どれかひとつだけでも良いです。よろしくお願いします。

[1]
リン酸(3価)と炭酸(2価)と塩酸(1価)の混合溶液を水酸化ナトリウム(1価)で滴定するとき、反応は次の順番で起こると考えてもよろしいですか?

(1)リン酸第1中和+炭酸第1中和+塩酸第1中和
(2)リン酸第2中和+炭酸第2中和
(3)リン酸第3中和

[2]
多価の酸と多価の塩基の中和反応について。
例えば、リン酸(3価)と水酸化カルシウム(2価)ではどのようなpH曲線を描き、どのタイミングで何の反応が起こっていると考えられますか?

[3]
さらに複雑化してみます。
リン酸(3価)と炭酸(2価)と塩酸(1価)を水酸化カルシウム(2価)で滴定したとき、どのようなpH曲線を描き、どのタイミングで何の反応が起こっていると考えられますか?

Aベストアンサー

質問に対する回答とは言えないが(2)と(3)について、一番問題になるのは CaCO3 或は Ca3(PO4)2 の沈澱が生じると溶液のpHが減少する事。塩基である CO3^2- や PO4^3- が溶液(系)から失われるので pH は減少する筈。

各弱酸のpKaの他に、CaCO3 及び Ca3(PO4)2 の溶解度積も必要。イオン積がいつ溶解度積を越えるか。越える前と越えた後では考え方を変える必要がある。沈澱が生じ始めると物質収支が成り立たなくなるからだ。


人気Q&Aランキング